カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
エコキュートの水(お湯)は飲める?衛生面や安全性は大丈夫?

エコキュートの水(お湯)は飲める?衛生面や安全性は大丈夫?

エコキュートは、お風呂や洗面所、キッチンなどに給湯できるシステムで便利ですよね。しかし、キッチンなどでエコキュートのお湯を使うとき、そのまま飲んでも良いかどうか迷いますよね。

そこで、エコキュートの水やお湯が飲めるのかどうかを解説します。衛生面や安全性など、エコキュートメーカーの見解なども紹介するので、エコキュートの水やお湯の使い方で困ったときの参考にしてください。

目次[]

    1 エコキュートの水やお湯は飲める?飲めない?

    エコキュートでお湯が使えるのは便利ですが、そのまま飲めるかどうかは迷いますよね。エコキュートのお湯を飲むという人もいますが、衛生面や安全性に問題はないのでしょうか?

    1.1 エコキュートのメーカーの見解は?

    エコキュートは多くのメーカーが手がけていますが、ほとんどのメーカーが「エコキュートのお湯はそのまま飲用するのには適していない」と考えています。もちろん、そのことはエコキュートの取扱説明書などにも注意書きがあるのです。

    ただし、各メーカーは、安全性に問題があるからエコキュートのお湯がそのまま飲めないと考えている訳ではないようです。エコキュートのお湯は夜間電力で沸騰させて貯湯タンクに貯水。すると、貯湯タンクにしばらく貯めていたお湯は、一般的に飲用しても問題ないとされる水の基準を外れることになります。そのため、エコキュートのメーカーは飲用に適さない水と判断しているだけなのです。

    要するに、エコキュートのメーカーは安全性に自信がない訳ではなく、法的な基準にそぐわないので、飲用に適していないとしているだけと考えると良いでしょう。実際、日立の水道直圧給湯のエコキュートなどは「水道水の水質をほぼそのままに給湯できる」と紹介。それだけエコキュートの水質に気を配っている証拠と言えるでしょう。

    また、エコキュートのメーカーの多くが、エコキュートのお湯を飲用に使う場合には「煮沸する」ように注意を促しています。そのため、エコキュートのお湯は煮沸すれば、飲用しても問題ない水質。エコキュートのお湯を飲むときには、必ず煮沸してから飲む。このように考えておくと良いですよ。

    1.2 煮沸すれば安全性に問題はない?

    エコキュートのお湯は煮沸してから飲用するようにメーカーは注意を促しています。しかし、必ずしも煮沸すれば安全であるとは言えません。

    エコキュートはお湯を沸かす給湯システム。つまり、水道水を使ってお湯を沸かすシステムであって、水を浄化する浄水器ではないのです。そのため、やかんなどで水道水を沸かしたときと同じように「水垢・湯垢」や「ミネラル成分(マグネシウムなど)」が、エコキュートの貯湯タンク内に付着・沈殿している可能性があります。

    このような成分が溜まるリスクは避けられません。煮沸すればエコキュートのお湯が安全に使えるとしても、衛生面は十分とは限らないのです。ですから、エコキュートのお湯を飲用に使うのであれば、エコキュートのメンテナンスも必須。使うときの煮沸と同じように、普段からエコキュートの貯湯タンクをキレイにしたり、エコキュートのメンテナンスや点検をしたりすることが大切になるのです。

    エコキュートの水は飲料水に適しているか

    2 エコキュートの貯湯タンクのメンテナンス方法

    エコキュートのお湯を煮沸して使う場合、カギになるのは貯湯タンクのメンテナンス。いつも貯湯タンクをキレイにしていないと、どうしても沈殿物などがエコキュートのお湯に入るおそれがあると言えます。そこで、大切になるエコキュートの貯湯タンクのメンテナンス方法を紹介します。

    2.1 貯湯タンクは水抜きをする

    貯湯タンクのメンテナンスや点検は「3ヶ月から半年に1回」が目安。エコキュートのメーカーによっても異なるので、メーカーごとの基準をチェックしておくことが大切ですよ。各メーカーのホームページなども参考にしてくださいね。

    さて、エコキュートのメンテナンスでは、配線や動作確認などがあります。そして、貯湯タンクのメンテナンスでは「水抜き」を行う必要があるのです。

    エコキュートの貯湯タンクの水抜き方法はメーカーによって異なります。そのため、詳しい手順はメーカーの取扱説明書などを確認してください。ここでは、一般的なエコキュートの貯湯タンクの水抜き手順を紹介していきます。

    • 漏電遮断器をオフにする
    • 給水配管の止水栓を閉じる
    • 逃し弁のレバーを開く
    • 排水栓を開いて排水する
    • 数分後、排水栓を閉じる
    • 給水配管の止水栓を開く
    • 貯湯タンクに水を満たす
    • 逃し弁のレバーを閉じる
    • 漏電遮断器をオンにする
    • 給湯が確認できたら終了

    エコキュートの貯湯タンクの水抜きを行うと、貯湯タンク内の沈殿物や多少の汚れは落とせます。ただし、すべての汚れが落ちる訳ではないですし、貯湯タンクの内部をキレイに掃除できる訳でもありません。それでも、エコキュートのお湯に関する衛生面や安全性は格段に向上。何もしないでエコキュートを使い続けるよりは良いので、必ず水抜きを行うようにしましょう。

    2.2 清掃は業者に依頼

    エコキュートのメンテナンスや点検をしている業者の中には、貯湯タンクの清掃を請け負ってくれる業者もいます。そのため、貯湯タンクの汚れが不安な場合は、専門業者に清掃を依頼するという方法も良いでしょう。

    エコキュートを長く使うためにはメンテナンスや点検が必須。ですから、エコキュートのメンテナンスや点検と同時に貯湯タンクの清掃を依頼すると良いでしょう。貯湯タンクをキレイにしておけば、エコキュートのお湯を煮沸して飲むのにも抵抗がなくなると思いますよ。

    エコキュートの水は飲めない?

    3 エコキュートのお湯や水が不安なときは?

    エコキュートのお湯は煮沸すれば、飲用しても安全性に問題がないとされていても不安という人もいますよね。そこで、エコキュートのお湯が飲めるかどうか、不安な人のために対処法を紹介。

    3.1 混合水栓を水で使う

    エコキュートのお湯が飲めるかどうか、どうしても不安な人は飲用水を「水道水」にすれば良いでしょう。日本の水道水は飲用しても安全ですし、衛生面でも全く問題がないと言えますよ。

    エコキュートのお湯が使えるキッチンなどは、混合水栓になっていることも珍しくありません。エコキュートのお湯と水道水が手軽に切り替えられるため、水にしてしまえば、水道水だけを使うことができますよ。

    水道水の配管はエコキュートとは無関係。各地の水道局によって安全性が確認された水だけが送られてくるので、水道水を沸かして飲むようにすれば、衛生面や安全性の不安はなくなるでしょう。

    3.2 ウォーターサーバーや飲用水を買う

    エコキュートのお湯が不安な場合は、水道水を使うのが一般的。しかし、水道水はエコキュートのお湯と関係がなくても、水道水自体が不安という人もいるでしょう。そういう場合には、ウォーターサーバーや飲用水を買うしかありません。

    特に赤ちゃんのミルクに使う水や、薬を飲むときに使う水など、品質にこだわりたい時もあるかと思います。

    ウォーターサーバーの水や飲用水は安全性や衛生管理が徹底されているため、不安があるという人は少ないですよね。エコキュートのお湯よりも安心感はあると思いますが、金銭面の負担は大きくなります。それでもエコキュートのお湯を煮沸して使ったり、水道水を使ったりすることに不安があれば、仕方ないと言えますよね。

    エコキュートの水の安全性は?

    4 まとめ

    エコキュートのお湯が飲めるかどうかについて、解説してきました。エコキュートのお湯をそのまま飲むのは良くないですが、一度煮沸してから飲むのであれば、安全性や衛生面でも問題はないと言えますよ。

    また、エコキュートのお湯がどうしても不安に感じるのであれば、水道水を使ったり、ウォーターサーバーや飲用水を購入したりするしかありません。しかし、エコキュートを使っている多くの人が煮沸して使っているので、不安になる必要はないですよ。

    エコキュートの商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ