カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
エコジョーズ給湯器の選び方!特徴や設置費用、設置場所を比較!

エコジョーズ給湯器の選び方!特徴や設置費用、設置場所を比較!

便利でお得なエコジョーズですが、それもご家庭にぴったりのものを選んでこそ。ご家族の人数に対して給湯能力が合わなかったり、あるいは欲しい機能が付いていなかったり、逆に持て余してしまう不要な機能が付いていたりすると、せっかくエコジョーズに変えて排気の無駄を減らした意味がなくなってしまいます。エコジョーズをお選びの際には、きちんとポイントを押さえてご家庭にぴったりのものを選びましょう。このページでは、エコジョーズを選ぶ際に気をつけて欲しいポイントをご紹介いたします。

目次[]

    Step1 エコジョーズ給湯器の種類って?

    エコジョーズには、主に「ガスふろ給湯器」「ガス温水暖房付ふろ給湯器」「ガス給湯器」の3種類があります。どういった場面でお湯を使いたいかを考え、必要に応じて商品を選びましょう。

    ガスふろ給湯器(給湯+追い焚き)
    家中に給湯する機能とお風呂を沸かす機能が一体化したタイプです。
    浴室でお湯を使いながら、同時に別の場所でも給湯を行うことが出来ます。
    ガス温水暖房付ふろ給湯器(給湯+追い焚き+温水暖房)
    給湯と追い焚きに加え、暖房機能も備わった一台三役の優れもの。
    パワフルで高効率なエコジョーズとの相性抜群!
    床暖房や浴室暖房の設置をお考えの方にオススメです。
    ガス給湯器(給湯)
    給湯専用のタイプです。
    一台あれば家中に給湯することができますが、追い焚き機能は備わっていません。

    Step2 エコジョーズのフルオート・オートって?

    さらに、エコジョーズは給湯タイプにおいても3種類に分類できます。エコジョーズの種類が決まったら、次は給湯タイプを選びましょう。まずは、以下の表をご覧ください。

    ガスふろ給湯器・ガス温水暖房付ふろ給湯器 フルオートタイプ
    自動お湯はり、自動追い焚き、自動保温、自動足し湯が可能です。スイッチ一つでお湯をはり、水圧・水温を感知して必要に応じて自動で追い焚きや足し湯を開始。いつでも最適な温度・湯量を保ちます。 フルオートタイプの説明図
    オートタイプ
    自動お湯はり、自動追い焚き、自動保温が可能です。一定時間ごとにポンプを利用して温度を測り、追い焚きを行います。足し湯機能はワンタッチ。ボタンを押すと、一定量を足し湯してくれます。 オートタイプの説明図
    ガス給湯器 給湯専用タイプ
    蛇口からお湯が出るタイプ。お湯はりは手動で操作します。足し湯機能等はありませんが、うっかり入れすぎてしまうことを防ぐお湯はりオートストップ機能などの機能が備わっている製品もあります。 給湯専用タイプの説明図

    お湯の量や温度などを気にすることなく、いつでも快適なお風呂を楽しみたい方にはフルオートタイプをオススメします。また、足し湯機能は自分で行うけれど、オートでお湯はりや追い焚きをして欲しい方にはオートタイプが、お湯はりも足し湯も手動で操作して費用を安く済ませたい方には給湯専用タイプがオススメです。Step1でどの種類を選んだかもあわせて考え、生活スタイルにぴったりのタイプをお選びください。

    Step3 エコジョーズの号数の選び方

    エコジョーズを選ぶ上で、忘れてはならないのが号数。号数とは、「 『水温+25℃』のお湯を1分間に何L供給できるか」を示すものです。水温+25℃のお湯を、1分間に24L供給できるエコジョーズの号数は、24号となります。号数が大きければそれだけたくさんのお湯を供給できるということなので、大きい号数の商品ほど一度に大量のお湯を使うことが可能です。ご家族の人数、お湯の使い方、来客の有無など、様々な要素を考慮して必要な号数をお選びください。一般的な号数の目安は以下のとおりです。

    号数と供給できるお湯の量の対応表

    16号以下では2箇所以上で同時にお湯を使用すると、湯量が極端に少なくなってしまいます。そのため、一人暮らしの方は16号でも大丈夫ですが、2人以上でお住まいの方には20号以上の商品をオススメいたします。また、24号以上の商品になると、シャワーに加えて水栓2箇所での給湯が可能になり、たっぷりのお湯を十分にお使いいただけます。たくさんお湯を使いたい方やご家族の人数が多い方には24号以上の商品がオススメです。ライフスタイルや家族構成に合わせてお選びください。

    Step4 エコジョーズの設置場所と形態

    エコジョーズを選ぶ際は、やはり機能やサイズ、給湯能力ばかりに目が向き、設置形態についてはついつい忘れてしまいがち。しかし、適切な設置形態はご家庭の排気方法やスペースごとに異なり、使い勝手にも意外と大きな影響を与えます。皆様のご自宅では、どこにどのような形態で設置するのが一番適切なのでしょうか?一般的な設置形態を以下の表にまとめてみましたので、設置形態を考える際にご活用ください。

    一軒家向け 屋外据置型
    屋外据置型のエコジョーズ
    一軒家で地面やブロックに設置します。マンションに設置することはできません。壁掛型より大きく、給湯器の側面から配管が出ています。「設置フリー型」とも呼ばれ、給湯器から離れた浴槽にも追い焚きが可能です。
    屋外浴室隣接型
    屋外浴室隣接型のエコジョーズ
    給湯器の裏から浴槽に向かって配管が2本出ているタイプです。浴槽に循環口が2つあります。浴室に隣接してガスふろ給湯器を設置するときにオススメです。
    一軒家・マンション向け 屋外壁掛型
    屋外壁掛型のエコジョーズ
    一軒家、マンションのパイプスペース扉内やベランダ等の壁に設置するのに向いています。給湯器の側面から配管が出ていなければほとんどこのタイプです。
    マンション向け PS設置型
    PS設置型のエコジョーズ
    マンションの玄関横のパイプスペースに設置するタイプです。設置場所がパイプスペースにあり、扉が付いていなければこのタイプの商品をお選びください。現在は機種の大きさによって取り付け可能な機種が限定されています。
    PS扉内設置型
    PS扉内設置型のエコジョーズ
    マンションの玄関横のパイプスペースに設置するタイプです。設置場所がパイプスペースにあり、扉が付いていればこのタイプの商品をお選びください。現在は機種の大きさや排気の方向によって取り付け可能な機種が限定されています。
    PSアルコーブ設置型
    PSアルコーブ設置型のエコジョーズ
    マンションの玄関横のパイプスペースに設置するタイプです。パイプスペースの アルコーブ(※)部分に設置する場合は、このタイプの商品をお選びください。

    ※アルコーブ…壁面に作られたくぼみや、または外側に張り出して作られた付属的な小部屋

    ここまでエコジョーズの選び方をご紹介してきましたが、いかがでしたか?せっかく便利で経済的かつ地球にも優しいエコジョーズを導入するのですから、ご家庭にぴったりのものを選んで気持ちよく使いたいですよね。エコジョーズをお選びの際は、このページを是非ご活用ください。

    このページのTOPへ このページのTOPへ