カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
エコジョーズはノーリツとリンナイのどっちがおすすめ?性能の違いを比較

エコジョーズはノーリツとリンナイのどっちがおすすめ?性能の違いを比較

エコジョーズは様々なメーカーが販売しています。しかし、エコジョーズの性能はメーカーごとに異なりますし、どのメーカーのエコジョーズがおすすめなのかが分かりにくいですよね。

そこで、エコジョーズの人気メーカーであるノーリツとリンナイについて、各メーカーのエコジョーズの性能や口コミなどを比較していきます。それぞれのエコジョーズにはどのような性能の違いがあるのかなど、詳しく分析していきます。

目次[]

    1 エコジョーズとガス給湯器の違い

    エコジョーズはガスを使う給湯システムということはよく知られています。しかし、普通のガス給湯器との違いやメリットデメリットなどをキチンと理解していない人も少なくないのです。

    1.1 エコジョーズは普通のガス給湯器と何が違うの?

    エコジョーズは、高効率のガス給湯システム。普通のガス給湯器が活用せずに捨てていた排熱を回収して、その熱の中に加熱する前の水の配管を潜らせておくのです。こうすることで加熱前の水の温度を上昇させて、加熱に必要となるガスの量を減らします。

    つまり、エコジョーズはスタート時点で通常よりも水温が高くなっているため、従来のガス給湯器よりもガスの使用量を減らせる仕組み。熱を回収して活用するガス給湯器なので、エコジョーズを「潜熱回収型ガス給湯器」と呼ぶこともあります。また、ガス代という光熱費を抑えられるだけでなく、二酸化炭素の排出量も1割以上減らせることで、従来のガス給湯器よりもエコで省エネ効果が高い給湯器とされているのです。

    エコジョーズはノーリツとリンナイのどっちがおすすめ?

    1.2 エコジョーズの人気メーカー

    エコジョーズを含めて、ガス給湯器の人気メーカーと言えばノーリツとリンナイ。ガス給湯器の市場では2大メーカーで、いずれも知名度や認知度が高いメーカーと言えます。そのため、エコジョーズなどのガス給湯器の設置を業者に依頼すると、ノーリツとリンナイから選ぶように指定されることまであるのです。

    また、ノーリツもリンナイもエコジョーズやガス給湯器の評判は良好。省エネ効果も高く、エコロジーな製品が多いことでも人気になっているのです。

    もちろん、ノーリツとリンナイ以外にも、性能が良いエコジョーズやガス給湯器を販売しているメーカーはあります。しかし、あまりにもノーリツとリンナイのエコジョーズなどの人気が高いため、この2メーカーから選ぶほうが良いケースも少なくないのです。例えば、ノーリツとリンナイのどちらかを選ぶとエコジョーズを安く設置できるが、それ以外のメーカーの場合は少し割高になるという業者もいるので要注意。

    1.3 エコジョーズのメリットとデメリット

    エコジョーズにはメリットとデメリットがあります。エコジョーズを設置する前に、メリットとデメリットを知っておかないと後悔するかも知れません。

    まずはエコジョーズのメリットとデメリットを一覧で紹介。

    エコジョーズのメリット
    • 光熱費(ガス代)を抑えられる
    • 省エネ効果が高い
    • お湯切れしない
    • 二酸化炭素の排出量が減る
    • 本体がコンパクトで設置しやすい
    エコジョーズのデメリット
    • 設置費用がガス給湯器よりも高い
    • 設置場所が限定される
    • 湯気が出る
    • ドレン排水のための工事が必須
    • 安くなるガス代は給湯関連のみ

    エコジョーズの最大のメリットは、ガス給湯器よりも光熱費が安いこと。ただし、給湯に関係するガス代は安くなりますが、ガスコンロに使うガス代などはそのまま。そのため、家族の人数が少ないなど、給湯量が少ない家庭では大きな節約にならないこともあります。

    また、エコジョーズは省エネ効果が高くてエコな製品。しかし、ガス給湯器よりも設置にかかる費用は高くなる傾向にありますし、ドレン排水という排水のための専用配管が必要になります。しかも、ドレン排水の設備は必須で、ドレン排水の設備が作れる場所にしかエコジョーズを設置できないという制約まであるので注意が必要です。

    そのほか、エコジョーズにはたくさんの湯気が出るというデメリットも存在。この湯気は酸性で、性質としてはドレン排水と同じです。エコジョーズの設置場所によっては、付近にあるアルミサッシなどの金属が腐食してしまうおそれもあります。そのため、近隣の住宅に配慮するということも必要となるのです。

    2 ノーリツとリンナイのエコジョーズを比較

    ここからは、エコジョーズの2大メーカーであるノーリツとリンナイを比較していきます。各メーカーに共通することもありますし、特徴的な性能などもあるので、十分に検討してください。

    2.1 ノーリツとリンナイのエコジョーズに共通する性能

    ノーリツとリンナイのエコジョーズには共通する性能があります。それが、ガス会社3社と給湯器メーカーが協力して作った基準である「Q21(クオリティ21)」です。

    このQ21は「便利さ」「快適さ」「きれいな環境へのニーズ」の3つを満たした給湯器のみに付与。Q21が付与されていることで、そのメーカーのエコジョーズがより快適で便利に使えるだけではなく、環境にも配慮されているという優れた性能があることの保証となっています。

    Q21に含まれる機能、性能 内容
    Q機能
    • お湯の温度を安定させる機能の一つ
    • 出湯時の温度変化を緩和するためにある機能
    自己診断機能
    • エコジョーズの問題を検知する機能
    • 機能が低下した場合は、検知後に自動で改善する
    • 異常を検知した場合はエコジョーズが停止する
    • 異常を検知したことを知らせる機能がある
    低NOx
    • 環境に配慮した大気汚染の軽減機能
    • 排気ガス中のNOxの濃度を低下させている
    • 基準となる濃度は「60ppm以下」であること
    低圧損
    • 低い水圧でも出湯を安定させる機能
    • エコジョーズ内部の抵抗が軽減されている

    Q21が付与されていることで、一覧にある性能を保証。エコジョーズを選ぶときに比較する性能としては、最低でもQ21が付与されている製品を選ぶことが重要となります。もちろん、ノーリツとリンナイのエコジョーズにはQ21が付与されています。そのため、この点ではノーリツとリンナイのエコジョーズの性能に大きな差はないと言えるでしょう。

    また、エコジョーズの性能を比較する場合、その部品にも注目する必要があります。ポイントになるのは「BL認定品」と「BL-bs認定品」という優良住宅部品の使用の有無。優良住宅部品とは、性能や品質、アフターサービスに優れている部品ということです。

    しかも、この「BL認定品」や「BL-bs認定品」の表示がある部品は「損害賠償」と「瑕疵保証」のBL保険がついていて安心できます。施工瑕疵の賠償も対象となるため、より安心した保証と言えるでしょう。ノーリツとリンナイのエコジョーズにはこれらの部品が使われているため、性能、品質、アフターサービスなどの面でも優れていることは確実。どちらのメーカーも甲乙つけがたいと言えますよ。

    そして、環境に負荷が少ない製品を選択して購入することを国の機関などに要請するグリーン購入。このグリーン購入を義務づける法律「グリーン購入法」に適合するエコジョーズも、ノーリツとリンナイは販売しています。

    さらにノーリツとリンナイのエコジョーズは、環境省が認証する「L2-Tech」にも合致する製品。これは二酸化炭素の削減の効果が高く、最高の効率性能があると認められた製品が認証されることになっています。つまり、ノーリツとリンナイのエコジョーズはとても高い水準で性能を競い合っていると考えられるのです。

    2.2 ノーリツのエコジョーズの性能や口コミ

    ノーリツのエコジョーズの性能や口コミを一覧で紹介。

    特徴・性能・機能
    • 見まもり機能
    • UV除菌ユニット搭載
    • 熱洗浄配管クリーン
    • スマートなエコスイッチ機能
    口コミ
    • 使用感には満足している
    • 内部まで塗装してあってサビにくいようなので選んだ
    • 丈夫で長く使えるらしいから
    • 設置費用が高かった……
    • 見まもり機能で安心できる
    • 修理が早いということでノーリツにした
    • UV除菌でいつでも気持ち良く入れる
    • 残り湯を洗濯に使ってもニオイが気にならない
    • 家族の入浴中も安心できる機能があって良い
    • そこまでガス代は安くなっていない

    エコジョーズの性能は、ノーリツのエコジョーズの特徴的な性能に絞って表記。ほかのメーカーのエコジョーズにもある機能は割愛しています。また、口コミは一部を抜粋しています。

    ノーリツのエコジョーズには「UV除菌ユニット」が搭載。UVキレイ入浴では、誰かが入浴すると、そのあとにUV除菌ユニットが作動して浴槽のお湯を除菌してくれます。残り湯UVキレイでは、入浴後の一定時間ごとにUV運転を繰り返すことで残り湯に雑菌が繁殖するのを抑制してくれるのです。残り湯の菌が少なくなるので、洗濯に残り湯を使ってもニオイを抑制できます。

    また、追い焚きの配管を熱めのお湯で洗浄する「熱洗浄配管クリーン」を搭載。配管の汚れを落としやすくなっているのです。そして、見まもり機能があることで、入浴時の事故対策も可能。高齢者のいる家庭などでは有効活用できる機能として人気があります。

    口コミの中で特徴的なのは「さびにくい」というもの。ノーリツのエコジョーズは、内部までしっかりと塗装がしてあり、より良い製品を長く使ってもらうというメーカー側のコンセプトが伝わってきます。そのため、ノーリツのエコジョーズは、少しくらい高価でも良い製品を長く使いたいという人におすすめです。

    2.3 リンナイのエコジョーズの性能や口コミ

    リンナイのエコジョーズの性能や口コミを一覧で紹介。

    特徴・性能・機能
    • ゆらぎのシャワー
    • 選べるEcoモード
    • BGM
    • どこでもリンナイアプリ(スマホアプリ)
    • 美・白湯ユニット対応製品あり(マイクロ気泡湯)
    口コミ
    • バリエーションが豊富だったので
    • 設置できるエコジョーズを選んだらこれ(リンナイ)だった
    • 充実のバスタイム
    • 故障とは無関係だけど、ネジとかさびるらしいので不安
    • オプションだけど「美・白湯」が良い、つけるべき
    • 大手じゃないと不安だったから
    • 前よりもリモコンが見やすくなっていた
    • 音声案内が分かりやすい
    • 効率は良いみたいだけど、設置費用は高すぎると思う

    エコジョーズの性能は、リンナイのエコジョーズの特徴的な性能に絞って表記。ほかのメーカーのエコジョーズにもある機能は割愛しています。また、口コミは一部を抜粋しています。

    リンナイのエコジョーズは機能性がポイント。ここでは特徴的な性能だけを一覧にしていますが、実に機能が豊富に揃っています。多くの人が注目する「エコ」という機能にしても、お湯張りや給湯、保温などの多方面から節約、省エネできる仕組みになっているのです。

    また、リモコン操作が簡単という口コミも多めです。リモコンが見やすくなったという口コミなどもありますし、お湯張りの完了や出湯などを音声で知らせてくれるシステムも人気。音声ガイドなので、家事をしながらでも状況が分かって便利なのです。しかも、台所リモコンにオーディオ機器を接続すれば、お風呂で音楽を聴くこともできますよ。

    口コミの中で特徴的なのは「バリエーション」です。リンナイは様々な仕様のエコジョーズを用意しています。設置場所が限られることが多いエコジョーズですから、戸建て住宅だけではなく、マンションなどの集合住宅用のニーズにも対応できるのは高評価。そのため、自宅に設置できるエコジョーズが限られそうな場合にはリンナイのエコジョーズにすると、種類が多くなって選びやすくなるかも知れませんよ。

    2.4 ノーリツとリンナイのどちらのエコジョーズがおすすめ?

    ノーリツとリンナイはどちらも大手メーカー。それだけにエコジョーズの性能面では大きな違いがないと言えます。そのため、自分が優先したいポイントを中心に選ぶと良いでしょう。

    ノーリツのエコジョーズがおすすめの人 リンナイのエコジョーズがおすすめの人
    • 良い製品を長く使いたい
    • 故障時の修理が早いほうが良い
    • 除菌機能がほしい
    • 丈夫なエコジョーズが良い
    • 快適なバスタイムにしたい
    • 豊富なバリエーションから選びたい
    • 多機能なエコジョーズが良い
    • スマホアプリで便利に使いたい

    このようなことを目安にノーリツとリンナイを比較してエコジョーズを選ぶと良いですよ。特にノーリツのエコジョーズは、少し高くても丈夫な製品が良いという人におすすめ。浴槽の雑菌が気になるなど、よりキレイに入浴したいという人はノーリツを選ぶ傾向にあります。

    一方で、リンナイのエコジョーズは機能性を重視する人が選ぶ傾向にあります。様々な機能や快適な入浴を求める人はリンナイのエコジョーズがおすすめ。スマホアプリで外出先からでも操作ができますし、音楽などを楽しみながら快適に入浴することができますよ。

    3 まとめ

    ノーリツとリンナイのエコジョーズについて、性能の違いなどを比較してきました。どちらのメーカーも性能面では優れているため、どちらが良いとは言えません。それでも、清潔さを求める人はノーリツ、快適さを求める人はリンナイを選ぶ傾向にあるため、そこを基準に考えてみると良いですよ。

    エコジョーズの商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ