カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
エコジョーズ+床暖房のメリットとデメリットは?ガス代や設置価格が高い?

エコジョーズ+床暖房のメリットとデメリットは?ガス代や設置価格が高い?

エコジョーズは上手に使うとガス代を節約することが可能です。しかし、エコジョーズと床暖房を使うと、どうしても床暖房の分のガス代が必要なので、ガス代は高くなると思いますよね。

そこで、エコジョーズと床暖房を組み合わせるメリットとデメリットを紹介。エコジョーズと床暖房の組み合わせでガス代を節約できる契約プランなども解説するので、冬場の光熱費を節約したいときには参考にしてください。

目次[]

    1 エコジョーズと床暖房を組み合わせるメリットとデメリット

    エコジョーズは使い方によってガス代が節約できるかどうかが決まります。例えば、ガス代を大きく節約したいのであれば、エコジョーズと床暖房の組み合わせが最適。なぜなら、エコジョーズを使うだけでは給湯のガス代しか安くなりませんが、床暖房とエコジョーズを組み合わせることで様々なメリットが生まれるからです。

    エコジョーズと床暖房を組み合わせるメリットとデメリットは、次のようになっています。

    メリット
    • エコジョーズは給湯にも床暖房にも使える
    • 床暖房の熱源(エコジョーズ)がほかの方式よりもコンパクト
    • 電気式床暖房よりも部屋を早く暖められる
    • 暖房機器の中では寿命が長い
    • 部屋全体が暖かい
    • 空気がキレイでホコリが飛びにくい
    • エアコンよりも空気が乾燥しにくい
    • 夏場に片づける必要がない
    • 様々な場所に設置することができる
    • 多くのガス会社に「エコジョーズ+床暖房」の専用プランがある
    デメリット
    • 床暖房を設置する初期費用が必要になる
    • 設置工事が意外と大がかり
    • ガスファンヒーターなどのほうが早く暖かくなる
    • 適切なメンテナンスが必要になる
    • 修理が大変になることがある

    エコジョーズと床暖房を組み合わせて使う最大のメリットは、エコジョーズが給湯と床暖房の両方に使えることです。例えば、ヒートポンプ式の床暖房などの場合、エコキュートなどを利用する方法もありますが、床暖房専用のヒートポンプを設置するのが一般的。この場合、給湯と床暖房で別々のシステムを使うことになって設置費用も多くなってしまいます。しかし、エコジョーズを使う場合は給湯と床暖房をエコジョーズだけで賄えるため、設置費用がほかのケースよりも安くなるのです。サイズもコンパクトで場所も取らずに済みます。

    また、すべての床暖房はエアコンよりも室内の空気を乾燥させにくいですし、ホコリなどを舞い上げることもありません。床暖房であれば、ストーブやファンヒーターのように片づける手間もなくなるのです。さらに洗面所のような暖房機器の設置が難しい場所にも床暖房は設置可能。子どもや高齢者が要る家庭では、床暖房はとても重宝する暖房機器となりますよ。

    そして、エコジョーズと床暖房を使うことで、ガス会社が用意する専用プランで契約することができます。一般料金と比較すると、ガス代がかなり割引になるプランでガス代の節約には最適とされているのです。一部のガス会社では電力契約を加えることでより大きな割引になり、光熱費を全体的に節約するということまで可能となっています。

    一方で、床暖房はほかの暖房機器と比較すると、設置費用が高め。エコジョーズの設置費用は、ほかのエコキュートなどの給湯器と比較しても設置費用は安いと言えます。しかし、床暖房は暖房機器の中でも設置費用は高めですし、設置工事に時間も手間もかかります。そのため、初期費用が高くなってしまうという大きなデメリットがあるのです。

    ただし、ファンヒーターやエアコンよりも床暖房の寿命はかなり長いと言えます。エコジョーズと組み合わせるガス温水式床暖房に使われている温水パイプの寿命は30年以上。エアコンの平均的な寿命が10年ですから、かなり長く使えるというのはメリットと言えるでしょう。

    床暖房は足元から熱を伝えて部屋全体を輻射熱で暖める仕組みなので、特に暖かさを感じやすい暖房機器と言われています。しかし、エコジョーズでガスを使うことを考えると、同じくガスを使用する「ガスファンヒーター」のほうが早く暖まりますし、ロスも少ないとされているのです。

    このようなメリットとデメリットが、エコジョーズと床暖房の組み合わせにはあります。ここにガス代などの光熱費がどうなるのかを加えて、エコジョーズと床暖房を組み合わせて使うのが良いかどうかを判断するようにしましょう。

    床暖房とエコジョーズを組み合わせる

    2 床暖房のガス代はどのくらいになる?

    エコジョーズと床暖房の組み合わせにはメリットもたくさんありますが、設置費用がかかるなどのデメリットもあります。しかし、エコジョーズと床暖房の組み合わせにあるメリットとデメリットだけではなく、エコジョーズと床暖房を使う場合のガス代がどうなのかを加えて判断することが重要ですよ。

    最初に比較しておきたいのが、様々な暖房機器の光熱費。ガス代や電気代など、どの暖房機器がどのくらいの光熱費なのかを比較してみましょう。

    暖房機器 一時間あたりの光熱費
    エアコン(暖房) 約3~20円
    床暖房(ガス温水式) 約13~16円
    石油ファンヒーター 約13~18円
    ガスファンヒーター 約15~25円
    セラミックファンヒーター 約16~32円

    こちらの光熱費(ガス代・電気代・灯油代)は、あくまで目安です。それぞれの暖房機器をどのように使うか、どのくらいの温度で使うかによって光熱費は変わるため、参考にする程度に留めておきましょう。

    さて、同じような条件で使用した場合、それぞれの暖房機器は一覧にあるくらいの光熱費が必要。単純に計算すると、床暖房よりもエアコンを使うほうがランニングコストの面では良いということが分かります。

    しかし、エアコンの場合は光熱費の最大値が大きいことがポイント。エアコン暖房は常に一定の出力ではないですよね。最初はたくさんの温風が出ていますが、部屋の温度が上昇すると、温風の出方は緩やかになります。このことも踏まえて考えると、エアコン暖房の1ヶ月の光熱費(電気代)は「3,000~4,500円」というのが平均値とされているのです。かなり幅がある光熱費となって、比較が意外と難しい暖房機器と言えます

    一方で、エコジョーズなどのガス温水式床暖房は光熱費の幅は小さくなっていますが、こちらも使い方次第で光熱費は変わります。ガス温水式床暖房の1ヶ月の光熱費(ガス代)は「4,000~4,500円」とされていますが、実際にはもっと高いという人もいますし、もう少し安いという人もいるため、単純な比較は禁物です。

    ただし、エアコン暖房のほうが光熱費は安いというのが一般的な見解。事実、光熱費の幅を見ても、床暖房のほうが最安値で比較すると光熱費が高くなることが分かります。そのため、床暖房を使う場合のメリットに千円前後の光熱費の違いの分を払うことができるかどうかが、エコジョーズと床暖房を導入するときの重要なポイントになるのです。ですから、自分が床暖房のメリットに千円程度の価値があると思うかどうかで、エコジョーズと床暖房を導入するかどうかを決めるようにすると良いですよ。

    3 エコジョーズと床暖房でガス代が割引になるプランがある

    エコジョーズと床暖房でガス代が高くなるかどうかも解説しました。しかし、単純にガス代を比較するだけでは、エコジョーズと床暖房を導入する場合には不十分。エコジョーズを使うという大きなメリットの部分が欠けているとも言えます。

    最初のエコジョーズと床暖房を組み合わせるメリットの項目にあるように、実は多くのガス会社が「エコジョーズ+床暖房の専用プラン」を用意。家庭のガス給湯器がエコジョーズで、そのエコジョーズで床暖房も使っていれば、ガス代が割引になるプランがあるのです。この専用プランを活用すれば、エアコン暖房を使うよりも光熱費が安くなることがありますよ。

    主なガス会社の「エコジョーズ+床暖房の専用プラン」は、次のようになっています。

    都市ガス会社 専用プランの名称 割引率・割引内容
    東京ガス 暖らんぷらん
    (オプション割引の追加選択も可能)
    9~13%(東京地区)
    4~10%(群馬地区)
    大阪ガス GAS得プラン 床暖料金
    (一般料金より約19%お得なプラン)
    2~9%
    東邦ガス 床暖トクトク料金
    (オプション割引の追加選択も可能)
    月に28m³以上の使用で段階的に安くなる
    西部ガス 床暖房契約/ホットメリット
    (年間約56,000円お得なプラン)
    2~9%(でんき割:追加3%割引)

    エコジョーズと床暖房に加えて浴室暖房乾燥機などを使っていれば、大きな割引を受けられるプランを用意しているガス会社もあります。また、西部ガスはガスと電気の契約で「でんき割」という特別なプランもあり、光熱費を全体的に安くすることもできるようになっているのです。

    いずれにしてもエコジョーズと床暖房にすれば、特別なプランに加入することが可能。割引率も1割を超えることがあり、かなり得になると言えます。床暖房のガス代が1割引になるとすれば、エアコン暖房よりも安くなる場合も考えられるのです。ガス機器を多く使う家庭、エコジョーズでお湯を多く使う家庭のほうが割引率は高いので、そういう家庭はエコジョーズと床暖房でガス代を安くしたり、光熱費を節約したりすることを検討してみるのも良いと言えますよ。

    4 まとめ

    エコジョーズと床暖房を組み合わせるメリットとデメリットについて解説してきました。エコジョーズは普通の給湯器よりも節約になりますし、エコジョーズを使うことでより良い契約プランに加入することもできるのです。古くなったガス給湯器はエコジョーズに交換するほうが、床暖房を使っていない場合でも得になるので、一度検討してみましょう。

    エコジョーズの商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ