カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
食洗機の洗剤のおすすめランキング!液体と粉末はどっちが安全?

食洗機の洗剤のおすすめランキング!液体と粉末はどっちが安全?

食洗機は手洗いよりも節約になるので、とても便利です。しかし、手洗いではジェル状の液体洗剤を使うのが一般的ですが、食洗機の洗剤は粉末の洗剤も多くて、どういう基準で洗剤を選べば良いのか、よく分かりませんよね。

そこで、食洗機の洗剤の特徴や安全性を解説していきます。人気がある食洗機の洗剤もランキング形式で紹介するので、食洗機の洗剤で迷ったときは参考にしてみてくださいね。ここでは食洗機の洗剤の安全性や選び方、人気の洗剤などについて詳しく紹介しています。

目次[]

    1 食洗機の洗剤は液体と粉末のどちらが安全?

    食洗機の洗剤を選ぶときには、液体の洗剤と粉末の洗剤のどちらにするかで迷いますよね。液体でも粉末でも、やはり安全な洗剤が一番良いはずです。そこで、食洗機の洗剤について、液体洗剤と粉末洗剤の特徴や安全性から解説していきます。

    1.1 食洗機は専用の洗剤を使う

    食洗機の洗剤について、種類や安全性などの前に解説しておきたいことがあります。それは、食洗機では専用の洗剤しか使えないということ。

    食洗機で手洗い用の洗剤を使ってしまうと、食洗機の中が泡立ちすぎて大変なことになります。食洗機の故障の原因にもなるため、必ず食洗機専用の洗剤を使いましょう。ただし、一部のメーカーでは「重曹が使える食洗機」などもあるため、必ず食洗機の取扱説明書を確認してから洗剤を選ぶようにしましょうね。

    1.2 液体タイプの洗剤の特徴

    食洗機の洗剤でも、手洗いの洗剤と同様に液体タイプの洗剤がたくさん販売されています。食洗機で使う液体タイプの洗剤のメリットは次のようになっています。

    • 溶け残りにくい
    • 水垢が付着しにくい

    食洗機で気になるのが、溶け残りの洗剤。食器や食洗機内に洗剤が溶け残っていると、どうしても不安になりますよね。液体タイプの洗剤は溶け残りにくいので、食洗機で安心して使えるというメリットがあるのです。そして、食洗機でピカピカに仕上げたい場合に液体洗剤がよく使われています。

    食洗機で使う液体タイプの洗剤のデメリットは次のようになっています。

    • 冷暗所で保管するなど、保管に気を遣う
    • 価格が高め

    食洗機の液体洗剤の場合、酵素の力で汚れを落とす製品が多いと言えます。酵素入りの液体洗剤は涼しいところに保管するなど、面倒な部分もあると言えるでしょう。また、食洗機の液体洗剤は粉末タイプの洗剤よりも価格が高めです。

    1.3 粉末タイプの洗剤の特徴

    手洗いではあまり使われないのが、粉末タイプの洗剤。食洗機では粉末タイプの洗剤も豊富な種類が販売されています。食洗機で使う粉末タイプの洗剤のメリットは次のようになっています。

    • コストパフォーマンスが良い
    • 漂白剤で白さが際立つ

    食洗機で使う粉末タイプの洗剤は、白さが際立つのがポイント。食器を真っ白にしたい場合には粉末タイプの洗剤が良いでしょう。また、食洗機の洗剤では、液体洗剤よりも安いというのも大きなメリットです。コストパフォーマンスを求める場合は、粉末タイプの洗剤にしましょう。

    食洗機で使う粉末タイプの洗剤のデメリットは次のようになっています。

    • 溶け残ることがある
    • アルミ製品には使いにくい
    • 水垢がつくことがある

    食洗機で使う粉末タイプの洗剤の大きなデメリットが、アルミ製品との相性が悪いこと。粉末タイプの洗剤を食洗機で使った場合、アルミ製品を白くしてしまうことがあるためです。これは化学反応が原因なので、食洗機でアルミ製品を洗うことがある場合には粉末タイプの洗剤は避けましょう。

    また、粉末タイプの洗剤は溶け残ったり、固まったりすることがあります。洗剤の溶け残りが気になる場合は液体洗剤にするほうが良いですよ。

    1.4 タブレットタイプの洗剤の特徴

    食洗機の洗剤で手洗い用の洗剤と大きく違うのが、タブレットタイプの洗剤。食洗機で使うタブレットタイプの洗剤のメリットは次のようになっています。

    • 計量の手間がない
    • 洗浄力が高い
    • 粉末と液体の良いところを併せ持つ

    食洗機で使うタブレットタイプの洗剤の最大のメリットは手間なしというところ。食洗機を使うときに、タブレットを1つ取り出してポンと入れるだけです。しかも、新しい洗剤ということで、粉末洗剤と液体洗剤の良いところを両方持っているのもタブレットタイプの洗剤のメリット。

    食洗機で使うタブレットタイプの洗剤のデメリットは次のようになっています。

    • 価格が高い
    • 分量が調節できない
    • 水や湿気に弱い

    タブレットタイプの洗剤の最大のデメリットが、水や湿気に弱いことです。食洗機はキッチンで使うのが一般的ですが、必ず水がある場所ですよね。そのため、タブレットタイプの洗剤は保管に注意が必要になります。

    また、食洗機にポンと入れられるメリットと引き換えに、分量を調節できないというデメリットがあるのです。汚れがひどくても同じ分量で使うことになりますし、食器類が少なくても洗剤を減らすことができません。食洗機の洗剤として価格が高いため、分量の調節ができないのは大きなデメリットと言えるでしょう。

    1.5 食洗機の洗剤の安全性

    食洗機は機械が洗うため、手洗いよりもすすぎが十分にされていると言えます。人が洗う場合、すすぎが不十分で食器に洗剤が残るということもありますよね。食洗機ではそれがないのです。

    また、食洗機の洗剤も誤飲などがない限り、安全性に問題のある成分は使われていません。もちろん、安全性に問題があるような洗剤は販売されませんからね。そのため、使った洗剤がしっかりと落とせる食洗機は、手洗いよりも残留洗剤のおそれがなくて安全であると言えるでしょう。

    食洗機の洗剤を比較

    2 食洗機の洗剤の選び方

    食洗機の洗剤は選び方が難しいですよね。そこで、食洗機の洗剤の選び方を紹介します。どのポイントを重視して洗剤を選ぶのか、参考にしてください。

    2.1 洗剤のタイプから選ぶ

    食洗機の洗剤は、使いたい洗剤のタイプから選ぶという方法があります。

    例えば、食器などを白くしたい場合には粉末タイプの洗剤を選ぶのが良いですし、グラスなどをピカピカに仕上げたいときは液体タイプの洗剤を選ぶのが良いでしょう。つまり、食洗機に入れる食器をどう仕上げたいのかで、使う洗剤のタイプを選ぶのです。

    また、食洗機の洗剤でもコストパフォーマンスが良い物を使いたい人は粉末タイプの洗剤を選んでいます。忙しい人は、価格が高くても食洗機にポンと入れられるタブレットタイプの洗剤を選ぶ人が多いのです。自分が食洗機をどう使うのかでも洗剤のタイプは変わってきますよ。

    要するに、食洗機の使い方や洗剤の使い勝手の良さから使う洗剤のタイプを選んで、その洗剤のタイプに合う製品を選ぶというのがオーソドックスな選び方と言えるでしょう。

    2.2 プラスアルファの作用で選ぶ

    食洗機の洗剤を選ぶときに「プラスアルファの作用」で選ぶという人もいます。

    食器をどう仕上げたいのか、食洗機をどのように使いたいのかで洗剤を決めることも大切です。しかし、洗剤にプラスアルファの作用があれば、より洗剤が使いやすいということもありますよね。

    例えば、食洗機の洗剤の中には、植物由来の成分で安心安全という製品や排水管をキレイにする作用がある製品などがあります。すると、より安全性を求める人は、洗剤のタイプよりも植物由来の成分という安全性を優先するでしょう。また、排水管の掃除が面倒だと思う人は、排水管もキレイにしてくれる製品を使いたくなりますよね。

    つまり、洗剤の洗浄力やタイプ以外のプラスアルファに目を向けて、食洗機の洗剤を選ぶというのも良い選び方になるでしょう。

    食洗機の洗剤の選び方

    3 食洗機の洗剤ランキング!

    食洗機の洗剤は、様々な店舗や通販サイトで取り扱われています。その中から、安全安心で人気の食洗機の洗剤をランキング形式で紹介していきます。

    3.1 第5位「ジョイ ジェルタブ 食洗機用洗剤23P」

    P&Gが販売する「ジョイ ジェルタブ」は、タブレットタイプの洗剤。しかも、粉末洗剤と液体洗剤の良いところを併せ持った洗剤で、食洗機の洗剤としてはリピーターが多い製品の一つになっています。

    ジェルと粉末が2層になっていて、汚れに浸透して洗い落とす「予洗い」の効果と固まった汚れを分解する「こびりつき洗い」の効果を1つのタブレットで行える点が人気の秘密。さらに、食器だけではなく、食洗機の内部まで除菌・洗浄ができるため、いつもキレイな食洗機が使える点でも評価が高いと言えますよ。容量の多いタイプも販売されているので、まとめ買いがお得です。

    3.2 第4位「チャーミークリスタ クリアジェル 食洗機用洗剤480g」

    ライオンが手がける「チャーミークリスタ」は、クリアジェルと消臭ジェルの2つのタイプがあります。どちらも液体タイプの食洗機用洗剤ですが、気になるポイントで使い分けるのが便利。しかも、ダブル酵素のパワーで、手軽に除菌までできる洗剤です。

    クリアジェルは、グラス製品のくもりの原因となる汚れの膜をしっかりとはぎ取ってくれます。一方で、消臭ジェルは食洗機内に残りがちなニオイをすっきりと落としてくれるのです。グラスをピカピカにしたいという人はクリアジェル、食洗機のニオイが気になる人は消臭ジェルを選びましょう。

    3.3 第3位「フィニッシュ 食洗機用洗剤パウダー700g」

    アース製薬が販売する「フィニッシュ」は、たくさんの食洗機を販売するパナソニックとフィニッシュの共同開発。着色剤のカットや99.9%の除菌力など、様々な面で秀でた洗剤となっています。世界シェアがナンバー1の製品が日本向けにアレンジされているため、その洗浄力は間違いないと言えるでしょう。

    こちらで紹介したのは食洗機用の粉末タイプの洗剤ですが、石けんなどで有名な「ミューズ」と共同開発したタブレットタイプの「フィニッシュ 食洗機用洗剤タブレットパワーキューブ」も選べますよ。こちらも高い除菌力があり、さらに重曹入りで茶渋などには効果的です。

    3.4 第2位「緑の魔女 全自動食器洗い機専用洗剤800g」

    天然由来の界面活性剤が使われていることで、安全安心を求める人に人気があるのが「緑の魔女」です。こちらは食洗機が当たり前のように使われているドイツ生まれ。しかも、地球にも優しい食洗機用洗剤となっています。

    酵素が配合された粉末タイプの洗剤ですが、注目ポイントは「排水管をキレイにする」というところです。その秘密は「グロースファクター」という成分。バクテリアや微生物による「生分解」を促してくれるため、食洗機が排出した油汚れなどが排水管に溜まりにくくなっているのです。食洗機の除菌や排水管の浄化など、プラスアルファが多い洗剤を選びたい人におすすめの製品となっています。

    3.5 第1位「ハッピーエレファント 食器洗い機用ジェル400ml」

    様々な食洗機の洗剤がある中で最も安全安心な洗剤が、この「ハッピーエレファント」です。使われている洗浄助剤(ソホロリピッド)は独自開発された食品が原料になっている成分なので、人体には完全に無害。さらに、香料や着色剤なども入っていないため、小さな子どもがいる家庭で選ばれている食洗機用洗剤です。

    こちらは液体タイプの洗剤。安全で地球にも優しい製品ですが、液体タイプの洗剤なので、価格は粉末洗剤よりも高い印象もあります。しかし、食洗機ですすいだあとの溶け残りの不安もないですし、より安全安心という洗剤を使いたい場合はこれがおすすめですよ。

    食洗機の洗剤ランキング

    4 まとめ

    食洗機の洗剤について、洗剤の安全性や人気の洗剤を紹介してきました。食洗機の洗剤は自分が使いやすいタイプを選ぶことも大切ですが、プラスアルファで安心感がある洗剤を選ぶというのも大切です。

    ここでは食洗機の除菌ができる洗剤、排水管がキレイになる洗剤、食品が原料の洗剤など、様々な効果があって安心して使える食洗機用の洗剤に限って紹介しています。食洗機の洗剤の安全性に不安がある人は、ここで紹介した洗剤から選ぶと良いですよ。

    食洗機の商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ