カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
卓上(据え置き)食洗機はパナソニックが人気?おすすめメーカーを比較

卓上(据え置き)食洗機はパナソニックが人気?おすすめメーカーを比較

食洗機は手洗いよりも節約ができて便利です。しかし、食洗機も様々な機種が販売されていて、どれが良いのかがすぐには分かりませんよね。

そこで、食洗機のおすすめメーカーであるパナソニックの製品について、性能や洗浄力などを比較していきます。様々な機能や口コミなども紹介するので、あなたにぴったりの食洗機を見つけてくださいね。

目次[]

    1 食洗機のタイプと選び方

    食洗機は食器洗い乾燥機のことですが、実は手洗いよりも時間も水道代も節約できる優れもの。食洗機を上手に活用することで、家族と過ごす時間を豊かにすることもできるのです。

    1.1 食洗機は卓上型とビルトイン型

    食洗機は大きく2つに分類することが可能です。それが卓上型(据え置き型)とビルトイン型。それぞれにメリットとデメリットがあるため、自宅のキッチンに合わせて選ぶことが大切になりますよ。

    卓上型のメリット
    • 設置費用が安い
    • 賃貸でも設置できる
    • 交換や修理が簡単
    卓上型のデメリット
    • キッチンが狭くなる
    • 意外と音が大きい
    • 本体や給水ホースなどで見た目が悪い
    ビルトイン型のメリット
    • キッチンは広々としたまま
    • 見た目がすっきり
    • 卓上型よりも静か
    ビルトイン型のデメリット
    • 設置費用が高い
    • 交換や修理が大変
    • 収納スペースが減る

    食洗機は設置費用を考えなければ、ビルトイン型のほうがメリットは多いとされています。確かにビルトイン型の食洗機はキッチンの作業スペースを取られることもありませんし、食洗機が稼働するときの音もずっと静か。見た目もすっきりとして、キッチンの圧迫感がない点でも良いとされているのです。

    しかし、ビルトイン型の食洗機は設置費用が高くなりますし、故障や修理への対応が大変です。そのため、手軽に設置できる卓上型の食洗機を選ぶ人も少なくありません。また、どちらの食洗機を選んだとしても、手洗いよりも節約できることは間違いないので、自分に合う食洗機を十分に検討してから購入してくださいね。

    1.2 食洗機の選び方のポイント

    食洗機を選ぶときのポイントを紹介。次のポイントをチェックしながら、自分に合う食洗機のタイプを選んでくださいね。

    食洗機のタイプ チェックポイント
    卓上型が向いている人
    • 賃貸物件に住んでいる
    • 設置費用を抑えたい
    • 家族の人数は少ない
    • 食器が少ない
    • 調理器具が少ない
    • 大型の調理器具を使わない
    • 見た目にこだわらない
    • 多少の音は気にならない
    ビルトイン型が向いている人
    • 新築住宅に設置する
    • キッチンをリフォームするときに設置する
    • 設置費用にこだわらない
    • 家族の人数が多い
    • 食器が多い
    • 食器をまとめて洗いたい
    • 大きめの調理器具を洗いたい
    • キッチンの作業スペースを確保したい
    • すっきりした見た目が良い
    • 静かなほうが良い

    このようなポイントをチェックして、自分に合っている食洗機のタイプを探すことが第一。食洗機のタイプが決まってから、メーカーや機種を探すようにしましょう。

    2 食洗機のおすすめメーカーを比較!

    ここからは、食洗機のおすすめメーカーの機能に注目。それぞれの食洗機の性能や洗浄力など、利用者の口コミなども参考にして紹介していきます。

    2.1 卓上型の食洗機はパナソニックの一人勝ち?

    食洗機には卓上型(据え置き型)とビルトイン型の2種類があります。しかし、卓上型の食洗機を販売しているメーカーはほとんどなく、パナソニック製品の独壇場。そのため、卓上型の食洗機を購入する場合には、パナソニック製品を選ぶ以外の手段はないと考えておくべきです。

    また、卓上型の食洗機は「AQUA」と「SKジャパン」というメーカーも販売していますが、パナソニック製品のようなラインナップはありません。それぞれの食洗機とニーズが合う場合には良いですが、ニーズが合わない人もいるでしょう。それぞれのメーカーの商品を確認して、ニーズに合わない場合はパナソニック製品を選んでください。

    ビルトイン型の食洗機は、パナソニック、リンナイ、三菱電機などがおすすめ。また、ハーマンやクリナップなど、固定ファンが多いメーカーもビルトイン型の食洗機を販売しているため、固定ファンの人はそれぞれのメーカーの製品を選んでも良いでしょう。

    2.2 パナソニックの卓上食洗機の性能や洗浄力は?

    卓上型の食洗機はパナソニック製品が中心。そこで、パナソニックの卓上型の食洗機について、性能や洗浄力などを比較していきます。

    パナソニックの卓上型の食洗機は「レギュラーサイズ」と「プチ食洗」の2種類。家族の人数や食器の点数などで、どちらを選ぶかを決めると良いでしょう。

    まずはプチ食洗のサイズや性能を一覧で紹介。

    プチ食洗 NP-TCR4 NP-TCM4 NP-TCB4
    食器点数 18点
    庫内容積 約24L
    本体サイズ(ドア解放時) 470×300×460mm
    (470×598×467mm)
    設置目安 470×300×520mm
    酵素活性化洗浄 バイオパワー除菌
    省エネ機能 エコナビ
    洗浄機能 標準コース
    スピーディコース
    低温ソフトコース
    標準コース
    スピーディコース
    洗浄のみ
    標準の使用水量 9L
    消費電力(50Hz/60Hz) 最大665W/685W
    運転音(50Hz/60Hz) 41dB/43dB 40dB/42dB 42dB/44dB
    製品の重さ 12kg 12kg 11kg

    プチ食洗のサイズや設置目安の広さなどは、どの機種でも全く同じ。しかし、NP-TCB4が洗浄のみの機能しか備えていないのに対して、NP-TCR4はパナソニック製品の省エネ機能の一つである「エコナビ」も備わっていますし、洗浄機能も様々なコースがあって機能的と言えます。

    また、NP-TCR4であれば、バイオパワー除菌で酵素が活性化しやすい温度の洗浄液を使って素早く汚れを洗浄。頑固な汚れもキレイにはがせるようになっているのです。しかも、子ども用などに多い「熱に弱いプラスチックの食器」が除菌しながら洗える低温ソフトコースにも対応。子どもがいたり、家族の人数が少なかったりする場合にはNP-TCR4がおすすめ。

    次にレギュラーサイズの卓上型食洗機のサイズや性能を一覧で紹介。

    レギュラータイプ NP-TZ100 NP-TH2 NP-TA2
    食器点数 40点
    庫内容積 約50L
    本体サイズ(ドア解放時) 550×344×598mm
    (550×565×598mm)
    設置目安 550×350×650mm
    酵素活性化洗浄
    ナノイーX送風 ナノイーX
    高温除菌
    省エネ機能 エコナビ エコナビ
    洗浄機能 5段階
    低温ソフトコース
    3段階
    スピーディコース
    3段階
    スピーディコース
    自動ドアオープン
    標準の使用水量 11L
    消費電力
    (50Hz/60Hz)
    最大1,165W/1,185W
    運転音
    (50Hz/60Hz)
    36dB/38dB 37dB/39dB 38dB/40dB
    製品の重さ 20kg 19kg 19kg

    レギュラーの食洗機もサイズなどは同じ。ただし、性能は全く別です。特に最上位と考えられる機種のNP-TZ100は、ナノイーやエコナビなど、パナソニック製品の除菌や省エネ機能が満載。そのうえ、運転音も最も静かなので、食洗機の音が気になる人にもおすすめできます。

    また、NP-TZ100とNP-TH2には高温除菌という機能もあり、安心の洗い上がりになります。低温ソフトコースもあって、子どもがいる場合には使いたい機能が多いと言えるでしょう。

    どちらのタイプでも、パナソニックの食洗機を利用している人の満足度は高め。ただし、卓上型の食洗機の場合はパナソニック製品がほとんどのため、あまり比較して考えることができないというのもあるようです。

    プチ食洗を使う一人暮らしの人などは満足しているようですが、中には「容量と機能だけで選んだ」という人もいます。洗浄力や機能には満足しているようですが、サイズや音の大きさは気になる様子。音は洗濯機のようだと表現する人までいて、運転音の感じ方には個人差もあるようです。

    しかし、おおむね高評価なのは明白。特に家事の時短という面では評価が高く、食洗機があると便利なのは間違いないと言えるでしょう。

    2.3 パナソニックのビルトイン食洗機の性能は?

    ビルトイン型の食洗機は評価もバラバラ。メーカーや評価自体にバラつきがあるのではなく、自分が選んだメーカーの食洗機が最も良かったと評する人が多いのです。つまり、どのメーカーのビルトイン型の食洗機も満足度は高く、しっかりと吟味して選ぶ人が多いということのようです。

    そこで、パナソニックのビルトイン型の食洗機の主な性能も一覧で紹介。食洗機を選ぶときの参考にしてみてください。

    ビルトイン食洗機 K8シリーズ
    食器点数 44点
    庫内容積 約60L
    外形寸法・製品本体質量 幅448×奥行609×高さ753~853mm
    本体約24kg/脚ユニット約2kg
    キッチン奥行 奥行65cm以上
    主な機能
    • エコナビ
    • フルオートオープン
    • ムービンラックプラス
    • 3Dプラネットアーム洗浄
    • バイオパワー除菌
    • 節電コース
    使用水量/運転経費 約9L/約27.5円
    消費電力
    (50Hz/60Hz)
    最大675W/700W
    消費電力モーター・ヒーター
    (50Hz/60Hz)
    75W/100W・600W
    運転音
    (50Hz/60Hz)
    約38dB/約40dB

    こちらはパナソニックのビルトイン食洗機の最上位機種の性能。機種によって、食器点数が少なかったり、主な機能がいくつか少なくなっていたりしますが、大きな違いはないと言えます。運転経費も「21.6~31.3円」で、サイズによる違いが経費に直結していると考えられて妥当な金額です。

    パナソニックのビルトイン食洗機の注目点はフルオートオープンという機能。こちらは2ノックすると、ドアが自動で開くシステム。汚れた食器を持っているときには便利な機能です。また、食洗機のラックはムービング機能があり、様々な形になります。自分が都合の良いように食器が置けるため、効率的に食洗機を活用できますよ。

    また、洗浄力の注目は、バイオパワー除菌と3Dプラネットアーム洗浄。洗浄エリアが偏らないように自動制御でノズルが動いてくれます。立体的な洗浄効果が期待できるため、これまで以上に洗浄力がアップしていると考えられるのです。

    ビルトイン食洗機は設置費用が高いということを除けば、性能的には卓上型の食洗機と同等以上のものがあると言えます。そのため、新築住宅やキッチンのリフォームで設置する場合はビルトイン型の食洗機で、賃貸物件やそのままのキッチンに設置する場合は卓上型の食洗機を選ぶようにすることをおすすめしますよ。

    卓上食洗機のおすすめメーカーとは

    3 まとめ

    パナソニックの卓上型とビルトイン型の食洗機について、詳しく解説してきました。卓上型の食洗機はパナソニック製品がほとんど。選ぶほどのメーカーはないため、卓上型を選ぶ場合はパナソニック製品の機能などで選ぶと良いですよ。

    また、ビルトイン型の食洗機でもパナソニック製品は高い人気があります。食洗機の性能も優れており、卓上型の食洗機よりも良い機能も満載です。新築やリフォームで食洗機を設置する場合にはビルトイン型の食洗機の検討をおすすめしますよ。

    食洗機の商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ