カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 電気通信・外構
  • 太陽光発電・EV充電
> >
食洗機の掃除方法!重曹・クエン酸でキレイになる?故障を防ぐ方法も解説

食洗機の掃除方法!重曹・クエン酸でキレイになる?故障を防ぐ方法も解説

主婦の強い味方になる食洗機は、家事の時短になったり手荒れの防止をできたりと便利ですよね。しかし、食洗機は使っていくうちにどうしても汚れてしまうことを知っているでしょうか。食洗機の中は高温多湿であり、食べ物の残りなどから雑菌が繁殖することがあるのです。食器をきれいにしているのに、食洗機で洗うことで不衛生になるのは避けたいですね。

そこで重要なことは、食洗機のお手入れですが、市販の専用洗剤は高価ですよね。今回は、食洗機内の汚れの原因や、食洗機の基本的な食洗機の掃除方法、費用効果の高い重曹やクエン酸を使った掃除の方法をまとめていきます。

目次

    1 食洗機の蓄積汚れの正体とは?

    食洗機は毎食後の食器洗いから解放される主婦の強い味方ですね。家事の時短になりますし洗剤による手荒れを防ぐこともできます。すでに家庭家電でも手放せないものではないでしょうか。

    食洗機は、食後の汚れた食器と洗剤を入れることで、お湯の水圧や洗剤の泡で汚れを落として乾燥までされますね。もちろん食洗機の庫内も一緒に洗浄されますから、特に掃除の必要がないのでは?と思いがちですが、しばらくすると庫内に汚れが付いていることはないでしょうか。では、こうした汚れの正体は何なのでしょうか。

    1.1 水垢・油汚れ・カビの繁殖

    食洗機の庫内の汚れには、白くカビカビと固まった汚れ、黄色く粘りつくような汚れ、ヌメリの有るピンク色の汚れなどがあります。白く固まった汚れは一瞬、粉末の洗剤の溶け残りなのでは?と思うのですが、この汚れは水垢なので液体洗剤を使った場合でも起こります。

    黄色く粘りのある汚れは食器などから剥がれた油汚れです。油汚れは底面やフィルターなどにつきやすく、放置をしてしまうとどんどん増えて汚れが落ちにくくなってしまいます。また、ピンク色のヌメヌメした汚れは、カビの一種です。水が残りやすい部分で繁殖をしがちで、特に食べかすなどを栄養源としています。

    食洗機の汚れの正体

    2 食洗機はなぜ汚れるの?

    食洗機は高圧のお湯や洗剤で食器とともに庫内もキレイになっているはずなのに、なぜ汚れが付着してしまうのでしょうか。その原因を探ってみましょう。

    2.1 水垢の原因

    水垢の原因は水道水です。水道水には、カルシウムやミネラル・塩素が含まれており、これらが凝縮したカルキ成分です。キッチンのシンクにもよく付着しますよね。これらは、食洗機の庫内だけでなく食器にも付着してしまうことがあり、グラスがくすむ原因も水垢なのです。手洗いの場合には気にならないのは、食洗機では高温で素早く乾燥をさせるため、カルシウムやミネラル・塩素が凝縮されやすくなってしまうからです。

    2.2 油汚れの原因

    食洗機内の油汚れの原因は、必要な洗剤の量が少ないといったことがあります。例えば、ひどい油汚れの時や食洗機に入れる食器の量が多い時に洗剤の量が少ないと、泡立ちが悪くなり油汚れがキレイに落ちにくくなります。そのため、食器はもちろんのこと、食洗機の庫内にも油汚れが残ってしまうことになりかねません。

    高温のお湯だけでは油汚れは完全に落ちません。洗剤の量は油汚れの具合や食器の量で増減する必要があります。普段から洗剤の量を控えめにしている場合には、食洗機の油汚れも慢性的にたまりやすい状態になっています。また、合成洗剤ではなく石けん系の洗剤や重曹を使っている場合にも、油汚れが残りやすくなりますので注意しましょう。

    2.3 カビの原因

    カビは、水分と栄養を元にして増えるものですが、食洗機内のピンク汚れは食べかすなどが原因で増殖をしてしまいます。この汚れは、拭くだけで摂れますが菌が残っていますのですぐに出てきてしまいます。これらを防ぐためには、除菌効果のある洗剤を使用する必要があります。

    3 基本的な食洗機の掃除方法

    では、実際に食洗機の掃除方法についてみていきましょう。食洗機には、ビルトインタイプと据え置きタイプがあり庫内のパーツの配置は違いますが、基本的な掃除方法は変わりませんので、今回はビルトインタイプの食洗機の方法をお伝えします。掃除の際にはやけどを防ぐために、食器洗いと乾燥が終了してから30分以上経った後に始めるようにしましょう。

    基本的な食洗機の掃除方法

    3.1 普段のお手入れ方法(毎日)

    普段のお手入れ方法(毎日)

    毎日行う普段のお手入れのポイントは2つ。残菜フィルターのゴミを取り除くことと、庫内の乾燥です。残菜フィルターについては、毎回食べ物の残りが溜まりますのでこまめに掃除をする必要があります。この掃除を怠ると故障の原因にもなりかねませんので、毎回掃除を行うようにしましょう。

    掃除方法は、まず残菜フィルターを取り外して残菜を取り除きます。フィルターの汚れが落ちにくい場合には、ブラシなどでこすり落としてください。また、フィルターの奥に汚れが付いてしまったりフィルターの奥の方が取り外せなかったりする場合には、毎回の洗剤量を多めにするか、庫内クリーナーを使うと効果的です。

    次に庫内の乾燥です。食洗機の庫内はどうしても湿気が多くなっていますので、1日の終わりには食洗機の乾燥機能を使うか、乾いた布で水分をふき取りましょう。これによりカビや雑菌などの繁殖を抑えることができます。この2つの手入れを毎日行うことで、食洗機内の汚れや水垢のこびりつきは軽くなり、定期的な掃除はグッと楽になります。

    3.2 かご・小物入れの掃除(月に1度)

    かご・小物入れの掃除(月に1度)

    食洗機内のかごや小物入れの掃除は、月に1度行いましょう。まずは、かごや小物入れを取り外し、水にぬらして固く絞った柔らかい布で拭きます。また、お湯や水に浸してスポンジで洗うと汚れがよく落ちます。細かい部分は洗いにくいため、歯ブラシなどでこすると汚れは落ちやすくなります。特に小物入れについては、箸やスプーンなどの残菜が落ちて汚れやすくなりますし、カビや水垢などもたまりやすくなりますので、念入りに掃除をするようにしましょう。

    3.3 ヒーターの掃除(月に1度)

    ヒーターの掃除(月に1度)

    見落としがちになるのが、ヒーターの掃除です。これも月に1度は行いましょう。まずは、かごや回転ノズルを取り外して、ヒーターをブラシなどでこすり洗いをします。ヒーター格納部やヒーターに残菜があると、汚れが落ちにくくなったり臭いの原因になったりします。特に開口穴は残菜などが残りやすいため、きちんと取り除いてから念入りに洗いましょう。特にヒーターカバーは汚れが付きやすくなっています。ネジなどで固定されている場合もありますが、取り外しが可能なのであれば取り外して洗ってください。

    3.4 回転ノズルの掃除(月に1度)

    回転ノズルの掃除(月に1度)

    回転ノズルは回転をしながらお湯を全体に噴射して汚れを落としています。しかし、回転ノズルの穴に残菜や油汚れが詰まってしまうと、お湯の吹き出しが悪くなり食器の汚れも落としきれなくなります。月に1度は回転ノズルを取り外し、水につけてゆすったり水で流しながら歯ブラシでこすったりして汚れを落としましょう。特に水の吹き出し口は念入りに掃除してください。

    3.5 ドア・タンク・庫内の掃除(月に1度)

    ドア・タンク・庫内の掃除(月に1度)

    ドア・タンク・庫内の掃除も月に1度行いましょう。いずれも、水を含ませ良く絞った柔らかい布で拭きましょう。ドアの汚れがひどい場合は、台所中性洗剤か石けん水で拭くときれいになります。また、ドアの隙間に残った残菜や汚れは、綿棒などを使うと摂りやすいでしょう。

    また、タンクのフチは汚れやすい場所ですので念入りに掃除をして下さい。庫内は定期的に掃除をすれば、汚れが付きにくくなります。また、据え置きタイプの食洗機の場合、接地している台やシンクを痛める可能性があるため、本体と接続ホースの部分を必ず月に1度拭き掃除をしましょう。さらに、本体外側の掃除には、漂白剤・洗剤・シンナー・ベンジン・クレンザー・ワックス・殺虫剤を使わないでください。

    3.6 パッキンの掃除(月に1度)

    パッキンは食器洗い時の洗浄液が届かない場所の為、特に裏側や隙間は念入りに掃除をしましょう。汚れやカビがある場合は、薄めた漂白剤に浸した布で拭いてから、しばらく置いて水拭きを行うのが効果的です。ただし、この時にゴムパッキンを引っ張らないように注意してください。ゴムパッキンを引っ張ったり外したりすると、水漏れの原因になりますので十分に気を付けましょう。

    4 蓄積汚れはクエン酸や重曹を使って掃除をする

    食洗機のパーツを外して掃除をすることは定期的に行うのが有効ですが、クエン酸や重曹を使った掃除もしてみましょう。クエン酸や重曹では、白い水垢汚れやべとべとした黄色い油汚れに効果を発揮します。では、クエン酸や重曹はどのように使えばいいのでしょうか。

    クエン酸や重曹を使った掃除

    4.1 クエン酸と重曹の使い分け方法

    汚れには種類ごとにクエン酸と重曹を使い分けましょう。まず、クエン酸には雑菌を抑える抗菌効果、アルカリ性の臭いを防ぐ防臭効果、水垢であるカルキ成分を分解する効果があります。白い水垢汚れにはクエン酸を使うのが良いでしょう。

    また、重曹には油分と混ざると石けんのようになって分解する親油性がありますし、弱アルカリ性で酸を中和させて防臭効果もあるなどの特性がありますので、油汚れと臭いの除去には重曹を使うのが効果的です。

    4.2 クエン酸を使った掃除方法

    クエン酸には食用と薬用がありますが、掃除には薬用を使います。500gあたり600円程度で、ドラックストアなどで販売されています。クエン酸の使い方は簡単で、食洗機内にある食器やかごを出して、洗剤投入口に大さじ3のクエン酸を入れ洗浄ボタンを押すだけです。

    そもそも水垢は中性洗剤で落ちにくく、力を入れてゴシゴシ削ることでやっと取れるのですが、とても根気がいる作業です。しかし、クエン酸を投入して洗浄ボタンを押すだけで落ちるのですから簡単ですね。これは、水垢の正体であるカルキ成分(炭酸カルシウム)がアルカリ性だからなのです。アルカリ性の水垢にクエン酸の酸性をあわせると、汚れが中和されて水垢が溶けてしまうのです。

    洗浄コースが終了したら、庫内を確認してみましょう。もし水垢が残っているところがあった場合は、クエン酸溶液(水50mlにクエン酸1~2gを溶かしたもの)を霧吹きなどで吹きかけ、キッチンペーパーで拭けばきれいに落とすことができます。

    4.3 重曹を使った掃除方法

    重曹を使って掃除をする時には、必ず水またはお湯に溶かして使うことが重要です。100mlの水または42℃程度のお湯に対して小さじ1(6g)を溶かします。重曹のアルカリ度を高めて効果を上げたいときには、煮詰めて炭酸塩にすると良いでしょう。

    炭酸塩は溶かした重曹を火にかけて煮ることで、重曹の分量の60%が炭酸塩となります。この炭酸塩を冷ましてペットボトルなどに移し替えれば保存も可能です。ただし、地域によって硬度50以上の硬水の場合には、冷ました時に炭酸カルシウムが出るようですので、炭酸塩には不向きになります。

    重曹溶液を作ったら、食洗機の中の油汚れを掃除していきましょう。おもに汚れの目立つところは天板と壁側ですので、キッチンペーパーを置いて重曹液をたっぷり吹きかけます。しばらくしみこませると油汚れがゆるみますから拭きとります。このほかにも、フィルターの裏側や受け皿・パッキンなどの気になるところがあれば同じように吹きかけ、ブラシなどを使って掃除をしていきましょう。

    4.4 クエン酸や重曹は食洗機の故障の原因になるのでは?

    クエン酸や重曹は、メーカーによっては使用を禁止しているものもあります。特に、重曹は水に溶ける量に限界があり、溶けないままになっていると重曹の粉末が残り食洗機の動作が悪くなったり故障を招いたりする恐れがあります。重曹を使うときは、必ず溶けきる用量にしましょう。どちらも、メーカーの説明書で使用が可能かどうかを必ず確認することが大切です。

    クエン酸や重曹は故障の原因になる?

    5 まとめ

    食洗機を清潔に保つためには、パーツを外して洗ったり、洗剤を使って庫内洗浄を行ったりするようにしましょう。庫内洗浄を行う場合の洗剤の代わりにクエン酸や重曹を使うことで、専用洗剤よりも安価に掃除ができますし、自然由来成分なので安心して使うことができます。ただし、メーカーによってはクエン酸の使用を禁止している場合もあるため、必ず確認をして下さいね。

    食洗機の商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ