カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
食洗機の掃除方法!重曹・クエン酸洗浄のやり方と故障を防ぐには

食洗機の掃除方法!重曹・クエン酸洗浄のやり方と故障を防ぐには

家事の時短、手荒れ防止など主婦の強い味方となる食洗器。 使っていくうちにどうしても汚れはついてしまいます。食洗器のなかは高温多湿で食べ物の残りなどから雑菌が繁殖し、それが食器につくとかえって不衛生ですのでお手入れはとても重要です。

食洗器掃除用洗剤もいろいろあるなかで、今回は重曹やクエン酸を使った掃除方法についてまとめていきます。 台所だけでなく、いろんなところの掃除に活躍する重曹とクエン酸。値段も安価で手に入りやすく、掃除用として馴染みのある方もおられるでしょう。ただし使い方を間違えると、食洗器を故障させる場合もありますので、正しい使い分けもあわせてご紹介します。

目次[]

    そのまえに~普段のお手入れ法から~

    一日の仕事や家事を終え、夕食の片付けもすませたあと、みなさんは食洗機をどのようにしていますか?今からご紹介するお手入れをしておくと、あとの掃除がずいぶん楽になりますのでおすすめです。

    ポイントは2つ、かかる時間は3分程度です。

    まず一つ目は残菜フィルターのごみを取り除くこと。使っていると食べ物の残りがここに溜まっていきます。あまり溜めてしまうと故障の原因にもなりかねませんので、こまめに掃除するようにしましょう。

    次に重要なのは庫内を乾燥させること。どうしても湿気が多くなってしまうので、その日の終わりには乾燥機能をつかうか布巾でふきとってカビや雑菌などの繁殖をおさえます。日頃このふたつに留意するだけで汚れや水アカのこびりつきは軽くなり定期的な掃除はずいぶんと楽になります。

    食洗機の掃除の方法

    クエン酸と重曹の使い分け~蓄積汚れの正体は~

    使っていくうちにだんだんと白い汚れや油でベトベトした感じ、ニオイなどが気になったことはありませんか? 次はそんな蓄積汚れを掃除していきましょう。だいたい1か月~3か月おきが目安です。汚れには種類があるので重曹とクエン酸を使い分けて掃除します。 まずクエン酸には雑菌をおさえる抗菌効果、アルカリ性のニオイを防ぐ防臭効果、カルキ成分を分解する効果があります。

    食洗機のなかの白い汚れは、洗剤の残りや水道水の中に含まれるカルキ成分(おもに炭酸カルシウム)がこびりついたもので、この汚れにはクエン酸を使います。

    重曹には、油と混ざると石鹸のようになって分解する親油性があり、弱アルカリ性で酸を中和させ防臭効果もあるなど、たくさんの特性があります。ですから油汚れやニオイの掃除には重曹を使うのが効果的です。

    食洗機の蓄積汚れの正体

    クエン酸を使った掃除方法

    クエン酸には食用と薬用があり用途に分かれていて、掃除には薬用のものを使いましょう。500gあたり600円程度で、ドラッグストアや100円均一ショップなどで販売されています。使い方は簡単で、食洗機内にある食器やカゴを出して、洗剤投入口に大さじ3のクエン酸を入れて洗浄ボタンを押すだけです。

    そもそも水アカは中性洗剤ではなかなか落ちず、力を入れてゴシゴシ削るとやっと取れるのですがそれはとても根気のいる大変な作業です。

    しかしクエン酸を投入して洗浄ボタンひとつ押すだけで取れてしまうのには理由があります。それは水アカの正体であるカルキ成分(炭酸カルシウム)がアルカリ性だからです。アルカリ性にクエン酸の酸性を合わせると中和されて溶けてしまうからなのです。

    洗浄コースが終了したら開けてみましょう。白い汚れがすっきりとなっているはずです。まだ残っているところがあれば、クエン酸溶液(水50mlにクエン酸1~2g程度)をスプレーで吹きかけ、キッチンペーパーで拭くと落ちます。

    クエン酸で食洗機の掃除をする

    重曹を使った掃除方法

    重曹を使って掃除を始めるとき、とても重要なことがあります。重曹を使うときは、かならず水(またはお湯)に溶かして使います。だいたい100mlの水(または約42℃のお湯)に対して小さじ1 (6g)を溶かします。そもそも重曹のアルカリ度は低いので、もっとアルカリ度を高めて効果を上げたい場合は煮詰めて「炭酸塩」にします。

    溶かした重曹を火にかけて煮るだけで、重曹の分量の6割が炭酸塩になります。粗熱を取るとペットボトルに移しかえて保存もできます。地域によって硬度50以上のところは水温が下がった時に白い塊(おそらく炭酸カルシウム)がでるようです。そのような地域では溶かし置きは不向きかもしれません。  

    重曹溶液が作れたら、食洗機のなかの油汚れを掃除していきます。おもに汚れの目立つところは天板と壁側です。ここにキッチンペーパーを置いて重曹溶液をたっぷりとスプレーします。しばらくしみこませると油汚れがゆるんできますのでふき取ります。ほかにもフィルターの裏側や受け皿、パッキン、水の出るアーム部分など、気になるところがあればブラシや爪楊枝も使いながら、同じように掃除していきましょう。

    重曹で食洗機を掃除する方法

    食洗機の故障の原因になるって本当?

    そうなんです。重曹が水に溶ける量には限界があって、100mlの水(またはお湯)に対して小さじ1程度ですが、それ以上を入れると溶けないまま残ってしまいます。食洗機を掃除して粉末の重曹が残ってしまうと動作が悪くなったり故障を招いたりする恐れがあるので、重曹溶液を作る場合にはかならず全部が溶けきる用量にしましょう。

    あと、クエン酸を使うときに漂白剤などの塩素系洗剤を併用すると、クエン酸の酸性と塩素系のアルカリ性があわさって塩素ガスを発生させる危険がありますから絶対にやめましょう。

    まとめ

    以上、重曹とクエン酸を使った食洗機の掃除方法をご紹介しました。市販の食洗機掃除用洗剤もありますがこのふたつを使うことで専用洗剤よりも安価で掃除ができ、自然由来の成分なので小さなお子さまがいらっしゃるご家庭でも安心して使うことができます。正しい使い方さえ知っていればメリットの多い掃除グッズですから、食洗機にもおおいに活用していただきたいと思います。

    食洗機の商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ