カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
トイレの水が止まらないのはタンクが原因?応急処置と修理方法

トイレの水が止まらないのはタンクが原因?応急処置と修理方法

よく分からない原因でトイレの水が止まらないことはよくあります。しかし、トイレの修理を頼んでも、業者が来るまで水が止まらないままでは勿体ないですよね。

そこで、トイレの水が止まらないときの応急処置を紹介します。よくあるトイレの水が止まらない原因や修理方法なども紹介するので、トイレの水が止まらないときは自分で修理してみるのも良いですよ。

目次[]

    1 トイレの水を止める応急処置は?

    トイレの水が止まらない場合、そのままでは水が勿体ないですよね。つまり、トイレの水が止まらない場合は応急処置が最初の一歩。応急処置をしてから、トイレの水が止まらない原因を確認しましょう。

    1.1 止水栓を閉める

    トイレの水が止まらない場合、最初にするのは応急処置。トイレは給水管から給水されることで水を流せる仕組みになっています。そこで、トイレの水が止まらない場合は給水管から流れ込む水を止めることから始めるのです。

    トイレの給水管から流れてくる水を止める方法は止水栓を閉めるだけ。トイレの止水栓は便器やトイレタンクの近くに必ずあります。まずは給水管と止水栓を見つけて、止水栓を閉めるようにしてください。

    止水栓のタイプ 止水栓の閉め方
    止水栓のみ マイナスドライバーで回す
    止水栓にフィルターがある 開閉工具で中央の溝を回す
    またはマイナスドライバーで中央の溝を回す
    便器などに収納されている止水栓 止水栓を手で回す

    主な止水栓は一覧表の3タイプ。タンクレストイレなどは、止水栓が隠れるように収納されています。よく探してみましょう。

    1.2 水道の元栓を閉める

    トイレの止水栓は、通常はマイナスドライバーで回すと簡単に閉めることができます。しかし、まれに固くて回らないということがあるのです。その場合は、無理をして止水栓を回さずに、家庭の水道の元栓を閉めるようにします。

    タイプ 元栓がある主な場所 閉め方
    戸建て住宅 宅地内の地面など 時計回りに回す
    マンション 玄関わきのパイプシャフト内など 時計回りに回す
    アパート 共用スペースの地面など 時計回りに回す

    水道の元栓がある場所は住宅ごとに異なります。主な場所は一覧の通りですが、必ずしも一致する訳ではないので確認が必要。トイレの水が止まらなくなって慌てないためにも、普段から水道の元栓の位置は調べておきましょう。

    2 トイレの水が止まらない原因と修理方法

    トイレへの給水を止める応急処置が終わったら、トイレの水が止まらない原因を探します。水が止まらない原因ごとに修理方法が異なるので、どうしてトイレの水が止まらないのかを確認してから修理を始めてください。

    2.1 便器の中へ流れる水が止まらない原因と修理方法

    トイレの水が止まらない場合、便器の中へ流れる水が止まらないことがあります。例えば、いつまでもチョロチョロと水が流れ続けていたり、多くの水が流れ込み続けていたりする場合などです。この場合、止水栓を閉めて水が止まったかどうかで原因が分かります。

    止水栓を閉めて便器へ流れる水が止まった場合、原因はトイレタンクの中にある浮き球やボールタップ。すぐにトイレタンクを開けて、原因を確認してみましょう。

    浮き球はトイレタンクに水が入ることで、タンク内で浮き上がってボールタップの給水を止める仕組み。つまり、トイレタンク内のどちらかの部品が原因で、過剰にタンク内に水が流れ込み、溢れた水が便器に流れ込んでしまっている状態です。

    まずは浮き球に破損がないかを確認。浮き球が破損している場合にはホームセンターなどのトイレ用品コーナーで浮き球を購入して交換します。また、浮き球に目立つ破損などがない場合は、ボールタップの故障を確認してください。単に部品がずれているだけなどの場合もあるため、故障がない場合は各部品を取りつけ直してみましょう。

    各部品が破損・故障している場合の修理方法は部品の交換。ホームセンターなどでボールタップを購入しましょう。多くのボールタップには浮き球などもセットになっています。修理の手順は古い部品を取り外して、そのまま新しい部品を取りつけるだけ。特に難しい修理ではありませんが、自信がない場合は業者に修理を依頼してください。

    止水栓を閉めても便器に流れる水が止まらない場合、原因はゴムフロートやオーバーフロー管。こちらもトイレタンク内にあるので、タンクの蓋を開けて確認しましょう。

    ゴムフロートはトイレのレバーで水を流すときに持ち上がり、レバーを戻すと元の位置に戻ってタンク内の水が便器に流れないようにせき止める役目があります。このゴムフロートに異物が挟まったりゴムフロートの鎖が絡まったりすると、トイレタンク内でゴムフロートが元の状態にならずに便器へ水が流れ続けてしまうのです。

    修理方法はゴムフロート次第。ゴムフロートが経年劣化などを起こしている場合は、新しい物に交換します。また、ゴムフロートに問題がなければ、鎖が絡まっていないか、異物が挟まっていないかを確認して、ゴムフロートを正常な位置に戻してください。ここで便器に流れ込む水が止まれば、修理は完了。

    ゴムフロートを直しても水が止まらない場合は、オーバーフロー管の破損が原因。オーバーフロー管は、トイレタンクの水が溢れないようにしている配管で必要以上の水がタンクに入った場合に便器に流す役目があります。

    オーバーフロー管が破損しているときの修理方法は新しいオーバーフロー管との交換。しかし、トイレタンクを外してタンクの底にある部品を外すなどの作業が一般的です。重労働になるため、オーバーフロー管の交換は業者に修理を依頼するほうが安全でしょう。

    トイレの水が止まらない

    2.2 トイレタンクへの水が止まらない原因と修理方法

    トイレの水が止まらないとき、トイレタンク内部で水の音が聞こえ続けている場合があります。いつまでも水の音が止まらないので、とても不安になりますよね。この場合、トイレの止水栓を閉めると、水の音は止まるはずです。まずはそれを確認してください。

    止水栓を閉めても水の音が止まらない場合は、トイレタンクへの水が止まらないのではありません。おそらく便器に流れる水の音が聞こえているのです。その場合は、ゴムフロートやオーバーフロー管が原因なので、上記の便器の中へ流れる水が止まらない原因と修理方法を参照します。

    止水栓を閉めてトイレタンクへ流れる水が止まった場合、原因はトイレタンク内のボールタップや浮き球。ボールタップの故障や浮き球の破損などが原因で、トイレタンクへの給水が止まらなくなっているのです。

    修理方法はボールタップや浮き球の交換、もしくは各部品の取りつけ直し。交換する場合は、ホームセンターなどで新しいボールタップを購入します。浮き球などもセットになっているので、各部品を取り換えていきます。間違えないようにするために写真を撮っておいて、その通りに新しいボールタップを取りつけるという方法が簡単。トイレ修理以外でも使える部品の交換方法です。

    また、ボールタップなどは緩みやすい部品の一つです。ネジが緩んで浮き球が機能しなくなっている場合などもあるため、各部品を取りつけ直してみるのもポイント。ネジの緩みを解消しただけで水が止まることもありますよ。

    トイレの水が止まらない時の応急処置方法

    2.3 手洗い管の水が止まらない原因と修理方法

    手洗い管の水が止まらない場合、止水栓を閉めると水が止まるはずです。水が止まらない場合は止水栓の閉め方が悪いので、しっかりと閉めるようにします。

    手洗い管の水が止まらない場合、原因は2種類。一つはトイレタンクへの水も止まらない場合で、もう一つが便器への水が止まらない場合です。手洗い管の水だけが止まらない場合は、トイレタンクか便器へ流れる水も止まっていないはずなので確認しましょう。

    ただし、手洗い管からポタポタと垂れるような形で水が止まらない場合は手洗い管のパッキンの劣化やナットの緩みが考えられます。ほかの部品の故障などではないため、手洗い管のパッキンの交換、ナットの緩みを解消するという修理のみ。手洗い管のパッキンはホームセンターなどで購入できますし、ナットの緩みはモンキーレンチなどで簡単に解消できます。

    さて、手洗い管の水だけでなく、トイレタンクや便器への水も止まっていない場合は、それぞれの項目の修理方法を参照してください。トイレタンクや便器へ流れる水が止まれば、手洗い管の水も止まるはずです。

    2.4 タンクレスのトイレの修理方法とは?

    タンクレストイレの場合、一般的にトイレの水は機械制御。つまり、タンクレストイレの水が止まらない場合は電子部品の異常が原因です。そのため、一般の人がタンクレストイレを分解して修理するのはおすすめできません。

    もしもタンクレストイレの水が止まらないときは、止水栓や水道の元栓を閉めてから専門業者や各メーカーに連絡してください。また、電源などもつながっているはずなので、電源も抜いておくほうが安全と言えますよ。

    3 まとめ

    トイレの水が止まらない原因の多くはトレイタンクにあります。トイレタンクの内部にある各部品の破損や劣化が原因となっているため、部品の交換などが必要。しかし、ゴムフロートに異物が挟まったり鎖が絡まったりすることはよくあり、修理が必要というほどのことではありません。落ち着いて鎖や異物を外して、ゴムフロートを正しく置けば、トイレの水は止められますよ。

    トイレの商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ