カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
ウォシュレットのメーカーごとの違いを比較【TOTO・パナ・リクシル】

ウォシュレットのメーカーごとの違いを比較【TOTO・パナ・リクシル】

ウォシュレットは海外からの観光客にも人気で、お土産にウォシュレットを購入して帰るという人までいます。しかし、ウォシュレットも複数のメーカーが販売していて、どれが良いのか、選びにくいですよね。そこで、ウォシュレットをメーカーごとに比較して、その違いや特長を紹介します。また、ウォシュレットを選ぶときのポイントなども紹介するので、ウォシュレットのメーカー選びに迷ったときは参考にしてみてください。

目次[]

    1 ウォシュレットはどんなメーカーの製品がある?

    ウォシュレットは複数のメーカーが販売しています。どのウォシュレットも良いのですが、主要なメーカーの製品を選ぶほうが、種類や色など、好みに合ったウォシュレットを見つけやすいと言えますよ。

    1.1 ウォシュレットの基本情報

    ウォシュレットはTOTOの登録商標で、一般的には「温水洗浄便座」というのが正しいのですが、すでにウォシュレットという呼び方のほうが分かりやすいですよね。そこで、ここでは「ウォシュレット」に統一しています。

    さて、ウォシュレットの基本は「お尻を洗浄する機能」があることと言えます。最近のウォシュレットは脱臭や乾燥などの機能も当たり前のようについていますが、基本的には温水でお尻を洗浄する機能があれば、ウォシュレットと言えるでしょう。

    また、ウォシュレットと間違えやすいのが暖房便座。機能的なウォシュレットと同じように便座を暖めてくれる暖房便座ですが、お尻を洗浄する機能はありません。ウォシュレットと間違えて購入しないように注意しましょう。

    1.2 ウォシュレットの主なメーカー一覧

    ウォシュレットを販売するメーカーは複数あります。まずは、ウォシュレットの主なメーカーを紹介します。

    • TOTO
    • LIXIL(リクシル)
    • パナソニック

    1.3 ウォシュレットの主要なメーカーはこの3社です

    ほかにも、東芝やSANEI(サンエイ)などがウォシュレットを販売していますが、シェアは上記の3社が大半を占めています。そのため、店頭に3社以外のウォシュレットがないことも多く、各メーカーの製品が入手できないことも少なくないのです。

    そこで、より多くの方が選びやすいように、ウォシュレットの主要なメーカーである3社に絞って比較していきます。

    ウォシュレットのメーカー比較

    2 ウォシュレットの各メーカーの違いを比較

    ここからは、ウォシュレットの主要なメーカーである「TOTO」「パナソニック」「リクシル」について、それぞれの製品の特長や違いを比較して紹介していきます。

    2.1 TOTOの特長

    TOTOのウォシュレットの特長は次のようになっています。

    • きれい除菌水
    • クリーン樹脂
    • オート便器洗浄
    • フチなしウォシュレット
    • エコ機能
    • ウォシュレット一体型便器 ネオレスト

    TOTOはウォシュレットの名前を広めたこともあり、他社の一歩先を行くウォシュレットがあります。それがネオレスト。他社のウォシュレットが便器に取りつけるのに対して、ネオレストはウォシュレットが便器と一体型になったタイプがあるのです。つまり、ウォシュレットを取りつけるときに、古くなった便器ごと交換してウォシュレットにするということができます。

    また、ウォシュレットでも「きれい除菌水」で、ニオイも便器もキレイにできます。しかも、クリーン樹脂が採用されているため、ウォシュレットが汚れを弾く力を持っているのです。そのため、より快適で清潔なウォシュレットと言えるでしょう。 また、ウォシュレットが使用頻度やタイマー設定に合わせて、自動で電力をセーブするエコ機能もあります。自動的に節電してくれるため、ウォシュレットの光熱費が気になる場合でも安心して使える製品です。

    2.2 パナソニックの特長

    パナソニックのウォシュレットの特長は次のようになっています。

    • 泡コート
    • スキマレス
    • ワンタッチ着脱
    • ナノイーX除菌・除菌効果
    • ビデ洗浄

    パナソニックのウォシュレットの大きな特長が泡コート。泡コートは、便器内に泡を噴出することで、様々な汚れが付着しにくい状態にしてくれます。汚れを落とすのではなく、最初から汚れが付着しにくいようにコーティングするという発想です。つまり、トイレ掃除が楽になりますよ。

    また、スキマレスでウォシュレットのすき間をなくしているので、細かい場所が汚れません。しかも、ワンタッチ着脱でウォシュレットの蓋が取り外せるので、トイレ掃除も手軽に行えます。

    さらに、ウォシュレット以外のパナソニック製品でも重要になっているナノイーですが、ウォシュレットには「ナノイーX」という除菌機能がついています。そのため、より安全でキレイに使えるウォシュレットになっていると言えるでしょう。

    2.3 リクシルの特長

    リクシルのウォシュレットの特長は次のようになっています。

    • プラズマクラスター除菌
    • エアシールド脱臭
    • アクアセラミック(ウォシュレット一体型)
    • お掃除リフトアップ
    • 泡クッション&レディスノズル

    リクシルのウォシュレットの最大の特長はプラズマクラスター除菌。シャープが開発したプラズマクラスターをウォシュレットに取り入れています。プラズマクラスターの効果で便器内部の除菌や消臭は言うまでもなく、ウォシュレットの概念を変えるようなトイレ全体のリフレッシュにも成功しているのです。

    また、ウォシュレットが一体型になったトイレには、アクアセラミックという新しい素材が使用されています。その効果でウォシュレットに汚れが残りにくくなっているのです。しかも、トイレの黒ずみの原因となりやすい水垢も予防できるため、トイレを交換してウォシュレットにするときには選びたい製品と言えますよ。

    ウォシュレットのメーカーと選び方

    3 ウォシュレットを選ぶときのポイント

    ウォシュレットを選ぶときは、メーカーを比較しただけでは十分ではありません。なぜならば、ウォシュレットは取りつけられるかどうかが、トイレのタイプで異なる場合があるからです。もちろん、ウォシュレット一体型のトイレに交換する場合は別ですよ。

    3.1 便器のタイプをチェック

    ウォシュレットを選ぶ場合、自宅の便器がどういうタイプかをチェックしないといけません。便器のタイプによってはウォシュレットが取りつけられない場合もあります。

    トイレのタイプ 設置可・不可 条件など。
    背面にタンクがある。 問題なし。
    タンクと便器が一体型。 問題なし。
    三角タンク式。 給水管の長さなどによる。
    ユニットバス。 × 専用のウォシュレットは可。

    大まかに分けると、ウォシュレットが設置できるのは背面にタンクがあるトイレとタンクと便器が一体型になっているトイレ。この2つはウォシュレットを問題なく取りつけることができます。自分で取りつけることもできますが、購入店でウォシュレットの取りつけ工事を依頼するほうが失敗しないので安心ですよ。

    また、三角タンクがあるトイレは条件次第です。給水管の長さなどの条件があるため、ウォシュレットの設置業者などに確認してもらうと良いでしょう。

    ユニットバスの場合は、電気を使うウォシュレットは危険。専用のウォシュレットなどもありますが、工事費用が大幅に膨らむため、ウォシュレットの設置は諦めたほうが良いでしょう。費用面を気にしなければ、専用のウォシュレットの設置が可能です。

    3.2 ウォシュレットのタイプを選択

    ウォシュレットには2つのタイプがあります。

    タイプ サイズ 電気代 加熱方式 本体価格
    瞬間式 コンパクト。 安い。 瞬間的に加熱。 高い。
    貯湯式 貯湯タンクがある。 高い。 常時保温。 安い。

    瞬間式のウォシュレットは、本体価格は高め。しかし、洗浄で温水を噴出するときに加熱するので、ウォシュレットの電気代は安くなる傾向にあります。

    一方で、貯湯式のウォシュレットは、本体価格は安めになっています。ですが、ウォシュレットの本体に貯湯タンクがあるため、サイズは瞬間式のウォシュレットよりも大きめ。また、常に保温した状態になるので、ウォシュレットの電気代は高くなってしまいます。

    3.3 電源をチェック

    ウォシュレットは電気を使います。そのため、ウォシュレットに電気を供給するコンセントが必要。普通の家庭用電源のコンセントで良いのですが、トイレに電源がない場合には新たに設置しなければならない場合もあります。まずは、トイレにウォシュレット用のコンセントがあるかどうかを確認しておきましょう。

    3.4 操作しやすいのは?

    ウォシュレットの操作は、専用の操作パネルで行います。そのため、操作パネルがどこにあるのかもウォシュレットの使い勝手に大きく関わるのです。 基本的にウォシュレットの操作パネルは「便座一体型」か「壁掛け型」の二択。壁掛け型はウォシュレットのリモコンと表現されることもあるので注意しましょう。

    ウォシュレットの操作パネルがどこにあるのが良いかは個人差もあるでしょう。しかし、壁に傷つけることを嫌う賃貸住宅に住む人は便座一体型を選択する傾向が強いと言えます。反対に、壁に取りつけても気にならない人などは壁掛け型を選ぶことが多いようです。特にウォシュレットの操作性のみであれば、壁掛け型・リモコンタイプが人気と言えますよ。

    3.5 プラスアルファの機能で選択

    ウォシュレットは基本的な機能以外にあるプラスアルファの機能で選ぶというのも良いでしょう。近年のウォシュレットには複数の優れた機能があり、特長の項目で紹介したような各メーカー独自の機能が気に入ってウォシュレットを選ぶ人も少なくありません。

    機能 機能の説明。
    強弱の洗浄機能 水流を強弱で調節できる機能。マッサージ効果などがある。
    乾燥機能 温風で乾かしてくれる機能。
    オート開閉機能 トイレに近づくと自動で蓋が開く。離れると閉じる。
    複数ノズル ビデ洗浄用ノズル。女性向け。
    トイレ一体型 ウォシュレットがトイレと一体型になった製品。

    それぞれの機能がないウォシュレットもあります。そのため、目的の機能があるウォシュレットが良いという場合には、種類やメーカーを選べないこともあるでしょう。それでも、自分の気に入った機能があるウォシュレットのほうが、使っていて気持ち良いことは間違いありませんよ。

    ウォシュレットのメーカー一覧

    4 ウォシュレットのおすすめメーカー

    ウォシュレットは、基本的に「便器のメーカーと同じメーカーの製品」がベスト。ウォシュレットと便器の色味が合わないなどのトラブルもなく、安心してウォシュレットを取りつけられますからね。

    しかし、便器のメーカーと違うメーカーのウォシュレットを選ぶ場合は、瞬間式のウォシュレットを導入するのが良いでしょう。初期費用は高くなる傾向がありますが、ウォシュレットを使い続けることで貯湯式よりもコストパフォーマンスが良くて得になりますよ。

    このようなことを踏まえて、ウォシュレットだけを取りつけるのであれば「パナソニック」がおすすめ。ナノイーX除菌や泡コートなど、よりキレイなウォシュレットを体験できるはずです。ランニングコストも安くて省エネ性能が高い製品が揃っているため、選びやすいウォシュレットが多いというのもパナソニックの特長と言えます。

    また、古いトイレを交換してウォシュレットにしたいのであれば、リクシルかTOTO。TOTOはエコ機能が前面に押し出されたウォシュレットで、リクシルはレディスノズルや泡クッションなどの男女ともに心地良く使える点がピックアップされています。トイレ一体型のウォシュレットは、この点をポイントにしてメーカーを選ぶと良いですよ。

    5 まとめ

    ウォシュレットのメーカーごとの違いについて、比較しながら特長を紹介してきました。各メーカーとも特長のあるウォシュレットが揃っていて、選びにくいのは確かです。それでも、それぞれのウォシュレットメーカー独自の機能などもあるので、自分が気に入った機能のあるウォシュレットを選ぶと良いでしょう。

    ウォシュレットの商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ