IHクッキングヒーター
交換・取り付け
カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 電気通信・外構
  • 太陽光発電・EV充電
すべてのカテゴリ
> >
IHクッキングヒーターのおすすめ人気メーカーは?特徴や評判を紹介【2021年】

IHクッキングヒーターのおすすめ人気メーカーは?特徴や評判を紹介【2021年】

IHクッキングヒーターは、安全な調理ができることで人気です。しかし、様々なメーカーがIHクッキングヒーターを販売しているので、どのメーカーを選ぶのかで困ることもありますよね。

そこで、IHクッキングヒーターのおすすめメーカーを紹介!各メーカーのIHの特徴や評判・口コミなど、詳しく解説していきます。IHクッキングヒーターの機能や性能を比較するときのポイントなども解説するので、IH選びで困ったときの参考にしてください。

目次

    1 IHクッキングヒーターのおすすめメーカーとは?

    IHクッキングヒーターは、いくつかのメーカーだけが市場で大きなシェアを持っている寡占市場です。そのため、IHクッキングヒーターの大きなシェアを持つメーカーを比較するだけで、国内に流通するIHを比較することができると言えますよ。

    1.1 IHのおすすめメーカー一覧

    IHクッキングヒーターのおすすめメーカーは、次のようになっています。

    • パナソニック
    • 三菱電機
    • 日立

    実は、IHクッキングヒーターは、パナソニック、三菱電機、日立の3メーカーが大きなシェアを持つ寡占市場。この3メーカーだけでIHクッキングヒーターの市場シェアがほぼ100%になるため、IHクッキングヒーターのメーカー選びは3択であると言っても過言ではないでしょう。

    また、システムキッチンを販売するメーカーとして人気が高いクリナップやタカラスタンダード、TOTOなどのIHクッキングヒーターも、上で紹介した3メーカーが生産していることがほとんど。ですから、システムキッチンに組み込まれたIHを選ぶ場合でも、上の3つのメーカーを中心に検討することが大切です。

    1.2 IHクッキングヒーターの比較ポイント

    IHクッキングヒーターの比較ポイントは次のようになっています。

    比較ポイント 内容・注意点
    機能・特徴
    • どのような機能があるのか?
    • 安全に使える機能があるか?
    • 便利な機能があるか?
    タイプ
    • ビルトインタイプ
    • 据え置きタイプ
    • 卓上タイプ
    天板(トッププレート)
    • トッププレートの色は?
    • トッププレートの幅は?(幅60cm、幅75cmなど)
    ヒーターの種類
    • IHヒーター
    • ラジエントヒーター
    対応調理器具
    • IH対応調理器具
    • 鉄・ステンレス対応
    • オールメタル対応
    口数
    • 2口
    • 3口
    • 2口+ラジエントヒーター
    火力調節
    • 火力は何段階調節か?
    • グリルの火力調節は?
    消費電力・定格電圧
    • 消費電力は?
    • 定格電圧は?
    操作
    • ガラスタッチ式
    • プッシュ式/ボタン式
    • ダイヤル式
    サイズ
    • 幅×奥行×高さ(mm)
    • 質量(kg)
    • グリルの庫内有効寸法(幅×奥行×高さ)は?

    IHクッキングヒーターは、意外と種類が豊富。IHのタイプだけを見ても、ビルトインタイプや据え置きタイプなどがあり、自分の好みに合わせて細かく選ぶことがポイントになります。また、天板(トッププレート)のカラーバリエーションも豊富なので、キッチンの雰囲気に合わせることも視野に入れる必要があるのです。

    IHクッキングヒーターは、IH対応の鍋やフライパンなどを使うのが一般的。しかし、近年はオールメタル対応のIHなどもあり、利便性を重視するのか、それとも、IHの価格を重視して対応調理器具が少ないタイプを選ぶのかなど、柔軟に選ぶことができるようになっています。

    定格電圧や消費電力は、IHクッキングヒーターの火力を使うときに大切になるポイント。例えば、IHヒーターを2つ同時に使用した場合、合計の消費電力が定格電圧と消費電力を超えるような火力に設定することはできません。つまり、消費電力が小さいIHを選んでしまうと、IHの口数に関わらず、火力が制限されてしまう状況もあるのです。反対に自宅の電気容量に制限がある場合などは、初めから消費電力が小さいIHを選ぶことで快適に使うこともできますよ。

    そして、IHクッキングヒーターの操作については、ガラスタッチ式やプッシュ式(ボタン式)などがあります。掃除しやすいほうが良い場合はガラスタッチ式がおすすめ。IHのトップと同じで操作面もフラットなので、手軽に掃除ができるのです。一方で、操作したという感覚が分かりやすいのはプッシュ式。しっかりとしたボタン操作で感覚が分かりやすいと言えます。

    そのほか、天板の幅やIHクッキングヒーターのサイズにも気をつけておきましょう。特にリフォームで新しくIHクッキングヒーターを設置する場合には、キッチンの広さに合わせてIHのサイズを選ぶことが大切です。ビルトインタイプでも据え置きタイプでも、IHのサイズが合わなければ設置ができませんよ。

    IHクッキングヒーターの比較ポイント

    2 おすすめメーカーのIHクッキングヒーターを比較!

    ここからは、おすすめメーカーのIHクッキングヒーターについて詳しく比較していきます。各メーカーのIHクッキングヒーターの中から人気がある機種をピックアップして、それぞれの機能や口コミを比較しているので参考にしてください。

    2.1 パナソニックのIHクッキングヒーターの機能や口コミ

    パナソニックのIHクッキングヒーターの機能や、口コミを一覧で紹介します。

    KZ-AN77S
    特徴
    • 3口IHダブルメタル対応
    • IH&遠赤Wフラット ラクッキングリル搭載
    • エコナビ搭載
    • 光火力センサー搭載
    主な機能
    • 焼き物アシスト
    • 焼き物温度調節
    • 光、揚げ物温度調節
    • 凍ったままIHグリル
    • 優れた火力調整
    • はじめてガイド
    • 光るリング
    • 音声ガイド
    • こげつきお知らせ
    • レンジフード換気連動対応
    • キッチンポケットアプリ
    タイプ
    • ビルトインタイプ
    天板(トッププレート)
    • 幅70cmタイプ
    • カラー:シルバー
    • 同タイプでブラックあり
    ヒーターの種類
    • オールメタル対応IHヒーター
    口数
    • 3口IH
    火力調節
    • 左右IH:7段階(140~200℃)
    • グリル:3段階(弱1020W、中1230W、強1470W)
    消費電力・定格電圧
    • 定格電圧:単相200V(50Hz/60Hz)
    • 消費電力:5.8kW(4.8kW・4.0kW切り替え可能)
    • グリル:2.75kW
    操作
    • プッシュ式
    サイズ
    • 本体:748×570×230mm
    • 質量:29.4kg
    • グリル庫内有効寸法:220×360×101mm
    口コミ・評判
    • 3口同時にタイマーが使えて便利
    • 火力は十分
    • 音は静かで色も良い感じ
    • スマートで操作しやすいし、掃除もラクラク
    • 安価で最低限必要な機能が揃っている

    2.1.1 パナソニックのIHクッキングヒーターの商品紹介

    ビルドインタイプAシリーズ(2021年9月発売)を紹介します。

    3口IH ダブルオールメタル対応・・・左右オールメタル対応IH、後ろIHは鉄・ステンレスのフライパン・鍋のみ使用できます。
    型番 本体価格(税込)
    KZ-AN77S シルバー(トッププレート柄) 75cm 495,000円
    KZ-AN76S シルバー(トッププレート柄) 60cm 473,000円
    KZ-AN77K ジェットブラック(トッププレート柄) 75cm 495,000円
    3口IH ダブルシングルメタル対応・・・右オールメタル対応IH、左と後ろIHは鉄・ステンレスのフライパン・鍋のみ使用できます。
    型番 本体価格(税込)
    KZ-AN57S シルバー(トッププレート柄) 75cm 445,500円
    KZ-AN56S シルバー(トッププレート柄) 60cm 423,500円
    3口IH 鉄・ステンレス対応・・・左右、後ろ3つのIHすべて鉄・ステンレスのフライパン・鍋のみ使用できます。
    型番 本体価格(税込)
    KZ-AN37S シルバー(トッププレート柄) 75cm 412,500円
    KZ-AN36S シルバー(トッププレート柄) 60cm 390,500円
    2口IH 鉄・ステンレス対応・・・左右IHは鉄・ステンレスのフライパン・鍋のみ使用できます。
    型番 本体価格(税込)
    KZ-AN27S シルバー(トッププレート柄) 75cm 374,000円
    KZ-AN26S シルバー(トッププレート柄) 60cm 352,000円

    パナソニックのIHクッキングヒーターは、種類が豊富で選ぶのが大変です。その中でも、2021年9月発売のビルドインタイプAシリーズは、最上位モデルで最新型のIHクッキングヒーターとなっています。

    その特徴は、豊富な機能です。例えば「焼き物アシスト」は、対応可能なメニューリストから料理を選択すると、焼き物を裏返すタイミングなどを音声と液晶表示でアシストします。火力も、とろ火から強火まで10段階で調整可能。「光るリング」により視覚にて火力を判別することもできます。さらに、長時間の煮込み料理に便利なタイマー機能もあります。

    またグリルには「ラクッキングリル」を搭載し、大火力で手早く美味しく調理でき、お鍋も入る高さ101mmの庫内で料理のバリエーションが増えます。さらに、凍ったままの食材をそのまま高火力で一気に加熱できる「凍ったままIHグリル」も搭載しています。

    そのほか、パナソニックのIHクッキングヒーターはどの機種も清掃性に優れています。特に、グリルの清掃性などが向上しており、内部がホーロー加工されていたり、排気で汚れないような工夫がされていたりして、トッププレート以外も掃除しやすい構造となっています。電源スイッチ自動OFF機能など、安全面でも安心できるサポート機能があるため、清掃性と安全性があるIHがほしい人におすすめです。

    2.2 三菱電機のIHクッキングヒーター機能や口コミ

    三菱電機のIHクッキングヒーターの機能や口コミを一覧で紹介。

    CS-PT316HNSR
    特徴
    • びっくリングコイルP(プレミアム)搭載
    • フライパン鍋肌加熱で鍋肌まで使った調理が可能
    • グリルは熱風循環加熱式(コンベクション)でヘルシー
    主な機能
    • 音声ガイド
    • レンジフード無線連動
    • タイマー
    • 高感度光センサー
    • 対流煮込み加熱
    • フライパン鍋肌加熱
    • 揚げ物機能
    • 水なし両面自動焼き(グリル)
    • 電源スイッチ自動OFF
    • 切り忘れ防止機能
    タイプ
    • ビルトインタイプ
    天板(トッププレート)
    • 幅60cm
    • カラー:ロイヤルシルバー/クリアシルバー
    ヒーターの種類
    • IHヒーター(びっくリングコイル)
    • IHヒーター
    口数
    • 3口IH
    火力調節
    • 左右IH:16段階
    • 中央IH:5段階
    • グリル:5段階
    消費電力・定格電圧
    • 定格電圧:単相200V
    • 消費電力:5.8kW
    操作
    • ガラスタッチ式
    • 火力ダイヤル操作
    サイズ
    • 本体:598×553×231mm
    • 質量:約26kg
    • 庫内有効寸法:281×361×60mm
    口コミ・評判
    • 火力調節がダイヤル式でストレスがない
    • 水なしグリルは片づけが簡単
    • 対流煮込み加熱が焦げ付きにくい
    • 火加減の調節のときの動きがイマイチ
    • 簡単に落とせるが、茶色い焦げがつく
    • 音声ガイドが助かっている

    2.2.1 三菱電機のIHクッキングヒーターのおすすめ商品

    びっくリングIH ビルトイン型3口IH PT316Hシリーズ
    型番 トッププレート色・本体正面色 トッププレート幅 本体価格(税込)
    CS-PT316HNWSR ロイヤルシルバー(ヘアライン柄)
    クリアシルバー
    75cmワイドトップ 425,000円
    CS-PT316HNSR ロイヤルシルバー(ヘアライン柄)
    クリアシルバー
    60cmトップ 405,000円
    びっくリングIH ビルトイン型3口 T316Hシリーズ
    型番 トッププレート色・本体正面色 トッププレート幅 本体価格(税込)
    CS-T316HNWSR プレミアムシルバー ・クリアシルバー 75cmワイドトップ 400,000円
    CS-T316HNSR プレミアムシルバー ・クリアシルバー 60cmトップ 380,000円

    三菱電機のIHクッキングヒーターのおすすめは「CS-PT316HNSR」という最上位モデル。シンプルなモデルや高齢者にも使いやすい「らく楽IH」などもありますが、高性能な機種が人気になっています。

    こちらの機種は、三菱電機のIHクッキングヒーターの注目機能である「びっくリング」というIHヒーターを採用。しかも、びっくリングコイルP(プレミアム)で、対流煮込み加熱、フライパン鍋肌加熱、ぴったり加熱など、IHの機能をフル活用するような多彩な加熱方法に対応しています。特に対流煮込み加熱は、IHが鍋の中に対流を起こすことで自動的にかき混ぜてくれる機能です。焦げ付き防止の面でも役立ちますし、食材に味を十分に染み込ませることもできます。

    さらに、IHが苦手とする「鍋の側面の加熱」も可能にしています。それがフライパン鍋肌加熱の機能。炒め物の火の通りを一様にするために効果的な機能で、IHクッキングヒーターが苦手としていた炒飯などを作りやすくする機能となっています。

    そして、多くの人が注目しているのが、IHクッキングヒーターのグリル。びっクリアオーブンという名前で熱風循環加熱式(コンベクション)を採用しています。特にヘルシー志向の人に支持される「ノンフライ調理」ができる点でもおすすめ。空揚げやフライドポテトも揚げずにできますし、お菓子作りに使っても良いですよ。お手入れが簡単なフラット仕上げのグリルなので、IHクッキングヒーターと別にオーブンを買うと思えば、びっクリアオーブンを採用した三菱電機のIHで十分と言えますよ。オーブン調理で料理の幅を広げたい人には三菱電機のIHがおすすめです。

    2.3 日立のIHクッキングヒーター機能や口コミ

    日立のIHクッキングヒーターの機能や口コミを一覧で紹介。

    HT-M350KTWF(K)
    特徴
    • ラク旨グリル&オーブン
    • 上面奥までガラスでスッキリ美しく、お手入れ簡単
    • 献立決めや調理の設定がスマホでラクラク
    • 火加減マイスター搭載
    主な機能
    • 適温調理、適温調理サポート
    • グリル機能(魚焼き、ノンフライ、蒸し物など)
    • オーブン機能(オーブン、水なし調理、冷凍食品解凍他)
    • 4色カラー液晶
    • ワンタッチ火力ボタン
    • ガラスタッチ式
    • フラットプレート
    • 温度低減ドア
    • 脱煙機能
    • スマートフォン連動
    • 光、温度センサー
    • レンジフードファン連動
    タイプ
    • ビルトインタイプ
    天板(トッププレート)
    • 幅70cm
    • カラー:プレミアムブラック
    ヒーターの種類
    • IHヒーター
    口数
    • 3口
    火力調節
    • 左右IH:12段階(100W相当~3.2kW)
    • 中央IH:9段階(100W相当~2.0kW)
    • グリルヒーター(上)1.4kW(下)1.2kW
    • グリル(上下)1.21kW相当・1.01kW相当・710W相当
    • グリル(上)900W相当・600W相当・300W相当
    • グリル(下)900W相当・600W相当・300W相当
    消費電力・定格電圧
    • 定格電圧:200V
    • 消費電力:5.8kW(節電モード:総消費電力を4.8kW、4.0kWに切替可)
    操作
    • ガラスタッチ式
    サイズ
    • 本体:750×554×233mm
    • 質量:約30kg
    口コミ・評判
    • 火力がダイレクトで選択できて便利
    • 小さい口が温度センサーなしで残念
    • お湯が沸くのが早くて良い
    • グリルのお手入れが簡単で汚れが気にならない
    • ラク旨グリル&オーブンが使える
    • たくさんのレシピが楽しめて助かる

    2.2.1 三菱電機のIHクッキングヒーターのおすすめ商品

    ビルドイン3口IH M350Tシリーズ
    型番 トッププレート色・本体正面色 トッププレート幅 本体価格(税込)
    HT-M350KTWF(K) プレミアムブラック 75㎝ 515,900円
    HT-M350KTF(K) プレミアムブラック 60㎝ 493,900円
    ビルドイン3口IH M150Tシリーズ
    型番 トッププレート色・本体正面色 トッププレート幅 本体価格(税込)
    HT-M150KTWF(K) プレミアムブラック 75㎝ 440,000円
    HT-M150KTF(K) プレミアムブラック 60㎝ 418,000円

    日立のIHクッキングヒーターは「火加減マイスター」の中でも、鉄・ステンレス対応のタイプが人気。最もスタンダードな機種で機能は少なめですが、日立のIHで人気がある「ラク旨グリル&オーブン」があるので利便性は高いと言えますよ。

    日立のIHで人気の「ラク旨グリル&オーブン」はオート調理の機能も搭載。魚焼きやノンフライ、魚の煮つけなどのオート調理に対応していて、苦手な料理にも挑戦したくなる人が増えるIHクッキングヒーターとして人気が高まっています。また、ラク旨オーブンで調理できる魚の煮つけは業界初の機能として注目されていて、魚料理ができなかった人でも手軽に魚を食べられるようになるとして話題にもなっているのです。

    そのほか、IHクッキングヒーターの火加減調節はボタンを押すというのが一般的ですが、日立のIHはワンタッチで火加減操作が可能。とろ火や強火など、好みの火力キーを押せば、簡単に火力調節ができてしまいます。しかも、火力は4色に色分けされて表示されるため、一目で火力が分かる点でも便利なのです。ともかく、火加減マイスターの名前通りに火力を調節しやすいIHとなっています。

    さらにIHクッキングヒーターでは問題になることが多い火力についても、十分な火力を出せる「スピード大火力IH」となっていますし、多彩なレシピに対応した適温調理と音声ガイドもあります。利便性が高いのに清掃性に優れたラク旨グリル&オーブンを使いたくて日立のIHを選ぶ人までいるくらいです。節電モードやワンタッチ火加減操作など、多くの人のニーズに応えられるIHになっているので、今までのIHが合わなかった人は日立のIHを試してみることをおすすめします。

    3 まとめ

    IHクッキングヒーターのおすすめメーカーについて、詳しく比較してきました。各メーカーのIHはそれぞれに特徴があります。高性能なIHもあれば、機能をシンプルにして価格を抑えたIHなどもあるので、各メーカーが販売しているIHの機能や特徴などをよく確認してから選ぶようにしてくださいね。

    IHクッキングヒーターの商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ