カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
据え置き・ビルトイン2種類のIHクッキングヒーターはどちらが人気か徹底比較!

据え置き・ビルトイン2種類のIHクッキングヒーターはどちらが人気か徹底比較!

キッチンは料理をする生活をするうえで切っても切り離せない大切な場所ですよね。料理において重要な役割を果たすIHクッキングヒーター。IHクッキングヒーターが使いづらいと料理がはかどりません。ここでは、据え置き・ビルトイン2種類のIHクッキングヒーターを詳しくご紹介しましょう。メリットとデメリットを比較しながら、最もご家庭に合うIHクッキングヒーターを見つけてください。

目次[]

    1 1 キッチン用IHクッキングヒーターは据え置き・ビルトインの2種類!購入前の注意点はコチラ

    IHクッキングヒーターは大きく分けて据え置き・ビルトインの2種類があります。

    据え置きIHクッキングヒーターは、名前の通り完成しているIHクッキングヒーターを置くだけで使用可能。工事不要で購入した日に使えます。ビルトインIHクッキングヒーターは、ご自宅のコンロ部分に埋め込むタイプ。工事が必ず必要です。据え置き・ビルトインどちらとも多種多様なものがあり、いざ購入しようと思ってもどれが良いのか悩みますよね。

    ここでは、料理のパートナーともいえるIHクッキングヒーターを購入する際に後悔や失敗がないようサポートしましょう。据え置き・ビルトインのメリット・デメリットを見ていく前に、IHクッキングヒーターを設置するときに注意すべき点があります。まずは、IHクッキングヒーターを設置するときの注意すべき2点をご説明しましょう。

    1.1 単相200Vのコンセントの有無を確認しよう!

    据え置き・ビルトイン、どちらを購入するか悩む前に確認すべきポイントがあります。それは、据え置き・ビルトインのどちらとも「単相200V」のコンセントが必須であること。200Vのコンセントが備え付けられてない場合は、電力会社に配線工事を依頼しましょう。自宅のキッチンに単相200Vが無いからといって落ち込む必要はありません。配線工事で単相200Vに対応できれば、据え置き・ビルトインどちらも設置できますよ。コンセントが単相200Vに対応しているか不明な場合は、購入前に電気会社に問い合わせて点検してもらいましょう。

    IHクッキングヒーターを購入する前にコンセントを単相200Vに対応しておいたほうがスムーズに取り付け作業が可能でしょう。すでにIHクッキングヒーターをお使いの方は、単相200Vに対応しているので取り換え作業の必要はありません。

    IHクッキングヒーターの購入前の注意点

    1.2 ガスコンロを勝手に処分しない

    ガスコンロは、法律や条例で定められた資格保持者しか取り扱えません。ガスコンロから据え置きやビルトインのIHクッキングヒーターに取り替えたい場合は、必ず専門業者にガスコンロの処分をお願いしましょう。据え置きIHクッキングヒーターの場合は、自分で設置可能。業者を呼ぶ必要はありませんよ。ただ、据え置きIHクッキングヒーターであってもガス管がある場合や単相200Vに対応していない際は業者を呼ぶ必要があります。ビルトインはガスの処理において専門の資格が必要なため必ず業者へ依頼してください。ガスを取り扱う場合は、法律や条例でしっかりと決まったルールがあります。法律や条例でルールがあるほど、ガスの取り扱いはとても危険な作業ともいえるでしょう。ガスを取り扱う場合は、しっかり専門業者に依頼してください。

    2 工事不要で即使用可!据え置きIHクッキングヒーターのメリットとデメリット

    ここまでは、据え置き・ビルトインの詳しい説明をする前に、とても重要な「IHクッキングヒーターを設置する際の注意点」をご説明しました。いよいよ、ここからは据え置き・ビルトインの違いをご説明します。

    据え置き・ビルトインは、どちらもIHクッキングヒーターとして利用できるので「どっちを買っても一緒」「とりあえず使えたら良い」という気持ちになる方もいるでしょう。知れば知るほど据え置きとビルトインは、メリットもデメリットも大きく異なります。お手入れの手間や設置するさいの価格などを比較し、ご家庭に最適なIHクッキングヒーターを選んでください。

    まずは、据え置きIHクッキングヒーターのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

    2.1 据え置きIHクッキングヒーターのメリット

    設置まで手軽な据え置きIHクッキングヒーター。据え置きIHクッキングヒーターのメリットを下記にまとめました。

    • IH対応の場合は自分で設置できる
    • ビルトインと比べて工事費を抑えられる
    • ガステーブルとサイズが合う

    据え置きIHクッキングヒーター最大のメリットは、なんといっても手軽に設置でき、単相200Vのコンセントがあればどこでも設置できるところ。キッチンのコンロのガス管が処理されており、単相200Vに対応している場合は、購入した即日に自分で設置し利用を開始できます。

    また、据え置きIHクッキングヒーターは、ガステーブルを利用していた方にオススメ。据え置きIHクッキングヒーターは、ガステーブルにぴったりはまる寸法のものがほとんどです。もともと、ガステーブルだった場合、不格好な隙間を作らずに設置できますよ。据え置きIHクッキングヒーターは、手軽に付け替えができるためデザインや使用感に納得がいかない場合、買い替えることも容易です。

    2.2 据え置きIHクッキングヒーターのデメリット

    据え置きIHクッキングヒーターは、ネットや店舗で購入すれば条件を満たすとコンセントをさすだけで利用可能なお手軽IHクッキングヒーター。ただ、据え置きIHクッキングヒーターにもデメリットがあります。下記にまとめました。

    • ガス管がある場合は工事が必要
    • 隙間があるためお手入れが面倒
    • ビルトインと比べると見た目が悪い

    据え置きIHクッキングヒーターも自宅のキッチンにガス管がある場合は、工事が必要です。工事が必要な場合は、購入した即日に使用できない可能性も。また、据え置きIHクッキングヒーターはどうしても左右に隙間ができます。隙間の手入れは手軽にできないため、掃除の際に少し面倒な思いをするでしょう。ビルトインIHクッキングヒーターと比べると隙間があるため少し不格好にも見えます。ただ、ビルトインIHクッキングヒーターの見た目がスタイリッシュなだけで、据え置きIHクッキングヒーターの見た目がカッコ悪いわけではありません。据え置きIHクッキングヒーターもデザイン性を大切にしているものもたくさんありますよ。

    3 お手入れ楽々!ビルトインIHクッキングヒーターのメリットとデメリット

    据え置きIHクッキングヒーターは、設置がお手軽で低価格。メリットとデメリットを比較しても、かなり魅力的ですよね。ここまで読んで据え置きIHクッキングヒーターに即決するのはお待ちください。据え置きIHクッキングヒーターに負けないぐらい、ビルトインIHクッキングヒーターにもメリットが盛り沢山。なんといってもビルトインIHクッキングヒーターは見た目がかっこいい。絵になるキッチンは、ビルトインIHクッキングヒーターがあってこそともいえるでしょう。ビルトインIHクッキングヒーターのメリットとデメリットを見てから据え置き・ビルトインどちらを選択するか考えてみてください。

    それでは、さっそくビルトインIHクッキングヒーターのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

    =ビルトインIHクッキングヒーターのメリット

    3.1 ビルトインIHクッキングヒーターのメリット

    ビルトインIHクッキングヒーターは工事が必須で費用もかかります。ですが、手間がかかるからこそメリットも大きい。ビルトインIHクッキングヒーターのメリットを下記にまとめました。

    • 隙間がないため見た目が美しい
    • 掃除が簡単なため清潔
    • システムキッチンに取り付け可能

    ビルトインIHクッキングヒーターの最大のメリットは隙間なく設置できる点。シンクや作業台との隙間がないため、見た目がとても美しくかなりスタイリッシュです。キッチンが清潔感に溢れていて見た目が自分好みだと、料理がしたくなりますよね。料理が好きな方だと、なおさらキッチンに立つ時間が楽しくなるでしょう。

    隙間がないという最大のメリットは、掃除も楽にしてくれます。掃除は、平面をサッと拭き掃除するだけですむためいつも清潔感があるでしょう。キッチンまわりは、汚れやすいため掃除が楽になるととても助かりますよね。キッチン掃除の時間が短くなると、1日にかかる家事の時間が減るため自由な時間も増えるでしょう。ビルトインIHクッキングヒーターは、システムキッチンにもよく用いられます。

    ちなみに、据え置きIHクッキングヒーターはコンロの数が2口程度。ひとり暮らしや料理に手間をかけない方は据え置きが合うでしょう。一方で、ビルトインIHクッキングヒーターは3口程度が通常のため大人数や料理をよくする方に適応しますよ。

    3.2 ビルトインIHクッキングヒーターのデメリット

    ビルトインIHクッキングヒーターは、とにかく見た目が美しく注文住宅やキッチンにこだわりがある方に選ばれやすいでしょう。見た目のカッコよさにとらわれず、ビルトインIHクッキングヒーターのデメリットもご紹介します。ビルトインIHクッキングヒーターのデメリットは下記。

    • 必ず工事が必要
    • 自分で設置できない
    • 据え置きIHクッキングヒーターと比べて設置費もかかり割高

    ビルトインIHクッキングヒーターは、キッチンに埋め込むため必ず工事が必要です。工事の日程によっては、据え置きIHクッキングヒーターと異なり即日使用できない可能性もあります。自分で設置できず、工事の手間もかかるため据え置きIHクッキングヒーターと比べて費用がかかります。美しい見た目を手に入れるためには、少々予算が必要です。予算が少しかかってもビルトインIHクッキングヒーターは、料理も掃除もしやすく見た目も美しいIHクッキングヒーターといえます。

    人気はビルトイン

    4 人気はビルトイン!スタイルに合うIHクッキングヒーターを選ぼう

    現在、人気のタイプは「ビルトインIHクッキングヒーター」です。ビルトインIHクッキングヒーターが人気の理由は、やはり見た目の美しさと掃除が簡単な点でしょう。初期費用となる設置費用が高くても、10年以上ともに過ごすIHクッキングヒーターにはお金をかける方が多いといえます。IHクッキングヒーターの寿命は10年から15年、設置費用は2万円から6万円です。もちろん、設置する環境やキッチンの状態、据え置き・ビルトインどちらかとさまざまな条件で価格は異なりますよ。

    4.1 まとめ

    据え置き・ビルトインIHクッキングヒーターどちらもメリットとデメリットがあるのでご家庭のライフスタイルに合ったIHクッキングヒーターを選んでください。自身にぴったりIHクッキングヒーターを選べば、きっと良いクッキングライフが待っているはずです。

    IHクッキングヒーターの商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ