カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 電気通信・外構
  • 太陽光発電・EV充電
> >
冬の風呂場が寒い!浴室の床が冷たい時の対策はリフォームしかない?

冬の風呂場が寒い!浴室の床が冷たい時の対策はリフォームしかない?

浴室が寒いとお風呂に入るのが嫌になることもありますし、ヒートショックのおそれもあって困りますよね。やはり冬でも温かくて快適に入れる浴室になるような対策は必要です。

そこで、浴室が寒いときの対策を紹介します。浴室の床が冷たいときに使える対策も紹介するので、浴室のリフォームと共に対策を検討してみてください。

目次

    1 冬のお風呂場を温める方法はリフォームしかない?

    浴室のリフォームは、寒い浴室を温める方法の一つ。しかし、手軽に浴室を温める方法には、次のような対策や方法もありますよ。

    • 換気扇を止めて入浴する
    • 窓に断熱材を貼る
    • 床にマットを敷く

    浴室はカビが繁殖しやすいため、換気扇をつけっぱなしにしているという人も少なくありません。しかし、換気扇をつけていると、どうしても空気の流れができて浴室は寒くなるのです。そのため、入浴の1時間前くらいまでに換気扇を止めるようにすれば、浴室が寒くなるのを防ぐことができます。

    また、浴室の窓は冬の冷たい外気が入ってくる場所となりますし、浴室の熱が逃げ出す場所にもなります。ですから、浴室を温めるには、窓から出入りする熱や冷気をシャットアウトするのが良いと言えるのです。その対策として、最も単純なのは窓に断熱材を貼る方法。

    例えば、メーカーごとに様々な名前がある「気泡緩衝材(プチッとつぶせる気泡が特徴的な緩衝材のこと)」などは熱を保ちやすい空気が使われているため、断熱材としても十分な性能があります。入手も簡単で低価格。誰もが簡単に使える断熱材となるでしょう。そのほか、窓に貼れる断熱シートなどもたくさん販売されているため、安くて手に入りやすい物を窓に貼ってみましょう。

    そして、冬の浴室の床が冷たくて困るという場合は、お風呂用マットを敷くのがおすすめ。滑り止めタイプや畳仕様のマット、簀の子などがあり、種類も豊富で自由に選べますよね。床がひんやりするのを防止するだけでなく、浴室の安全も確保できて便利です。

    もちろん、このような対策は浴室のリフォームでも可能。例えば、窓は二重窓にリフォームすれば効果は抜群ですし、浴室の床暖房などをリフォームで設置すれば、より効果的に床を温めることができるようになります。

    しかし、タイルなどで造られた在来工法の浴室ではこのようなリフォームが効果的ですが、すでにユニットバスの浴室の場合は効果があるとは限りません。在来工法の浴室の場合、タイルなどの保温性能があまり良くないため、保温性能が大きく違うユニットバスにすることでその温かさを感じやすいのです。

    一方で、すでに保温性能が高いユニットバスをリフォームしても、その違いを感じられるとは限りません。しかも、一般に流通しているユニットバスは寒さ対策が十分と考えられる製品がほとんど。それだけにリフォームすれば今まで以上の効果を得られるようになるとも考えにくいのです。そのため、ユニットバスの場合は二重窓や浴室の床暖房などのリフォームとは違う対策をするほうが、より良い寒さ対策になりますよ。

    冬のお風呂を温めたい

    2 シャワーを先に出して温めておく?

    浴室がユニットバスの場合、リフォームするよりも別の寒さ対策を講じるほうが良いと言えます。例えば、先にシャワーを出して浴室を温めるというのは、効果が高い対策の一つ。少し勿体ないと感じる人もいるかも知れませんが、工夫することで浴室が寒いときの効果的な対策になるのです。

    シャワーを先に出して浴室を温める方法のポイント
    • できるだけ熱いシャワーを使う
    • 入浴直前に浴室の掃除で熱いシャワーを使う
    • シャワーは床以外に壁にもかけると効果的
    • 熱いシャワーは床や壁から少し離して使う
    • 入浴直前に掃除ができない人は熱めのシャワーを出した状態にしてから服を脱いで入浴する(床や壁に十分にお湯をかけたあとで浴槽に向けてシャワーを出す)

    例えば、入浴直前に浴室を掃除するという生活スタイルに変えてみましょう。多くの人が浴室の掃除のときに「浴室用の洗剤」を使うはずです。そこで洗剤を使って浴槽や浴室の床などを掃除したあと、洗剤を流す際に「熱いシャワー」を使うようにします。熱いシャワーを使うことで、洗剤を洗い流すと同時に浴室を温めることに成功。浴槽にお湯を張りながら床などを熱いシャワーで掃除しても良いですし、給湯能力に不安がある場合は洗剤を流した直後に給湯しても良いでしょう。

    当然ですが、入浴前に熱いシャワーを浴室の床や壁にかけるという対策もあります。床だけに熱いシャワーを使うよりも、壁にもシャワーをかけるほうがより効果的。ですが、何もないのにお湯を使うのは少し勿体ないですよね。水道代や光熱費も高くなるので、この対策で浴室の掃除と浴室を温める効果の両方を得るようにしましょう。

    また、熱いシャワーを使うと、浴室に湯気が充満します。浴室の湯気は湿度を上げるため、浴室のカビを繁殖させやすくなります。しかし、梅雨時に蒸し暑さを感じることがあるように、湿度が高いと体感温度も高くなるというのはよく知られていることです。そのため、熱いシャワーを使うときは、壁や床から少し離れた場所で湯気が多く出るように使うと効果的になりますよ。

    一方で、仕事の都合などで入浴直前に掃除ができないという人もいますよね。また、入浴後や入浴しながら掃除をするという人も少なくないでしょう。そういう場合には、入浴前に熱いシャワーを出した状態にしてから服を脱ぐようにすれば、ある程度は浴室を温めることができますよ。

    ただし、入浴直前に熱いシャワーを出したままにするときに、お湯をそのまま流してしまうのは光熱費や水道代の無駄。ですから、シャワーを浴槽に向けて出しておけば、お湯が無駄にならずに済みます。それでも床や壁にお湯を全くかけないようでは浴室を温めるのが難しくなるため、先に床や壁にお湯をかけてから浴槽に向けてシャワーを出した状態にしておきます。それから服を脱いで入浴すると良いですよ。

    3 浴室暖房乾燥機を設置する?

    様々な対策をしたり、熱いシャワーを先に出したりしても浴室が寒い場合、暖房器具を使うという対策を講じるしかないと言えます。暖房器具を使うのは最終手段。暖房器具には電気を使うため、浴室の湿気や水分は大敵だからです。そのため、より安全に暖房器具を使いたい場合は、暖房機能がある「浴室暖房乾燥機を設置する」というのが効果的な対策となりますよ。

    浴室暖房乾燥機を設置する対策のポイント
    • 浴室暖房乾燥機には浴室を温める「暖房機能」がある
    • 浴室に後付けする場合は「電気式」の浴室暖房乾燥機が便利
    • 浴室暖房乾燥機の設置が難しいときは暖房器具を使っても悪くはない(湿気や水分に注意する)

    浴室暖房乾燥機は、浴室を乾燥させたり温めたりするために使えます。洗濯物を乾かすためにも浴室暖房乾燥機は使えるため、たくさんのメリットがあるのです。ヒートショックを予防するために浴室暖房乾燥機を設置して暖房機能を使うという人も少なくないので、浴室を温めたいのであれば、浴室暖房乾燥機の設置を検討しましょう。

    また、浴室暖房乾燥機を後付けする場合は電気式の浴室暖房乾燥機のほうが便利。ガス式の浴室暖房乾燥機もありますが、ガス式の場合は工事が大がかりになりますし、設置費用も高くなります。ユニットバスであれば電気式の浴室暖房乾燥機の後付けは簡単な工事で済むので、後付けするときは電気式を選ぶと良いですよ。

    浴室暖房乾燥機のメーカー(機種) 設置方法 工事費込みの設置費用
    マックス(BS-161H) 天井埋込型 54,000円~
    TOTO(TYR340R) 壁掛型 58,000円~

    浴室暖房乾燥機は電気式であれば、工事費込みで6万円程度。ガス式はもう少し高いので、設置するのは難しいという人もいるでしょう。浴室をリフォームするよりは安くなりますが、負担に感じる人もいると思います。

    そこで、浴室暖房乾燥機を設置するのが難しい場合は暖房器具で代用してみましょう。ただし、暖房器具を使うときは、浴室の扉を開いて脱衣所で使うようにしてください。暖房器具の使用時間も10数分から1時間以内が目安。浴室の水分や湿気で暖房器具が故障するおそれもありますし、脱衣所にあるタオルなどに引火するおそれもあります。十分に注意した上で使うようにしてください。

    より安全に暖房を使いたい場合は、やはり浴室暖房乾燥機を設置するのが一番。同時にリフォームすることができれば、より効果的に浴室暖房乾燥機が使えて浴室を温めることができます。リフォーム費用や浴室暖房乾燥機の光熱費が増えてしまいますが、寒い浴室で風邪を引いてしまうようでは意味がないですよね。言うまでもないことですが、手軽にできる断熱材を窓に貼るという対策から始めてみるというのでも良いと思いますよ。

    4 まとめ

    まずは窓に断熱材を貼ったり、熱いシャワーを出してから入浴したりするなどの手軽な対策から始めましょう。それでも寒い浴室が温かくならないときは、在来工法の浴室なら、やはりリフォームがおすすめです。ユニットバスの場合はリフォームしてもより温かくなるとは限らないため、浴室暖房乾燥機の設置を検討してみましょう。

    浴室暖房乾燥機の商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ