カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
アルカリイオン水と水素水の違いは?効果効能や危険性を比較!

アルカリイオン水と水素水の違いは?効果効能や危険性を比較!

最近はアルカリイオン水や水素水が人気ですが、その違いは分かりにくいですよね。実はアルカリイオン水や水素水の効果や効能も曖昧なままで、ひたすら健康に良いと思い込んでいる人も少なくありません。

そこで、アルカリイオン水や水素水について詳しく解説します。本当にアルカリイオン水や水素水にデメリットがないのか、危険性はないのかについても解説するので、参考にしてみてください。

目次[]

    1 アルカリイオン水と水素水の違い

    意外と多くの人が混同しているのが、アルカリイオン水と水素水。実は、アルカリイオン水と水素水には違いがあると考えていたほうが良いのです。

    1.1 アルカリイオン水と水素水はどこがどう違うの?

    アルカリイオン水とは「アルカリ性電解水」のことを指していて、主に水道水などを電気分解することで生成されています。家庭では市販されているアルカリイオン水のほか、家庭用の整水器などを使用することでも生成可能。国内で広く飲用されているのです。

    また、アルカリイオン水は電気分解によって生じる「水酸化物イオン(OH⁻)」を含むことで、その性質がアルカリ性となるため、アルカリイオン水と呼ばれています。ただし、このアルカリ性とは、液中の「水素イオン指数(pH)」を測定することで酸性とアルカリ性に分類する定義によるもの。いわゆる、中学生のころに学習する「リトマス試験紙を使った酸性とアルカリ性の見分け方」と考えてもらうと良いでしょう。

    一方で、水素水とは、水に水素(水素ガス)を溶かしたものを指しています。電気分解によってアルカリイオン水を生成する際にも水素水を生成できますが、市販されている水素水がそれと同様の物とは断言できません。また、一般的な水やミネラルウォーターに水素を溶かしている場合もあるため、それぞれのメーカーに確認しない限りは正確なことは分からないのが実情。要するに「水素濃度が高い水」を主に水素水と呼んでいるのです。

    さらに、アルカリイオン水を生成するために使用する整水器を販売するメーカーの中には、生成されるアルカリイオン水を「還元水素水」や「還元水」などと呼んでいるメーカーまでもあります。先に解説したように、アルカリイオン水を生成する際には水素水も生成され、アルカリイオン水も水素を含有しているのです。このことから還元水素水や還元水と呼称しているだけですので、市販されている水素水とは別物。必ずしも水素濃度が高いとは限らないため、区別しておきましょう。

    1.2 アルカリイオン水と水素水の効果や効能は?

    アルカリイオン水には、胃腸機能の改善に効果があるという報告があります。もちろん、この報告は厚生労働省も認めていることから、厚生労働省はアルカリイオン水を生成することができる整水器(家庭用電解水生成器)を医療機器に分類。医療機器としての十分な性能や品質が維持されているかどうかを確認したうえで、認証した製品のみ整水器として販売することを認めているのです。つまり、厚生労働省も認めていることですから、アルカリイオン水には胃腸機能を改善する効果があると考えても良いと言えます。

    また、アルカリイオン水は胃腸機能を改善する効果があるということで「機能水」という名称もあります。厚生労働省を始めとした公的機関では「飲用アルカリ性電解水」と呼ばれることもあるくらいに、アルカリイオン水の効果は知られているのです。

    ただし、アルカリイオン水の効果については詳しいメカニズムが不明。臨床データを集めた結果から効果は認められていますが、詳しいメカニズムが分からないため、一定の効果は期待できるという程度に考えておくのが無難でしょう。

    一方で、市販されている水素水については、いくつかの効果があると考えられているものの、現在までに主な効果として認められているものはありません。一部の専門家や研究者が報告している研究データによれば、水素水に含まれている豊富な水素が「還元作用」を持つことで、体内の酸化による疾患を抑制できる可能性があるとされているのです。

    また、水素水が持つとされる還元作用は「抗酸化作用(抗酸化力)」という表現をされることもあり、血管の老化や疾患の原因とされている活性酸素を抑制するために重要な働きをすると考えられています。事実、強い抗酸化作用を持つビタミンEやポリフェノールなどは公的機関でも健康を増進するために重要な成分と考えられて、不足しないように摂取することを推進する医師や専門家は少なくないのです。

    ただし、市販されている水素水の効果が証明されている訳ではない点には要注意。厚生労働省などの公的機関も認めている訳ではないのです。ですから、アルカリイオン水のような効果があると考えて良い訳ではありませんし、その効果を期待して飲用することが推奨される訳でもありません。あくまで個人の判断ということになる点は、アルカリイオン水の機能や効果と違いがあると言えますよ。

    アルカリイオン水の効果は?

    2 アルカリイオン水や水素水に危険性はない?

    アルカリイオン水や水素水に様々な効果が期待できるとしても、リスクがあるようでは意味がありませんよね。そこでアルカリイオン水や水素水に危険性はないのか、メリットやデメリットは何かについても詳しく解説。

    2.1 アルカリイオン水や水素水のメリット

    アルカリイオン水の最大のメリットは、厚生労働省などが認めているように「胃腸機能の改善」が期待できること。特にアルカリイオン水はアルカリ性ですから、胃酸の中和に最適と言えます。つまり、強すぎないアルカリ性で「胃酸過多」などを効果的に改善できると考えられるのです。

    そのほか、アルカリイオン水を飲むことで美容や健康増進にも効果があったという人もいるため、このような効果も期待して良いのかも知れません。しかし、これらはアルカリイオン水にあるとされている還元作用から考えられている効果ですが、確実に証明されている訳ではないのです。水素水と同様に、美容や健康増進効果はアルカリイオン水にも期待できますが、公的機関などが認めているという保証がある訳ではありません。

    また、酸性を中和できるという点では「酸蝕症」を抑制する効果なども考えられています。この酸蝕症とは、虫歯菌が食事の糖質から酸を作って歯を溶かす「虫歯」とは少し違い、飲食物に含まれている酸(酸性)が歯にダメージを与えるというもの。予防には酸性の飲食物を摂取した直後に「水でうがいすることが良い」と歯科医師などは指摘しています。つまり、このときに酸を中和できるアルカリイオン水でうがいをすれば、効果的とされているのです。

    酸蝕症では歯の溶解や欠損が見られます。そこに食べカスなどが溜まると口臭の原因ともなるため、アルカリイオン水が口臭予防になるとも考えられるのです。

    アルカリイオン水のメリット
    (公的機関も認めているメリット)
    • 胃腸機能の改善
    • 胃酸過多の改善
    アルカリイオン水や水素水にあると考えられているメリット
    (証明されている訳ではない)
    • 美容効果
    • 健康増進
    • 口臭予防

    2.2 アルカリイオン水や水素水のデメリットや危険性は?

    アルカリイオン水や水素水のデメリットや危険性について、大きな問題は報告されていません。ただし、飲みすぎには要注意。水中毒になるおそれもありますし、アルカリイオン水や水素水を飲みすぎたことで、下痢などの症状が出たという人もいるからです。

    また、普段から胃酸過多という人はアルカリイオン水が効果的に機能しますが、そうではない人がアルカリイオン水を飲みすぎると、胃酸が弱められて消化不良に陥るおそれもあります。胃酸の殺菌効果が弱まり、細菌感染のリスクも上昇。アルカリイオン水が体に良いとしても過剰な摂取は控えるようにしてください。

    そのほか、胃酸が弱まったことで消化不良になり、下痢になるリスクもあります。アルカリイオン水を適度に摂取した場合は胃腸機能が改善するため、消化吸収のバランスも良くなり、下痢や便秘が改善するとされているのです。しかし、アルカリイオン水の摂取が度を越してしまえば、消化吸収のバランスが悪くなって下痢などになってしまいます。アルカリイオン水の効果を信じて飲みすぎないことが危険性を回避するためには重要なポイントになるのです。

    そして、アルカリイオン水や水素水は一部の人は医師に相談して摂取する必要があります。それが「薬を処方されている人」や「肝臓疾患・腎臓疾患がある人」などです。

    例えば、処方される薬は水で服用するのが一般的。アルカリイオン水や水素水も水と言えなくはないですが、普通の水と違ってアルカリ性です。このアルカリ性が薬の効果を強めたり弱めたりするおそれがあるため、服薬中の人は必ず医師や薬剤師に相談しなければなりません。

    また、アルカリイオン水や水素水を飲むことで、腎機能や肝機能に大きな負担をかけるケースがあります。その人の病状にもよりますが、重篤な症状に陥るおそれもあるため、肝機能や腎機能に不安がある人は医師などに相談してから飲用することが大切。必ず守るようにしてください。

    アルカリイオン水や水素水のデメリットや危険性
    • 消化不良や下痢(飲みすぎ)
    • 飲みすぎによる不調
    医師などの専門家と要相談のケース
    • 乳幼児や高齢者
    • 服薬中の人
    • 肝機能や腎機能に不安のある人
    • 何らかの疾患で通院中の人など

    3 まとめ

    アルカリイオン水や水素水について詳しく解説してきました。アルカリイオン水は厚生労働省も認めている「胃腸機能の改善」の効果が期待できますが、市販の水素水に公的機関から認められている効果はありません。ただし、市販される家庭用の整水器(家庭用電解水生成器)で作られるアルカリイオン水や水素水であれば、胃腸機能の改善が期待できるため、興味がある場合には家庭用の整水器を購入してアルカリイオン水や水素水を飲むのが良いですよ。

    アルカリイオン整水器の商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ