カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
ビルトインガスコンロの寿命年数は何年?修理の価格相場は?

ビルトインガスコンロの寿命年数は何年?修理の価格相場は?

ビルトインガスコンロはほとんど毎日使うので、急に故障すると困りますよね。しかも、ビルトインガスコンロを修理したり交換したりするには時間もかかりますし、急な出費で大きな負担にもなるのです。

そこで、ビルトインガスコンロの寿命について、詳しく解説していきます。寿命や耐用年数はビルトインガスコンロの修理と交換を決めるタイミングになるので、知っておくと便利ですよ。また、ビルトインガスコンロの修理や交換費用の相場も紹介するので、参考にしてください。

目次[]

    1 ビルトインガスコンロの寿命は?

    ビルトインガスコンロの寿命や耐用年数は、メーカーが明記していない製品も少なくありません。ただし、寿命や耐用年数の目安があるため、そちらを参考にして修理や交換を検討するのが良いでしょう。

    1.1 ビルトインガスコンロの基本的な寿命や耐用年数

    ビルトインガスコンロの基本的な寿命や耐用年数は10年程度。ビルトインガスコンロの機種やメーカーで多少は異なりますが、およそ10年を目安にしておくと良いとされています。

    また、ビルトインガスコンロの有名メーカーである「パロマ」は、ビルトインガスコンロのカタログなどでも「約10年が点検・取り換えの目安時期」と紹介。10年以上が経過すると、ビルトインガスコンロの部品が劣化したり、故障が起きたりするおそれがあるため、点検や交換を考えるように促しているのです。つまり、ビルトインガスコンロの寿命は10年が目安としておくのが良いと言えますよ。

    ガスコンロの寿命や価格相場

    1.2 ビルトインガスコンロの寿命のサイン

    ビルトインガスコンロに限らず、どのような製品でも使い方で寿命を延ばすことができます。例えば、十分な掃除やお手入れを怠らなければ、ビルトインガスコンロを10年以上使えることも珍しくないのです。

    反対に、お手入れをせずに適当に使っていれば、5年を待たずにビルトインガスコンロの調子が悪くなったり、どこかが故障したりすることもあります。ですから、日々のお手入れや掃除はとても大切。ただし、十分なお手入れをしていても、故障してしまうこともあります。もしも購入してから10年以上が経過していれば、それはビルトインガスコンロの寿命なのかも知れません。

    しかし、ビルトインガスコンロは毎日のように使うはずなので、壊れてから慌てても遅いですよね。そこで、ビルトインガスコンロが故障したり寿命を迎えたりする前に対応できるように、ビルトインガスコンロの寿命のサインを知っておくのが良いですよ。使っているビルトインガスコンロに紹介するような寿命のサインがあれば、早めに修理や交換を検討しておきましょう。

    トラブルの場所・タイミング 寿命のサイン
    点火・点火時
    • 火がつきにくい、つかない
    • 点火しないことがある
    • 点火直後に消える
    • 異音がする
    火力調節
    • 火力が安定しない
    • 火力の調節ができない
    • 火力の調節が難しい
    • 異臭(ガス臭)がある
    炎の状態
    • 炎が安定しない
    • 色がおかしい(赤、オレンジなど)
    • 炎が一部しかない、まばらになる
    そのほか
    • 使用期間が10年を超えている
    • 2008年以前の製品である
    • 本体の汚れやサビが落ちない
    • エラー表示が出ている
    • 煤(すす)が出る、鍋が汚れる

    ビルトインガスコンロの寿命のサインにはこのようなものがあります。もしも1つでも当てはまることがあれば、念のために専門業者に点検を依頼。3つ以上当てはまるようであれば、そのビルトインガスコンロが寿命をいつ迎えてもおかしくないと考えておきましょう。

    ただし、火がつきにくいなど、寿命とは無関係の場合もあります。電池で点火するタイプのビルトインガスコンロの場合、電池切れや電池が少なくなってしまうと、点火しにくくなることがあるのです。そのため、電池を入れ替えてみることも忘れないようにしましょう。

    また、炎が一部しかないという症状がある場合、汚れやバーナーの目詰まりが原因ということもあります。その場合はビルトインガスコンロの掃除をするだけで問題解決。ビルトインガスコンロの掃除をあまりしていない場合は、取りあえず掃除をしてみるというのも大切ですよ。

    そのほか、ビルトインガスコンロの寿命の目安が10年ですので、使用期間が10年を経過していれば要注意。特に問題やトラブルがなくても点検してもらうことが大切です。さらに2008年以前のビルトインガスコンロを使っている場合、コンロの各口に「Siセンサー」がついていない場合があります。すでに10年以上が経過していますし、安全装置であるSiセンサーもついていないため、早めに交換を検討しておくのが良いですよ。

    そして、すぐにエラーが出たり、煤が出て鍋が汚れるようになったりすると、ビルトインガスコンロの寿命がかなり近くなっていると考えられます。不完全燃焼などの事故につながるおそれが高いため、早急にビルトインガスコンロを買い替える準備をしてください。

    2 ビルトインガスコンロの修理と交換

    ビルトインガスコンロは安い買い物ではないので、意外と修理するか、交換するかで迷うものです。そこで、ビルトインガスコンロの修理と交換を決めるタイミングや修理価格、交換費用の相場について、詳しく解説していきます。

    ビルトインガスコンロの寿命は?

    2.1 修理と交換を考えるタイミング

    ビルトインガスコンロの寿命や耐用年数の目安は10年。しかも、使用期間が10年に近くなれば、それだけ修理しても再び故障するおそれが高くなると言えます。ですから、ビルトインガスコンロの寿命の目安よりも少し短い「7年」を経過して故障したり、寿命のサインが現れたりしたときは、新しいビルトインガスコンロに交換するタイミングと考えましょう。

    また、同じビルトインガスコンロを製造する期間は5年ほど。少しずつ新しい機能を取り入れたり、デザインを変えたりするのが一般的です。実は、これが修理と交換を考えるタイミングにつながっています。

    あるビルトインガスコンロの製造をメーカーが終了した場合、そのビルトインガスコンロの修理に必要な部品は製造終了後も保有・補充しておく義務があります。この期間が主に5年。つまり、製造が終了したビルトインガスコンロは、製造終了から5年を経過してしまうと、修理に必要な部品が入手できないおそれがあるのです。

    もちろん、一部の専門業者が部品を仕入れて保存していたり、メーカーが在庫分を保有していたりすることもあるため、絶対に入手不可という訳ではないと言えます。要するに製造終了から5年が経過したビルトインガスコンロについては、修理に必要となる部品が入手できない場合があるので交換を考えるほうが良いのです。

    このようなことから、使用期間が7年を超えたビルトインガスコンロや製造終了から5年が経過したビルトインガスコンロが故障した場合には、新しいビルトインガスコンロに交換することが良いと言えますよ。

    2.2 ビルトインガスコンロの修理価格の相場は?

    ビルトインガスコンロの修理価格は、故障個所やメーカー、機種などによって様々。そのため、正確な修理価格を知るためには、専門業者に見積もりを出してもらうしかないと言えます。

    しかし、ビルトインガスコンロの修理価格の相場を全く知らないようでは、見積もりが適正価格かどうかも分かりませんよね。そこで、ビルトインガスコンロの修理価格の相場を一覧で紹介。

    修理箇所 修理価格の相場(参考)
    天板・トッププレート
    • 約5万円(メーカー、材質で異なる)
    バーナー
    • 数千円~約3万円
    グリル
    • 約1万円(清掃などによる対処)
    • 約3万円(部品の交換など)
    ガスホース
    • 数千円~約1万円(交換・長さによる)
    電子部品・基盤
    • 約1万5千円
    各種センサー
    • 約1万円(交換など)
    そのほか
    • 業者の出張費用などが必要
    • 別途、工事費用が必要な場合あり
    • 同じ場所の故障でもメーカーや機種で費用が異なることがある

    ビルトインガスコンロの修理価格の相場です。紹介した価格は、あくまで目安や相場。実際の修理費用は、業者の出張費が加算されたり、特別な部品の費用がかかったりする場合があるため、一覧よりも高くなることがあります。また、業者のサービスなどによって安くなることもあるのです。これをビルトインガスコンロの修理価格の相場と捉えて、実際の価格は見積もりを見て判断しましょう。

    2.3 ビルトインガスコンロの交換費用の相場は?

    主なビルトインガスコンロのメーカーの製品について、設置や交換にかかる費用の相場を一覧で紹介。

    リンナイ
    • 約44,500円~
    パロマ
    • 約45,500円~
    ノーリツ
    • 約61,000円~
    ハーマン
    • 約50,500円~
    そのほかの費用
    (別途必要になる場合がある費用)
    • 追加の工事が必要な場合があります
    • 業者の出張費用が必要な場合があります
    • 使用していたビルトインガスコンロの処分費用がかかる場合があります

    2口、または3口のビルトインガスコンロの設置や交換費用です。こちらはすべて工事費込みの価格。ただし、最新のビルトインガスコンロを選ぶと、費用はもう少し高くなります。反対に天板などのグレードを下げることで、費用を安くすることもできるのです。

    また、ビルトインガスコンロを交換するときに、同一メーカーを選んだり、サイズなどを同じにしたりすれば、交換費用を抑えることが可能。そのため、天板のサイズを変えてみたり、特に理由もなく別のメーカーのビルトインガスコンロを選んでみたりするのはやめましょう。もちろん、使いにくいから別のメーカーのビルトインガスコンロにするというのは仕方ないですけどね。

    ビルトインガスコンロはリンナイ、パロマ、ノーリツ、ハーマンの4つのメーカーが人気です。必ずしもこの中から選ぶ必要はないですが、人気メーカーのビルトインガスコンロを選ぶと、多く流通していることで製品価格が安くなっていたり、万が一の故障のときに部品が手に入りやすかったりして、修理や交換が素早くなります。たくさんのメリットがあるので、ビルトインガスコンロの交換を検討するときには考慮するほうが良いですよ。

    そして、ビルトインガスコンロのグレードをよく検討することも重要。自分が使うつもりがないのに、たくさんの機能があるビルトインガスコンロを選ぶと、交換や設置の費用ばかりが高くなってしまいます。自分が必要な機能に絞ることや天板の材質などを十分に選ぶことが、交換費用を抑えるためには重要ですよ。

    3 まとめ

    ビルトインガスコンロの寿命や修理・交換の価格の相場について、詳しく解説してきました。紹介している価格は、あくまでも相場です。お住まいの地域によっては業者の出張費用が加算されたり、設置するビルトインガスコンロの種類によって追加工事の費用が加算されたりすることがあるため、十分に注意しておきましょう。

    ガスコンロの商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ