カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
ガスコンロに火がつかない!カチカチ音のあと火が消える原因と対処法

ガスコンロに火がつかない!カチカチ音のあと火が消える原因と対処法

あら?さっきまで使えていたはずのガスコンロ。カチカチと音はするのに火は消えたり、2口以上のコンロは片方だけに火がついていたりするなど、毎日台所に立っていると、きっとそんな経験があるはずです。それが料理の真っ最中で次のおかずを作るのに鍋をはやく温めたいときなどは、なかなか元通りにならないガスコンロにヤキモキした経験もあるかもしれません。

そんなガスコンロの火がつかなくなるときの原因や対処法についてまとめ、修理や買い替えの目安にもふれていきます。

目次[]

    1 ガスコンロの火が急につかなくなった!?

    火がつかなくなるのは、おもに以下のことが原因になります。

    1.1 電池切れ

    ガスコンロは着火するのに電気を使います。スイッチやツマミを押すとカチカチと音がしながら火花が飛んでいるのが見えるでしょうか?もし火花が見えなければ、乾電池交換のサインとみてよいです。

    反対に火花は見えているのに火がつかない場合は、ガスが出ていなかったり、ガスの出る穴が詰まっていたりと、ほかの原因が考えられます。最近は電池交換ランプや、お知らせサインなどで交換時期を教えてくれるものも多くあります。

    1.2 ガスの元栓が閉まっている

    その日が使い終わるとガスの元栓を閉めることは、安全面からみてとても有効です。そうしてこまめにガス栓の開閉をしていると、うっかりガス栓を開けるのを忘れてしまうこともあるかもしれません。

    1.3 バーナーキャップの不具合

    バーナーキャップは、ガスコンロの中央に取付ける部品で、コンロ本体から取り外し可能ですが、指定の向きに取付いていないと、ガスの出口を塞いでしまい火がつかない場合がありますから、正しく置くようにしましょう。

    使っているうちに汚れがたまり、ガスの出口が目詰まりするので、定期的に掃除を心掛けるようにすると火力が衰えることなく安定してコンロを使うことができます。また、バーナーキャップが濡れている場合も火がつかない原因になりますから、水洗いで掃除したときはきちんと乾かすか、布巾などで水分をふき取ってから元に戻すようにしましょう。点火ミスや漏洩事故を防ぐためには、常に乾いた状態で正しく置くことが大切です。

    1.4 SIセンサーが作動している

    SIセンサーとは、安全と利便性向上のためにガスコンロに搭載された温度センサーのことです。おもな機能として「消し忘れ消火機能」「焦げ付き消火機能」「立ち消え安全装置」「調理油過熱防止装置」「早切れ防止機能」などがあり、火災の理由として多かった調理油過熱事故を防止するため、2008年10月から法律により義務化された背景があります。

    センサーがついているガスコンロは、調理油が250℃を超えると火が消えたり、煮こぼれや風が吹いたりしたときなどに立ち消え安全装置が作動して火が消えるとともに、自動でガスも止まる仕組みになっています。

    1.5 ゴムホースが折れ曲がっている

    ゴムホースはガス栓からガステーブルへガスを送る部品です。折れ曲がっていたり、ホースの上に何かがのっていたりすると、コンロへガスをうまく供給できなくなりますから、ゴムホースの状態を確認するようにしましょう。

    1.6 久しぶりにつかう

    同じコンロばかり使っていた場合、しばらく使っていなかったコンロは周りからの汚れによって目詰まりしている場合がありますから、詰まりがないか確認してみましょう。また、仕事や旅行など長期の留守をしていた場合、ガス配管のなかに空気が混ざって停留することもあるようです。その時は着火スイッチを何度か押していくうちにつくようになる場合があります。

    ガスの火が急につかなくなる原因

    2 これでもだめなら修理?買い替え?目安となるポイント

    ご紹介した対処法でもなかなか改善しないときは、修理か買い替えの検討をおすすめします。このとき「修理にするべきか、買い替えたほうが良いのか」の判断目安になるポイントをまとめます。突然使えなくなったという場合もあるかもしれませんから、これを読みながら修理と買い替えのどちらが良いかを考えておくと、落ち着いてタイミングに備えられますよ。

    2.1 使用年数

    ガスコンロの寿命は10年。それよりながく使えて12年~15年が目安とされています。ただしこの場合は、本体がまだまだ使えても交換したい部品の生産が終了したり、在庫限りとなって部品の取り寄せが困難になったりすることがありますから注意が必要です。また、10年以上使い続けていると表面的には見えにくい内部の金属が腐食している場合があり、ガス漏れを起こす可能性があることも、気に留めておくポイントです。

    2.2 こんな症状はありませんか?

    このような症状がみられる場合は、危険防止のため早期に点検を依頼してください。

    • 火力がだんだん弱くなる
    • 火がついてもすぐに消える
    • へんな音がする
    • 火の状態がおかしい
    • ガスのにおいがする

    2.3 取扱説明書を読む

    ガスコンロを購入したときについている取扱説明書を読んでみましょう。目次の「こんな症状のときは」「故障かなと思ったら」を探してみてください。各種の対処法が掲載されていますし、修理を依頼したほうが良いというコメントが多いようなら買い替えるほうが良い場合もあります。それでも迷うときは、専門業者や取扱店に相談してみてはいかがでしょうか?修理か買い替えかの判断にも納得がつきやすくなるでしょう。

    ガスコンロの火がつかない原因

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?ガスコンロの火がつかないときの対処法についてご紹介しました。日常生活で欠かせないものですから、お手入れやチェックをしながら安全に使っていただきたいと思います。ただし自分で出来そうだと思っても、分解して修理するのは大きな事故につながる恐れがありますから絶対にやめましょう。

    ほかの住器設備と同様、ガスコンロも進化しています。SIセンサーは忙しい家事でついうっかり目を離したときや、お年寄りや子供のいるご家庭などでは、自動で制御してくれるので有効的な頼もしい機能です。

    ガステーブルの天板はガラスコートやホーローなどさまざまな種類があり、汚れを落としやすく手入れが簡単という特徴もありますし、グリル焼きやタイマー機能、ダブル高火力機能など便利な機能はほかにもありますので、調理をはじめ、家事においても、段取りがはかどりやすく効率がアップするかもしれません。

    ガスコンロの商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ