カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
ガスオーブンレンジのビルトインと卓上のメリット・デメリットは?

ガスオーブンレンジのビルトインと卓上のメリット・デメリットは?

オーブンレンジは電気とガスがありますが、ガスオーブンレンジを選ぶ人は少なくありません。特にガスオーブンレンジのほうが光熱費を節約しやすいなどのメリットがあるため、節約志向の人からも大きく支持されているのです。

そこで、ビルトインタイプと卓上タイプのガスオーブンレンジについて解説していきます。それぞれのタイプのガスオーブンレンジにあるメリットやデメリットなども解説するので、ガスオーブンレンジを選ぶときの参考にしてください。

目次[]

    1 ガスオーブンレンジは電気よりも人気がある?

    まずはガスオーブンレンジを選ぶメリットとデメリットを理解しておきましょう。

    1.1 ガスオーブンレンジのメリット

    ガスオーブンレンジの主なメリットは5つ。電気オーブンレンジよりもガスオーブンレンジのほうが良いとされているメリットは、次のようになっています。

    • 予熱時間が短くて良い
    • 火力が強い
    • 庫内の温度にムラがない
    • 光熱費が安い
    • 庫内が広い

    ガスオーブンレンジを電気オーブンレンジと比較した場合、このようなメリットがあります。このガスオーブンレンジのメリットの中でも、特に注目されているのは予熱時間と火力。この2点は料理をする際にはとても重要になるポイントです。

    例えば、ガスオーブンレンジの火力は、電気オーブンレンジの約2倍。この強い火力があるので、ガスオーブンレンジはパンなどの表面をパリッと焼き上げることができるのです。

    また、ガスオーブンレンジは予熱も短時間でOK!大阪ガスがビルトインガスオーブンレンジ(114-F423型)と家電メーカーの200V電気オーブンレンジを使って実験した結果、230度に達するまでの時間はガスオーブンレンジが「約4分」で電気オーブンレンジは「約7分」でした。つまり、庫内温度の上昇が早いということは、それだけ予熱も短時間で良いと言えます。調理もスムーズになりますし、手早い食事の準備も可能になるのです。

    さらに庫内の温度上昇が早いため、ガスオーブンレンジの庫内は温度を一定に保ちやすいのです。調理中の食材も均一に火が通りますし、火の通りが悪いところから旨味が逃げるという調理ミスも起こりにくいと言えます。

    そのほか、庫内の温度上昇が早いうえに火力も強いため、手早く調理を済ませることができて光熱費を節約することも可能。そのため、ガスオーブンレンジは一般的に電気オーブンレンジよりも光熱費が安いとされています。先程も取り上げた大阪ガスの実験によれば、アップルパイを焼いた場合のコストは大阪ガスの実測値でガスオーブンレンジが17.6円。一方で、電気オーブンレンジは31.8円なので、光熱費は随分とガスオーブンレンジのほうがお得ですよね。

    そして、ガスオーブンレンジの広い庫内を有効活用すれば、2種類の料理を同時に調理することもできますし、高さが必要な食パンなども焼けます。調理の幅を広げながら、光熱費を抑えることができて一石二鳥なのです。

    1.2 ガスオーブンレンジのデメリット

    言うまでもないことですが、ガスオーブンレンジにもデメリットはあります。ガスオーブンレンジを電気オーブンレンジと比較したときのデメリットには、次のようなものがあります。

    • ビルトインガスオーブンレンジが主流になっている
    • サイズが大きくなってしまう
    • 卓上ガスオーブンレンジは設置場所が限定されることがある

    ガスオーブンレンジの最大のデメリットはビルトインタイプが主流ということ。光熱費を抑えることができるガスオーブンレンジですが、電気オーブンレンジのように卓上タイプが多く販売されている訳ではありません。多くがビルトインガスオーブンレンジなので、設置の際には工事費用がかかってしまうというデメリットがあるのです。

    また、ビルトインということもあり、比較的サイズが大きめ。電気オーブンレンジと比較すると、全体的にガスオーブンレンジのほうが大きくなるというデメリットがあります。もちろん、ビルトインですからサイズを気にする必要はほとんどないのですが、システムキッチンに設置できるかどうかなどを確認する必要はあります。収納スペースも減ってしまうため、ガスオーブンレンジを設置するときには悩む人も少なくないのです。

    一方で、卓上ガスオーブンレンジにする場合は選択肢が一気に減少。リンナイが卓上ガスオーブンレンジ(電子コンベック)を販売していますが、それ以外の目ぼしい卓上ガスオーブンレンジはわずかです。リンナイの卓上ガスオーブンレンジは確かに性能が良いですが、選択肢が少ないのはデメリットと言わざるを得ません。

    卓上ガスオーブンレンジにしてもさらに設置場所が限定されるというデメリットがあります。卓上ガスオーブンレンジは電気オーブンレンジのように電源があれば良いという訳ではないのです。ガスの元栓からの距離も考えなければなりませんし、卓上ガスオーブンレンジを設置した場所の上と横には十分なスペースも必要。

    例えば、リンナイの卓上ガスオーブンレンジの場合は、壁からの距離は4.5cm以上ですが、上のスペースは「50cm以上」が必要。防熱版を使っても30cm以上は必要となるため、卓上ガスオーブンレンジの設置場所はかなり限定的になると言えるのです。

    ガスオーブンレンジのデメリットは?

    2 ビルトインガスオーブンレンジのメリットとデメリット

    ビルトインガスオーブンレンジと卓上ガスオーブンレンジを比較すると、ビルトインガスオーブンレンジにはメリットもデメリットもあることが分かります。そこで、ビルトインガスオーブンレンジのメリットとデメリットから解説。

    2.1 ビルトインガスオーブンレンジのメリット

    ガスオーブンレンジでビルトインタイプを選ぶメリットには、次のようなものがあります。

    • キッチンが広く使える
    • 見た目がキレイになる
    • 庫内の広いオーブンレンジが使える
    • 種類やデザイン、サイズなどが選べる

    ガスオーブンレンジの中でもビルトインタイプを選ぶ最大のメリットは、キッチンが広く使えることです。もちろん、ビルトインガスオーブンレンジですから、システムキッチンにオーブンレンジが組み込まれています。そのため、作業スペースが広くなり、広々と使えるキッチンになるのです。

    さらに見た目もキレイ。視界を遮るようにガスオーブンレンジを置く必要がないため、スッキリとしたキッチンを実現できますよ。

    また、ビルトインガスオーブンレンジは庫内が広いというメリットもあります。パンを焼いたり、香草焼きやローストビーフを作ったりできるので、今まで以上に料理のレパートリーを増やせるのです。オーブン調理になじみがない人こそ、ガスオーブンレンジを選ぶほうが良いと言えます。

    そして、ガスオーブンレンジの主流はやはりビルトインタイプ。卓上タイプのガスオーブンレンジよりも種類が豊富で、デザインやサイズなどを選びやすいのもビルトインタイプです。

    例えば、ビルトインガスオーブンレンジであれば、カラーバリエーションも複数用意されているのが当たり前ですし、庫内容量も複数から選べます。高速オーブン(コンベック)、コンビネーションレンジなど、ニーズに合わせた種類が選べるのもビルトインガスオーブンレンジの大きな特徴。そのほか、グレードが選べる点でもビルトインガスオーブンレンジは細かいニーズに合わせやすいと言えますよ。

    2.2 ビルトインガスオーブンレンジのデメリット

    ビルトインタイプはガスオーブンレンジの主流ですが、デメリットもあるので要注意。ビルトインガスオーブンレンジのデメリットには、次のようなものがあります。

    • 設置費用、工事費用が高い
    • コンロの買い替えが必要になることがある
    • 収納スペースが減る
    • ビルトインガスオーブンレンジの位置が低くなる

    ビルトインガスオーブンレンジの最大のデメリットが、高い工事費用。ビルトインですから、キッチンに組み込むための工事が必要となります。そのため、本体価格に加えて、ビルトインガスオーブンレンジを設置する工事費用もかかるのです。

    しかも、ビルトインガスオーブンレンジとガスコンロが上手に組み合わせられる必要もあります。カラーなどを合わせるために、ビルトインガスオーブンレンジの購入の際にガスコンロを買い替えるという人も少なくないのです。

    また、ビルトインガスオーブンレンジをキッチンに組み込むため、本来であれば収納スペースがある場所にガスオーブンレンジを設置。つまり、収納スペースが必然的に減ってしまうのです。別の場所に収納スペースを確保できる場合は良いですが、収納スペースが不便な場所になったり、収納を確保できなかったりすることもありますよ。

    そして、意外と忘れがちなのが、ガスオーブンレンジの位置。ガスコンロの下にビルトインガスオーブンレンジということが多く、意外と低い位置にビルトインタイプのオーブンがあるという家庭も多いと言えます。子どもがいる家庭では、子どもの目線の高さにビルトインガスオーブンレンジということもあって注意が必要。さらにビルトインガスオーブンレンジの位置が低いことで使いにくさを感じる人がいることも忘れないようにしましょう。

    3 卓上ガスオーブンレンジのメリットとデメリット

    次に卓上ガスオーブンレンジのメリットとデメリットを解説。ビルトインタイプのガスオーブンレンジと比較すると、卓上ガスオーブンレンジのメリットとデメリットも見えてきます。

    3.1 卓上ガスオーブンレンジのメリット

    卓上ガスオーブンレンジを選ぶメリットには、次のようなものがあります。

    • システムキッチンのグレードが関係ない
    • 使いやすい場所に設置できる(自由に置けるとは限らない)
    • 収納スペースを奪わない

    卓上ガスオーブンレンジの最大のメリットは使いやすさ。ビルトインガスオーブンレンジと違って、卓上ガスオーブンレンジは電子レンジのように自分が使いやすい高さに設置できます。ビルトインタイプのように低い位置に設置することにならないため、オーブンを頻繁に使いたい人にもおすすめです。

    また、卓上ガスオーブンレンジはシステムキッチン(ガスコンロ)のグレードが無関係。ビルトインガスオーブンレンジの場合、システムキッチンのグレードによって設置ができなかったり、ガスコンロを変えなければならなかったりするのです。しかし、卓上ガスオーブンレンジであれば、システムキッチンの上に置くことができるため、スペースがあればOK!しかも、収納スペースを奪わないため、調理器具を収納スペースに入れておき、空いている場所に卓上ガスオーブンレンジを置くという人も少なくありません。

    3.2 卓上ガスオーブンレンジのデメリット

    卓上ガスオーブンレンジのデメリットには、次のようなものがあります。

    • 種類が少ない
    • 狭いキッチンには置きにくい
    • 作業スペースがなくなる
    • キッチンの見た目が悪くなる

    卓上ガスオーブンレンジの最大のデメリットは種類が少ないことです。ノーリツやリンナイなど、卓上ガスオーブンレンジを販売しているメーカーは複数あります。しかし、ラインナップは限定的。カラーバリエーションなどはほとんどなく、庫内容量が大きめと小さめしかないということもあるのです。選べないというのは大きなデメリットかも知れません。

    また、卓上ガスオーブンレンジは設置条件があるため、必ずしも使いやすい場所に設置できるとは限りません。ガス栓、電源、卓上ガスオーブンレンジの周囲のスペースなど、すべての条件がかみ合う場所は、意外と限定的となってしまうのです。

    さらにキッチンにドンと大きな卓上ガスオーブンレンジを置くことで見た目が悪くなりがちですし、調理用の作業スペースも狭くなりがち。余程広いキッチンでもなければ、卓上ガスオーブンレンジの圧迫感を覚えてしまうでしょう。もちろん、卓上ガスオーブンレンジを置く場合は、それ以外の物をあまり置かないようにするなどの工夫をすれば問題ありませんよ。

    それでもマンションのように限られた空間にキッチンを作っている場合は、卓上ガスオーブンレンジはおすすめできません。広さに限りがあるからこそ、ビルトインガスオーブンレンジにするのが賢い選択。臨機応変に対応していきましょう。

    卓上ガスオーブンレンジについて

    4 ビルトインタイプと卓上タイプのどちらがおすすめ?

    ガスオーブンレンジを選ぶ場合、基本的にはビルトインタイプがおすすめ。マンションのようにキッチンの広さに限りがあっても設置可能ですし、調理用のスペースも十分に確保できます。やはりビルトインガスオーブンレンジを選ぶほうが見た目もスッキリして、料理しやすいキッチンを作れるのです。

    ただし、システムキッチンが決められているマンションなどの場合、システムキッチンをグレードアップするくらいであれば、卓上ガスオーブンレンジにしたほうが良いというケースもあります。ケースバイケースですが、ビルトインガスオーブンレンジの工事費用と卓上ガスオーブンレンジを設置した場合の費用を比較して決めることも重要。そのため、業者と相談して、両方の見積もりを出してもらって決めるという方法が最適です。

    また、特別な理由がなければ、ビルトインガスオーブンレンジを選ぶのが良いでしょう。後付けという理由だけで卓上ガスオーブンレンジを選んでしまうと、設置条件を満たせる場所が限定的だったり、設置したい場所にガス栓がなかったりして、結局は卓上ガスオーブンレンジのほうが高い費用がかかるというケースもあります。十分に注意しておきましょう。

    5 まとめ

    ガスオーブンレンジのビルトインタイプと卓上タイプのメリットとデメリットについて、詳しく解説してきました。ガスオーブンレンジを選ぶ場合、基本的にはビルトインガスオーブンレンジを選ぶほうがお得。工事費用はかかりますが、卓上ガスオーブンレンジでも設置工事費用が高くなるケースがあるので、ビルトインタイプと卓上タイプの両方の見積もりを取ってから決めるようにしてくださいね。

    ガスオーブンレンジの商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ