カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 電気通信・外構
  • 太陽光発電・EV充電
> >
小型電気温水器のメリット・デメリット!設置はDIYでもできるってホント?

小型電気温水器のメリット・デメリット!設置はDIYでもできるってホント?

自宅の2階にある洗面台やトイレなど、今までは我慢して冷たい水で手洗いや洗顔をしてきた場所に、温かいお湯が引けたらどんなに快適でしょう。そんな願いを叶えてくれるのが小型電気温水器。大掛かりな工事が必要なく気軽に導入できるので、寒い季節の到来を前に、導入の検討をされる方も多いのではないでしょうか。

そんな便利な小型電気温水器ですが、良いところばかりではありません。実は、電気温水器ならではのデメリットもあるのです。デメリットを理解しないまま導入に踏み切ってしまうと、設置後に「こんなはずでは…」と後悔することにもなりかねません。メリットとデメリットをしっかりと理解し、ご自宅に合った機器を選びたいものです。

そこで今回は、導入を検討している方向けに、小型電気温水器のメリット・デメリットをまとめました。また、小型電気温水器を自分で設置する方法や、業者に依頼した場合の設置費用も解説しています。導入の際の参考にしてみてください。

目次

    1 小型電気温水器とは?

    小型電気温水器とは、電気を動力とした給湯器の一種。既存の給湯器の配管が通っていない場所に、専用の給湯器として設置します。

    小型電気温水器には電熱ヒーターが内蔵されており、ヒーターの熱で水を沸かします。作られたお湯は、本体内部にあるタンクに貯めておき、必要な時に適温に調整して使用するという仕組み。身近なものでたとえると、電気ポットの大きいバージョンと想像していただけたら、分かりやすいのではないでしょうか。

    給湯器というと、以前はガスを利用した「ガス給湯器」が主流でしたが、オール電化住宅などの普及により、電気温水器を導入するご家庭も増えています。ただ、電気給湯器というと「エコキュート」をイメージする方が多いと思いますが、エコキュートは電熱ヒーターを使用せず、ヒートポンプという仕組みでお湯を作ります。そのヒートポンプを動かす動力に電気を使用している設備ですので、ここで紹介する小型電気温水器とはまったく別の設備になります。

    小型電気温水器とは?

    2 小型電気温水器のメリット

    2.1 すぐに温かいお湯が出る

    通常の家庭用給湯器の場合、給湯器から離れた場所にある設備では、蛇口をひねってもすぐに温かいお湯が出ないこともしばしば。これは、給湯器と設備をつなぐ給水管の中に冷たくなった水が残っているのが原因。蛇口をひねると、まずはこの滞留していた水が出てくるので、蛇口をひねってもしばらくは冷たい水が出てしまうのです。

    しかし、小型電気温水器は、使用する設備のすぐそばに設置することができるので、蛇口をひねるとすぐに温かいお湯が出てきます。すぐにお湯が出るので、水になるまでのタイムロスがなくなり、忙しい朝の身支度も快適に。また、水からお湯に変わる間の、いわゆる「捨て水」も減らすことができて水道代の節約にもつながります。

    2.2 水栓と電気があればどこでも設置可能

    ガス式の給湯器を導入する場合、使用する場所までガス管を引く必要があります。しかし、小型電気温水器なら、動力である電気をとれる場所であればどこでも設置が可能。住宅用の小型電気温水器なら、家庭用コンセントに対応しているものがほとんどなので、専用コンセントを設置する工事もいりません。

    電源と水栓があれば設置できるので、屋内に限定されず、屋外にも設置できます。屋外でバーベキューをするためのミニキッチンや、家庭菜園用の水道にお湯を引くことも可能に。ペットの足洗い場に設置すれば、寒い時期でも快適に使うことができます。

    2.3 大掛かりな工事が不要

    給湯器と接続されていない設備にお湯を引く場合、通常は給湯器と設備をつなぐための配管工事が必要になります。この配管工事は思った以上に手間のかかる工事。配管を通すために、リフォーム並みの工事が必要になることもあるのです。

    その点、小型電気温水器であれば、設置する設備と本体を接続するだけの簡単な工事で設置可能。設置工事は、数時間で終了する場合がほとんどで、導入したその日にお湯を使うことができます。

    2.4 初期費用が安い

    電気式の給湯器は、本体価格が高額であるというイメージがあります。しかし、小型電気温水器は、30,000円台から購入可能な機器も販売されています。本体価格は、機器の性能やタンク容量にもよりますが、住宅用で6L~25L容量のものあれば3~6万円ほどで購入可能。設置工事をご自身で行った場合、6万円ほどで設置できてしまうのです。

    2.5 火を使わないので安心

    電気を動力にする最大のメリットは、火を使わないでお湯を作れるところ。ガス式は火を起こしてお湯を作るので、火災の心配があります。また、火を起こすときに排出されるガスを換気する必要も。その点、電気式であれば安心・安全にお湯を使うことができるのです。

    2.6 ガス機器よりも平均寿命が長い

    ガス式は火を起こして沸かし上げるため、どうしても製品自体の寿命が短くなりがち。電気式であれば、20年以上現役で活躍する機器もあるほど、製品寿命が長いのが特徴。長い目で見ると、電気式のほうが経済的なのです。

    2.7 コンパクト設計

    小型電気温水器は主に据置型が多く、洗面台の下の収納スペースに設置できるほどのコンパクト設計。壁掛け型の場合、どうしても部屋の見えるところに設置しなければならず、部屋の景観を損ねてしまいますが、据置型の小型電気温水器は、設置後も見た目が変わることがありません。お部屋のデザインにこだわりのある方におすすめの機器です。

    小型電気温水器のメリット

    3 小型電気温水器のデメリット

    3.1 タンクの容量に制限がある

    小型電気温水器は、1つの設備専用の給湯器として開発されているため、非常にコンパクトに設計されています。ですので、エコキュートなどの給湯システムと比べるとタンク容量が小さいのが特徴。たとえば、トイレの付属している手洗い専用の機器の場合、タンク容量は1Lしかなく、手洗い以外に使用するのは難しいでしょう。

    洗面台やミニキッチンに設置する小型電気温水器のタンク容量は、6L~25Lが主流。容量6Lのもので、おおよそ10人、25Lでは60人が連続して手洗いができる容量とされています。小型電気温水器を選ぶときには、使用用途と家族人数を考慮して、適切なタンク容量の機器を選ぶ必要があるのです。

    タンクの容量が充分でないと使用中にお湯がなくなってしまい、せっかく導入したのにお湯が満足に使えないという事態に。逆に容量が大きすぎると、必要のない量のお湯を作ってしまうので、電気代の無駄になってしまいます。

    3.2 水圧が弱い

    水圧が弱いのは電気式の給湯器のデメリットの1つ。ガス式の給湯器は、水道と直接つながっているので、水道圧に近い状態で給湯します。しかし、電気温水器は、タンクにお湯を貯める時に水圧を減圧弁で減圧し貯湯しているので、ガス給湯器に比べると水圧が弱くなってしまうのです。

    それなら減圧しなければいいのでは?と思う方もいると思いますが、減圧をしないとタンクが破裂してしまう恐れがあります。水圧が弱いとシャワーの出が悪くなりがち。水圧が気になる場合は、低水圧用のシャワーヘッドに交換するなどの工夫が必要です。

    3.3 湯切れをおこしてしまう

    さきほどタンク容量について解説しましたが、小型電気温水器は、タンク容量によって使用できるお湯の量が決まっています。ですので、タンクのお湯がカラになってしまうと、お湯が出なくなってしまうのです。このことを「湯切れ」といいます。湯切れを起こしてしまうと蛇口からは水しか出てこなくなり、洗顔中にいきなり水に切り替わってしまうことも。

    湯切れをおこさないようにするには、導入時に適切なタンク容量の機器を選ぶ必要があります。それから、お湯を一度にたくさん使わないように心がけることも重要。洗顔であれば、洗面器にお湯を貯めて使うなど、節水を意識することで湯切れを防ぐことができます。

    4 DIYで設置ができるってホント?

    小型電気温水器の取付け作業は、リフォーム工事の中でも簡単な工事にあたります。DIYの経験のある方であればご自身で設置も可能。DIYでの設置ができるように、必要な部品をすべてセットにしたキットを販売するメーカーもあるほど。ただ、水回りの工事になるので水漏れには注意が必要です。導入する機器の取付説明書を事前に確認して、DIYで取付けることができるかしっかりと見極めてから作業するようにしましょう。

    ここでは、小型電気温水器の取付けの流れを簡単に説明します。導入する機器によって、取付け方法は変わってきますので、設置工事の前には必ず取付説明書を確認してください。

    【必要な道具】

    • モンキーレンチ
    • 締め付けに使う工具
    • フレキホース

    1. 止水栓を閉めて給水(給湯)管を外す

    小型電気温水器の設置工事では、水漏れ防止のため必ず止水栓を止めましょう。止水栓を止め忘れると、給水管を取り外した瞬間、水があふれ出てしまいます。止水栓がない場合は水道の元栓を止めましょう。止水栓を止めてから、現在設置されている給水管を取り外します。

    2. 小型電気温水器を仮置き

    給水管を取り外したら、本体の設置場所を決めましょう。実際に置いてみて、給水管の配管や排水管の設置で無理なくできるか確認します。適当に設置してしまうと、配管がうまくいかない、電源が取りにくいなどの不具合が発生してしまうこともありますので、ここでしっかりと確認することが重要です。本体の完全な固定は、すべての工事が終了してから行うことをおすすめします。

    3. フレキホースを接続

    フレキホースとは、水栓と本体をつなぐ給水管のこと。このホースを必要な長さに切り、本体と給水管を接続します。

    4. 排水管を付属のものと取り換える

    現在設置されている排水管のトラップより下の部分をはずし、本体とセットになっている専用の排水機器に交換します。

    5. 本体を固定して取付完了

    仮置きしておいた小型電気温水器本体をネジで固定して作業終了です。本体にがたつきがなければ、固定しなくても大丈夫です。

    6. お湯が出るか確認する

    止水栓を開け、本体の電源を入れます。蛇口からお湯が出るか確認してみましょう。その時、給水管や排水管の接続から水漏れがないかも必ず確認しましょう。

    DIYで設置する

    5 小型電気温水器の設置費用

    小型電気温水器の設置工事は、ガス機器と違い配管工事などの大掛かりな工事は必要ありません。簡単な工事なので、DIYで設置されている方もいますが、給水管などの取外し・取付け作業が必要ですので、安易に素人が行うと水漏れの原因にもなりかねません。DIYを日頃から行っていて、基本的な施工方法を熟知している方であれば問題なく設置できると思いますが、DIYに慣れていない方は専門の業者に設置を依頼することをおすすめします。

    小型電気温水器の設置にかかる費用は、そこまで高額ではありません。工事内容としては、給水配管の取付け・本体の取付け、専用水栓などがあれば水栓金具の設置のみ。工事費のみで、22,000円~35,000円が相場と言われています。最近では、ネットショップで本体のみを安く購入して、工事のみ専門業者に依頼し、設置費用を安く済ませている方もいるようです。

    本体と設置工事費込みの場合、おおよそ7~10万円で設置が可能。ただ、工事費については、対応する業者や設置する場所によって変わってきますので、複数の業者から相見積もりを取り、比較検討することをおすすめします。

    6 まとめ

    小型電気温水器は、使いたい場所ですぐに温かいお湯が使える優れもの。電源コンセントと水栓があれば簡単に設置でき、ガス給湯器などのように大掛かりな配管工事は必要ないのが最大のメリットと言えるでしょう。コンパクト設計なので、洗面台の収納スペースなどの狭い場所に設置することができ、お部屋のデザインを損ねることもありません。

    小型電気温水器は動力が電気のため火を使う必要がなく、火災などの心配は無用。ガスを使用しないので寒い中換気をする必要もありませんし、ガス機器よりも製品自体の寿命が長く経済的。

    一方、ガス給湯器と違い、沸かしたお湯をタンクに貯めて使用するので水圧が弱い傾向が。また、お湯の使用量もそのタンクの容量に左右されてしまい、お湯がなくなる「湯切れ」を起こしてしまうところがデメリット。

    小型電気温水器は導入した後の使用頻度が高い機器。その製品のメリットばかりを見てしまい、ご家庭のニーズにそぐわないものを選んでしまうと、その性能を持て余してしまったり、想像していたようにお湯が使えず、かえってイライラが募ってしまう可能性もあります。日々の生活をより快適にするためにも、メリットとデメリットを理解してご家庭にピッタリの製品を選びましょう。

    小型電気温水器の商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ