カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
石油給湯器の選び方!種類ごとの機能や湯量、設置場所を比較

石油給湯器の選び方!種類ごとの機能や湯量、設置場所を比較

寒冷地とも相性ばっちりで、パワフルな給湯が魅力の石油給湯器。しかしその魅力も、ご家庭にぴったり合った製品でなければ半減してしまいます。せっかく購入したのに、ご家庭の環境に合わなくて石油給湯器の長所を引き出せず、宝の持ち腐れになってしまうなんて悲しいですよね。そんな状況を防ぐために、ここではご家庭にぴったりの石油給湯器の選び方をご紹介いたします。

目次[]

    Step1 石油給湯器のタイプ別メリット・デメリット

    石油給湯器を選ぶなら、まずはタイプを選びましょう。石油給湯器には、大きく分けると以下の2つのタイプがあります。

    <水道直圧式>

    そのままの水道圧力で石油給湯器に接続することにより、お湯の水圧も水道圧力と同じ高い水圧で給湯できるタイプ。 2階への給湯を考えている方お湯に勢いのあるシャワーを使いたい方にオススメです。

    <セミ貯蓄式(減圧式)>

    水道圧力をいったん減圧してから石油給湯器へ接続するため、水道直圧式と比べると給湯圧力が低いタイプ。お湯に勢いが欲しい方のために、高圧力型の製品もあります。ご家庭で古い配管をご利用の方や安く製品を導入したい方にオススメです。

    メリット デメリット
    水道直圧式
    • 水道の圧力と同等の水圧で給湯が可能なので、お湯の勢いが強い
    • 湯音の安定したお湯を供給でき、細かい温度設定も可能
    • 2階への給湯が可能
    • 灯油量が節約できる
    • 配管が古いと破裂する恐れがある
    • 減圧式と比べて価格が割高
    • 少量のお湯を出すことができない
    セミ貯蓄式(減圧式)
    • 古い配管でも利用が可能
    • 水道直圧式と比べて価格が割安
    • 少量のお湯が使える
    • 水道直圧式と比べると湯の勢いが弱い
    • 湯温が安定せず、細かい温度設定が難しい
    • 2階への給湯が困難
    • 灯油使用量が増える

    水道直圧式と減圧式、両方共にメリットとデメリットがあります。それぞれのメリット・デメリットを考えあわせ、ご家庭のニーズに合ったタイプをお選びください。

    Step2 給湯の水量と家族人数の関係

    給湯システムを購入する際に必ずチェックしなければならないポイント、それは給湯能力です。たくさんお湯を使うご家庭なのに給湯能力の低い製品を購入してしまうと、十分にお湯が使えなくてストレスになってしまいます。また、給湯能力は高ければ高いほどいいというわけでもありません。あまりお湯を使用しないのに給湯能力が高すぎると、あまったお湯をもてあますことになり、光熱費の無駄が大きくなってしまいます。ベストなのは、確実に使う湯量よりも少し高いくらいの給湯能力を選ぶこと。目安として、4人家族では給湯能力が40000kcal/hの製品がぴったりだと言われています。とは言え、ご家庭によってお湯の使用状況は様々。ご家庭に合った給湯能力を選ぶためにも、給湯能力の算出方法を確認しておきましょう。

    給湯能力とは、 「1分間にどれだけのお湯を給湯できるのか」の目安であり、以下のような計算式で算出されます。

    出力(kcal/h)=1時間の水量×上昇温度(目標温度-水温)

    この計算式に当てはめて算出すると、給湯能力が40000kcal/hの製品で、水温が5℃、目標温度が42℃ならば、1時間に1081L、1分間に約18Lのお湯を利用できます。4人家族で1分間に約18Lという値と下の図を1つの目安にして、ご家庭のお湯の使用量を考えてみてください。

    給湯能力と出湯用の対応を示した図

    ご家庭でどのくらいのお湯を使っているかというのは、あまりぴんと来ないことかもしれません。しかし、給湯能力は石油給湯器を選ぶ上でとても大切ですので、ご家庭のお湯の使用状況をよく観察し、慎重に給湯能力を選びましょう。

    Step3 石油給湯器の用途別の選び方

    石油給湯器は、給湯+追い焚き用製品、給湯専用の製品、温水暖房専用の製品など、様々な用途の製品があります。さらに、給湯+追い焚き用の製品は、お湯はりはもちろん、足し湯や保温も全て自動でしてくれる フルオートタイプやお湯はりを自動でしてくれる オートタイプ、そして手動の 標準タイプなどに分かれています。工事屋さん.comでは、「種類から選ぶ」という項目から、お探しの用途の製品を検索することが可能。まずはご家庭のお湯の利用状況などを考慮して、どのタイプの製品を購入するかを決めましょう。給湯、追い焚き、暖房用などの種類やそれぞれの機能については以下の表をご覧ください。

    種類 機能
    給湯+追い焚き フルオート
    • お湯はり+足し湯+保温を自動で行う
    オート
    • お湯はりを自動で行う
    標準
    • 手動で給湯
    給湯+追い焚き+温水暖房 フルオート
    • お湯はり+足し湯+保温を自動で行う
    • 温水式床暖房へ給湯できる
    オート
    • お湯はりを自動で行う
    • 温水式床暖房へ給湯できる
    標準
    • 手動で給湯
    • 温水式床暖房へ給湯できる
    給湯+温水暖房
    • 手動で給湯
    • 温水式床暖房へ給湯できる
    給湯専用
    • 手動で給湯
    温水暖房専用
    • 温水式床暖房へ給湯できる
    追い焚き専用
    • 追い焚きのみを行う

    Step4 石油給湯器の設置場所と形態

    石油給湯器をお選びの際に忘れてはならないのが製品の設置形態です。設置形態によって、石油給湯器はどこに設置するかが決まります。石油給湯器の設置形態は大きく分けて3つ。以下の表をご覧ください。

    設置形態 特徴

    無煙突タイプ

    無煙突タイプの石油給湯器
    • 排気トップを採用しているので面倒な煙突工事が不要
    • 軒下に設置可能
    • 家の美観を保ち、全体的にスッキリまとまる
    • 屋外に設置する

    前面排気タイプ

    前面排気タイプの石油給湯器
    • 前面から排気するので壁が汚れる心配なし
    • 出窓下等のデッドスペースにスッキリ収まる
    • 壁掛けタイプもある
    • 屋外に設置する

    強制排気タイプ

    強制排気タイプの石油給湯器
    • 寒冷地や雪国設置に適する
    • 強制給排気タイプのものは機密性の高い家屋に最適
    • 屋内に設置する

    給湯器を設置しようと考えているスペースやそれぞれのタイプの特徴を考慮して、ぴったりの設置形態をお選びください。

    ここまで石油給湯器の選び方をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか?石油給湯器はさまざまな機能に優れていますが、それもご家庭に合っていればこそ。石油給湯器の力で毎日の生活が豊かになるか、それとも無駄が多くなるかは選び方次第です。是非このページを参考に、ご家庭のニーズに適う石油給湯器をお選びください。

    石油給湯器・灯油ボイラーの商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ