カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 電気通信・外構
  • 太陽光発電・EV充電
> >
蛇口からポタポタと水漏れ?原因と応急処置・DIYでの修理方法を解説

蛇口からポタポタと水漏れ?原因と応急処置・DIYでの修理方法を解説

蛇口を閉めたはずなのに、ポタポタと水漏れ。気になるほどではないと、ついそのまま放置してしまいがちです。しかし、水漏れを放置しているとその分水道料金がかかります。少しの水漏れでも24時間漏れ続けているので、想像以上に料金が高くなってしまう事も。

また、すぐに対処すればパッキンの交換で済んだ水漏れも、修理せずに放置することでさらに劣化が進み、大掛かりな修理になってしまう場合もあります。蛇口の水漏れは、軽微なものならDIYで修理ができます。今回は、蛇口からの水漏れの原因についてと応急処置の方法を解説。また、水漏れ箇所別にご自身で修理する方法を紹介します。

目次

    1 水漏れの原因とは?

    蛇口をしっかり閉めてもポタポタ水漏れする原因として考えられるのが、ネジやナットの緩み。経年劣化や地震などの振動で緩んでしまうと、水漏れが発生します。緩みがない場合は、パッキンの劣化や、バルブカートリッジ・スピンドルなどの部品の故障が考えられます。この場合は部品交換をすることで水漏れを止める事ができます。

    蛇口には大きく2つのタイプがあり、タイプによって水漏れの原因が違ってきます。2つのタイプとは、蛇口をひねって水を出すタイプか、レバーを上げ下げするタイプかによって判断できます。蛇口をひねるタイプは「ハンドル式」。レバーを上げ下げして水を出すタイプは「レバー式」と言います。ここでは、ハンドル式とレバー式の水漏れの原因について解説していきます。

    1.1 ハンドル式の水漏れの原因

    ハンドル式は古い建物に使われている事が多いタイプ。水のみが出るハンドルが1つの単水栓や、お風呂場によく使われている、お湯を出すハンドルと水を出すハンドルの2つのハンドルが付いている混合栓があります。

    ハンドル式水栓の重要な部品の1つが「スピンドル」。水を出すためにハンドルをひねると、スピンドルが持ち上がり隙間ができます。その隙間を水が通過して水が出るという仕組み。水を止める時は、ハンドルを逆に回すとスピンドルが下がり隙間を埋め、水の通り道を塞ぎます。スピンドルが経年劣化により錆びると、うまく隙間を埋めることが出来なくなり、ポタポタと水漏れが発生するのです。

    また、スピンドルの先端には、しっかりと隙間を埋めるためのパッキンが付いています。このパッキンの事を、「コマパッキン」もしくは「ケレップ」と呼びます。パッキンが劣化すると、しっかりと水を止める事が出来ず、ポタポタ水漏れの原因になります。

    1.2 レバー式の水漏れの原因

    新しい建物にはレバー式が採用されている事が多く、馴染みのある蛇口のタイプでしょう。レバー式にも単水栓と混合栓がありますが、混合栓でもレバーは1つです。レバー式は「バルブカートリッジ」という部品によって、お湯と水の切替や温度・水量の調整を行っています。

    レバー式の水漏れの原因は、このバルブカートリッジの劣化や破損によるものがほとんど。バルブカートリッジの寿命は10年と言われています。寿命が近付いてきたらバルブカートリッジを交換する事で、水漏れの心配はなくなります。しかし、バルブカートリッジは部品自体が高額。もし、バルブカートリッジが原因と判明した時は、蛇口本体の交換も検討してみるといいでしょう。

    また、レバー式もパッキンの劣化により水漏れが発生している場合があります。レバー式のパッキンは、蛇口の胴体の部分「スパウト」の内部にある「Oリング」や「UVパッキン」などがあり、DIYで交換可能です。

    水漏れの原因

    2 水漏れの時の応急処置

    水漏れは被害が大きいと家具や建物自体の破損に繋がってしまいます。またマンションなどの集合住宅の場合は、階下への漏水を引きおこしてしまい、他の住民に迷惑をかけてしまうことも。水漏れが発生してしまった時は、修理の前にすばやい応急処置が重要です。しかし、水漏れが発生すると慌ててしまい、落ち着いて対処することは難しいものです。ここでは、いざという時のために水漏れの時の応急処置の方法を紹介します。

    2.1 止水栓を閉める

    水漏れが発生したときは被害を最小限に食い止めるため、止水栓を閉めて水を止めます。止水栓は、水道メーターのボックスの中にあります。

    メーターボックスは、建物の種類によって設置場所と形が異なります。一戸建ての場合は、屋外の地面に「量水器」「止水栓メーター」と書かれたメーターボックスがあります。メーターボックスが見つかったら、ボックスのフタと開け、バルブを時計回りに回します。この時、しっかり回らなくなるまで閉める事が重要。形状がつまみ型の場合は、プライヤーやペンチを使うと回しやすいです。

    マンションなどの集合住宅は、玄関のところにあるメーターボックスの中に、ガスのメーターと一緒に設置されています。水道の止水栓は、水道メーターに繋がっているバルブです。これを時計回りにまわし、しっかりと閉めます。もし、バルブが2つあったらどちらも閉めます。

    マンションなどでは、各部屋の水道メーターが同じ場所に設置されている事も。その場合、メーターのフタに部屋番号が書かれいたり、札が付いていると思いますので、自分の部屋の水道メーターを探して止水栓を閉めましょう。止水栓を閉めたら、部屋の蛇口をひねって水が出なくなっているか確認してください。

    また、台所の蛇口の場合、シンクの下に専用の止水栓が付いているものもあります。シンクの下を確認しハンドルが付いていたら、ハンドルを時計回りにまわして水を止めましょう。

    2.2 部品に緩みがないか確認する

    蛇口のパーツが緩んだ事が原因で、水漏れを起こしている可能性もあります。水漏れの前に地震があったり近隣での工事の振動があった場合は、パーツの緩み確認してみてください。これが原因の場合は部品交換が不要。パーツを締め直すだけで水漏れが解消するので、止水栓を止めたら蛇口の各パーツの接続部分が緩んでいないか確認してみましょう。

    水漏れの応急処置

    3 蛇口の水漏れをDIYで修理する方法

    各パーツに緩みがない場合は、部品やパッキンの劣化が原因である可能性が高まります。部品やパッキンの交換修理であれば、DIYで修理が可能。ただ、修理方法は蛇口の種類や、水漏れした箇所によって異なります。ここでは、蛇口の種類と水漏れ箇所に応じた修理方法を紹介します。

    3.1 ハンドル式:吐水口からの水漏れ

    蛇口を閉めても、水が出る部分(吐水口)から水が漏れてしまう場合は、コマパッキンの汚れや劣化が考えられます。コマパッキンを確認し汚れているようなら掃除してみましょう。パッキンの掃除には、重曹がおすすめ。重曹をふりかけて30分から1時間置き、ブラシで磨くときれいに掃除ができます。

    掃除をしても水漏れが直らない。または、明らかにコマパッキンが劣化していたら、新しいものに交換します。パッキンは蛇口の機種によって大きさが違いますので、使用している蛇口の型番などを確認し、正しい大きさのパッキンを購入しましょう。パッキンはホームセンターでさまざまな種類が販売されています。

    コマパッキンの掃除や交換で水漏れが解消しない場合は、スピンドルの劣化が考えられます。再度、蛇口を解体し新しいスピンドルに交換しましょう。スピンドルにも種類がありますので、使用している蛇口にあったスピンドルを用意します。

    【ハンドル式の修理方法】
    1. ハンドルを外す。ハンドル上にある丸いキャップを取ると、下にビスがあります。このビスを外すとハンドルが外れます。
    2. ナットを外す。六角の形をしているナットを、プライヤーなどで回して外します。
    3. 三角パッキンをマイナスドライバーなどを使い、取り外す
    4. スピンドルを取り外し、スピンドルの中にあるコマパッキンを外す。コマパッキンが劣化していたら交換。汚れのみであれば掃除をして戻します。
    5. 逆の順番で部品を取り付ける
    6. 逆止水栓を開けて水漏れがないか確認する。
    7. 水漏れが解消しない場合、もう一度蛇口を解体しスピンドルを交換する。

    3.2 ハンドル式:ハンドルのつけ根からの水漏れ

    水漏れする箇所が吐水口でなく、ハンドルのつけ根部分の場合は、三角パッキンが原因。三角パッキンが汚れていたら掃除のみで解消することも。掃除をしても解消しない場合や、明らかにパッキンが劣化している時は、パッキンを交換してみましょう。

    3.3 レバー式:吐水口・レバー下からの水漏れ

    蛇口を閉めても水漏れが発生する場合、レバー式はバルブカートリッジの劣化が原因。バルブカートリッジの交換を行います。使用するカートリッジは蛇口によって違いますので、確認して購入しましょう。また、カートリッジの取付け向きを間違えると、水とお湯の設置が逆になってしまうので、取付けの際には取扱説明書を確認して実施してください。

    【レバー式:吐水口・レバー下からの水漏れの修理方法】
    1. レバー部分を外す。レバーハンドルの正面(もしくは上部)のキャップを外すとネジが見えるので、ネジを緩めてレバーを取り外します。
    2. カートリッジ押さえを外す。蛇口本体が一緒に回らないように器具でおさえ、レンチでナットを緩め外します。
    3. バルブカートリッジを交換する。
    4. 逆の順番で部品を取り付ける。
    5. 止水栓を開けて水漏れがないか確認する。

    3.4 レバー式:スパウトからの水漏れ

    スパウトとは吐水口が付いている部分。この接続部分からジワジワと水漏れする場合は、スパウトの劣化やバルブカートリッジの故障、ナットの緩み、パッキンの劣化が考えられます。多くのパーツを確認する必要があるので、スパウトの水漏れ修理は複雑で難しいです。ただ、スパウトの上の部分から水漏れしている場合は、バルブカートリッジ以外の原因で水漏れしているので、スパウトの劣化・ナットの緩み・パッキンの劣化を確認することで解消します。

    【レバー式:スパウトからの水漏れの修理方法】
    1. レバー部分を外す。
    2. カートリッジ押さえを外す。この時ナットに緩みが見つかった場合は、ナットを締め直し水漏れが解消しているか確認します。水漏れが解消しない場合は、行程3に進みます。
    3. バルブカートリッジを外す。
    4. スパウトを引き抜いて外す。スパウト内部の汚れも水漏れの原因になるので、スパウトの中を掃除しておきましょう。スパウトの内側に傷があった場合はスパウトの交換となります。
    5. 本体に付いているパッキンを外し、交換する。パッキンは上下2つ付いているので、どちらも外します。パッキンの取付け部をきれいに掃除してから、新しいパッキンを付けます。
    6. 逆の順番で部品を取り付ける。
    7. 止水栓を開けて水漏れがないか確認する。

    まだ水漏れが止まらない場合は、バルブカートリッジが原因の可能性があります。もう一度蛇口を解体し、バルブカートリッジを交換してみましょう。

    水漏れの修理方法

    4 業者に依頼した場合の修理費用と作業時間

    自分でできる修理を行っても改善しない場合は、専門業者へ依頼しましょう。また、水漏れの量が大量で床が水浸しになっているなど急を要する場合も、迷わず専門業者に依頼することをおすすめします。このような場合、蛇口の部品交換だけでは解消しない場合がほとんど。水道修理には専門知識はもちろん、特殊な工具が必要になることもあります。無理をせず業者にお願いしましょう。

    業者に依頼した場合の修理費用は、8000円~1万円ほど。蛇口の水漏れはパッキン交換のみのことが多いので、費用はそこまで高額ではありません。しかし、バルブカートリッジなどの部品交換が必要になった場合は、追加で部品代がかかります。また、依頼した時間帯によって、深夜・早朝料金がかかる場合もあります。

    作業は部品交換のみなら30分から1時間程度で終了しますが、蛇口交換が必要であれば1~2時間くらいかかります。水回りは緊急を要する場合が多く、水道業者はすぐに駆け付けてくれます。しかし、蛇口の機種によっては廃盤になっていたり、特殊な部品のため取り寄せに時間がかかることもありますので、覚えておきましょう。

    業者へ修理依頼した場合

    5 まとめ

    ただし、水漏れの被害が大きく手に負えない場合や、修理してみたけども直らない時は、迷わず業者を手配しましょう。水漏れは建物や家財を濡らしてしまったり、マンションなどの集合住宅では下の階に漏水してしまい、階下の方にも迷惑をかけてしまいます。水漏れは被害が大きくなりやすいトラブルなので、状況を正確に把握して、被害を拡大させないよう気を付けましょう。

    蛇口の水漏れは、水漏れの状況によって、大変な被害を被る場合もあります。水漏れを発見したらすぐに止水栓を止めて、被害を拡大させないようにしましょう。そのためにも、前もって止水栓の場所と止水の仕方を確認しておくといいでしょう。水漏れが発生している時は慌ててしまい、うまく対処できない事もあります。予め止水栓の操作方法を知っておくことで、落ち着いて対処できます。

    水漏れの度合いによっては、自分で簡単にDIY修理も可能。パッキンはお近くのホームセンターで購入することができますので、自分で部品を揃えて修理すれば業者に依頼するよりも安く修理ができます。蛇口からポタポタと水漏れしている程度であれば、この記事を参考に挑戦してみてはいかがでしょうか。

    水栓蛇口の商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ