カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
水栓蛇口の選び方

水栓蛇口の選び方

水栓蛇口は、毎日の生活に必要不可欠な製品です。けれど、あまりにも身近であるために、どのような基準で製品を選べばいいかわからない。そう思ってはいませんか?ここでは、そんな方のために、水栓蛇口の選び方をご紹介いたします。

目次[]

    水栓蛇口は場所によって目的・形状が異なります。そこで、まず第一に取り付ける場所を確定しましょう。自宅で水を使う場所は、主に「洗面所」「浴室」「キッチン」の3つ。以下では、それぞれの場所で用いる水栓蛇口の選び方について説明します。

    洗面用水栓蛇口の場合

    <設置形態>

    次に、現在お使いの水栓蛇口の設置形態を確認し、新しく導入する水栓蛇口の設置形態を決めましょう。配管によって使える蛇口が異なりますので、どうしても採用したい蛇口がある場合、事前にショップに相談しておくことをお勧めします。洗面用水栓蛇口において、主な設置形態は以下の2つです。

    ワンホールの水栓蛇口

    ワンホール

    カウンターと水栓の間にある取り付け穴が1つの水栓
    ツーホールの水栓蛇口

    ツーホール

    カウンターと水栓の間にある取り付け穴が2つの水栓

    ご家庭の配管に合った設置形態をお選びください。

    <水栓蛇口のタイプ・機能>

    設置形態が確定したら、次は水栓蛇口のタイプと機能を選びましょう。当サイトでは、「洗面所用」という項目から検索できるほか、設置形態からも製品の検索が可能です。製品をお選びの際にはぜひご活用ください。
    洗面用水栓蛇口の機能には、掃除のときに便利な「ホース引き出し機能」などがございます。また、ハンドル操作なしで水を使うことが出来る自動水栓タイプの製品も。ご家庭の洗面所の利用の仕方を考慮して、ぴったりの機能をお選びください。

    浴室用水栓蛇口の場合

    <設置形態>

    次に、現在お使いの水栓蛇口の設置形態を確認し、新しく導入する水栓蛇口の設置形態を決めましょう。配管によって使用できる蛇口が異なりますので、どうしても採用したい蛇口がある場合、事前にショップに相談しておくことをお勧めします。浴室用水栓蛇口において、主な設置形態は以下の2つです。

    壁付きタイプの水栓蛇口

    壁付きタイプ

    水栓蛇口が壁に取り付けられているタイプ
    台付きタイプの水栓蛇口

    台付きタイプ

    水栓蛇口が台(浴槽のふち等)に取り付けられているタイプ

    ご家庭の配管に合った設置形態をお選びください。
    また、浴室用水栓蛇口には、「洗い場専用」「浴槽専用」「浴槽・洗い場専用」の3種類がございます。設置形態に関わってきますので、どのタイプが必要なのかもあらかじめ考えて起きましょう。

    洗い場専用の水栓蛇口

    洗い場専用

    浴室専用の水栓蛇口

    浴槽専用

    浴槽・洗い場兼用の水栓蛇口

    浴槽・洗い場兼用

    <水栓蛇口のタイプ・機能>

    設置形態が確定したら、次は水栓蛇口のタイプと機能を選びましょう。当サイトでは、「洗面所用」という項目から検索できるほか、設置形態からも製品の検索が可能です。製品をお選びの際にはぜひご活用ください。
    浴室用の水栓蛇口には様々なタイプの製品があります。ここでは、浴室水栓の主流となっている3種類の水栓蛇口のタイプをご紹介いたします。

    タイプ 特徴 設置形態
    サーモスタットの水栓蛇口

    サーモスタット

    設定された一定温度のお湯を供給可能 壁つきタイプ
    台つきタイプ
    2ハンドルの水栓蛇口

    2ハンドル

    立水栓の一種
    湯と水の2つのハンドルで操作する
    壁つきタイプ
    台つきタイプ
    <シングルレバーの水栓蛇口

    シングルレバー

    1つのレバーハンドルで温度と量を調節する 壁つきタイプ

    設置形態によってはお選びいただけないタイプのものもございます。お選びの際には、本当に設置できるかどうかをしっかり確認するようにしましょう。どのような製品を使えばよりお風呂の時間が楽しくなるかを考えて、ご家庭にぴったりの製品をお選びください。

    キッチン用水栓蛇口の場合

    <設置形態>

    次に、現在お使いの水栓蛇口の設置形態を確認し、新しく導入する水栓蛇口の設置形態を決めましょう。配管によって使用できる蛇口が異なりますので、どうしても採用したい蛇口がある場合、事前にショップに相談しておくことをお勧めします。浴室用水栓蛇口において、主な設置形態は以下の3つです。

    壁付きタイプの水栓蛇口

    壁付きタイプ

    水栓蛇口が壁に取り付けられているタイプ
    台付きワンホールタイプの水栓蛇口

    台付きワンホールタイプ

    水栓蛇口が台に取り付けられており、取り付け穴が1つのタイプ
    台付きツーホールタイプの水栓蛇口

    台付きツーホールタイプ

    水栓蛇口が台に取り付けられており、取り付け穴が2つのタイプ

    ご家庭の配管に合った設置形態をお選びください。

    <水栓蛇口のタイプ・機能>

    設置形態が確定したら、次は水栓蛇口のタイプと機能を選びましょう。当サイトでは、「キッチン用」という項目から検索できるほか、設置形態からも製品の検索が可能です。製品をお選びの際にはぜひご活用ください。 キッチンは、水を使う3箇所の中でも最も便利さが求められる場所。そのため、キッチン用の水栓蛇口は、調理や作業に役立つ多種多様な機能を備えています。ここでは、人気の機能を備えたキッチン用水栓蛇口をご紹介いたします。

    機能 特徴 設置形態
    浄水機能付きの水栓蛇口

    浄水機能付き

    • 浄水器が内蔵されている
    • いつでもきれいな水が利用できる
    • 浄水器は内蔵されているため、スペースをとらない
    • 壁付きタイプ
    • 台付きワンホールタイプ
    • 台付きツーホールタイプ
    グースネックスタイルの水栓蛇口

    グースネックスタイル

    • 広い作業空間を確保できる
    • 曲線のフォルムが美しい
      台付きワンホールタイプ
    ハンドシャワーの水栓蛇口

    ハンドシャワー

    • ホースとして引き出せるため、届かないところにも水が届く
    • 無理なく、効率よく水を使える
    • 壁付きタイプ
    • 台付きワンホールタイプ
    キッチンシャワーの水栓蛇口

    キッチンシャワー

    • 整流とシャワーの切り替えが可能
    • 水跳ねがほとんどない
    • 壁付きタイプ
    • 台付きワンホールタイプ
    • 台付きツーホールタイプ
    シングルレバーの水栓蛇口

    シングルレバー

    • レバー操作ひとつで温度調節と吐水量調節が可能
    • 壁付きタイプ
    • 台付きワンホールタイプ
    • 台付きツーホールタイプ
    タッチ自動水栓の水栓蛇口

    タッチ自動水栓

    • 水栓先端のスイッチひとつで操作可能
    • 楽な姿勢で操作できる
    • 台付きワンホールタイプ
    タッチレス自動水栓の水栓蛇口

    タッチレス自動水栓

    • 手をかざすだけで吐水・止水が可能
    • 操作が簡単
    • 節水に効果あり
    • 台付きワンホールタイプ
    2ハンドルの水栓蛇口

    2ハンドル

    • 湯と水を別々の2つのハンドルで操作する
    • 壁付きタイプ
    • 台付きワンホールタイプ
    • 台付きツーホールタイプ

    より清潔で使いやすいキッチンにするためには、水栓蛇口の力は必要不可欠。どのような機能があれば便利かをしっかり考え、思う存分こだわって、満足できる製品をお選びください。

    このページのTOPへ このページのTOPへ