カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
お知らせ

 

LIXIL、パブリックトイレに新製品 次世代のスタンダードへ

2014/11/12

住まいと暮らしの総合生活企業・株式会社LIXILが、パブリックトイレ関連商品のラインアップに新たに15商品を追加し、2015年2月より順次発売開始する旨を発表しました。

高齢者居住施設の建設や国際競技大会の開催に向けた都市設備が拡大している昨今では、公共空間に設置されるパブリックトイレに求められる機能も多様化しています。このような背景を受けて、今回LIXILがコンセプトにしたのは「国際的にも評価される衛生・清掃性のおもてなしトイレへ」「環境負荷を軽減するエコ機能」「高齢化を支えるユニバーサルデザイン」の3つ。新たにラインアップに追加される15商品は、どれもLIXIL独自の技術を活かして作り上げた、次世代のスタンダードとなっていくべきパブリックトイレです。

今回、オフィス・商業向け商品には新たに7商品を追加。コンパクトでデザイン性が高く、多くの人が快適に使える"おもてなしトイレ"を目指した「パブリック向けタンクレストイレ」、洗面スペースで使用するときだけ瞬間的に加温することによってエネルギーの無駄を省くという"エコ機能"を備えた「加温自動水栓」などが含まれます。

また、需要が拡大している福祉・医療・幼児施設向けの商品には、"ユニバーサルデザイン"に配慮した8商品を追加。様々なパブリック便器に設置することが可能で、かつトイレブース内で尿瓶やストーマ装具を洗浄できる「ケアサポート水栓付き背もたれ」は、介護を行う人と介護を受ける人の双方が気持ちよく使えるように設計されています。また、壁掛けタイプのため足元が掃除しやすい「壁掛け汚物流しパック」や、排泄時の座位をサポートする「跳ね上げ式前方ボード」など、介護サポートをする方に優しい新製品が目白押し。

国際化や少子高齢化が進むにつれて、より「誰もが使いやすい」ことを求められるパブリックトイレ。今後の発展に目が離せません。

このページのTOPへ このページのTOPへ