カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

アルカリイオン整水器のメリット

皆さんは、アルカリイオン水をご存知ですか? 近頃は、スーパー等でアルカリイオン水の無料サービスなども行われており、「アルカリイオン水は健康に良い」という評判を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。そんな「健康に良い水」であるアルカリイオン水を生成する装置がアルカリイオン整水器です。しかし、いざアルカリイオン整水器というものについて考えてみると、具体的にどのようなものか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。「整水器って浄水器と同じなんじゃないの?」「健康に良いって言うけど、具体的にはどんな風に健康に良いの?」と疑問に思う方もいらっしゃいますよね。そんな方のために、このページでは、アルカリイオン整水器がどのようなものであり、どのようなメリットを持っているのかについてご紹介いたします。

アルカリイオン整水器って何??

アルカリイオン整水器の浄水・電気分解メカニズム

アルカリイオン整水器とは、簡単に言えば水道水を電気分解してアルカリイオン水を生成する装置です。

水道水はろ過によって浄水された後、電解層に移動します。電解層には陽極と陰極という2本の電極があり、その両方に電気が流れています。浄水済みの水がこの電解層を通るとき、水分子は分解され、プラスイオンを帯びた分子とマイナスイオンを帯びた分子が、それぞれ陽極と陰極に引き寄せられます。このとき、プラスイオンを帯びた分子が酸性を、マイナスイオンを帯びた分子がアルカリ性を示します。このようにして、水道水が酸性水とアルカリイオン水に電気分解されるのです。

アルカリイオン整水器と浄水器は、良く似たように思えますが、実際にはまったく異なるものです。浄水器は、水道水をろ過して不純物を取り除いてくれますが、水の性質自体は中性のまま変化しません。一方でアルカリイオン整水器は、浄水した後に電気分解をすることによって、水の性質を変化させるのです。水の性質が変化すると、私達の体に及ぼす影響も変わってきます。それでは、それぞれの性質を示す生成水は、いったいどのようなメリットを私達にもたらしてくれるのでしょうか。次は、それぞれの生成水のメリットをご紹介します。

それぞれの生成水のメリットって??

アルカリイオン整水器によって生成された水には、2つの側面から見たメリットがあります。ここでは、アルカリイオン整水器の持つメリットについてご紹介いたします。

*健康に良い

アルカリイオン水は、その評判どおり、健康に良い水です。具体的には、お通じを良くしたり、胃腸の不快感を和らげたり、胃もたれを改善したりなど、胃腸症に効果があることが分かっています。飲み続けることによって、胃腸の調子を整えてくれるのです。また、人間の体内は弱アルカリ性を示しており、これが酸性に傾いてくると疲労しやすく、病気にかかりやすくなってしまいます。アルカリイオン水は酸化したものを元に戻す還元力が強いので、摂取することで酸性に傾いた体内を弱アルカリ性に戻すことが可能。これによって、私達の体は疲労回復することができるのです。ちなみに、分解する際にカルシウムが増加することも、体に良いと言われる要因のひとつです。

同時に作られている酸性水は、化粧水としての利用に最適。人間の体内が弱アルカリ性を示す一方で、人間の肌表面は弱酸性を示しており、同じく酸性を示す酸性水を使うことによって肌の調子を整えることが出来るのです。酸性水には消毒の効果もあるので、ニキビ予防などにも役立ちます。また、この酸性水の消毒効果のおかげで、食器洗いに酸性水を用いると、かなり高度な除菌が可能。雑菌面でも私達の体調を守ってくれるのです。

*料理がより美味しく

アルカリイオン整水器の生成水は、健康に良いだけでなく、私達の料理をより美味しくしてくれます。たとえば、アルカリイオン水を使えば、ご飯や煮物をやわらかく炊くことが可能。また、アルカリイオン水を使うと食物に含まれる成分をより多く抽出できるので、だしや素材の旨みがよく出るとも言われています。抽出能力が高いので、アク抜きにも大活躍。さらに、その抽出能力高さはお茶やコーヒーを淹れることにも適していて、より豆や茶葉の旨みを引き出してくれるのです。

また、酸性水には素材を引き締めてくれるという効果があります。そのため、酸性水は揚げ物の衣や麺のゆで水にぴったり!酸性水を用いて揚げ物を作れば、衣はかりっと食感が良くなり、同様に酸性水をゆで水に麺をゆでれば、こしがあって食べごたえのある仕上がりになるのです。

◎どんな場面で使えばいいの??

アルカリイオン整水器は、製品によっては酸性・アルカリ性の強さを調整できるものがあります。それでは、どのような場面でどのような性質の水を使えばいいのでしょうか?ここでは、アルカリイオン整水器によって生成された水の使い道について詳しくご説明いたします。

各水の酸化性・還元性を示した図 上の図をご覧ください。青色で示されているアルカリイオン水は、料理や飲用に使うことが可能。具体的には、ゴボウやふきなどのアク抜きには強アルカリイオン水が、料理やお茶、コーヒーなどにはpH9.5程度のアルカリイオン水が、そして炊飯や米とぎにはpH9.0程度のアルカリイオン水が適しています。

オレンジ色で示されている酸性イオン水は、上で紹介しました通り、麺のゆで水てんぷらの衣作りに最適です。また、肌にも優しいので、化粧水代わりや朝の洗顔、手の洗浄にも使えます。

赤色で示されている衛生水は、強酸性を示します。強酸性水は洗浄・除菌効果が高いです。そのため、機器内の洗浄手洗いまな板や水周り付近の除菌・清掃、浴室タイルのカビ防止カーテン・ベッド用品の消臭、壁・床などの拭き掃除に使えます。

緑色で示されている水道水とは、要するに中性のこと。中性に設定した場合は、電気分解は行われず、浄水のみがなされた浄水を使用できます。まだ体がきちんと出来ていない赤ちゃんにアルカリ性や酸性に偏った水を使うのは大変危険。赤ちゃんのミルクを作る際には、中性の水を用いることをオススメします。

ここまでアルカリイオン整水器がどのようなものであるのか、そしてその生成水にはどのようなメリットがあるのかを具体的に紹介してきましたが、いかがでしたか?アルカリイオン整水器は、浄水器と比べて実際に使う機会も出会う機会もなかなか無くて、そのメリットがぴんと来ない方も多いですよね。けれど、アルカリイオン水の美味しさはぴかいち!使ってみればやみつきになること請け合いです。ぜひこの機会に、アルカリイオン整水器の導入をご検討ください。

このページのTOPへ このページのTOPへ