カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
お知らせ

 

パナソニック 新型太陽電池 量産へ 12年度末目標 海外生産も視野へ

2010/05/12

パナソニックの大坪文雄社長は11日、共同通信のインタビューで、三洋電機と共同で開発する次世代太陽電池について「2012年度末を目標に量産したい」との方針を示した。15年度に世界トップ3の生産能力(150万キロワット)を達成するための新工場建設では「基幹部品セルの海外生産もあり得る」との考えを明らかにした。 (2010年5月12日付徳島新聞朝刊経済紙面から引用)

「これまで、パナソニックは太陽電池メーカーとしてはいわゆるマイナーであったが、いよいよ、本腰を入れて太陽光発電の事業に取り組むようだ。しかも、5年以内に『世界トップ3』を目指している。これが実現すれば、今後、メーカー別シェア(市場占有率)の構図が大きく変わるであろう。いずれにせよ、生産メーカー間の競争が激化すれば市場が活性化され価格が下落するので、太陽光発電の購入検討者には朗報である。」

このページのTOPへ このページのTOPへ