カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
お知らせ

 

温暖化防止へ優遇拡大 政府 経済成長と環境を両立

2010/03/27

鳩山政権は、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出量を2020年までに1990年比で25%削減する目標を達成することで、世界ナンバーワンの環境・エネルギー大国を実現。同時に環境分野で新たに50兆円超の市場、140万人の雇用を生み出すとのシナリオを描いている。 住宅や建築物の温暖化対策では、太陽光など自然エネルギーで発電した電気を固定価格で買い取る制度などを導入することで、20年までに太陽光発電を最大で全国の4分の1、約1300万世帯に普及させることを目指す。 (2010年3月27日付徳島新聞朝刊特集紙面から引用)

「上記が実現すれば、日本はエネルギー大国へと変貌を遂げるであろう。環境政策は、国の成長戦略の大きな柱としなければならない。諸外国から『太陽の国、日本』と言われるように、政府一丸となって、太陽光発電の導入支援に取り組むことを強く希望する。」

このページのTOPへ このページのTOPへ