カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

ドアホンの選び方

上手に活用すれば私達の安全を守ってくれるドアホン。しかし、ドアホンの長所を最大限に引き出すためには、ご家庭のニーズに適った製品を選ぶ必要があります。とは言え、科学が進歩するにつれてどんどん多様な機能が搭載されるようになっているドアホンを、どのようにして選べばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。せっかく導入・買い替えを行ったのに、使いこなせなくて購入を後悔するようなことは、あってはなりませんよね。そこで、ご自宅にぴったりのドアホンをお選びいただけるように、このページでは、ドアホンの選び方をご紹介いたします。

Step1 タイプを選ぼう!

ドアホンは、機能面で大きく2つのタイプに分類することができます。まずは、どの機能を重視するかを考えて、購入するタイプを決定しましょう。

シンプルなタイプ

シンプルなタイプのドアホン 1つ目のタイプは、モニターなどが付いていない、受話器のみのシンプルなドアホン。当サイトでは、「タイプから選ぶ」の欄の「ドアホン」という項目から検索することができます。このタイプのドアホンは、機能がシンプルなために製品価格や工事費が安いのが特徴です。モニター付きドアホンと異なり、便利な機能が搭載されているイメージがあまり無いかもしれませんが、実際にはセキュリティ機能やボイスチェンジ機能、無線通話機能などが搭載された製品もあります。大掛かりな防犯は必要なく、安価な製品をお求めの方にオススメです。

モニター付きのタイプ

モニター付きのタイプのドアホン 2つ目のタイプは、モニター付きのドアホンです。当サイトでは、「タイプから選ぶ」の欄の「テレビドアホン」という項目から検索することができます。シンプルな受話器のみのドアホンと比べると価格は高いですが、その分だけ、搭載されている機能の幅がぐっと広がります。防犯に大変役立つ機能が多いので、昨今ではこのタイプのドアホンが主流となっており、約9割のご家庭がこのタイプのドアホンを使用しているというデータもあるそうです。訪問者をきちんと確認できるようにして、防犯に力を入れたい方にオススメです。ちなみに、このタイプのドアホンには、モノクロ画面の製品とカラー画面の製品の2種類がございます。このタイプを選ぶ場合は、モノクロにするかカラーにするかも併せてお選びください。

Step2 電源方式を確認しよう!

ドアホンの電源方式で主流なものは、以下の3つです。

電源方式 特徴
電源直結式
  • ・電源プラグを使用しない
  • ・機器に直接電線を引き込む
乾電池式
  • ・乾電池を用いるタイプ
  • ・定期的に電池交換の必要がある
電源コード式
  • ・電源プラグを使用する
  • ・コンセントから電源を供給する

ドアホンの電源方式は、製品やご家庭の設置環境によって異なります。基本的には、異なる電源方式の製品を購入してしまっても、工事を行えば対応することは可能です。しかしながら、環境によっては電源方式を変えることができない場合もございますので、製品購入の前に、採用可能な電源方式を検討しておくことをオススメします。

Step3 機能を選ぼう!

ドアホンを選ぶ上で最も重要なのは、機能選び。近頃のドアホンには様々な機能が搭載されています。主な機能は以下の通り。どのような目的で、どのような機能があれば便利かをあらかじめ検討し、必要な機能が搭載された製品をお求めください。

◎モニター付きドアホン特有の機能

録画機能 訪問者の映像を録画することが可能。不審者等を通報する際の証拠映像としても利用可能。
センサー付きで、人を検知した際に自動で録画開始する製品も。

◎防犯に役立つ機能

ボイスチェンジ機能 女性の声を男性っぽく見せかけることができる機能。一人暮らしの女性にオススメ。
電気錠機能 ドアホンについているスイッチで玄関の施錠・開錠が可能。
ドア・窓センサー 警戒モード中に侵入者が玄関ドアや窓を開けると、警報音を鳴らして知らせてくれる。

◎セキュリティ機能

非常押しボタン 親機のボタンを押すことによって、玄関や門扉に設置してある子機から警報音を発する機能。
近所に非常時であることを知らせることが可能。
火災・ガス漏れ・水漏れセンサー センサーが火災やガス漏れ、水漏れを感知すると警報音で知らせてくれる機能。

◎便利で使いやすい機能

ハンズフリー機能 受話器を使わずに対応可能。手が離せないときにも対応できる。
室内通話機能 家庭内に2台以上の子機が設置してあれば、室内で子機同士での通話が可能。
携帯電話との連動機能 留守の際、庭仕事などで親機から離れている際に、携帯電話にお知らせが届く機能。
携帯電話を使って対応することが可能。

ここまでドアホンの選び方について説明させていただきましたが、いかがでしたか?ドアホンは確かに様々な種類がありますが、ポイントさえ押さえればご家庭にぴったりのものが必ず見つかります。このページを参考に、安全で安心な毎日を保障してくれる、便利で使いやすいドアホンをお選びください。

このページのTOPへ このページのTOPへ