カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 水まわり
  • 内装
  • 暖房
  • 発電・充電
  • エクステリア
  • クリーニング・トラブル
  • ポンプ
  • 情報・セキュリティ
> >
 

床暖房の光熱費について

床暖房には大きく分けて温水式、電気ヒーター式の2種類があります。さらに温水式は熱源別にヒートポンプ式、ガス式に分けられます。仕組みや熱源機は以下の表の通りです。

床暖房の種類 温水式 電気ヒーター式
ヒートポンプ式 ガス式
床暖房の仕組み ヒートポンプ内で低温の冷媒を空気と間接的に接触させて熱を取り込み、熱を持った冷媒を圧縮してさらに高温にし、お湯を沸かします。
そのお湯を床下に通したパイプに流してお部屋を暖めます。
ガスの燃焼の熱でお湯を沸かします。
そのお湯を床下に通したパイプに流してお部屋を暖めます。
電熱線ヒーターを内蔵したパネルを床下に設置します。
そのヒーターが発熱することでお部屋を暖めます。
温水式床暖房 電気ヒーター式床暖房
熱源機 多機能型エコキュート
床暖房専用ヒートポンプ
エアコン連動型ヒートポンプ
温水暖房付き給湯器
床暖房専用熱源機
エコウィル
なし

このように、それぞれに仕組みや熱源機は違いますが、床暖房の光熱費はどのように異なるのでしょうか。また、他の暖房器具と比べて光熱費は変わってくるのでしょうか。このページでは、床暖房間、床暖房と他の暖房器具間で光熱費を比較していきます。

床暖房はヒートポンプ式がお得!

温水式と電気ヒーター式の光熱費を比べると、温水式の方が安く、その光熱費は電気ヒーター式の3分の2以下です。また、温水式の中でもヒートポンプ式はガス式と比べ、さらに光熱費が安く、電気ヒーター式の半分ほどです。
30度設定で1日8時間、30日間使用したとして1ヶ月あたりの光熱費を比較すると、温水式の場合、ヒートポンプ式は約2,800円、ガス式は約3,400円、電気ヒーター式の場合は約5,400円から6,100円です。ヒートポンプ式は電気ヒーター式に比べて1ヶ月あたり約2,600円から3,300円、ガス式と比べても1ヶ月あたり約600円お得です。

床暖房の種類 温水式 電気ヒーター式
ヒートポンプ式 ガス式
光熱費
(1ヶ月あたり、8畳)
2,800円 3,400円 5,400~6,100円

※表の中の数字は目安です。電気代は単価を1kWhあたり27円、ガス代は単価を112円として計算しています。

各種床暖房の電気代比較

長時間使うなら温水式床暖房がお得!

温水式床暖房床暖房(ヒートポンプ式、8畳用、30度設定)とホットカーペット、こたつ、電気ストーブ、オイルヒーター、ファンヒーターの電気代を比較していきます。
1日8時間、30日間使用したとして1ヶ月あたりの電気代を見ていくと、以下の表、グラフのようになります。
以下のグラフを見てみると、床暖房はホットカーペット、こたつの次に1ヶ月あたりの電気代が安いということがわかります。しかし、床暖房は立ち上がりに時間がかかり、立ち上がり時には温度が安定しているときと比べて多くの電力を消費するため、短時間しか使わない場合は他の暖房器具の方が電気代が安くなることがあります。

暖房機器 ホットカーペット

床暖房と他の暖房機器の電気代比較
こたつ

床暖房と他の暖房機器の電気代比較
エアコン
(8畳用)
床暖房と他の暖房機器の電気代比較
電気ストーブ

床暖房と他の暖房機器の電気代比較
オイルヒーター

床暖房と他の暖房機器の電気代比較
ファンヒーター

床暖房と他の暖房機器の電気代比較
床暖房
(8畳用)
床暖房と他の暖房機器の電気代比較
電気代
(1ヶ月あたり)
約1,900~
3,200円
約1,900~
3,400円
約3,100~
4,300円
約2,600~
5,300円
約3,800~
9,800円
約8,200~
8,600円
約2,800円

※表の中の数字は目安です。電気代は単価を1kWhあたり27円として計算しています。

床暖房と他の暖房機器の電気代比較

このように、床暖房の中でも温水式と電気ヒーター式とで光熱費は異なり、特にヒートポンプ式がお得です。また、電気ストーブやヒーターなど、他の暖房器具と比べても長時間連続で使用したときの電気代は低いです。このページを参考に、ぜひ床暖房の導入をご検討ください。

このページのTOPへ このページのTOPへ