カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
LED照明のおすすめタイプは?どのような設置工事が必要?

LED照明のおすすめタイプは?どのような設置工事が必要?

LEDは光熱費を大幅に節約することができるうえ、蛍光灯の紫外線に集まりやすい虫が近づきにくいという特性もあります。しかし、LED照明は種類が多く、どれを選べば良いのか、どのような設置工事が必要になるのかが分かりにくいですよね。

そこで、LED照明のおすすめタイプについて解説します。LED照明に交換するときにどのような設置工事が必要になるのかなども解説するので、光熱費が高いと感じている場合には、蛍光灯をLED照明に交換することを検討してみてくださいね。

目次[]

    1 照明器具は交換する?交換しない?

    蛍光灯からLED照明に交換する場合、最初に決めておきたいのが照明器具の交換。実はLEDでも蛍光灯で使っている照明器具をそのまま使えることもあるのです。一般的に蛍光灯をLEDにするとき、家電量販店などでは照明器具ごと交換するように言われます。しかし、実際にはLEDにしても蛍光灯の照明器具をそのまま使える場合も少なくないのです。

    LED照明にする場合、蛍光灯を使っていた照明器具は古くなっていることも少なくありません。せっかくLED照明にするのだから新しくしたいというのであれば、照明器具ごとLEDに交換しても良いでしょう。しかし、比較的新しい照明器具や思い入れのある照明器具を使っている場合は別。無理をして照明器具ごとLEDにせず、蛍光灯と同じように愛着のある照明器具を使うようにしてください。

    2 LEDを既存の照明器具で使いたい場合

    もしも蛍光灯の照明器具をLEDでも使いたいとしても、実はいくつかの条件があります。ここからは蛍光灯の照明器具でLEDを使う場合の条件と必要となる工事について解説していきます。

    2.1 おすすめできる既存の照明器具に使えるLEDのタイプは?

    蛍光灯を使っている照明器具(既存の照明器具)でLEDを使いたい場合、今使っている蛍光灯の形状が重要なポイント。どのような蛍光灯を使っているのかで、交換できるLEDのタイプが決まります。

    蛍光灯の形状 交換できるLEDのタイプ
    直管型蛍光灯 直管型LED
    丸形蛍光灯 丸形LED
    電球形蛍光灯 LED電球

    蛍光灯からLEDに交換する場合、一覧のように「同じ形状のLEDのみ」に交換できます。そのため、同じ形状のLEDを使っても良いと思う場合のみ、既存の蛍光灯用の照明器具を使うようにしてください。

    また、どうすれば良いのかが分からないという場合は、既存の照明器具を交換するということも検討してみましょう。蛍光灯用の照明器具に形状が似ているタイプのLED照明もあるので、そちらにすると違和感がないですよ。

    2.2 直管型LEDにしたい場合の工事は?

    直管型蛍光灯は3種類。それぞれの種類に応じた直管型LEDを選択する必要があるため、まずは使用している直管型蛍光灯の種類を見分ける必要があります。そして、直管型蛍光灯は以下の一覧を参考にして見分けるようにしてください。

    方式 適合蛍光灯 主な特徴など
    グロースターター式 FL・FCL・FPL・FDL・FML
    • 点灯管がある
    • 広く普及しているタイプ
    • 点灯まで数秒かかる
    ラピッドスタート式 FLR
    • 点灯管がない
    • 安定器が「HF」でない
    • 店舗や公共施設に多い
    • FLRの専用ランプを使用
    • 即座に点灯する
    インバーター式 FL・FCL・FLR・FPL・FPR
    FHP・FHC・FHD・FHG・FDL
    FHT・FML・FWL・FHF
    • 点灯管がない
    • 安定器が「HF」である
    • インバーターで点灯する
    • チラつきがない
    • 省エネ性能が高い
    • 価格が高い

    グロースターター式は、点灯管があるのが大きな特徴。点灯管があって、電気のスイッチを入れてから点灯するまでに数秒かかるような場合は、グロースターター式と考えて良いでしょう。また、一般家庭の蛍光灯は、広く普及しているグロースターター式が多くなっています。

    ラピッドスタート式は、店舗や公共施設に多くあります。使用する蛍光灯は「FLR」という記載があるラピッドスタート式専用。一般的に「ラピッド式」などの記載があることも多いので、十分に確認してみましょう。

    インバーター式は、インバーターを使っているのが大きな特徴。一般的に「電子式」や「HF」などの記載があることも多いので、確認してみましょう。

    直管型蛍光灯の種類が分かったら、次に直管型LEDを選びます。直管型蛍光灯の照明器具にLEDを取り付ける場合、選択肢は2つ。一つは「工事不要の直管型LED」で、もう一つが「工事が必要な直管型LED」です。

    直管型LEDのタイプ LEDの選び方・工事内容
    工事不要のLED
    • 直管型蛍光灯の種類に合わせてLEDを選ぶ
    • 例:「40W形グロー式工事不要LED」など
    工事が必要なLED
    • 電気工事士による工事が必要になる
    <工事内容など>
    • 配線工事(バイパス工事)
    • 外部電源の設置
    • 安定器の廃棄処分

    工事不要の直管型LEDを選んだ場合、蛍光灯の種類に合わせたLEDを選ぶことが大きなポイント。グロー式(グロースターター式)などとLEDに大きく記載されているため、間違って選ばない限りは手軽に交換できます。

    ただし、LEDの選び方を間違ったり、蛍光灯用の照明器具が劣化したりすることで「発熱や発火のおそれがある」ことに要注意。さらに蛍光灯用の照明器具にある安定器の影響から電気のロスが出てしまい、節電効果が十分に発揮できないおそれがあることにも注意しておく必要があります。また、蛍光灯用の照明器具の安定器が壊れてしまうと、LEDも点灯しなくなってしまうので、LEDの寿命が短いと感じてしまうこともあるのです。

    次に、工事が必要な直管型LEDをタイプごとに解説。工事の内容やメリットデメリットなどを確認してから、どのタイプのLEDに交換するのかを決めましょう。

    LEDのタイプ 電源内蔵タイプ 電源別置きタイプ
    給電方式
    • 片側給電
    • 両側給電
    • 片側給電
    • 両側給電
    必要な工事内容
    • 配線工事(バイパス工事)
    • 配線工事(バイパス工事)
    • 外部電源の設置工事
    廃棄処分される物
    • 蛍光灯
    • 蛍光灯
    • 照明器具の安定器
    メリットデメリット
    • 比較的簡単な工事で済む
    • 廃棄処分が少ない
    • 工事不要のLEDよりも長持ちする
    • 次回以降はLEDの交換だけで良い
    • 比較的複雑な工事になる
    • 電源内蔵タイプよりも耐久性に優れている
    • LEDを交換するときに外部電源も交換する

    節電効果が高く、比較的工事も簡単に済むのは電源内蔵タイプのLED。ただし、耐久性を比較すると、電源別置きタイプのほうが優れているとされています。また、どちらの場合でも電気工事士による工事が必要となるため、工事内容が分からない、どちらを選べば良いのかが分からないという場合には、地元の電気屋さんや電気工事会社に問い合わせてみるのも良いですよ。

    また、おすすめは工事不要のLEDか、電源内蔵タイプのLED。工事不要のLEDは言うまでもなく、電源内蔵タイプのLEDも簡単な工事で済みますし、手軽に蛍光灯からLEDに交換できます。

    LEDを長持ちさせるには、電源内蔵タイプのLEDにするのが最もおすすめ。工事不要のLEDは蛍光灯の照明器具にある安定器に寿命が左右されるため、あまりおすすめできません。LEDの導入費用と節電効果を考えるのであれば、電源内蔵タイプのLEDにするのがおすすめです。

    2.3 丸形蛍光灯タイプのLEDを使いたい場合の工事は?

    丸形蛍光灯から丸形のLEDに交換する場合、蛍光灯用の照明器具をそのまま使う場合でも特別な工事は不要。国内で販売されている丸形LEDは工事不要のLEDばかりです。

    交換方法は、蛍光灯と常夜灯を外したあと、付属のコネクターを取り付けた丸形LEDを取り付けるだけ。詳細は丸形LEDの取扱説明書に記載されていますが、特別な工事は不要です。蛍光灯を交換する感覚でLEDに交換できるため、丸形蛍光灯の照明器具はそのまま使うほうがおすすめと言えます。

    また、丸形蛍光灯の照明器具をそのまま使うのは、照明器具ごと交換した場合と比較するとかなり安上がり。丸形LEDも安くなりつつあるので、丸形蛍光灯を使っている家庭では照明器具はそのままで丸形LEDを導入することをおすすめします。

    丸形蛍光灯タイプのLED照明

    2.4 LED電球を使う場合は?

    電球タイプの蛍光灯を使っていた場合、交換できるのはLED電球です。注意しておきたいポイントは口金のサイズ。電球タイプの蛍光灯を見ても口金のサイズが分からない場合は、それを家電量販店などに持ち込めばすぐに分かります。工事不要で、そのまま新しいLED電球を取り付ければ交換完了です。

    また、電球タイプの蛍光灯からLED電球に交換した場合、電気代は大幅に減らせるのです。特別な工事も必要ないですし、電球タイプの蛍光灯があれば、早めにLED電球へ交換することをおすすめします。

    3 LED照明に丸ごと交換したい場合

    蛍光灯の照明器具を丸ごと交換してLED照明にする場合、ポイントになるのは天井についている器具。一般的に「引掛シーリング」と呼ばれますが、この引掛シーリングの形状によって交換方法が変わります。

    3.1 おすすめのLED照明器具のタイプは?

    蛍光灯の照明器具を外して新しいLED照明器具を設置する場合、おすすめのLED照明のタイプは複数あります。ただし、多くの人が選ぶのはLEDシーリングライトとLEDペンダントライト。室内のインテリアにこだわりがなければ、LEDシーリングライトかLEDペンダントライトを選ぶと、種類も豊富ですし、手頃な価格で交換・購入できるのです。

    主なLED照明器具 概要
    LEDシーリングライト
    • 天井に直付けするLED
    • 丸形、角形など、形は様々
    • 広い範囲を明るくできる
    • 天井がすっきりして、部屋が広く感じられる
    LEDペンダントライト
    • 天井から紐などで吊り下げるLED
    • 形状は様々で、デザイン性に優れたLEDもある
    • 部屋の隅は少し暗めになる
    • 室内のインテリアに合わせやすい
    直管型LED照明
    • 直管型蛍光灯の形状に近いLED
    • 主に直管型蛍光灯を交換するときに選ばれる
    • 工事が必要となる
    そのほかのLED照明
    • スポットライトタイプ
    • シャンデリアタイプ
    • シーリングファンライト
    • LED電球など

    室内の蛍光灯をLED照明に交換する場合、部屋の雰囲気に合わせてLEDシーリングライトやLEDペンダントライトを選ぶのが一般的。蛍光灯の照明器具が天井に直付されているかどうか、部屋のインテリアにこだわりがあるかどうかなどを参考にして選ぶと良いでしょう。

    また、直管型蛍光灯が設置されている場所の照明器具をLEDに交換するのであれば、直管型LED照明にするのが最適。形状は直管型蛍光灯に似ていて、大きく節約することが可能となります。ただし、直管型LED照明の設置には工事が必要となるため、工事不要の直管型LEDへの交換と一緒に検討することが大切です。

    そして、蛍光灯の照明器具ごとLEDに交換する場合、引掛シーリングがポイントになります。工事なしでLED照明器具に交換できる引掛シーリングの種類と形状は、以下の一覧の通りです。

    引掛けシーリング 形状や特徴
    引掛埋込ローゼット(丸形埋込引掛シーリング)
    • 形状は丸形
    • 露出部分が少なく薄型
    • シーリングハンガーがついている場合がある
      (ネジがついていることがある)
    フル引掛ローゼット(高荷重形丸形埋込引掛シーリング)
    • 形状は丸形
    • つば状の突起がある
    • シーリングハンガーがついている場合がある
      (ネジがついていることがある)
    丸型引掛シーリング(丸形露出引掛シーリング)
    • 形状は丸形
    • 洋室・和室目透かし天井などに設置
    • 安定感がある
    丸型フル引掛シーリング(丸形埋込引掛シーリング)
    • 形状は丸形
    • つば状の突起がある
    • 重量がある器具の設置が可能
    角型引掛シーリング(角形引掛シーリング)
    • 形状は角形
    • コンパクトサイズ
    • 木造住宅などに広く普及しているタイプ

    一覧にある引掛シーリングでない場合は電気工事士による工事が必要となるため、LED照明を購入する前に必ず確認することが重要なポイント!設置できる引掛シーリングかどうかが分からないときは、LEDを購入するときに撮影した写真を家電量販店などで見せると良いですよ。

    3.2 LEDシーリングライトにしたい場合

    LEDシーリングライトは、天井に直付けするタイプのLED照明。天井が広々とするうえに、部屋の隅々まで明かりで照らせるのが大きな特徴です。形状はシンプルな丸形や角形(スクエア型)、メーカーのオリジナルの形状など、LEDシーリングライトは種類も豊富で選びやすくなっています。主にリモコン操作で、点灯と消灯、照明の色合い、明るさの変更などが自由にできるのです。

    LEDシーリングライトは、引掛シーリングが適合するかどうかにもよりますが、一般的な住宅では簡単に設置できるLED照明です。すでに紹介した引掛シーリングに当てはまる場合、特別な工事は不要。蛍光灯の照明器具を外してLEDシーリングライトを取扱説明書の通りに取り付けていくだけで設置できます。

    LEDシーリングライトの取り付け手順としては、まずは蛍光灯の照明器具を外したあと、LEDシーリングライトのアダプターを設置します。アダプターにLED本体を取り付けたら、コネクターを本体に差し込んでカバーを付けるだけ。多少違う点がある場合もありますが、およその手順はこのようになっています。

    また、引掛シーリングがなかったり、一覧にないタイプの器具で蛍光灯が設置されていたりした場合は、LEDシーリングライトの設置工事が必要になります。必要となる工事は個々で異なるため、分からない場合はお近くの電気工事会社や専門業者に相談してください。

    3.3 LEDペンダントライトにしたい場合

    LEDペンダントライトは、天井から紐などで吊るして設置するタイプのLED照明。一般的には、昔ながらの蛍光灯の照明器具に近い形状を思い浮かべると分かりやすいでしょう。

    LEDペンダントライトは、LEDシーリングライトと同じようにリモコンが使えるタイプもありますし、蛍光灯の照明器具と同様に紐を引っ張って点灯と消灯ができるタイプなどもあります。和室でも使いやすい木枠などを使ったLEDペンダントライトもあるため、和室の蛍光灯をLEDにする場合はLEDペンダントライトを選ぶ人が多くいるのです。一方で、スタイリッシュなLEDペンダントライトも多く、インテリアに合わせた照明を選びやすいのもLEDペンダントライトの大きな特徴です。

    LEDペンダントライトの設置は、LEDシーリングライトよりも簡単。天井に一覧にある引掛シーリングがついている場合、LEDペンダントライトのコードの先を引掛シーリングに差し込んで回すだけ。これで完了です。まれに取り付け方の異なるLEDペンダントライトもあるため、念のために取扱説明書を確認しながら設置しましょう。

    直管形LED照明

    3.4 直管型LED照明にしたい場合

    照明器具ごと直管型LEDに交換したい場合、電気工事士による工事が必要。直管型蛍光灯から直管型LEDに交換する場合と同じで、工事業者にLEDへの交換を依頼してください。

    必要な工事は、既存の蛍光灯用の照明器具の取り外しと直管型LEDの設置工事。ただし、直管型LEDは直管型蛍光灯から交換するのが一般的なので、室内の蛍光灯が直管型蛍光灯でない場合は、LEDシーリングライトやLEDペンダントライトを選ぶほうが良いですよ。

    3.5 そのほかのおすすめLED照明

    そのほかのおすすめLED照明も紹介。蛍光灯用の照明器具をそのまま使う場合は選択肢が限られてしまいます。しかし、照明器具ごと交換する場合は別。様々な選択肢があり、アンティーク調のLED照明やオリジナリティ溢れるLED照明にすることもできるのです。

    比較的多くの人に支持されるのはスポットライトタイプのLED照明。複数のLEDが並んでいて、そこからスポットライトのようにLEDの明かりが届きます。とてもオシャレな照明となりますが、LEDの明かりの向きが決まっているため、スポットライトタイプのLED照明は暗い場所ができやすくなるのです。一方で、LEDダウンライトと組み合わせて使えばオシャレな照明になるため、店舗などでは人気があります。また、インテリアや照明にこだわる人に選ばれる傾向にあるLED照明です。

    また、蛍光灯用の照明器具がついていた引掛シーリングに取り付けることで「LED電球」が使えるようになるアダプターも人気。こちらは4.5畳以下などのあまり広くない部屋に向いています。LED照明は蛍光灯よりも明るくなることが多く、狭い部屋では明るすぎるということもあるのです。また、取り付けられるLED電球の数が複数個というアダプターもあるため、広い部屋でも手軽に使えるLED電球を使いたいという人にはおすすめできます。

    そのほか、豪華なシャンデリアのようなLED照明もありますし、エアコンの冷暖房の効果を向上させられるファンがついた「LEDシーリングファンライト」もあります。一般家庭にシャンデリアのようなLED照明は不釣り合いと感じる人もいると思いますが、室内のインテリアを工夫すればOK。シックなカラーのモダン家具と合わせてみたり、高級感のある木製家具で揃えた室内に設置してみたりすると、一般家庭のリビングなどでも似合う空間になりますよ。

    4 まとめ

    LED照明のおすすめタイプについて解説しました。手軽に交換できるLEDもありますし、工事が必要となるLED照明もあります。特にポイントになるのは引掛シーリング。この引掛シーリングをチェックして設置工事が必要かどうかを調べてください。それから、紹介したおすすめのLED照明を見ていくと良いですよ。

    LED照明の商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ