カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
ユニットバスの髪の毛の詰まり対策は?排水溝の簡単な掃除方法とは?

ユニットバスの髪の毛の詰まり対策は?排水溝の簡単な掃除方法とは?

一人暮らしのユニットバスはお風呂とトイレが一緒になっているタイプが多いですよね。そんなユニットバスの中は狭くて、浴槽で体や頭を洗う人も少なくありません。すると、排水溝に髪の毛が詰まったり、汚れが溜まったりして掃除が大変ですよね。

そこで、ユニットバスの排水溝を簡単に掃除する方法を紹介します。また、ユニットバスの快適な使い方も一緒に紹介するので、ユニットバスが狭くて使いにくいと思っている人は必見ですよ。

目次[]

    1 ユニットバスの排水溝の掃除方法

    ユニットバスとは一定規格のパーツで組み上げる浴室のこと。そのため、必ずしもトイレとお風呂が一緒とは限りません。しかし、一人暮らしのユニットバスはトイレが一緒になっていて、浴槽で体や頭を洗うことが多くて浴槽に髪の毛が詰まりやすいのも事実です。

    1.1 掃除に必要な物は?

    ユニットバスの排水溝を掃除するときは、次の物を用意しましょう。

    • スポンジ
    • 使い古した歯ブラシ
    • クエン酸と重曹
    • 浴室用の洗剤
    • 排水溝用の洗剤(パイプクリーナー)
    • 排水口のぬめり予防の洗浄剤(なくても良い)

    このような物を準備してから、ユニットバスの掃除を始めます。また、排水溝の掃除では、洗剤を使わなくても問題ありません。クエン酸と重曹だけでもユニットバスは十分にキレイになるはずです。

    ただし、ユニットバスの排水溝の中が髪の毛で詰まっていたり、汚れが溜まっていたりする場合は、排水溝用のジェル状洗剤(パイプクリーナー)を使うのが便利。絡みつくような髪の毛などをすっきりと溶かせるパイプクリーナーは、ユニットバスの掃除では欠かせない存在です。もしも排水溝が詰まっていなくても、髪の毛が詰まりやすいユニットバスの場合はパイプクリーナーも用意しておきましょうね。

    ユニットバスの使い方

    1.2 排水口や排水溝の掃除手順

    浴槽の水が流れる場所は排水口というのが一般的。側溝を意味する排水溝はあまり使いません。ただし、排水口から水が流れて行く配管などを含めて排水溝と表現することも多いので、今回は水が流れる場所を「排水口」と表現して、水が流れる配管の部分を「排水溝」と表現することで解説を進めていきます。

    さて、ユニットバスの排水口は浴槽にもありますし、浴室内にもあるはずです。そこで、浴槽内にある排水口の掃除手順から解説。浴槽の排水口は次の手順で掃除をします。

    • 排水栓を外す
    • フィルターなどがついている場合はそれも外す
    • 排水口に絡んでいる髪の毛などを取り除く
    • 洗剤、またはクエン酸と重曹で排水口をキレイに掃除する
    • 排水栓をキレイに掃除する
    • 最後にフィルターや排水栓を戻して終了

    ユニットバスの浴槽の排水口を掃除するときのポイントは排水栓。ポップアップ排水栓、ワンプッシュ排水栓などの名前で呼ばれるタイプの排水栓は、浴槽にあるボタンを押すことで排水栓が閉じる仕組みになっています。このタイプの排水栓は、排水口と排水栓の間に髪の毛などが溜まりやすいので、必ず取り外してから掃除を行います。

    また、古くからあるゴムの排水栓の場合も同様。こちらのタイプは排水栓の裏側が汚れやすいので、使い古した歯ブラシなどでしっかりとこすって洗いましょう。

    いずれの場合も、ユニットバスの排水口を掃除するときは、排水栓を外すことがポイント。排水口の中に髪の毛などが絡まっていることもあるので、ちゃんと確認してくださいね。

    次にユニットバスの床にある排水口と浴槽から続く排水溝の掃除手順です。

    • 排水口の蓋を開ける
    • ヘアキャッチャーを取り外して、髪の毛などのゴミを捨てる
    • ほかに外せる部品があれば外す(ヘアキャッチャーのみの場合もあります)
    • 排水口を見ると、中に筒状の「封水筒」が見える
    • 封水筒が壊れたり割れたりしていないかを確認
    • 封水筒を回して取り外す
    • 排水溝(配管)に排水溝用の洗剤(パイプクリーナー)を流し込む
    • 排水溝用の洗剤の代わりにクエン酸と重曹を入れて、お湯を流し込んでも良い
    • 排水溝は30分から1時間程度そのままにする
    • 洗剤、またはクエン酸と重曹でヘアキャッチャーと封水筒を洗う
    • 排水溝を多めの水(お湯)で洗い流す
    • スムーズに排水溝が流れていけばOK
    • 封水筒とヘアキャッチャーなどを戻す
    • 排水口のぬめりを防ぐ洗浄剤などをヘアキャッチャーに置いて終了

    こちらは排水トラップなどがあるため、少し面倒です。それでも、封水筒などを取りはずして掃除しておけば、排水溝の内部が詰まることは少なくなります。排水口のぬめりを防ぐ洗浄剤などがあれば、次からの排水溝の掃除が楽になります。洗浄剤がなくても「アルミホイル」でも代用可能。試してみると良いですよ。

    また、ユニットバスの排水溝に髪の毛が詰まっていたり汚れが溜まっていたりする場合、水の流れが悪くなります。その場合は、強力なパイプクリーナーを注いでから熱いお湯をシャワーで流せば洗浄力がアップ。20分程度待ってから洗い流せば、ユニットバスの排水溝もキレイになるはずです。

    普段からユニットバスの床にある排水口や排水溝もクエン酸と重曹で掃除しておけば、髪の毛などが詰まることも少ないはずです。面倒な場合はパイプクリーナーを使っても良いので、こまめに掃除することを心がけましょう。錠剤タイプのパイプクリーナーであれば、排水口にポンと入れるだけなので、とても簡単ですよね。

    ユニットバスの髪の毛の詰まり対策

    1.3 髪の毛の詰まり対策とは?

    ユニットバスに限らず、浴室の排水溝が詰まる原因で最も多いのは髪の毛。髪が長い人は特に気を遣いますよね。要するに排水溝が詰まらないようにするためには、できるだけ髪の毛を流さないことがポイント。髪の毛を流さない方法としては、ヘアキャッチャーなどを使う方法が最も良いでしょう。

    トイレが一緒になっているユニットバスの場合、浴槽内で洗髪する人も多いですし、シャワーなども浴槽内で浴びますよね。そこで、浴槽内で洗髪する場合には「浴槽用のヘアキャッチャーを使う」ようにするのがおすすめです。

    ユニットバスによっては、浴槽の排水口にヘアキャッチャーがついている場合もあります。しかし、床の排水口にはヘアキャッチャーがあっても、浴槽にはないというユニットバスも少なくないのです。そこで、浴槽にヘアキャッチャーがない場合には、別売りの小さなヘアキャッチャーを購入して使うようにします。使う度につけたり外したりしなければならないこともありますが、排水溝が詰まるよりは良いですよ。

    また、ユニットバスの浴槽の排水口に使う場合、シートタイプのヘアキャッチャーが便利。使い捨てですが、排水口に貼るだけで良いので、とても手軽ですよ。

    そして、ユニットバスの排水溝を定期的に掃除することもポイント。ユニットバスの浴槽から流れた髪の毛は、ユニットバスの床にある排水口から流れた水と同じ排水溝へ流れていきます。そのため、排水溝を定期的に掃除したり、ジェル状・錠剤などのパイプクリーナーを定期的に使うようにしたりするだけで、髪の毛の詰まり対策になるのです。排水溝が詰まる前に掃除することで、詰まり対策になることを覚えておきましょう。

    2 ユニットバスの快適な使い方

    ユニットバスの中でも、トイレが一緒になっているユニットバスは狭くて使いにくいと考えている人が多いと言えます。しかし、ユニットバスの使い方を少し工夫するだけで、快適に使えるようになるのです。そこで、トイレが一緒になっているユニットバスの快適な使い方を紹介。

    2.1 賢い入浴方法をマスターしよう

    ユニットバスの快適な使い方のポイントは入浴方法。ユニットバスは浴槽で体や頭を洗うことで、どうしても排水溝が詰まりやすいと言えます。そこで、髪の毛の詰まり対策をしながら、快適な入浴ができる方法をマスターするのが、ユニットバスを快適に使うためには必要になるのです。

    ユニットバスの賢い入浴方法は、次の通りです。

    先に十分に温まるのが重要。頭を洗い流すときはお湯を抜きながら行い、そのまま体も一気に洗ってしまいます。これでお湯に入ることもできますし、浴槽内で体や頭を洗うこともできますよ。

    ただし、女性などがリンスやトリートメントを行いたい場合は、洗髪してリンスやトリートメントをしながらお湯を貯めていきます。そのままお湯に浸かって、十分に温まったあとで、お湯を抜きながら頭と体を流していきます。体が冷えている場合は、最初に熱いお湯でシャワーを浴びてから洗髪に取りかかるのがポイントですよ。

    どちらの入浴方法でも、ユニットバスの浴槽に髪の毛を流さない対策が必要。前者の場合は抜いているお湯の勢いで髪の毛が流されてしまいやすいので、ヘアキャッチャーの用意を忘れないようにしましょう。後者の場合は先に洗髪するため、浴槽の栓を取りはずしておいてヘアキャッチャーを取りつけておけば良いですよね。どちらかと言えば、後者の手順でユニットバスに入浴するほうが、浴槽の髪の毛の詰まり対策には有効と言えますよ。

    排水溝の簡単な掃除方法

    2.2 掃除のポイントを理解しよう

    トイレが一緒になっているユニットバスは狭いことがポイント。そのため、浴槽とトイレを別々に掃除するよりも一緒に掃除したほうが効率的です。しかも、トイレ掃除にお風呂のシャワーが使えるので、バケツで水を運ぶような手間も減らせますよね。

    また、トイレが一緒になっているユニットバスは湿気もこもりやすいですし、どちらかを掃除すれば、洗剤が飛んでしまうおそれもあります。トイレを掃除したときに浴槽に洗剤が飛んでしまうのは嫌ですし、浴槽を掃除したときでも同じことですよね。

    さらにトイレ掃除で使ったお湯の湯気がユニットバスにこもらないようにするのであれば、浴槽も掃除しておくほうが良いのは言うまでもありません。つまり、ユニットバスは使いにくいと感じてしまいがちですが、意外とユニットバスの掃除はまとめてできて良いという面もあるのです。

    このように考えると、トイレ掃除をしてユニットバスの浴槽を掃除してお風呂に入るようにすれば良いことがすぐに分かりますよね。湿気がこもりやすくなる時間が少なくなるので、特に掃除にお湯を使う冬場などは、ユニットバスのカビ対策にもなって一石二鳥。

    さらにユニットバスのカビ対策では「換気扇をつけっぱなしにする」こともポイント。窓がないユニットバスなどは、特にカビが繁殖しやすくなります。必ず換気扇をつけっぱなしにしておきましょう。

    2.3 大切なのはシャワーカーテン

    ユニットバスの快適な使い方で大切になるのが、シャワーカーテン。狭いユニットバスを広く見せるためにも、シャワーカーテンの色や模様は重要になります。例えば、白を基調としたシャワーカーテンは空間を広く感じさせてくれますし、ユニットバスに置くアイテムと色柄を統一するのも良いでしょう。

    ユニットバスで使うシャワーカーテンは洗濯できるタイプもあります。洗濯できる場合は洗濯するようにして、できないシャワーカーテンは汚れなどが溜まらないように洗い流してから水滴を拭くことが重要です。そのままにしておくと、カビが繁殖してユニットバス全体に広がるおそれがありますよ。

    排水溝の簡単な掃除方法

    2.4 収納に一工夫

    ユニットバスでは収納に一工夫が必要。狭いユニットバスを有効活用するためにも、床にシャンプーなどを置かないようにしましょう。床に物を置くと、カビも生えやすくなりますし、邪魔にもなりますよね。

    ユニットバスでは収納場所を壁や天井に求めることも大切ですが、ユニットバスの入り口にまとめて置くという方法も良いですよ。小さなワゴンを置いて、必要なアイテムをまとめておけば、ユニットバスの中は広く使えます。壁にシャンプーなどを取りつける方法も良いですが、ワゴンを使ってみる方法もおすすめ。工夫してみましょう。

    また、ユニットバスで必要なアイテムをインテリアにしてしまう方法もあります。シャンプーなどの容器を統一してみたり、ユニットバスで使うアイテムをデコレーションしてみたりして、インテリアとしてユニットバスに置くという人もいます。ユニットバスを一つの部屋と考えて、様々なアイテムをインテリアとして飾るだけでも新しい空間になるのです。快適な空間になれば、ユニットバスも快適に使えるようになりますよね。

    3 まとめ

    ユニットバスの排水溝の掃除方法からユニットバスの快適な使い方まで紹介してきました。ユニットバスの排水溝はこまめに掃除することが大切です。こまめに掃除すれば、排水溝の髪の毛の詰まり対策にもなりますよ。

    ユニットバスは快適な使い方をマスターすることで、こまめに掃除するようになるはずです。そのため、まずはユニットバスを快適な空間にして、心地良く使えるようにしてみましょうね。

    ユニットバス・システムバスの商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ