カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
LEDのメリットとデメリットは?蛍光灯と電気代や寿命を比較!

LEDのメリットとデメリットは?蛍光灯と電気代や寿命を比較!

電球を交換するとき、LEDと蛍光灯で迷ったことはありませんか。LEDのほうが電気代は安いとされていますが、実際にはどちらが良いのかはよく分からないですよね。

そこで、LEDと蛍光灯を比較しながら解説します。それぞれのメリットやデメリット、電気代などを比較するので、LEDと蛍光灯で迷ったときは参考にしてください。

目次[]

    1 LEDと蛍光灯のメリットとデメリット

    LEDと蛍光灯にはメリットやデメリットがあります。まずは、それぞれのメリットやデメリットを理解して、LEDと蛍光灯の使い分けを考えてください。

    1.1 LEDのメリットとデメリット

    LEDとは、英語の「Light Emitting Diode」の頭文字を取った言葉。日本語では「発光ダイオード」と呼ばれます。

    LEDが光る原理を理解するのは難しいので、簡単に解説。LEDは樹脂で覆われている2つの半導体でできています。その半導体部分に電気を流すと、電流に伴う電子の移動が起こるのです。電子が移動するときに発光現象が同時に起こっていて、それが光という形で目に見えています。これが、LEDが光る原理の簡単な解説です。

    LEDのメリットとデメリットを一覧で紹介。

    LEDのメリット LEDのデメリット
    • 少ない電力で光る
    • 電気代が安い
    • 長寿命である
    • 紫外線、赤外線がほぼ出ない
    • 熱がほぼ出ない
    • 寒い場所でも使える
    • 点灯が早い
    • 点滅に強い
    • 衝撃に強い
    • 点灯と消灯の繰り返しに強い
    • 購入費用(イニシャルコスト)が高い
    • 熱に弱い
    • 使用場所が限定的
    • 蛍光灯などよりも重い
    • 光が届く方向が限定的
    • 電子部品の質で寿命が短くなる
    • ノイズを発生させることがある

    LEDは少ない電力で光るため、電気代が安いのは事実。蛍光灯などと比較しても、同等の明るさであれば、LEDのほうが圧倒的に電気代は安くなるのです。さらにイニシャルコストが高くても、LEDは長寿命ですからトータルコストではお得になります。

    LEDはスイッチのオンとオフを繰り返したときの劣化がないことも大きなメリット。こまめにスイッチを消してもLED自体が劣化しないため、より電気代の節約がしやすい照明器具と言えます。

    蛍光灯などよりもLEDのほうが重量はありますが、衝撃に強いというメリットもあります。ただし、LEDは衝撃に強く、地震などの災害時に落下しても破損しにくいというだけです。絶対に破損しないとは断言できないため、その点には注意が必要。

    市販されているLEDは「光の方向が限定的」という製品も少なくありません。例えば、LED照明の真下は明るいけれど、部屋の隅のほうは少し暗いということもあるのです。これはLEDが向いている方向へ光が出るため。もちろん、照明器具の構造などでも異なりますが、蛍光灯よりも暗い場所ができやすいというデメリットがあるのは事実です。

    また、LEDは蛍光灯などのように熱を出さないため、照明としても快適に使えます。しかし、熱に強い訳ではないため、高温になりやすい場所で使うのには向いていません。そのため、LEDを密閉空間などで使うのはNG。使える場所が限定されるので、LEDの導入はよく考えてから行いましょう。

    LEDと蛍光灯の比較

    1.2 蛍光灯のメリットとデメリット

    蛍光灯は「アーク放電」という現象で光っています。また、蛍光灯が光る仕組みも難しいので、簡単に解説。蛍光灯の電極に電気を流すと、蛍光灯にあるフィラメントが熱を持ちます。このとき、フィラメントは電子を放出。この放出された電子が、点灯管(グローランプ)がオフになることで電極に流れて放電するのです。放電したときに紫外線が出て、その紫外線が蛍光灯の蛍光物質にあたることで光として目に見える形となります。

    つまり、蛍光灯は電流によって加熱したフィラメントが電子を出して、その電子が移動するときに蛍光灯内部にある「水銀原子」とぶつかって紫外線を出すという仕組み。この紫外線を使って光っているということです。

    蛍光灯のメリットとデメリットを一覧で紹介します。

    蛍光灯のメリット 蛍光灯のデメリット
    • 購入費用(イニシャルコスト)が安い
    • 様々な光の色がある
    • 広範囲に光が届く
    • 点灯に時間がかかる
    • 点灯と消灯の繰り返しに弱い
    • LEDよりも寿命が短い
    • 紫外線が出る

    蛍光灯の最大のメリットは、購入費用の安さ。蛍光灯の種類にもよりますが、LEDよりは安い製品が多いと言えます。特にシーリングライトになれば、LEDは「5,000~10,000円」くらいが一般的です。

    一方で、LEDシーリングライトと同じように使える蛍光灯としては、丸形蛍光灯30型や32型、直管蛍光灯などがあります。これらの価格は1つであれば「400~500円」ですし、2つでも「1,000円以下」という製品が多いのです。比較的長寿命の蛍光灯でも1つで1,000円程度ですから、価格が安いというのは間違いないでしょう。

    また、蛍光灯は紫外線が出るのが、大きなデメリット。紫外線は虫を引き寄せやすいですし、紙などを変色させることもあって文化財などを管理する場所には使いにくいと言えます。この点ではLEDのほうが良いと言えるでしょう。

    さらに蛍光灯はLEDよりも寿命が短いうえに、スイッチのオンとオフによって寿命を縮めてしまうとされています。実は、蛍光灯は1回のオンとオフで1時間近く寿命が縮むという評価を受けたことがある製品もあるのです。そのため、節約と思ってこまめにスイッチを切ると、かえって蛍光灯の寿命が短くなるということも考えられますよ。

    2 LEDと蛍光灯の電気代を比較

    LEDと蛍光灯の電気代などを比較していきます。LEDと蛍光灯のどちらが良いのかを考えるときの判断材料にしてください。

    2.1 LEDと蛍光灯の電気代はどのくらい?

    例えば、パナソニックの「直管40形パルックプレミア」の場合、消費電力は「36W」です。そして、丸形の「ツインパルックプレミア40形」であれば、消費電力は「41W」となっています。

    照明器具として考えると、6畳程度の私室であれば、どちらの蛍光灯でも2つ使用するという人が多いのではないでしょうか。そこで、電気代は2つを使用していると仮定して算出してみます。電気代の単価は、目安となる「27円(1kWhあたり)」で計算。

    • 直管2つの電気代(1時間)=0.036×2×27×1=1.944円
    • 丸形2つの電気代(1時間)=0.041×2×27×1=2.214円

    1時間で「2円」くらいの電気代となります。

    次にLEDの場合の電気代を算出します。同じパナソニックのLEDシーリングライトの中から、売れ筋商品である「HH-CD0870A」で比較していきます。こちらは適用畳数が8畳。消費電力は「33.5W」となっています。

    • LEDシーリングの電気代(1時間)=0.0335×27×1=0.9045円

    このようになります。もしも直管の蛍光灯を1つにすれば、消費電力が「36W」になって、LEDシーリングライトとほぼ同じ。電気代もほとんど変わらないということになるのが分かりますよね。

    ここが大きな落とし穴。実は蛍光灯も少なめで使えば、LEDと電気代が変わらないということになるのです。では、どうして蛍光灯からLEDにすると電気代が安くなる、節電できるとされているのでしょうか?

    そのポイントは「明るさ」です。近年のLEDは明るさを示す数値として「lm(ルーメン)」という単位を使用。この数値を比較することで、どのくらいの明るさなのかが分かります。つまり、同じ明るさにするために必要な電力で比較することが、電気代を比較するためには重要になるのです。

    LEDのメリットとデメリット

    先程のLEDシーリングライト「HH-CD0870A」は「4,299lm」です。そして、直管蛍光灯「直管40形パルックプレミア」は「3,240lm」ですから、LEDのほうが明るいことが分かりますよね。つまり、LEDシーリングのほうは8割程度にしても同等以上の明るさを保てるため、消費電力はLEDのほうが少なくて済み、電気代も安くなるのです。

    もちろん、蛍光灯はLEDよりも広い範囲に光を出しているため、ルーメンだけを比較しても明るさの比較にはなりません。それでも、LEDのほうが調光しても同じだけの明るさを保てることは間違いないですし、電気代が安くなることも間違いないと言えますよ。

    また、蛍光灯とLEDの電気代を比較するときは、同じくらいの明るさになることを考えて電気代を比較。先程の例からも分かるように、一般的に同じくらいの明るさにすることを考えた場合には「LEDは蛍光灯の75%程度の消費電力(電気代)で済む」とされているのです。製品やメーカーによる違いもありますが、これを目安にしておくと便利ですよ。

    2.2 LEDと蛍光灯の寿命を比較

    次に比較するのが、LEDと蛍光灯の寿命。寿命が長いのはLEDとされていますが、実際にはどのくらいの違いがあるのかを知っておくと便利ですよ。

    種別 寿命
    LED 約40,000時間
    蛍光灯 約6,000~12,000時間

    この数値が一般的なLEDと蛍光灯の寿命です。しかし、これがすべてではありません。

    例えば、電気代の項目で紹介したパナソニックの蛍光灯は「15,000時間」が定格寿命。つまり、一般的な蛍光灯よりも長くなっているのです。一方で、LEDも電子部品の故障や放熱器(ヒートシンク)の問題などで、購入直後に切れるという製品もあります。近年のLEDは質も向上していますが、海外製品などでは今でも報告されているLEDの問題の一つです。

    要するに、LEDのほうが蛍光灯よりも寿命が長いのは本当ですが、それも製品の質によるということです。これを理解していないと、粗悪なLEDを購入してしまいます。LEDに交換して電気代が安くなるどころか、購入費用を損することになるかも知れないのです。

    こちらの記事では、LED照明の寿命についてさらに詳しくお話ししています。
    普通の蛍光灯との比較だけではなく、「10年は持つ」と言われているLEDをどうすれば長持ちさせられるのか、その具体的な方法にも言及しています。
    是非、参考にしてみてくださいね!

    LED電球の寿命は実は短い?10年持たずに切れる原因と長持ちさせる方法

    LEDと蛍光灯の違い

    2.3 LEDを使うときの注意点

    蛍光灯からLEDに交換して電気代が安くなるかどうかは、結局は使い方次第。今までと同じくらいの明るさにしておけば、LEDのほうが電気代は安くなります。しかし、LEDの電気代が安いという思い込みから、今まで以上に明るくしてしまうと、電気代が変わらないということもあり得るでしょう。

    また、LEDのメリットの一つは長寿命ですが、LEDも良質の製品を購入しなければ、すぐに故障するおそれがあります。より安いLEDを探すのではなく、できるだけ質が良いLED製品を探すようにしてください。

    そして、気をつけておきたいのが交換方法。近年のLED製品には、そのまま蛍光灯から交換するだけで良い製品があります。しかし、既設の蛍光灯照明器具をそのまま使ったことによる事故も起こっているのです。

    例えば、蛍光灯照明器具に適合していないLEDを使ったことで火災になったケースなどが報告されています。蛍光灯照明器具はそのまま使えるケースもありますが、10年もすれば耐用年数が経過。部品が劣化していることが考えられるため、交換するときは蛍光灯照明器具をそのまま使わずに、専門業者に依頼してLED照明器具に交換してもらうほうが良いですよ。

    3 まとめ

    LEDや蛍光灯のメリットとデメリット、電気代などを比較しながら紹介してきました。LEDにすれば電気代は安くなりますが、明るさに注意していないと、電気代が変わらないということもあるのです。そして、LEDに交換するときは、新しいLED照明器具に交換してもらうことなども大切と覚えておきましょうね。

    LED照明の商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ