カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
浴室暖房乾燥機はガスと電気どちらがよい?メリット・デメリットを比較!

浴室暖房乾燥機はガスと電気どちらがよい?メリット・デメリットを比較!

浴室暖房乾燥機はガス式と電気式があって、どちらが良いのかで迷っていませんか。ガスと電気では浴室暖房乾燥機の設置費用も異なりますし、それぞれの光熱費の比較も大変ですからね。

そこで、ガス式と電気式の浴室暖房乾燥機を徹底的に比較します。それぞれの浴室暖房乾燥機のメリットとデメリット、設置費用や光熱費などを解説するので、浴室暖房乾燥機の疑問解消に役立ててください。

目次[]

    1 浴室暖房乾燥機のガス式と電気式のメリットとデメリット

    まずはガス式と電気式の浴室暖房乾燥機について、それぞれのメリットとデメリットを解説。設置費用や光熱費も大切ですが、ガスと電気の浴室暖房乾燥機のメリットやデメリットは大切な選択肢の一つになりますよね。

    1.1 ガス式の浴室暖房乾燥機のメリットとデメリット

    ガス式の浴室暖房乾燥機のメリットとデメリットは、次のようになっています。

    メリット
    • 短時間で暖房や乾燥が可能
    • 電気式よりもパワフル
    • ランニングコスト(光熱費)が安い
    • 浴室暖房乾燥機を使う「ガス契約の専用プラン」がある
    デメリット
    • 設置費用が高い
    • 設置工事が大がかりになりやすい
    • 浴室暖房乾燥機にも使える給湯器が必要になることがある

    ガス式の浴室暖房乾燥機の最大のメリットはパワフルな性能。電気式の浴室暖房乾燥機と比較すると、圧倒的にガス式の浴室暖房乾燥機が優れたパワーを発揮します。そのため、暖房機能で浴室を暖めるときや乾燥させるときには、ガス式の浴室暖房乾燥機のほうが短時間で済むのです。

    また、ガス式の浴室暖房乾燥機で洗濯物を乾かす際にも短時間で乾くため、ランニングコスト(光熱費)も安くなります。特に浴室暖房乾燥機を使う場合には「よりガス代が安くなる専用プラン」にも加入できるのです。そのため、ランニングコストを確実に安くしたいときは専用プランへの加入がおすすめ。

    一方で、ガス式の浴室暖房乾燥機の最大のデメリットが、設置工事の費用が高額になることです。浴室暖房乾燥機の本体だけでは大きな違いがないものの、ガス式の浴室暖房乾燥機は熱源(ガス給湯器)で沸かしたお湯を使っているため、そのお湯を運ぶための配管などが必要。さらに浴室暖房乾燥機に合わせてガス給湯器を交換する必要がある場合もあって、電気式よりも数万円高くなることもあります。

    また、浴室暖房乾燥機の設置に加えて、特にお湯の配管を設置する工事が大がかりになりやすいことも大きなデメリットです。つまり、ガス式の浴室暖房乾燥機は設置工事が大がかりになりやすく、設置費用も高くなる傾向にあります。

    1.2 電気式の浴室暖房乾燥機のメリットとデメリット

    電気式の浴室暖房乾燥機のメリットとデメリットは、次のようになっています。

    メリット
    • 設置工事が簡単に済む
    • 導入費用が安い
    • コントロール性能が高い
    • ユニットバスへの後付けが楽にできる
    デメリット
    • ランニングコスト(光熱費)が高い
    • ガス式よりもパワーが劣る
    • 暖房や乾燥に時間がかかる

    電気式の浴室暖房乾燥機の最大のメリットは、設置工事が簡単なことと導入費用の安さ。特に浴室暖房乾燥機がついていないユニットバスなどに浴室暖房乾燥機を後付けする場合には、電気式の浴室暖房乾燥機がとても手軽です。換気扇などを活用すれば、大がかりな工事をしなくても電気式の浴室暖房乾燥機を後付けできますよ。

    さらに細かい温度調節などは電気式の浴室暖房乾燥機のほうが得意とされています。ヒートショックを予防するために暖房機能などを使う場合は、電気式の浴室暖房乾燥機のほうが好みの温度になりやすいとされているのです。

    しかし、電気式の浴室暖房乾燥機はランニングコストが高額。ガス式の浴室暖房乾燥機のように大きなパワーが出ないため、どうしても暖房や乾燥に必要な時間が長くなります。そして、その分だけランニングコストも高くなる傾向にあって、ランニングコストを重視して選ぶ場合には、電気式の浴室暖房乾燥機はおすすめできないのです。

    ただし、オール電化の家庭で、深夜に浴室を乾燥させるためだけに浴室暖房乾燥機を使う場合は別。オール電化の契約で深夜電力を使えば、比較的ランニングコストを抑えることができます。ガス式の浴室暖房乾燥機と比較するのは難しいのですが、かなり安くなると考えても良いでしょう。

    2 電気式とガス式の浴室暖房乾燥機を比較!

    ここからは電気式とガス式の浴室暖房乾燥機について、コストや機能を比較していきます。電気式とガス式のメリットやデメリットよりも、ランニングコストや機能を重視して選びたい場合の参考にしてください。

    2.1 電気式とガス式の浴室暖房乾燥機の設置費用は?

    電気式とガス式の浴室暖房乾燥機の設置費用は、次のようになっています。

    種別 機種(メーカー) タイプ/設置方法 工事費込みの設置費用
    電気 BS-161H(マックス) 天井埋込型 54,000円~
    電気 TYR340R(TOTO) 壁掛型 58,000円~
    ガス FR-3102WNS(ノーリツ) 壁掛型 61,000円~
    ガス RBH-C336K1P(リンナイ) 天井埋込型 85,000円~

    電気式とガス式の浴室暖房乾燥機を比較すると、やはり電気式の浴室暖房乾燥機のほうが工事費込みの価格は安くなっています。ノーリツのガス式の浴室暖房乾燥機は工事費込みの価格が安めですが、これは一部の機種のみの価格。それぞれの浴室暖房乾燥機の能力などによって変わるため、注意しておきましょう。

    浴室暖房乾燥機の工事費は、現在は「2~4万円程度」が相場。ただし、ネット通販などを除けば、ほとんどは工事費込みの価格で提示されるため、参考にする程度です。また、各家庭の浴室の状態によって工事費は異なります。同じユニットバスでも家の間取りなどで工事の手間が変わることもあるため、必ず見積もりを取ってから浴室暖房乾燥機の設置を決めてください。

    電気式の浴室暖房乾燥機の工事費込みの価格については、最低ラインは「55,000円」くらいが目安。ガス式の浴室暖房乾燥機の場合は「65,000円」くらいを目安としてください。もちろん、業者によってはこの最低ラインよりも安くしてくれることもあるでしょう。しかし、工事費込みの価格が安すぎる場合は、浴室暖房乾燥機を設置している途中で追加工事が必要になったなどの理由で工事費を追加要求されることがあります。そのため、安すぎる見積もりを提示されたときは注意してください。

    2.2 電気式とガス式の浴室暖房乾燥機の光熱費は?

    電気式とガス式の浴室暖房乾燥機のランニングコスト(光熱費)を比較すると、一般的にはガス式のほうが安いと言えます。洗濯物もガス式の浴室暖房乾燥機のほうが早く乾きますし、浴室の暖房でも同様。ガス式の浴室暖房乾燥機のほうがパワフルで能力を発揮するまでの時間が短いため、ランニングコストもガス式のほうが安いのです。

    電気式とガス式の浴室暖房乾燥機の具体的なランニングコストについては「東邦ガスのホームページ」で公開されている試算を引用して解説していきます。

    冬の洗濯物の乾燥に必要な光熱費(約2.0kgの場合)
    種別 光熱費 乾燥に必要な時間
    電気 約76円 約143分
    ガス 約64円 約73分

    電気式とガス式の浴室暖房乾燥機について、洗濯物を乾かすときのランニングコストを比較した場合、ガス式のほうがお得。乾燥にかかる時間は2倍くらいなので、短時間でサッと洗濯物を乾かしたい場合にはガス式の浴室暖房乾燥機がおすすめです。

    ただし、オール電化の家庭で、深夜電力を使って洗濯物を乾かす場合は別の話。深夜電力の電気代は安くなりますし、時間がかかってもあまり関係はないですよね。もちろん、ガス式の浴室暖房乾燥機も浴室暖房乾燥機の専用プランに加入すれば、ガス代はさらにお得になります。

    一方で、暖房機能を使った場合の光熱費とコストは次のようになっています。

    浴室を暖める(暖房機能)ために必要な光熱費(約30度にする場合)
    種別 光熱費 乾燥に必要な時間
    電気 約18円 約33分
    ガス 約6円 約5分

    光熱費を比較すると、電気式の浴室暖房乾燥機はガス式の約3倍。浴室の温度が上昇するまでに必要な時間も、電気式の浴室暖房乾燥機はガス式の約6倍となります。ですから、冬場にすぐに入浴したい場合には、ガス式の浴室暖房乾燥機のほうが便利に使えるということになるのです。

    いずれにしても、家庭のエネルギー事情を考えて、どちらの浴室暖房乾燥機が良いかを選ぶことが最も重要なポイント。オール電化の家庭はガスが使えませんし、ガスの床暖房などを使っている場合には浴室暖房乾燥機もガスにすることで、ガス代が大きく割引になります。そのため、家庭のエネルギー事情を考えて、どちらの浴室暖房乾燥機が良いかを選ぶほうが良いでしょう。

    2.3 機能の違いはある?

    浴室暖房乾燥機の基本的な機能と言えば、暖房・乾燥/衣類乾燥・涼風・換気の4種類。これに加えて、近年は24時間換気が基本機能と考えられるようになっています。そのため、これらの機能は、ほとんどの浴室暖房乾燥機にあると考えても良いでしょう。

    また、浴室暖房乾燥機の基本的な機能以外の機能が追加されると、それだけ価格も高くなります。同じタイプの浴室暖房乾燥機でも機能が多いほうが価格も高く、自分に必要な機能だけを見極めて浴室暖房乾燥機を選ぶことが大切になるのです。

    電気式とガス式の浴室暖房乾燥機を比較すると、ガス式の浴室暖房乾燥機は機能が多い傾向にあります。例えば、リンナイのガス温水式浴室暖房乾燥機であれば、様々なタイプのミスト機能がありますし、うたせ湯やプラズマクラスターイオンなどの機能まで備えているのです。ノーリツの場合も同様で、ミストサウナやマイクロミストなどがあります。このような特別な機能を使いたい場合には、ガス式の浴室暖房乾燥機がおすすめ。

    一方で、電気式の浴室暖房乾燥機はシンプルな機能の機種が多くなっています。もちろん、パナソニックの電気式の浴室暖房乾燥機のようにミスト機能を備えた機種もあるのですが、マックスの電気式の浴室暖房乾燥機のようにシンプルで価格が安いという機種が多い印象。特にマックスの電気式の浴室暖房乾燥機の中には、プラスアルファの機能にニオイやカビ菌の繁殖を抑制できる「プラズマクラスター」があるのに低価格という機種があります。とにかく、基本的な機能だけが必要でシンプルな浴室暖房乾燥機がほしいという人には、電気式の浴室暖房乾燥機がおすすめですよ。

    浴室暖房乾燥機はガスと電気どちらがよい?

    3 まとめ

    電気式とガス式の浴室暖房乾燥機について、設置に必要な費用や光熱費、機能面を比較しながら紹介しました。浴室暖房乾燥機は、電気は設置費用が安くて光熱費が高い、ガスは設置費用が高くて光熱費が安いと覚えておけば、基本的には問題ありません。また、機能はガス式の浴室暖房乾燥機のほうが多い傾向ですが、安い浴室暖房乾燥機は機能が少なめというのは共通していると考えると良いですよ。

    浴室暖房乾燥機の商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ