カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • トイレ・水まわり
  • 空調・床暖房
  • 照明・電気通信
  • 太陽光発電・EV充電
> >
洗面台をお洒落にリフォーム!パーツやデザインを選んで工事ができる?

洗面台をお洒落にリフォーム!パーツやデザインを選んで工事ができる?

みなさんは、洗面台をどのようなものだと思っていますか?「朝起きて身支度をするだけの場」だと思っている方はいらっしゃいませんか?もちろん、洗面台が朝起きて身支度をするための場所であることには間違いありません。しかしながら、機能性やデザイン性などさまざまな面で進化を続けている洗面台は、朝晩のグルーミングの場としてだけでなく、バスタイムの前後の癒し空間や、洗濯などの家事をよりはかどらせてくれる場としても活躍するのです。ここでは、そんな洗面台の機能に注目しつつ、洗面台のメリットをご紹介いたします。

目次[]

    収納性に優れた独立洗面台を設置するメリット

    昨今さまざまな場面で活用されるようになっている洗面台ですが、やはり一番活用されるのは身支度を整えるときでしょう。身支度を整えようと思ったとき、もたついてしまったことはありませんか?洗面台を利用していてもたついてしまう理由のひとつには、「必要なものがなかなか取り出せない」ということがあります。

    たとえば、ドライヤーを収納している場所と洗面台が離れていたり、タオルの収納場所と洗面台が離れていたり、あるいは洗面台の収納スペースがごちゃごちゃっとしてしまっていて、どこに何があるのかわからなくなってしまったり。これでは洗面に余計な時間がかかってしまい、きちんと身支度するのが面倒くさくなってしまいますよね。

    近頃の洗面台は、収納スペースがたっぷりあり、しかも間単に取り出すことができるつくりをしている製品もたくさんあります。タオルやドライヤー、必要な化粧品などをきちんと整理して収納することができるので、朝の身支度がスムーズになり、身支度するのが楽しくなること請け合いです。

    汚れにくく掃除が簡単な独立洗面台もある

    昨今の洗面台で大きなメリットのひとつは、その見た目の美しさです。スタイリッシュでかっこいいものであったり、ふんわりとかわいらしい雰囲気のものであったり、あるいは自然の温かみを感じられるものであったり、そのデザインは多岐にわたり、お好みのデザインを選ぶことができます。洗面室が癒しの空間であるためには、洗面台がきれいであることが必要不可欠。朝の身支度をするとき、お出かけから帰ってきたとき、入浴を終えたとき、洗面台が汚いと、癒されることなどできませんよね。

    昨今の洗面台なら、バリエーションの豊富なデザインの中から好みに合わせたものを選ぶことができるので、真に心地いい空間を作ることができるのです。「きれいなデザインを買っても、すぐに汚れてしまったら意味がないのでは…」と不安に感じる方もご安心ください。近頃の洗面台はとても簡単にお手入れできるように設計されており、さっと掃除ができる製品や、そもそも汚れにくい材質となっている製品が多くありますので、あっという間に汚くなってしまうという心配はありません!

    洗面ボウルや鏡、蛇口などのパーツが選べる

    洗面台は、水栓蛇口、洗面ボウル、カウンターや鏡など、さまざまなパーツが組み合わされることによってひとつの製品が出来上がります。その一つ一つのパーツにさまざまな種類があり、メリットやデメリットがあるので、選び方ひとつで使い勝手が大きく変わってしまうのです。

    近頃の洗面台は、一つ一つのパーツを選ぶことができるものも多く、自由にパーツを組み合わせることが可能。それぞれのパーツの特徴をきちんと考えれば、自分にぴったりの洗面台を選ぶことができます。たとえば、洗面台で洗濯物の手洗いができるように大き目の洗面ボウルを採用したり、洗濯物をたためるスペースを作るためにカウンター部分を広くとったりなど、上手にパーツを選べば家事がはかどること間違いなし!近頃の洗面台は、選び方ひとつで面倒な家事も手際よく終わらせることができるのです。

    ここまで洗面台のメリットをご紹介してきましたが、いかがでしたか?洗面台は、おうちに一台だけでなく、二台あってもとても便利です。たとえば、トイレ付近に設置すればトイレの後にしっかり手を洗うことができますし、廊下に設置すれば、朝の洗面台の取り合いを防ぐこともできます。寝室に設置すれば、朝の準備をスムーズに行うことができます。便利で使い勝手がよく、なおかつ見た目がきれいな洗面台を、これを機にもう一台導入してみてはいかがでしょうか?買い替えだけでなく、二台目の導入もぜひご検討ください。

    洗面台の商品一覧へ
    このページのTOPへ このページのTOPへ