カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

システムキッチンの選び方

一口にシステムキッチンと言っても、システムキッチンの種類は多種多様。ご家庭の広さやお料理のスタイルにあわせて様々に選べるようになっています。以前からシステムキッチンをお使いの方はざっくりとしたイメージが付くかもしれませんが、初めてシステムキッチンを導入される方の中には、どのようなものを選べば良いかわからず混乱している方もいらっしゃいますよね。そんな方のために、ここではシステムキッチンの選び方をご紹介いたします。

Step1 レイアウトを選ぼう!

まず初めに決めなければならないのは、どのような形状のキッチンをどのようなスタイルで配置するか。これによって間口寸法なども大きく変わってくるので、一番最初に考えましょう。以下では、キッチンのスタイルと形状について、特徴とメリット・デメリットについてご紹介いたします。

〈キッチンのスタイル〉

特徴 メリット デメリット こんな人にオススメ!
オープン壁付けタイプ オープン壁付けタイプのシステムキッチン キッチンセットの前面に壁が、背面にダイニングがあり、キッチンとダイニングが一体化している。
  • ・配膳がスムーズに行える
  • ・ダイニングやリビングから光が入ってくるため、キッチンが明るい
  • ・省スペースで設置できる
  • ・調理に集中できる
  • ・散らかっていると目に付く
  • ・煙やにおいがダイニングに流れ込みやすい
  • ・食器棚を置くスペースに困ることがある
  • ・キッチンとダイニングをスムーズに行き来したい方
  • ・いつも台所をきれいに保つことができる方
  • ・スペースに余裕はないけれど、システムキッチンを導入したい方
オープン対面タイプ オープン対面タイプのシステムキッチン リビング・ダイニングを向いて調理できるようにキッチンが配置されており、シンク上がフルオープンになっている。現在最も人気があるタイプ。
  • ・家族とコミニュケーションをとりながら調理できる
  • ・多少散らかっていても目に付きにくい
  • ・食器棚や冷蔵庫などのスペースの確保が容易
  • ・デザイン性が高くダイニングから見たときの印象が良い
  • ・広いスペースが必要になる
  • ・調理から配膳の動線が長く、スムーズな配膳は難しい
  • ・煙やにおいがダイニングに流れ込みやすい
  • ・スペースに余裕があり、お洒落なキッチンを楽しみたい方
  • ・家族とのコミュニケーションを大事にしたい方
  • ・小さなお子様から目を離せない方
セミオープンタイプ セミオープンタイプのシステムキッチン キッチンとダイニングとの間に、部分的にオープンになった壁がある。ある程度の独立性は維持しているが、完全に独立しているわけではない。
  • ・調理作業中の人の出入りを制限できるので調理に集中できる
  • ・部分的にオープンなので家族とのコミュニケーションをとりながら調理できる
  • ・収納がたっぷり確保できる
  • ・多少散らかっていても目に付きにくい
  • ・煙やにおいがダイニングに流れ込みにくい
  • ・広いスペースが必要になる
  • ・調理から配膳の動線が長く、スムーズな配膳は難しい
  • ・スペースに余裕があり、収納をたっぷり確保したい方
  • ・小さなお子様から目を離せない方
  • ・ある程度独立した空間で調理したい方
クローズドタイプ クローズドタイプのシステムキッチン キッチンとダイニングが壁で仕切られ、完全に独立している。
  • ・完全に独立した空間なので、調理に集中できる
  • ・煙やにおいがダイニングに流れ込みにくい
  • ・ダイニングの様子に気を配ることができない
  • ・調理から配膳の動線が長く、スムーズな配膳は難しい
  • ・料理が好きで、調理に集中したい方
  • ・小さなお子様に気を配る必要がない方
アイランドタイプ アイランドタイプのシステムキッチン キッチン自体が島のように独立している。仕切りがなく、ダイニングとキッチンが一体化している。
  • ・部屋の空間が広く感じられる
  • ・家族とコミュニケーションをとりながら調理できる
  • ・複数人で調理することができる
  • ・広いスペースが必要になる
  • ・煙やにおいがダイニングに流れ込みやすい
  • ・ご自宅でホームパーティを開きたい方
  • ・複数人で調理することが多い方
  • ・開放的な場所で調理したい方

〈キッチンの形状〉

特徴 メリット デメリット こんな人にオススメ!
I型 I型のシステムキッチン シンク・コンロが一直線になっている。最もスタンダードな形状。冷蔵庫・シンク・コンロの間の移動距離が3.5m以内であれば使いやすい。
  • ・家事の動線が短い
  • ・キッチンをあまり大きくできない間取りに対応可能
  • ・スタンダードな形状のため、選択肢が多い
  • ・動線が重なってしまうため、複数人での調理に向かない
  • ・キッチンの幅を広くしすぎると動線が伸び、行き来が面倒になる
  • ・調理に集中したい方
  • ・一人で調理することが多い方
  • ・キッチンにあまりスペースを割くことなく、効率よく調理したい方
  • ・予算を抑えたい方
||型 II型のシステムキッチン 洗いや下ごしらえ、カットを行う場所と煮炊きする場所が分離されている。冷蔵庫・シンク・コンロの間の移動距離が5.5m以内であれば使いやすい。
  • ・広い調理スペースが確保できる
  • ・広いスペースが必要になる
  • ・キッチンスペースをもてあましてしまう可能性がある
  • ・家族が多く、広い調理スペースが必要な方
  • ・料理が好きで、様々な作業を行うためのスペースを確保したい方
L型 L型のシステムキッチン ガスレンジ部が直角に折れている。I型に次いで多いレイアウト。冷蔵庫・シンク・コンロの間の移動距離が4.8m以内であれば使いやすい。
  • ・それなりに広い作業スペースを確保できる
  • ・あまり移動せずに、調理・配膳を効率よく行うことができる
  • ・レイアウトの自由度が低い
  • ・コーナー部のスペースがデッドスペースになりがちなので注意が必要
  • ・たくさんの食器や調理器具を使いたい方
  • ・家族が多く、広い調理スペースが必要な方
U型 U型のシステムキッチン カウンター、冷蔵庫、シンク、コンロが調理する人を囲むように配置されている。キッチンが独立した状態になる。冷蔵庫・シンク・コンロの間の移動距離が5.5m以内であれば使いやすい。
  • ・広い調理スペースが確保できる
  • ・調理に集中することができる
  • ・広い調理スペースをもてあましてしまう可能性がある
  • ・動線が長くなり、移動が面倒になる
  • ・食器棚が遠くなりがち
  • ・家族が多く、広い調理スペースが必要な方
  • ・料理が好きで、作業のために広い調理スペースを確保したい方
  • ・独立したキッチンで調理に集中したい方

ご家庭のニーズに合わせて、キッチンのスタイルと形状の組み合わせをじっくりお考えください。

Step2 間口・奥行き・高さの寸法を選ぼう!

I型とL型の違い

間口とは、大雑把に言えば、キッチンの幅のことを言います。右図の赤矢印の部分が間口です。Step 1で決定したプランにあわせて間口の寸法を決めるのが良いでしょう。一般的には、I型では255cmL型・Ⅱ型では240cmのものを選択することが多いようです。

間口は15cm単位で規格された製品が主であり、ご家庭のキッチンスペースの広さにあわせて165cm、180cm、195cm、210cm、225cm、240cm、255cm、270cm、285cmといったサイズの中から選ぶのが一般的と言えます。間口を決める際には、キッチンの作業スペースへの行き来にストレスが無いよう、通路の確保も考慮しなければなりません。一般に、80cm前後の通路スペースがあれば、ストレスなく行き来することができます。通路等にも配慮して、最適な寸法を決定してください。

ちなみに、昨今では、シンクやコンロのレイアウトも15cmごとに移動できるものが増えてきています。炊事の様子をイメージし、どのようなスペースが必要かを考えて決定してください。

次にカウンターの奥行の寸法です。キッチンの奥行では65cmが一般的ですが、そのほかにも、60cm、70cmなどの奥行も選ぶことができます。奥行を選ぶ際にも、作業スペースが狭すぎないように考慮する必要があります。

また、通路の幅も重要です。1人で作業する場合、90cm程度のスペースがあれば、スムーズに作業を行うことができます。2人以上で作業する場合、120cm前後のスペースが必要です。調理のスタイルに合わせ、動きやすい広さを確保できるよう、奥行や通路の幅を決定してください。

1人で調理するとき 2人以上で調理するとき

最後に高さの寸法を決定します。毎日使うキッチンは、高さが大変重要になります。体に合わない高さのキッチンでは、体に大きな負担がかかり、毎日の料理が楽しくなくなってしまいます。ラクに作業を進めるためにも、体に合った高さを選ぶことが大切です。一般的に、最適なキッチンの高さの目安は、【自分の身長】÷2+5cmと言われています。たとえば。身長160cmの方の場合、85cmが最適な高さということになります。感じ方には個人差がありますし、あくまで目安なので「必ずこう!」とは言い切れませんが、この計算式を参考に、使いやすい高さをお選びください。

Step3 ワークトップや扉の素材を選ぼう!

キッチンのワークトップカウンターや扉の素材、何でも良いと思っていませんか?ワークトップカウンターや扉の素材も、システムキッチンの重要な要素のひとつ。素材ひとつとっても、お手入れの方法や簡単さが大きく変わってきます。デザイン性や予算との兼ね合いを考えつつ、ニーズに適った素材を選びましょう。

〈ワークトップカウンターの素材〉

ワークトップカウンターに求められる主な性能は「耐水性」「耐汚性」「耐熱性」「耐衝撃性・強度」「耐久性」の5つです。ここでは、ワークトップカウンターに使われる主な素材とその特徴について、簡単にご紹介いたします。

ステンレス

〈メリット〉

  • 耐水性・耐汚性・耐熱性・耐久性に優れる
  • ・安価でキッチンに求められる基本性能をすべてクリアする優れもの

〈デメリット〉

  • ・細かい傷がつきやすい
人工大理石

〈メリット〉

  • 耐水性・耐汚性・耐熱性・耐久性に優れる

〈デメリット〉

  • ・原材料の樹脂の種類によって耐熱温度が異なる
  • ・樹脂が原材料のため、反りなどの不具合が出る場合がある
天然石

〈メリット〉

  • 耐水性・耐熱性・耐久性に優れる
  • ・磨くと非常に美しくなり、天然の模様で個性をアピールできる

〈デメリット〉

  • ・材料費・施工費が高額になる
  • ・大理石は耐汚性・耐水性が弱く、キッチンには向かない
タイル

〈メリット〉

  • 耐熱性・耐久性に優れる
  • ・デザインの工夫で個性を出した温かみを持つキッチンにできる

〈デメリット〉

  • ・施工に手間がかかる
  • ・時間が経つとどうしても目地が汚れてきてしまう
ムク材・集成材

〈メリット〉

  • ・加工性に優れる
  • ・木目によって、やさしくて独特な雰囲気をかもし出せる

〈デメリット〉

  • ・メンテナンスに手間がかかる
メラミンポストフォーム

〈メリット〉

  • 耐水性・耐汚性に優れる
  • ・汚れが付きにくく、比較的安価で購入することが可能

〈デメリット〉

  • ・あまり熱に強くない

〈扉の素材〉

扉材は、メーカーごとに色や素材、表面仕上げなどをいくつかの種類の中から選ぶことができます。ここでは、主な扉材の種類や仕上げ方とその特徴について、簡単にご紹介いたします。

メラミン化粧板
  • 紙にメラミン樹脂をしみこませ、熱を加えたシートを板の表面に貼り付けたもの。
  • 耐水性・耐汚性に優れる
  • ・傷が付きにくい
ウレタン塗装仕上げ
  • ウレタン樹脂塗料を板の表面に塗装したもの。
  • 耐久性・耐薬品性に優れている
  • ・はがれにくく、長持ちする
塩ビ化粧板
  • 表面を塩化ビニル樹脂のシートで仕上げたもの。
  • 耐水性に優れている
  • ・色が美しく、柄も鮮明で仕上がりがきれい
鏡面仕上げ
  • ・鏡のように滑らかな光沢のある表面になる。
  • ・シャープで高級な印象になる
ホーロー
  • 金属の板にガラス質の層を焼き付けたもの。
  • 耐水性・耐熱性に優れる
  • ・ゴキブリを寄せ付けにくい
  • ・美しく仕上がる
  • ・一度傷が付くと、そこから錆びる場合がある

素材選びは些細なことのように感じられるかもしれませんが、それひとつでキッチンの使い心地が大きく変わってきます。予算やデザインとの兼ね合いも考慮しつつ、どの素材が使いやすいかをしっかり吟味してお選びください。

Step4 オプションを選ぼう!

システムキッチン選びも、ここまで来るともう大詰め。最後はオプションを選びましょう。システムキッチンは、オプションとして様々な機能をつけることができます。たとえば水栓金具を考えてみましょう。ごくごく一般的な水栓金具を、手元でシャワーとストレートに切り替えできるタイプや浄水器内臓のタイプなど、異なるタイプの水栓金具に交換することができます。また、そのほかにも、食洗機をつける、よりたくさん収納できるように収納パーツをつける、あるいは吊戸棚をつけるなど、様々な工夫を凝らして自分だけの使いやすいキッチンを実現することができます。どのようなオプションが付いているかはメーカーごとにことなりますので、メーカー選びにもご注意ください。

いかがでしたでしょうか? このページを参考に、快適で使いやすいキッチンを実現し、楽しいお料理ライフをお送りください。

このページのTOPへ このページのTOPへ