カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

システムバスの選び方

近頃、システムバスへリフォームするご家庭がたくさんあります。けれど、システムバスへのリフォームには知識が必要。ご家庭にぴったりのシステムバスを選ぶには、知らなければならないことがいくつかあります。せっかくリフォームするのですから、満足できるシステムバスを選びたいですよね。ここでは、システムバスを選ぶにあたり、知っておきたいことをご紹介いたします。

Step1 浴室スペースを把握して、システムバスはサイズを選ぼう!

システムバスで最も大切なのは、サイズ選び。「システムバスのサイズ」とは、一般に床面積のことを指します。サイズは完全に規格化されており、私たちは規格サイズの中からぴったりのものを選ぶ必要があります。浴室スペースにすっぱりはまるように天井・壁・床を組み立てるので、当然システムバスの設置寸法は、浴室スペースよりも小さくなければなりません。もともとシステムバスをお使いの方は同じサイズを選べば良いのですが、もともと在来工法浴室をお使いの方は、浴室のサイズをきちんと把握することが必要。きちんとサイズを把握せずに購入を決めると、組み立てる時になってトラブルが生じてしまいます。まずは浴室スペースの幅と奥行きをきちんと把握し、設置できるものはどれかを選びましょう。サイズは以下のとおりです。

システムバスのサイズ

システムバスには、戸建て用の製品とマンション用の製品があります。これは、マンションの方が浴室スペースの高さが低いため。戸建て用を選ぶかマンション用を選ぶかには、少し注意が必要です。たとえばご自宅が戸建てであっても、木造ではなく鉄骨や鉄筋の一戸建ての場合は、建物の構造上マンション用でなければ設置できないことがあるからです。どちらのタイプを購入するかは、一度ショップで相談してみることをオススメします。

戸建て用のサイズでは、0.75坪、1坪、1.25坪の3種類が一般的です。図から見て取れるように、1坪と1.25坪で異なるのは洗い場の広さ。入浴介助が必要なご家族がいる場合、あるいはお子様と並んで座る機会がある場合には、1.25坪のほうが入浴しやすいと考えられます。場合によっては浴室スペースを拡張して大きなシステムバスを購入したり、フリーサイズ対応のシステムバスをお選びいただくこともできますので、実際の入浴場面のことをイメージし、必要な大きさの製品をお選びください。

Step2 機能と価格を考えて、「メーカー」「シリーズ」「タイプ」を選ぼう!

システムバスのカタログで、「○○シリーズの△△タイプ」といった呼び方を見たことがある方はいらっしゃいませんか?多くのメーカーがシステムバスを基本性能のランクや特徴・価格の違いで区別していますが、「シリーズ」とは、その区別に基づいてつけられた名称です。システムバスにおける基本性能は、「床の水はけ」「すべりにくさ」「手すりの設置」「保温浴槽」「保温浴室」などが挙げられますが、メーカーやシリーズごとに、特徴は大きく違います。たとえば、TOTOのスプリノシリーズの特徴は抜群の保温力が特徴ですが、INAXのアラインシリーズはデザイン性の高さが特徴です。また、パナソニックのココチーノシリーズは直径約18メートルの微細な泡を湯船に発生させる「酸素美泡湯」をウリにしています。メーカーや製品ごとに、どの性能に特化しているかは異なります。ご家庭に必要な性能は何かを考えて、予算と相談した上で購入するメーカーとシリーズを決めましょう。基本性能については、詳しくはこちらをご覧ください。

また、「タイプ」とは、「シリーズ」の製品を水栓金物やカウンター類で区別し、分類したもののことを言います。「水栓やカウンターはどれでも一緒でしょ。」なんて、考えてはいませんか?そんなことはありません。水栓は、ワンタッチタイプのものからレバータイプのものまで多種多様。同様に、カウンターや収納にも様々な種類があります。こういった小さな要素もおろそかにしてはいけません。どのタイプのものが使いやすいかをじっくり吟味して、購入するタイプをお決めください。

Step3 必要な機能を考慮して、システムバスのオプションを選ぼう!

忘れてはならないのが、システムバスのオプション選び。システムバスには、様々なオプションをつけることができ、それによって毎日の生活をより豊かなものにすることが出来ます。以下の表は、つけることができるオプションの例です。

家事を助けてくれる
  • ・浴室乾燥暖房機
  • ・浴槽洗浄機能
  • ・残り湯利用システム
癒しを与えてくれる
  • ・ミストサウナ
  • ・多機能シャワー
  • ・浴室テレビ&サウンドシステム

浴室乾燥暖房機を用いると、冬場の寒い季節でも、夏の暑い季節でも快適な気温で入浴を楽しむことが出来ます。乾燥機能はカビの発生を抑え、お掃除の手間を減らします。浴槽洗浄機能は、その名のとおり、スイッチひとつで浴槽全体を洗うことができる機能です。お風呂掃除の時間を短縮し、暮らしにゆとりを生み出してくれます。洗濯にお風呂の残り湯を利用できる残り湯利用システムでは、洗濯機の操作のみで簡単に残り湯を使用することが可能。いちいちホースを出し入れする必要がありません。これだけでも、毎日の家事がぐっとラクになりますね。

また、発汗作用や温浴効果、美容効果を期待できるミストサウナは、最近人気が高まっている機能の一つ。美容・健康に気を遣いたい方にオススメです。さらに、近頃はシャワーを楽しむ方が増えてきているため、注目され始めているのが多機能シャワー。節水機能を高めたものや、数種類の水流を使い分けることができるものなどがございます。実際の水流や使い勝手を確認し、毎日のシャワーを心地良いものにしてみてはいかがでしょうか。入浴中にテレビ番組や音楽を楽しみたい、という方には浴室テレビ・サウンドシステムがオススメです。お気に入りのテレビ番組や音楽を楽しみながら、よりリラックスして、快適に入浴することが出来ますよ。

このように、ちょっとしたオプションでも、つけるのとつけないのでは、日々の潤いが大きく変わります。けれど、使わないオプションをつけても仕方がありませんよね。大切なのは、どのオプションが必要で、どのオプションが不要かをきちんと見分けること。毎日の生活を振り返って、あったら便利な機能は何かをしっかり吟味し、その上でオプションをお選びください。

いかがでしたでしょうか?毎日の入浴は、疲れを癒すために欠かすことが出来ないもの。このページを参考に、より快適に入浴できる、お気に入りのシステムバスをお選びください。

このページのTOPへ このページのTOPへ