カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

蓄電池の選び方

導入すると非常に便利な蓄電池ですが、太陽光発電システムや電化製品と違って、蓄電池の導入をイメージするのが難しいという方も多いのではないでしょうか。携帯電話やデジタルカメラなど、蓄電池は様々な形で私たちの身近なものに使われています。とは言え、家庭用となれば話は別。電池の種類、使用電力など、考えなければならないことがたくさん出てきます。それなのに、導入のイメージが湧かないと、どんなものを選べば良いか分からなくて困ってしまいますよね。このページでは、そんな方のために、家庭用蓄電池の選び方をご紹介いたします。

Step1 導入目的を選ぼう!

蓄電池を選ぶにあたり、まず初めに考えなければならないのはその導入目的です。導入目的は、蓄電池を選ぶにあたって非常に大切な要素のひとつ。導入目的が違えば、接続する機器も変わってくるため、選ぶ電池の種類も変わってきます。たとえば、導入目的が「非常時の情報源確保」である場合、接続する機器としては、ノートパソコンやルーター、携帯電話の充電器、テレビやラジオを想定することが出来ます。一方で、「日常生活における電気料金の削減」を目的にした場合、想定される接続機器は、冷蔵庫や電灯、エコキュートなど、日常生活に欠かせない電化製品になるでしょう。あるいは、上記二つの目的とは別の目的にもとづいて、異なる機器を接続する想定が立つかもしれません。

これらの機器はそれぞれ消費電力が異なるので、接続する機器が変われば、想定される合計消費電力量が変わり、ひいては必要な蓄電容量が変化します。だからこそ、目的を曖昧なままにしてしまうと、せっかくの蓄電池を有効利用することが出来ないのです。「せっかく導入したのに、いざというときに役に立たない」なんてことが無いように、製品を選び始める前に、まずはご家庭で蓄電池の導入目的について話し合い、明確にしておきましょう。

Step2 蓄電池の種類を選ぼう!

導入目的がはっきりしたら、次は蓄電池の種類を決めましょう。蓄電池は、主に「鉛蓄電池」と「リチウムイオン蓄電池」の二種類に分かれています。それぞれの蓄電池に異なる特徴があり、利点・欠点も違います。導入目的に合わせて、管理しやすい方の種類をお選びください。

*鉛蓄電池

電極に鉛を用いている蓄電池。自動車のバッテリーに代表される蓄電池です。大型で重量があり、高い電圧を使用することが可能。比較的安価で汎用性があり、また蓄電池としては世界で最も生産量が多いため、私たちに広く普及しています。ただし、電極の劣化が早いという欠点も。完全に放電しきってしまうと劣化のスピードが速まるので、使用電力に注意が必要です。

*リチウムイオン蓄電池

電解質中のリチウムイオンが電気伝導を担う蓄電池。小型のものが、携帯電話のバッテリーやデジタルカメラ、ノートパソコンなどに広く使われています。エネルギー密度が高いため、小型・軽量であるにもかかわらず、蓄電容量が大きいことが特徴です。小型で設置しやすいという利点がある反面、価格が高く、過充電・過放電・衝撃などの原因で発熱・破裂の危険性があるという欠点があります。

Step3 使用電力量を計算しよう!

蓄電池の種類が決まったら、次は接続機器を決め、使用電力量を計算しましょう。接続機器は、Step 1で考えた導入目的に沿ったものをお選びください。使用電力量の計算式は、以下のとおりです。

使用電力量の計算式

ただし、電気製品の負荷は運転状況によって異なります。蓄電池の仕様書に記載されている容量は一定の条件下で使用した場合の数値であり、周囲の環境によって変動する可能性は十分あることにご注意ください。以下は、一般的な電化製品の消費電力の一覧です。計算の際に参考にしてください。

製品 消費電力
ポータブルTV 2W~20W
ラジカセ 5W~30W
デスクトップパソコン 150W~300W
ノートパソコン 50W~120W
無線LANアダプタ 6W~15W
携帯電話充電器 15W
IHクッキングヒーター 3000W
電子レンジ 1300W
冷蔵庫 150~500W
洗濯機 500W~900W
電気スタンド(LED) 4W~10W
電気スタンド(蛍光灯) 20W~24W
電気スタンド(白熱灯) 60W

参考:地球の歩き方ストア「電気製品の消費電力一覧」(http://www.rakuten.ne.jp/gold/arukikata/electric/power.html)

Step4 蓄電容量・出力を選ぼう!

使用電力量が計算できたら、次は蓄電容量を決めましょう。蓄電池は、加わる負荷が大きければ大きいほど引き出すことが出来る電力量が小さくなるという特性を持っています。たとえば、消費電力が300Wの機器を接続して10時間動かすことが出来る蓄電池に、600Wの電力を消費する機器を接続した場合、稼動させることが可能な時間は5時間を下回ってしまうのです。逆に、150Wの電力を消費する機器をつないだ場合、20時間を大きく超えて稼動することが出来ます。蓄電池のこのような特性を考慮して、蓄電池にかかる負荷がどのように変化するかに留意した上で、必要な蓄電容量を決めましょう。使用電力量よりも30%ほど余裕を持った容量であることが一般的です。

次に出力についてです。一度に使うことが出来る電気の出力を、「定格出力」と呼びます。この定格出力は、同時に使用する機器や設備の消費電力を合計した電力量以上でなければなりません。たとえば、消費電力30Wのラジカセと消費電力150Wのデスクトップパソコンを同時に使いたい場合、最低でも定格出力が180W以上の製品を選ばなければならないのです。蓄電池を水槽、貯められた電気を水槽に入っている水だとするなら、定格出力は水槽に取り付けられた蛇口から出てくる水のようなもの。出てくる量以上の水を使うことは出来ませんよね。それと同様に、消費電力量の合計が定格出力を超える機器を、同時に使うことは出来ないのです。

蓄電容量・出力の説明図

定格出力を高めるには、かなりのコストがかかります。本当に同時に使う必要があるのかどうかを考えて、必要十分な線を見極めて、定格出力を決めましょう。冷蔵庫など、常に稼動させておく必要がある機器の消費電力を計算に入れることを忘れないように注意してください。

いかがでしたか?うまく使えばとても便利でお得な蓄電池ですが、決して安いものではありません。大切なのは、ご家庭できちんと話し合い、家族全員で蓄電池に対する理解を深めること。豊かで楽しい毎日を送るためにも、このページを参考に、家族全員が納得できる蓄電池をお選びください。

このページのTOPへ このページのTOPへ