カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

ハイブリッド給湯器の選び方

経済的にも環境的にも多くのメリットをもたらしてくれるハイブリッド給湯器ですが、お選びの際には何に気をつければ良いかご存知ですか?エコジョーズやエコキュートなどと比べて、ハイブリッド給湯器は選び方を紹介しているサイトが少なく、せっかく導入を決めたのに何を基準に選べばいいかわからなくて困っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。このページでは、そのような方のために、ハイブリッド給湯器をお選びの際に是非考えていただきたい4つのポイントについてご紹介いたします。

Step1 種類を選ぼう!

ハイブリッド給湯器には、「シングルハイブリッド」と「ダブルハイブリッド」の2種類の商品があります。まずは、どちらの種類を購入するかを決めましょう。

◎シングルハイブリッド

シングルハイブリッドとは、エコジョーズによって作ったお湯を、暖房に利用する商品です。 ダブルハイブリッドの商品と比べると価格が安く、イニシャルコストを抑えることができるというメリットがあります。 温水暖房を利用せず、給湯を中心にハイブリッド給湯器を使いたいという方にお勧めです。

シングルハイブリッドの機能

◎ダブルハイブリッド

ダブルハイブリッドとは、ヒートポンプによって作ったお湯を、暖房に利用する商品です。 ヒートポンプを使って効率よく沸かしたお湯を暖房に利用するため、光熱費を大幅に削減することが出来るというメリットがあります。床暖房などの温水暖房をたくさん使いたいという方にお勧めです。

ダブルハイブリッドの機能

家族構成や生活スタイルを考慮して、よりお得なほうをお選びください。

Step2 貯湯タンクの容量を選ぼう!

次に考えるべきなのは、貯湯タンクにどのくらいの量のお湯を蓄えられるかです。ハイブリッド給湯器は、お風呂のお湯はりの際など、たくさんのお湯を使用するときにはエコジョーズを用いてその場でお湯を作ってくれますが、普段の食器洗いなどにお湯を使う際は、基本的にエコキュートによって作られ、タンクに貯湯されているお湯を使います。そのため、どのくらい貯湯することが出来るのかは非常に重要なことなのです。ご家族の人数と生活スタイルを考え合わせた上で、貯湯タンクの容量を決定しましょう。

Step3 タイプを選ぼう!

ハイブリッド給湯器には、その形状において2つのタイプに分類されます。まずはタンクユニットと熱源機が一体となっている「一体型」。一体型は、分離型と比べると設置に広いスペースが必要となりますが、分離型よりも商品数が多いです。一方、タンクユニットと熱源機が分離している「分離型」は、一体型よりも設置しやすく、既存の給湯器との取替えにも対応しています。予算とも相談しつつ、どちらのタイプがよりメリットが大きいかを考え、より設置しやすい方のタイプを選びましょう。

Step4 設置場所にあわせよう!

ハイブリッド給湯器で重要になってくるのは、その商品をどのような場所に設置するかです。たとえば、戸建に設置する場合と、アパートやマンションに設置する場合では、ご自宅のどこに設置するかも、設置に必要なスペースも変わってきます。また、お住まいの地域が寒冷地や北海道の場合は、タンクの中が凍結してしまわないよう、不凍液を用いた商品を使わなければ、かえって不便が起こってしまいます。ご自宅がアパートなのか戸建なのか、そしてどのような環境の地域にお住まいなのかを忘れずに吟味し、その上でぴったりの商品をお選びください。

ここまで、ハイブリッド給湯器を選ぶときに考えてほしいポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたか?導入すれば便利でお得なハイブリッド給湯器ですが、それもぴったりの商品を導入できてこそ。安いものではありませんし、うっかり設置できないタイプの商品を買ってしまったりなんかしたら大変ですよね。ハイブリッド給湯器をお選びの際は、このページを是非お役立てください。

このページのTOPへ このページのTOPへ