カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 水まわり
  • 内装
  • 暖房
  • 発電・充電
  • エクステリア
  • クリーニング・トラブル
  • ポンプ
  • 情報・セキュリティ
> >
給湯器を選ぶ4つのポイント

給湯器を選ぶ4つのポイント

最近の給湯器には様々な種類があり、選ぶだけでも一苦労です。ここでは、そんな給湯器を選ぶ際のポイントをご紹介いたします。

目次[]

    1. 給湯器の種類を知ろう!

    給湯器には、「ガス給湯器」「ガスふろ給湯器」「ガス温水暖房付給湯器」「ガス温水暖房付ふろ給湯器」の4種類があります。給湯器を選ぶ際には、まず、この4種類のうちどれを購入するかを選びましょう。

    種類 特徴 本体価格(16号)

    ガス給湯器(給湯)

    ガス給湯器の配管
    • 給湯専用のタイプ
    • 一台で家中に給湯することが可能
    • 追い焚き機能なし
    約100,000~130,000円

    ガスふろ給湯器
    (給湯+追い焚き)

    ガスふろ給湯器の配管
    • 家中に給湯する機能とお風呂沸かしの機能がひとつになったタイプ
    • 浴室でお湯を使いながら、別の場所にも給湯が可能
    約170,000~280,000円

    ガス温水暖房付給湯器
    (給湯+温水暖房)

    ガス給湯器の配管
    • 給湯器に暖房機能が加わったもの
    • 床暖房や浴室暖房の設置をお考えの方にオススメ
    約240,000〜300,000円

    ガス温水暖房付ふろ給湯器
    (給湯+追い焚き+温水暖房)

    ガス給湯器の配管
    • 給湯と追い焚きに加え、暖房機能も備わった一台三役の優れもの
    • 床暖房や浴室暖房の設置をお考えの方にオススメ
    約220,000~340,000円

    2. 機能タイプを選ぼう!

    種類が決まったら、次は給湯器の機能を考えましょう。一口に給湯器といっても、給湯器には様々な機能があります。主な機能は、「フルオートタイプ」「オートタイプ」「給湯専用タイプ」の3つのタイプ。それぞれのタイプの特徴は以下のとおりです。

    フルオートタイプ

    自動お湯はり、自動追い焚き、自動保温、自動足し湯が可能。お湯の水圧を感知することによって温度や水量を測るため、すばやく追い焚きや足し湯を行う。

    フルオートタイプの機能
    オートタイプ

    自動お湯はり、自動追い焚き、自動保温が可能。一定時間ごとにポンプを利用して温度を測り、追い焚きを行う。フルオートタイプと違い、たし湯は自動では行わない。

    オートタイプの機能
    給湯専用タイプ

    自動追い焚き、自動保温が可能。給湯栓でお湯を操作する。

    給湯専用タイプの機能

    3. 使うお湯の量はどのくらい?

    機能が決まったら、次は給湯器の号数を考えましょう。「号数」とは、「『水温+25℃』のお湯を1分間に何L供給できるか」を示すものです。たとえば、水温+25℃のお湯を、1分間に24L供給できる給湯器は24号と表されます。

    一般に、号数が大きいほど一度に大量のお湯を使うことが可能です。ご家族の人数、お湯の使い方、来客の有無など、様々な面を踏まえてご検討ください。一般的な号数の目安は以下の通りです。

    号数 特徴 使用状況
    10号 スポット給湯に適した給湯専用タイプ。 1箇所でのみ
    16号 年間を通してシャワーを利用することが可能。平均的な一般家庭に多く普及。 1人から2人家族向け
    20号 年間を通してシャワーを利用することが可能。平均的な一般家庭に多く普及。 2人から3人家族向け
    24号 湯量がたっぷりで余裕があり、冬でもシャワーと同時給湯が可能。 4人から5人家族向け
    28号 同時にシャワーと2箇所の給湯が可能。 大人数家族向け
    号数による給湯能力

    16号以下では、2箇所以上で同時に使用すると台所の湯量が極端に少なくなってしまうため、複数箇所での同時使用を希望する方は、20号以上をオススメします。豊富な湯量を使用したい方、ご家族の人数が多い方には24号がオススメです。

    4. 給湯器はどこに置く?

    屋外壁掛型、屋外据置型、扉内設置型など、給湯器には、様々な設置タイプがあります。けれど、文字列を見ただけでは、どこにどのように設置されるものなのかピンときませんよね。ここでは、一般的な設置タイプのご紹介をいたします。

    設置タイプ 特徴

    屋外壁掛型

    屋外壁掛型
    • 給湯器の側面から配管が出ていなければほとんどこのタイプ
    • 一戸建て住宅、マンションのパイプスペース扉内やベランダなどの壁に設置するのに向いている

    PS設置型

    PS設置型
    • マンションの玄関横のパイプスペースについているタイプ
    • パイプスペースにあり、扉が付いていないものがこれに当たる
    • 現在は機種の大きさによって取り付け可能な機種が限定されている

    PS扉内設置型

    PS扉内設置型
    • マンションの玄関横のパイプスペースについているタイプ
    • パイプスペースにあり、扉が付いているものがこれに当たる
    • 現在は機種の大きさや排気の方向によって、取り付け可能な機種が限定されている

    屋外据置型

    屋外据置型
    • 一戸建て住宅で地面やブロックに設置するタイプ
    • マンションに設置することはできない
    • 壁掛型より大きく、給湯器の側面から配管が出ている
    • 「設置フリー型」とも呼ばれ、給湯器から離れた浴槽にも追い焚きが可能

    屋外浴室隣接型

    型
    • 給湯器の裏から浴槽に向かって配管が2本出ているタイプ
    • 浴槽に循環口が2つある
    • 浴室に隣接してガスふろ給湯器を設置するときにオススメ

    強制給排気型

    自然給排気型

    強制給排気型/自然給排気型
    • 屋内に設置するタイプの内、屋外から吸引した空気を用いて燃焼し、燃焼排ガスも屋外に排出するタイプ
    • 屋内の空気を使用しないため、強制排気型や自然排気型の製品よりも安全性が高い
    • 給排気に動力を利用するものを強制給排気型(FF式)、自然通気力を利用するものを自然給排気型(BF式)と呼ぶ

    強制排気型

    自然排気型

    強制排気型/自然排気型
    • 屋内の空気を用いて燃焼し、燃焼排ガスは屋外に排出するタイプ
    • 排気に動力を利用するものを強制排気型(FE式)、自然通気力を利用するものを自然排気型(CF式)と呼ぶ

    5. まとめ

    いかがでしたか?給湯器を選ぶポイントをまとめると以下の通り。

    • 給湯器の種類
    • 給湯器の機能タイプ
    • 号数
    • 設置場所

    ご家庭のニーズに合った給湯器を選びましょう。

    このページのTOPへ このページのTOPへ