カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

壁紙クロスの選び方

気分をガラッと変えるために壁紙クロスを張替えることにしたはいいけれど、いざ選ぶとなったら、どんな壁紙クロスを選んでいいかわからない。種類がたくさんありすぎて困惑してしまう。皆さんは、そんな状況には陥っていませんか?壁紙クロスは柄や機能、色に至るまで本当にたくさんの種類があるので、ついつい目移りしてしまっても無理はありません。たくさんの中からひとつに選ぶのは、何を基準に選べばいいのかが分からなければ、骨が折れますよね。そこで、このページでは、壁紙クロスを選ぶときに着目していただきたいポイントを5つご紹介いたします。

Step1 素材から選ぼう!

壁紙クロスの素材には、様々な種類があります。それぞれの特徴やメリットを把握して、ご自宅にぴったりの素材を選びましょう。壁紙クロスの主な素材は以下の通りです。

素材 特徴 メリット 1㎡あたりの価格帯(目安)
ビニール壁紙 塩化ビニール樹脂などを主な素材とするビニールシートに紙などを裏打ちして作られるクロス。
  • ・他の素材より安価
  • ・品質が安定
  • ・耐久性が高い
  • ・手入れしやすい
  • ・色やデザインが豊富
1,000~2,500円
織物壁紙 レーヨン、絹、麻などから作られるクロス。平織、綾織、不織布など。
  • ・高級感、重厚感がある
  • ・防音効果がある
  • ・パブリックスペースによく合う
1,200~10,000円
紙壁紙 パルプが原料の紙を原紙に、プリント加工やエンボス加工を施したクロス。
  • ・防音効果がある
  • ・空気を良く通す
  • ・環境や健康に配慮されている
1,500~15,000円
珪藻土壁紙 紙と珪藻土を原料として作られるクロス。
  • ・調湿性に優れる
  • ・味わいのある風合いが楽しめる
  • ・火災のときに有毒ガスが発生しない
1,500~2,500円
無機質壁紙 石や土、金属やガラス繊維などを原料として作られるクロス。
  • ・調湿性、通気性に優れる
  • ・防火性が高い
  • ・耐久性が高い
1,500~2,500円
オレフィン壁紙 ポリエチレンやポリプロピレンなどの合成樹脂から作られるクロス。
  • ・焼却時に煙や有害ガスが発生しない
  • ・耐久性が高い
  • ・汚れに強い
  • ・手入れしやすい
1,300円~
木質系壁紙 本物の木材を薄くスライスしたものに、アルミや紙を裏打ちして作られるクロス。
  • ・天然木の温かみや質感がある
  • ・高級感がある
  • ・落ち着いた雰囲気をもたらす
1,600円~

予算や機能性、お部屋の雰囲気をどのようなものにしたいかなどを考慮のうえ、ぴったりの素材をお選びください。

Step2 色から選ぼう!

壁紙の色は、本当に多種多様。色ひとつでお部屋の印象はガラッと変わってしまうので、どんなお部屋にしたいかによって、選ぶ色もきちんと考えなければなりません。そこで、壁紙クロスを色系統ごとに分類し、特徴や雰囲気、見え方などを以下の表にまとめました。

色系統 雰囲気・特徴
ホワイト系 蛍光灯の白い光を当てることで、白さが際立ち清潔な印象の部屋になります。
広い部屋だといっそう白さが際立ち、明るいお部屋に。
清潔感を際立たせたいお部屋や、光の届きにくいお部屋にオススメです。
ブルー系 ブルー系は気持ちを落ち着かせる効果があります。
取り入れると全体的に落ち着きがあり、大人っぽい印象の部屋に。
空や海をモチーフにしたかわいらしいデザインも豊富です。
水周りに配置すれば、清潔感があって明るい印象になります。
グリーン系 グリーンは自然、調和、バランスの象徴の色。
目に優しく、疲れた心身を癒してくれます。
濃い色の壁紙をアクセントとして寝室やトイレに使うと、清潔感があって落ち着いた印象になり、オススメです。
イエロー系 全体的に明るい印象を与える色です。
淡い色はやわらかく明るい印象となるので、日当たりのよくないお部屋にオススメ。
また、パステルイエローは子供部屋やキッチンに取り入れると、ふんわりとして感じのよいお部屋になります。
オレンジ系 オレンジは、元気が出るビタミンカラー。
取り入れると、カジュアルで温かみのあるお部屋になります。
食欲を増進させる効果もあるので、ダイニングなどにオススメ。
色味の濃い製品は4面に張るのではなく、アクセントとして1面のみに張ればとても明るい印象になります。
ピンク系 心身を癒し、気持ちをやさしくしてくれる色です。
鮮やかなピンクは元気、おしゃれ、かわいい雰囲気を、淡いピンクはふんわりと落ち着いた雰囲気をお部屋に与えてくれます。
色味の濃い製品は4面に張るのではなく、アクセントとして1面のみに張るのがオススメです。
ブラック系 気持ちを落ち着け、冷静にしてくれる効果のある色です。
お部屋に優雅さや重厚感を出してくれます。
少し取り入れるだけで強い印象になるので、アクセント的に取り入れるのがオススメです。
ベージュ系 白熱灯との相性がよく、取り入れると落ち着いた空間になります。
そのため、落ち着ける空間である必要がある居室やリビングにぴったりです。
明るいけれどまぶしすぎず、蛍光灯ともよく合います。
グレー系 薄めの色を中心に種類が豊富な色です。
織物調なら落ち着きがあって温かみのある印象に、石目調なら落ち着きがあって重厚感ある印象になるなど、柄によって印象が変わります。
クールでモダンなインテリアとの相性がいいので、家具にもこだわりたい方にオススメです。
ブラウン系 アースカラーなブラウン系は、石目調や織物調などの種類が豊富。
取り入れると、お部屋はナチュラルな雰囲気になります。
落ち着いた雰囲気を出したいときは、濃い色をアクセントに取り入れるのがオススメです。
レッド系 エネルギーや生命観を感じさせるのがレッド系。
くすんだトーンを取り入れると温かみと重厚感が生まれ、和調の赤色を取り入れると伝統的な印象に。
鮮やかな赤は元気な印象を与えるなど、パターンや色味により雰囲気が大きく変わるのがこの色の特徴です。
アクセントクロスにオススメ。
パープル系 パープル系の壁紙を取り入れると、おしゃれで個性的な雰囲気になります。
淡い色は柄がよく映えるので、柄物を使いたいときや、クールで落ち着いた雰囲気にしたいときにオススメ。
濃い色は、アクセントとして一面に張ると癒し効果が得られます。

お部屋の雰囲気に合わせて、何色系の壁紙クロスにするかを決定しましょう。

Step3 柄から選ぼう!

壁紙クロスの柄には、本当にたくさんの種類があります。まったく同じ柄の壁紙というのは稀な上、メーカーごとに柄の名前が違ったりするのですから、すべての柄を把握し、理解するのは骨が折れますよね。とは言え、そんなにたくさんある柄も、大きく以下の4つに分類することが可能です。まずは大きな分類の上での特徴をつかみ、その中から柄を絞っていきましょう。

柄名 特徴
織物調 落ち着きがあり豪華な雰囲気をもたらします。どのお部屋にも合うオールラウンドな柄です。
  • 石目調
高級感があってナチュラルテイストな雰囲気のお部屋になります。どこのお部屋にでも合うオールラウンドな柄です。清潔感が出るので、洗面所やトイレ、玄関等にオススメです。
  • 木目調
バリエーションが豊富な柄です。お部屋に温かみと高級感を与えてくれます。天井1面への使用や、和室への使用がオススメです。
  • パターン
バリエーション豊かなタイプの柄です。模様によって自由な個性を出すことができます。インテリア性を高めたり、個性を出したいときにオススメです。

壁紙クロスの柄の種類は多いですが、ある程度の検討をつけて、大きな分類の中からどの柄がいいかを選べば比較的選びやすくなります。どこのお部屋の壁紙なのか、どんな雰囲気のお部屋にしたいのかを考えた上でお選びください。

Step4 部屋から選ぼう!

家にはたくさんの部屋がありますが、すべての部屋の壁紙を、同じ基準で選ぶことはできません。部屋はそれぞれ異なる特徴を持っており、異なる役割を担っているためです。それぞれの部屋に求められている役割が違うからこそ、その役割に見合った壁紙を選ぶ必要があります。そこで、一般に言われる部屋の役割や特徴と、オススメの壁紙の系統を以下の表にまとめてみました。壁紙を選ぶ際のご参考にお使いください。

部屋 特徴・役割 オススメの壁紙
リビング
  • ・生活の中心となる部屋
  • ・人が集まる
  • ・居心地のよさが求められる
  • ・汚れやすい
  • ◎シンプルな壁紙
  • ◎吸湿機能やアレルギーに配慮した壁紙
ダイニング
  • ・生活の中心となる部屋
  • ・人があつまり、食事をする
  • ・居心地のよさが求められる
  • ・汚れやすい
  • ◎シンプルな壁紙
  • ◎食欲増進効果のある暖色系の壁紙
  • ◎キッチンやリビングと統一感のある壁紙
キッチン
  • ・調理をする部屋
  • ・汚れやすい
  • ・見える壁面が少ない
  • ◎シンプルで温かみある色の壁紙
  • ◎消臭機能に優れた壁紙
  • ◎汚れに強く、手入れしやすい壁紙
  • ◎システムキッチンの雰囲気と合う壁紙
トイレ
  • ・汚れやすい
  • ・においがこもりやすい
  • ・落ち着ける空間であることが必要
  • ◎淡い色の壁紙
  • ◎控えめな柄の壁紙
  • ◎消臭機能に優れた壁紙
  • ◎汚れに強く、手入れしやすい壁紙
洗面室
  • ・水がはねる
  • ・汚れやすい
  • ・落ち着ける空間であことが必要
  • ◎淡い色の壁紙
  • ◎水に強い壁紙
  • ◎防カビ機能に優れる
  • ◎汚れに強く、手入れしやすい壁紙
  • ◎洗面台や床に合う壁紙
※窓がない場合は黄色系の壁紙がGood
玄関・廊下
  • ・部屋と部屋とをつなぐ空間
  • ・汚れやすく、傷つきやすい
  • ・その家の「顔」となる空間
  • ◎シンプルで清潔感のある壁紙
  • ◎耐久性に優れた壁紙
  • ◎汚れに強く、手入れしやすい壁紙
  • ◎白やベージュなど明るい色の壁紙
※天井に明るい色を入れると天井が高くて広い印象になり、オススメ
階段
  • ・部屋と部屋とをつなぐ空間
  • ・汚れやすく、傷つきやすい
  • ◎どの部屋とも合うシンプルな壁紙
  • ◎耐久性に優れた壁紙
  • ◎汚れに強く、手入れしやすい壁紙
  • ◎白やベージュなど明るい色の壁紙
子供部屋
  • ・汚れやすく、傷つきやすい
  • ・アレルギーなどへの配慮が必要
  • ・明るい雰囲気が求められる
  • ◎耐久性に優れた壁紙
  • ◎汚れに強く、手入れしやすい壁紙
  • ◎傷つきにくい加工を施された壁紙
  • ◎アレルギーに配慮した壁紙
  • ◎やわらかい色調や明るめの壁紙
寝室
  • ・落ち着ける空間であることが必要
  • ・空気がこもりやすい
  • ◎通気性や調湿機能に優れた壁紙
  • ◎淡い色味の壁紙
※天井に壁よりも濃い色を使うと落ち着きが出るのでオススメ。
 ただし、色が濃すぎると圧迫感が生まれるので注意が必要。
ペット部屋
  • ・特別汚れやすく、傷つきやすい
  • ・においがこもりやすい
  • ◎耐久性に非常に優れた壁紙
  • ◎汚れに強く、手入れしやすい壁紙
  • ◎消臭機能に優れた壁紙
個性を出したい部屋
  • ・デザイン性が求められる
  • ・家具にこだわっていることが多い
  • ◎思い切った柄物の壁紙
  • ◎デザイン性の高い壁紙
  • ◎家具の雰囲気に合わせた壁紙
※アクセントとして濃い色の壁紙を使うのもGood

どんな色、どんな柄にすればいいのかまったくわからないという場合は、どの部屋の壁紙クロスを探しているのかという観点から、柄や色にある程度の目星をつけることをオススメします。

Step5 機能から選ぼう!

壁紙クロスには、様々な機能があります。代表的な機能は以下の表の通りです。

機能 特徴
消臭機能 においがこもるのを防いでくれる
調湿機能 室内の湿度を調節してくれる
防カビ機能 湿度をコントロールしてカビを防ぐ
表面強化機能 一般のものに比べて耐久性に優れ、破れにくく、傷つきにくい
不燃機能 燃えにくい素材で火事のときにも安心
抗菌機能 雑菌の繁殖を防ぐ

このほかにも、メーカーやシリーズごとに、本当に様々な機能が備わっており、どんどん壁紙クロスの機能性は高くなってきています。お部屋にどのような機能が必要なのかをしっかり考えて、壁紙クロスを選ぶようにしましょう。工事屋さん.comには細かい機能から製品を検索することもできますので、検索の際にはぜひご利用ください。

さて、ここまで壁紙クロスを選ぶ際に着目していただきたい5つのポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたか?壁紙クロスは、部屋の印象を大きく左右する、非常に重要な要素のひとつ。笑顔で過ごせる心地よいお部屋を作るためにも、このページを参考にしながら、細部までこだわって壁紙クロスをお選びください。

このページのTOPへ このページのTOPへ