カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

電動昇降吊戸棚の選び方

導入するだけでとてもスムーズにお料理を進めることが出来るようになる電動昇降吊戸棚。 けれどその電動昇降吊戸棚は意外と製品の種類が多く、選ぶのにお困りの方も多いのではないでしょうか。 何を基準に選べば良いかわからなくて、導入を迷っているという方もいらっしゃるかもしれません。 導入しても持て余してしまっては意味がありませんし、せっかく導入するのですから、便利で使いやすいものを選びたいですよね。 このページでは、よりスムーズで楽しい調理を約束してくれる電動昇降吊戸棚を選ぶために、注目したいポイントをご紹介いたします。

Step1 昇降タイプを選ぼう!

まず、昇降の仕方という点において、電動昇降吊戸棚はタイプが2種類に分かれています。 1つ目のタイプは、ボタンから手を離すとそこで昇降が止まる「プッシュムーブタイプ」。柔軟に昇降の具合をコントロールできるので、 自分がもっとも使いやすい高さまで吊戸棚を降ろして使用することが可能です。 2つ目のタイプは、ワンタッチで自動昇降してくれる「オートムーブタイプ」。 ボタンをずっと押しっぱなしにしておく必要がないので、少しの時間も無駄にせず、効率的に調理を勧めることが出来ます。

どちらのタイプが良いと思うかは人それぞれ。 たとえば、オートムーブタイプで昇降する高さでは使い難いという方には自由に高さを決定できるプッシュムーブタイプがお勧めですし、 逆に細かい高さは気にしないからとにかく効率的に調理がしたいという方にはオートムーブタイプがお勧めです。 実際に調理をされる方のことを考えて、使い勝手をしっかり吟味しましょう。 実際の使い勝手を正確に把握するためにも、ショールームに足をお運びいただくことをお勧めします。

Step2 収納の態様を吟味しよう!

電動昇降吊戸棚は商品によって収納の態様が異なりますが、この態様について大きく2種類に分けることが可能。 吊戸棚を乾いた食器類や調理器具の収納スペースとして使用する収納タイプと、 洗い終わった食器を干すための水切り棚として使用する水切りタイプの2つです。 水切り籠を置いてシンク周りをゴチャゴチャさせたくないという方には水切りタイプがお勧めですし、 食器や調理器具の収納スペースを増やしたいという方には収納タイプがお勧めです。 また、どっちも捨てがたいという方には、水切り棚と収納スペースの両方ともを備えており、 調理から後片付けまできっちりサポートしてくれる商品もございます。 大切なのは、どちらのタイプがもっとも使いやすいかということ。実際の調理作業をシミュレーションしてみて、スムーズな調理の手助けになる方をお選びください。

Step3 機能を選ぼう!

昇降タイプと収納の態様が決まったら、電動昇降吊戸棚選びもあと一息。 次は、機能を選びましょう。電動昇降吊戸棚には、様々な機能が搭載された商品もございます。 食器乾燥機付きの商品や除菌乾燥が可能な商品、よりおいしくお料理を食べることが出来るようにディッシュウォーマー機能が搭載されている商品などがその例です。 けれどもこれは一例に過ぎず、商品ごとに備えている機能は多種多様。 昇降タイプと収納の態様から絞り込んだ商品には、それぞれどのような機能を備えているのか、その機能はどのように便利なのか、 そして、もしそれを導入した場合にご家庭にどのようなメリットがあるかなどをしっかり考えた上で、必要な機能を選択しましょう。

ここまで、電動昇降吊戸棚を選ぶために注目してほしいポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたか? 電動昇降吊戸棚はとても便利な調理の味方ですが、下手な選び方をしてしまうとつい持て余してしまいがちな商品でもあります。 後悔のない買い物とするために大切なのは、選ぶときに商品を導入したときのことをしっかりシミュレーションすること。 現在の調理の様子と導入後の調理の様子をしっかりシミュレーションし、最適な商品をお選びください。

このページのTOPへ このページのTOPへ