カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

LED照明と蛍光灯の比較

消費電力、長寿命といわれているLED照明ですが、実際蛍光灯と比べてどのように異なるのでしょうか。このページでは、明るさ、点灯スピード、熱量、消費電力、電気代、寿命の観点からLED照明と蛍光灯を比較していきます。

LED照明と蛍光灯の明るさ

LED照明と蛍光灯は光の広がり方が違うので、同じ光の量だと記載されていても、光の感じ方に差が出てきます。LED照明は蛍光灯と比べて光の広がり方が狭いものが多く、天井や壁で反射される光が少なくなり、部屋全体を見ると暗く感じてしまう可能性があります。一方、LED照明は下方向の光は多いので、照明の真下では蛍光灯より明るく感じます。なお、全方向タイプのLED照明であれば、光の広がり方は蛍光灯と同じです。

光の広がり方 イメージ

また、LED照明は室温が変化しても明るさは変動しないのに対し、蛍光灯は低温環境では光の量が大幅に減少し、通常の40%から50%になってしまいます。

LED照明と蛍光灯の点灯スピード

LED照明は瞬時に点灯し、100%の明るさになるまでにかかる時間は約1億分の5秒から1千万分の1秒で極めて短いです。一方、蛍光灯は点灯まで若干時間がかかります。最初は70%程度の点灯状態で、100%の明るさになるまで数秒かかります。

LED照明と蛍光灯の熱量

LEDと蛍光灯の熱量

LED照明の光自体にはほとんど赤外線が含まれていないため、熱は感じませんが、LED素子自体は発熱します。一方、蛍光灯も光自体にはほとんど赤外線が含まれていませんが、LED照明より本体が熱くなりやすく、わずかではありますが、LED照明よりは熱を感じます。同じ光の量で発熱量を比較すると、電球型LEDランプは蛍光灯の0.88倍です。

LED照明と蛍光灯の消費電力

LED照明は消費電力が少なく、蛍光灯の消費電力の約50%から60%です。40Wの白熱電球と同程度の明るさの場合、消費電力はLED電球は約4.5W、電球型蛍光灯は約8Wです。60Wの白熱電球相当の明るさの場合、消費電力はLED電球は約7.5W、電球型蛍光灯は約12Wです。

LED照明 蛍光灯
40W相当 約4.5W 約8W
60W相当 約7.5W 約12W

LED照明と蛍光灯の電気代

LED照明は蛍光灯と比べて消費電力が少ないので、電気代も抑えることができます。40,000時間使用したとして電気代を比較すると、60W相当のLED電球は約5,200円、60W相当電球型蛍光灯は約11,000円で、約6,000円お得です。実際には、蛍光灯の寿命は40,000時間より短いので、その間新しい蛍光灯と取り替えることも考慮すれば、LED照明はさらにお得といえます。

LED照明と蛍光灯の電気代

LED照明と蛍光灯の寿命

LED照明の寿命は約40,000時間、蛍光灯の寿命は約6,000時間から13,000時間で、LED照明は蛍光灯の4倍から6.5倍長持ちするといわれています。1日8時間使用すると、LED照明は約13年6ヶ月、蛍光灯は約4年6ヶ月使える計算です。
また、蛍光灯は点灯する際に最も負担がかかるため、1回の点滅で寿命が約1時間短くなります。一方、LED照明は点灯、消灯に強く、点滅を繰り返しても影響はありません。しかし、LED照明は熱に弱く、十分に放熱ができないと大幅に寿命が短くなってしまいます。取り付ける際には、きちんと放熱できるかの確認も重要です。

LED照明 蛍光灯
明るさ 光の広がり方が狭いものもあり、そのようなタイプの場合、真下は明るい
LED照明は室温が変化しても明るさは変動しない
光の広がり方が広く、部屋全体が明るい
低温環境では光の量が大幅に減少する
点灯スピード 瞬時に点灯する 完全に明るくなるまで数秒かかる
熱量 LED素子自体は発熱する
発熱量は蛍光灯の0.88倍
本体が熱くなりやすい
消費電力 40W相当:4.5W
60W相当:7.5W
40W相当:8W
60W相当:12W
電気代 (60W相当、40,000時間使用の場合)
約5,200円
(60W相当、40,000時間使用の場合)
約11,000円
寿命 約40,000時間 約6,000時間から13,000時間

このように、LED照明と蛍光灯は消費電力や寿命に加え、光の広がり方や寿命を保つために気をつけるべき点も異なります。設置する場所や点滅の頻度もご考慮のうえ、このページを参考にご自身に合った照明をお選びください。

このページのTOPへ このページのTOPへ