カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯
  • キッチン
  • 浴室
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 水まわり
  • 内装
  • 暖房
  • 発電・充電
  • エクステリア
  • クリーニング・トラブル
  • ポンプ
  • 情報・セキュリティ
>
給湯器とエコジョーズの違いとは?

給湯器とエコジョーズの違いとは?

見た目や、ガスでお湯を沸かすという点ではほとんど違いがない給湯器とエコジョーズ。いまいちどう違うのかわからないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこでこのページでは、光熱費、価格などの観点から給湯器とエコジョーズの違いをご紹介いたします。

目次[]

    1. ガス代を削減!

    給湯器とエコジョーズの違いは、なんといってもガス代の削減効果。給湯器からエコジョーズに変えるとガス代を大幅に削減できると言われています。ここでは、なぜエコジョーズではガス代が削減できるのか、そして具体的にはいくらお得になるのかを見ていきます。

    (1) ガスの使用量を減らします

    熱効率はガス代を左右する重要な要素。エコジョーズは、従来の給湯器では捨てられていた排気熱を上手く活用してお湯を沸かします。そのため、熱効率が約95%までアップし、少ないガス量でたくさんお湯を沸かせるようになりました。

    従来型給湯器とエコジョーズの排気ロスの比較

    ガスの使用量が減れば、もちろんガス代も減ります。エコジョーズにすれば、給湯器と同じ量のお湯を使っても、年間のガス代は約9,800円※もお得に!

    ※給湯+追い焚きで消費される熱量を年間15,300MJ、LPガス料金を1kWhあたり16.0円として計算

    従来型ふろ給湯器とエコジョーズのランニングコストの比較

    (2) お得な料金プランも

    エコジョーズの料金プランの比較

    エコジョーズを導入すると、お得なガス料金プランに加入できるガス会社もあります。たとえば、東京ガスの「湯ったりエコぷらん」。エコジョーズなどの潜熱回収の仕組みのある給湯器を使っている場合、年間を通じて一般料金が3%割引に!エコジョーズにするだけで、ガスの使用量が減るだけでなく、料金プランもお得になるのです。

    ガス会社ごとにエコジョーズ向けのガス料金プランは異なります。ご利用のガス会社の料金プランをぜひご確認ください。なお、大手都市ガス4社の料金プランとサイトは以下の表の通りです。

    ガス会社 料金プラン サイト
    東京ガス 湯ったりエコぷらん http://home.tokyo-gas.co.jp/gas/ryokin/yuttari/index.html
    大阪ガス GAS得プラン
    エコジョーズ料金
    http://home.osakagas.co.jp/price/menu/profitable/p_04.html
    東邦ガス エコジョーズ料金 http://www.tohogas.co.jp/home/gas-fee/menu/choice-home-04/
    西部ガス 家庭用高効率
    給湯器契約
    http://www.saibugas.co.jp/home/rates/menu/discount.htm#ecojozu

    2. 電気代も削減!

    電化製品の待機電力

    給湯器も実はたくさんの電気を使います。なんと、待機電力(待機時消費電力)の多い電化製品第1位は給湯器、風呂釜などのガス温水器!全待機電力に占める割合は19%に及びます。知らないうちに消費してしまっている待機電力を減らせたら嬉しいですよね。

    そこで注目したいのがエコジョーズ!実は、エコジョーズはガスの使用量だけではなく、消費電力も削減できる優れものです。給湯器の待機電力は約2.0Wから7.0Wでしたが、エコジョーズでは約0.9Wから3.6Wまで減少。給湯器の半分ほどの待機電力になりました。

    また、エコジョーズにすることで、給湯時の消費電力も削減することができます。24号、給湯専用の給湯器の場合、従来型は約72Wから82W、エコジョーズは48Wから56W。毎日使う給湯器の消費電力を削減できたら、とてもお得ですよね。

    3. 気になる本体価格は?

    基本的には、給湯器よりエコジョーズの方が本体価格は少し高め。給湯器とエコジョーズの本体価格(メーカー希望小売価格)を比べてみましょう。

    給湯器 エコジョーズ
    給湯のみ 給湯+追い焚き 給湯のみ 給湯+追い焚き
    16号 10万~21万円 24万~33万円 15万~18万円 29万~44万円
    20号 11万~27万円 22万~34万円 16万~22万円 28万~46万円
    24号 12万~26万円 25万~42万円 18万~27万円 34万~44万円

    特に、給湯に加えて追い焚き機能のついた、ガスふろ給湯器の場合、エコジョーズの方が高価です。しかし、給湯器と比べて光熱費を抑えられることを考慮し、長い目で見ればエコジョーズはとてもお得。

    24号、給湯に加えて追い焚き機能もついた、ガスふろ給湯器で費用を比較してみましょう。以下のグラフのように、本体の価格とガス代を合わせた費用は2年から3年経つとエコジョーズの方が安くなります。そして、その差は年数が経つにつれ、どんどん開いていきます。つまり、エコジョーズは使えば使うほど給湯器よりお得になるのです。

    給湯器とエコジョーズの費用比較

    4. 特別な工事は必要?

    エコジョーズを設置する際には、給湯器では必要のない、ドレン配管工事が必要になります。ドレン配管とは、お湯を沸かす過程で発生するドレン水を排水するための管。専用の配管でドレン水を受け、排水管を排水溝や既存の雨どいにつなげるなどして流します。ドレンアップ対応の製品であれば、三方弁という装置を設置することで、浴室の排水口にドレン水を排水することもできます。

    一軒家の施工例 集合住宅の施工例
    一軒家の施工例 集合住宅の施工例
    三方弁
    三方弁方式の構成

    設置する建物の状態によってドレン配管の施工方法は変わってきます。施工方法を詳しく知っておく必要はありませんが、どのような工事になりそうかという目安としてご活用ください。

    5. 設置場所に注意!

    エコジョーズの設置例

    ドレン配管工事に加えてエコジョーズに独特なのが結露への配慮が必要という点です。エコジョーズは従来型では捨てていた熱を回収して使うため、排気ガスの温度が100℃以下と低くなっています。そのため、従来型と比べて排気ガス中の水蒸気が結露しやすく、注意が必要です。

    たとえば排気ガスの吹出方向にサッシなどの金属製のものがある場合、結露が原因で腐食してしまうことも。エコジョーズを設置する際には、障害物のない空間に排気できるよう、設置場所も考慮する必要があります。

    6. まとめ

    いかがでしたか?まとめると、給湯器とエコジョーズの違いは以下の通り。

    • ガス代を削減できる
    • 電気代を削減できる
    • 本体価格は少し高め
    • ドレン配管工事が必要
    • 設置場所に注意が必要

    エコジョーズは給湯器と比べて本体価格が少し高く、ドレン配管工事という特別な工事が必要にはなりますが、メリットもたくさんあります。長い目で見ればとてもお得なエコジョーズ。ぜひご検討ください。

    このページのTOPへ このページのTOPへ