カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

EV用普通充電器のメリット

EVとは、「Electric Vehicle」の略称であり、ガソリンの代わりにバッテリーに溜めた電気を使って走行する自動車のことを言います。今はまだ広く普及しているとは言えないEVですが、環境問題や原油価格の上昇傾向などを考えると、今後EVが普及していくことは間違いありません。EVが普及し始めると、当然必要になるのはEV用の充電器。EVとEV用普通充電器がもたらすメリットとは一体何なのでしょうか? ここでは、それら2つが私たちにもたらしてくれるメリットについてご紹介たします。

メリット1 補助金制度で安価に導入

増え続けている環境問題への対策が求められている現在、国はその対策として、EVの普及を推進しようとしています。EV用普通充電器は、EVを導入するには必要不可欠なもの。そのため、EVはもちろんのこと、EV用充電器の導入に際しても補助金制度を完備しています。普及率が低い現在は、条件を満たせば、国からだけでなく自治体からも補助金を受け取ることが可能。そのため、安価でお得にEV用普通充電器を導入することができるのです。

補助金情報はこちら

メリット2 手間要らずで更にお得

EVの充電のイメージ図

ガソリンで動く自動車の場合、ガソリンを供給するためにはガソリンスタンドまで足を運ばなければなりません。一方、ご家庭の自動車をEVに買い替え、EV用普通充電器をご家庭に導入すれば、わざわざガソリンスタンドまで足を運ぶ必要はなく、ご家庭での充電が可能。ひとつ手間を減らすことができます。更に、オール電化住宅の方や専用の電気料金プランをご利用の方の場合、割安の夜間電力で充電を行うことによって、よりお得に充電することが可能です。現在の価格上昇の傾向を見るに、今後ますます値上がりしていくであろうガソリンを用いた自動車よりも、自動車の維持費が安く済むことは間違いありません。確かにイニシャルコストは少し高く思えますが、長い目で見ればよりお得な買い物だと言えるでしょう。

メリット3 いざというとき身を守る

家庭用電源としてのEVのイメージ図

近頃は、災害時を見越して蓄電池として利用できるEVなども登場しています。災害が起こって電気が使えなくなったとき、EVに蓄えられている電力を、生活用電気として用いることができるのです。オール電化が進み、生活の多くの面で電気に依存している現在、電気が使えないとなると生活が立ち行かなくなってしまう方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。逆に言えば、災害が起きたときに電気が使えるならば、これほど心強いことはありません。EV、そしてEV用普通充電器は、地球環境を守ってくれるだけでなく、災害時に私たちも守ってくれる頼もしい味方なのです。

さて、ここまでEVとEV用普通充電器についてご紹介してきましたが、いかがでしたか? じっくり時間をかけて充電するEV用普通充電器は、ご家庭はもちろん、ホテルや大型テーマパーク、ショッピングモールなど、人々が長時間駐車しておくであろう場所への導入もオススメです。EVもEV用普通充電器も、長い目で見ればお得なお買い物になるのは間違いありません。早期導入をして、よりたくさんのメリットを実感してみてはいかがでしょうか? これを機に、導入を是非ご検討ください。

このページのTOPへ このページのTOPへ