カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

石油給湯器のメリット

皆さんは、石油給湯器がどのようなものなのかご存知ですか?様々な場面でガスや電気が使われている現在、石油給湯器と聞いてもあまりぴんと来ない方がたくさんいらっしゃいますよね。「石油式なんて時代遅れじゃない?」「ガスや電気に比べて不便そう」なんて感じているかもしれませんね。けれども、決してそんなことはありません。石油給湯器は現在においても根強い人気が残っており、ガスや電気に負けず劣らずたくさんのメリットがあるのです。ここでは、石油給湯器がいったいどのようなものかを紹介するとともに、石油給湯器の持つメリットを余すところ無くお伝えします。

メリット1 灯油燃焼でパワフル給湯

石油給湯器とは、灯油を燃料に燃焼バーナーを利用して給湯してくれる給湯システムです。石油給湯器の何よりの利点は、そのパワフルな給湯能力。石油を用いた燃焼なので、ガスや電気よりもずっとパワフルに給湯してくれます。そのため、寒冷地との相性も良好。ガスや電気だと寒冷地ではランニングコストが高くなってしまいがちですが、石油給湯器ならそんなこともありません。もともとの給湯能力がパワフルなので、寒冷地でも安心して利用可能。ランニングコストがそれほど高くなりません。

メリット2お財布にやさしい低コスト

石油給湯器の魅力2つ目は、その経済性にあります。メリット1でも少々触れましたが、石油給湯器はランニングコストに優れています。特に寒冷地と相性が良く、寒くても安く給湯することが可能なため、寒冷地にお住まいの方には特にオススメです。また、電気温水器やエコキュートと異なり、そもそもの製品代も大変安くて経済的。設置工事もエコキュートや電気温水器よりも安く済むので、イニシャルコスト・ランニングコスト共に全体的に低コストに抑えることが出来て、とってもお財布にやさしい製品といえるでしょう。4人家族の場合の年間の平均ランニングコストを比較すると、給湯器は約114,000円、石油給湯器は約51,000円で、給湯器よりも約63,000円お得です。

ランニングコストのグラフ

メリット3 誰もが使いやすい機能もたくさん

「貯湯式しかないと不便じゃない?」「でも、石油給湯器って使いにくそう……」そう感じられる方ももちろんいらっしゃいますよね。けれど、そんなことはありません!以前は確かに石油給湯器の主流は貯湯式でしたが、現在は瞬間式(直圧式)の製品も多く普及しており、瞬間式(直圧式)が主流となっています。この方式は、必要量だけその都度加温して利用するので、きめ細かい制御や温度設定が可能。その場で必要量を加温するので、限度水量が無く、お湯切れの心配もありません。また、機能面においても、備えている機能は電気やガスの給湯システムとほとんど同じ。そのため、「電気やガスの給湯システムでは出来るけど石油給湯器では出来ない」なんてことも起こりません。また、コンパクトな製品等も多くあるため、設置場所の確保がしやすく、設置が簡単なことも特徴です。このように、石油給湯器には、様々な点で誰もが使いやすい製品といえるでしょう。

いかがでしたか?ガスや電気が普及している現在、石油を使うとなると、少し古臭い感じがしてしまうのは仕方ありません。しかしながら、昔から今まで継続して使われているものには、使われ続けるだけのメリットがあります。石油給湯器のいいところに触れれば、「古臭い」「不便そう」といった認識が変化するかも知れません。これを機に石油給湯器がどのようなものか、本当にイメージどおりのものかを見極め、導入、買い替えをご検討ください。

このページのTOPへ このページのTOPへ