カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

室内物干しユニットのメリット

春の花粉対策や、梅雨時、台風の多い夏場、気温が低く日中だけでは乾ききらない秋や冬など、洗濯物の部屋干しは、一年を通して頻繁に行われます。また、部屋干しは、急な天候の変化への対応策や花粉対策として役に立つだけではなく、室内の加湿効果や、女性の一人暮らしであることを隠してくれる効果なども期待できる、とても便利な方法です。ですが、いざ部屋干しをするとなると、面倒なことも多いですよね。洗濯物を室内に干しているとスペースをとって邪魔だったり、干すためのスペースが確保できなかったり。あるいは、室内干し用の物干し竿を出し入れするのが面倒、なんてこともあるのではないでしょうか。それらの問題を解決してくれるのが、室内物干しユニット。このページでは、室内物干しユニットのどのような特徴が、部屋干しに伴うこれらの問題を解決してくれるのかをご紹介いたします。

メリット1 空きスペースをすっきり活用!

置くタイプの物干しの場合、それを置くスペースを確保するだけでも大変ですが、洗濯物を干すとさらにスペースが必要になり、室内で過ごすにあたって大変邪魔に感じてしまうことも多いのではないでしょうか。邪魔にならない程度の物干し竿を使うとなると、一度にあまりたくさんの洗濯物を干すことができず、何度かに分けて洗濯しなければならなくなって面倒に感じている方もいらっしゃいますよね。室内物干しユニットなら、それらの不満にさようなら。壁や天井に取り付けることによって、空きスペースを上手に活用できるので、干している洗濯物が邪魔になりません。また、洗濯物の量に応じて室内物干しユニットのサイズやタイプを選ぶことによって、たくさんの洗濯物を干すことが可能。勿論、スペース確保の点でも問題なし!室内物干しユニットを導入するだけで、より快適に洗濯物を干すことができますよ。

メリット2 簡単操作で出し入れ自由!

置くタイプの物干しは、収納してある場所から出し入れするのが面倒くさい、という声もよく耳にします。物によっては組み立てなければならないものもあり、出し入れするだけで手間がかかってしまい、大変ですよね。また、そもそも物干しそのものの収納にかなりのスペースが必要になり、邪魔になってしまっていることも多いのではないでしょうか。室内物干しユニットなら、その点も心配ありません。室内物干しユニットは、スイッチや紐を用いた簡単な操作で出し入れが可能。身長にあわせて物干しの高さも決めることができるので、お年寄りや車椅子の方も安心です。また、室内物干しユニットは、使用しないときにはすっきり収納することができます。そのため、必要以上の収納スペースを取ってしまう心配もありません。収納場所の問題を解決しながら、誰もが簡単に使用できる、それが室内物干しユニットなのです。

ここまで、室内物干しユニットのメリットについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?あらゆる場面で活躍し、メリットも多い室内干し。ですが、室内干しならではの問題のために、室内干しを躊躇ってしまう方も多かったのではないでしょうか。室内物干しユニットを導入すれば、これまで常に付きまとっていた室内干しならではの問題を綺麗さっぱり解決し、より快適なお洗濯ライフを送ることができます。より快適に、より便利に生活を送るためにも、室内物干しユニットを導入してみてはいかがですか?これを機に、是非ご検討ください。

このページのTOPへ このページのTOPへ