カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

産業用太陽光発電のメリット

家庭において、光熱費の削減やエコなど様々な面で活躍し、注目を集めている太陽光発電ですが、太陽光発電は一般家庭だけでなく、企業や会社などにも大きなメリットをもたらすということをご存知でしょうか。一度導入するだけで、長期に渡って多くの利益をもたらしてくれるもの、それが産業用太陽光発電です。それでは、一体産業用太陽光発電にはどのようなメリットがあり、どういった点でお得なのでしょうか?このページでは、産業用太陽光発電のメリットについてご紹介いたします。

メリット1 少ないリスクで投資効果大!

産業用太陽光発電の最大のメリットは、それを導入したときに得られる投資効果にあります。導入するだけで多くの経済的メリットを得ることができる産業用太陽光発電ですが、いったいどのようなメリットがあり、どれほどお得なのでしょうか?産業用太陽光発電が持っている経済面でのメリットを、いくつか見ていきましょう。

◎全量買取制度

一般に、産業用太陽光発電といえば企業や会社が、家庭用太陽光発電といえば一般家庭が導入するというイメージが強いですが、実は家庭用太陽光発電は、一般家庭しか導入できないという類のものではありません。そのため、もし産業用と家庭用の製品の違いが発電量だけならば、「企業だって高価な産業用ではなく、安価な家庭用を導入すればいいじゃないか」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

けれど、そんなことはありません!産業用太陽光発電と家庭用太陽光発電の間には、”買取制度の違い”という大きな違いがあり、これがメリットの違いに直結しているのです。家庭用太陽光発電の場合、買い取ってもらえるのは、使いきることができなかった余剰電力のみ。一方、産業用太陽光発電の場合、余剰電力でなくとも、発電した電力のすべてを電力会社に買い取ってもらえるのです。それはつまり、企業・会社内の電力をまかなうという目的じゃなくても、産業用太陽光発電を設置さえすれば、そこで発電したものをすべて買い取ってもらえるということ。産業用太陽光発電の方が家庭用よりも面積が大きく、より多くの電力を生み出すことができる上、全量を固定価格で買い取ってもらえるので、買い取ってもらえる量は家庭用よりもはるかに多く、とてもお得なのです!全量買取期間は20年まで延長が可能なので、余った土地などに産業用太陽光発電を設置すれば、長期にわたって安定した収入を得ることができますよ。

◎税制の優遇を受けられる

さらに、産業用太陽光発電でお得なのは、電力の買取だけではありません。産業用太陽光発電は、再生可能エネルギーを用いて、多くの電気を生み出してくれるエコな製品。そのため、環境問題が注目されている現在、産業用太陽光発電を消費者に取り入れてもらうことを目的として、国が様々な制度を実施しています。その中のひとつが税制の優遇という制度。産業用太陽光発電は導入に補助金が出る上、税額控除あるいは特別償却が受けられたり、固定資産税が3年間3分の2になるなど、税制の優遇をたくさん受けることができるのです。税金は、たいしたことないと思っていても、意外と大きな出費になります。産業用太陽光発電は、そういった出費を抑えてくれるのです。

◎光熱費の削減にもお勧め

そして勿論、産業用太陽光発電は光熱費の削減にもつながります。多くの電気を生み出してくれるので、大きな会社や工場であっても電力をまかなうことが可能。工場やアパートに導入する場合、一般家庭が太陽光発電を導入するときの場合と同様に、自社の電力をまかなって光熱費を大幅に削減した上で余剰電力を売電することの方が、すべて売電するよりもお得な場合があるかもしれません。どちらがお得かしっかり見極めれば、お得な方をお選びいただけます!

確かに導入のためにかかる費用は少し大きくなりますが、導入には補助金が出る上、リースによる導入も可能。得られるメリットが大きく、6~7年くらいで元が取れることを考えても、スケールメリットで言えばとてもお得だと言えるでしょう。

メリット2 再生可能エネルギーで環境に貢献!

現在日本は、環境面において様々な問題を抱えています。たとえば、地球温暖化。火力発電でCO2の排出量が増えることによって、私たちは私たちの地球をますます追い詰めてしまっています。たとえば、原子力発電問題。私たちが使用するすべての電力を火力発電のみでまかなうことはできません。そのため、原子力発電なども用いられてきたのですが、いつまた事故が起こってしまうかはわかりません。安全を考えると、原子力発電を頼るのはとても不安ですよね。

たとえば、資源の問題。日本は現在、資源の枯渇に悩まされています。日本国内で採れる石油等の資源はどんどん減ってきており、いつ完全に枯渇してしまうかわかりません。これらの問題を解決してくれるのが、太陽光という再生可能エネルギーを用いて発電する、太陽光発電なのです。産業用太陽光発電なら、たくさん発電してくれるので、CO2排出量をぐっと減らしてくれ、火力発電だけでは足りない電力の足しになります。火力発電を減らすことができれば、当然資源も節約することが可能。調べによると、10kwの太陽光発電システムを導入した場合、年間の発電量は約1万kwhにものぼり、その結果、18Lのポリタンク126本分に相当する石油を節約してくれ、また、5.2tのCO2を削減してくれるそうです。

産業用太陽光発電は、私たちが現在抱えている多くの環境問題を、解決へと導いてくれる救いの手となりうるのです。ちなみに、私たちの未来を照らしてくれるであろう産業用太陽光発電を導入することは、自らの手で環境に貢献できるだけでなく、”環境問題を考慮しているクリーンな企業”として、自社に対する消費者のイメージアップを図ることもできます。市場経済は、イメージが大きな影響力を持つ世界。イメージアップは、経営戦略の第一歩として非常に有効ですよ。

メリット3 災害のときにも安心・安全!

何か大きな災害が起こったときには、電気・ガス・水道などがやむを得ず止まってしまうしまうことがあります。しかしながら、私たちは、多くの面において電気・ガス・水道に頼りきりです。特に、科学の発展に伴い、機械化が進んだ昨今では、電気が止まってしまうと仕事が回らなくなるだけでなく、それによって大きな損害を生じてしまう可能性がありますよね。災害が起きたからといって休業できる職種なら良いですが、人々の生活に深くかかわっている業務の場合、そういうわけにも行きません。そんなとき、非常用の電源として産業用太陽光発電を設置していれば安心!たとえ電力会社から供給される電気が止まったとしても、設置してある産業用太陽光発電システムが作ってくれた電力で、業務に必要な機械を動かすことができます。産業用太陽光発電をひとつ導入しておくだけで、災害に遭ったときの心持が随分違うのは間違いありません。

ここまで、産業用太陽光発電システムの持つメリットをご紹介してきましたが、いかがでしたか?上でご紹介したことのほかにも、たとえば持て余してしまっている広い土地を有効活用できるなど、産業用太陽光発電にはまだまだ多くのメリットがあります。”産業用”と言葉は少し大仰ですが、それは10kw以上の設備を示しており、産業用太陽光発電システムはおよそ300万円程度から導入が可能。皆様のご想像よりもずっと安く導入ができるのではないでしょうか。産業用太陽光発電は、長期収入が保証される割にリスクがほとんどないという極めてまれな投資のひとつ。一石二鳥 どころか、一石多鳥と言っても過言ではありません!投じた一石で多くの利益を得るためにも、導入してみてはいかがでしょうか?これを機に、是非ご検討いただければ幸いです。

このページのTOPへ このページのTOPへ