カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

業務用エコキュートのメリット

業務用エコキュートは家庭用と多くの点で共通しています。しかしながら、企業や店舗にエコキュートを導入することで得られる恩恵は家庭以上のものがあります。電気を使って賢くお湯を沸かす業務用エコキュート。どのようなメリットがあるのか、以下でご紹介していきます。

メリット1 ガス代も電気代も節約!価格以上の効果アリ

エコキュートでお湯を沸かす際、電力は使われるエネルギーの1/3程度しか占めません。残りはすべて大気中の熱エネルギーを利用しているのです。つまり今までお湯を沸かす際に使っていたガスや電気などが1/3になるわけですから、それだけ月々のコストを抑えることができます。 加えてエコキュートは夜行性です。電力需要が少なく電力料金の安い夜間にお湯を沸かして日中に利用するので、より電気代を節約することができます。

またプロパンガスなどを利用している地域では、特にガス代が高くなってしまうもの。エコキュートを導入することでガス代を気にせずにお湯を利用することができるのです。 システムの価格が高いために導入を躊躇されている方もいらっしゃるでしょうが、ガス代と電気代の節約によって初期費用は5~10年ほどで回収できるといわれています。長い目で見ればエコキュートは断然お得なのです。

エコキュートは電力料金の安い夜間にお湯を沸かしていることを示した図

電力需要が少ない夜間は電力料金も安くなる。エコキュートはその時間を狙ってお湯を沸かします。

メリット2 ガスを使わないから、安心安全

従来の給湯器はガスを使うため、ガス漏れや火災などの危険が伴います。安全性の高い製品を購入したとしても経年劣化によってそういったリスクは高まってきます。加えてガス給湯器を利用している最中は、一酸化炭素中毒などを予防するために換気を行うなどの配慮が必要です。一酸化炭素は無色無臭で感知しにくい気体ですが、非常に毒性が強く毎年何件もの事故が起きており死亡者も出しています。

対してエコキュートは電気のみでお湯を沸かすため、ガスにはつきものの上記のリスクがありません。エコキュートは安心と安全を提供してくれるのです。そしてガスを使わないエコキュートは、所定の条件を満たせば屋内に設置できます。企業や店舗によっては外にはまったく設置場所がないという場合や、給湯システムを人目から隠したいという場合もあるでしょう。業務用エコキュートならそれらの条件を満たして快適なお湯の利用を実現することができるのです。

メリット3 CO2とフロンを減らしてエコな暮らしに!

効率がよく自然のエネルギーを利用するエコキュートは化石燃料などの資源を節約するとともに、CO2排出量の削減にも力を発揮してくれます。また、エコキュートに利用されるヒートポンプはエアコンなどと同じものなのですが、そこで利用される冷媒はオゾン層を分解してしまうフロンではなくCO2なのです。CO2の排出量を減らしフロンを使わないエコキュートは、お財布にやさしいだけでなく地球にも優しいです。環境問題への取り組みが企業でも重視されるようになった昨今、CSR活動として環境への配慮が挙げられることも多くなっています。エコな給湯システムである業務用エコキュートはお客様にとって大きなアピールポイントの一つにもなるのです

メリット4 幅広いニーズに応えます!

企業や店舗と一口に言ってもその規模や条件はさまざまであり、電源の仕様や必要なお湯の量はさまざまです。 業務用エコキュートはお客様ひとりひとりのニーズに応えることができるよう、サイズや動作条件の異なる幅広いラインナップが用意されています。お客様の条件に合致する製品がきっと見つかるはずです。万が一見つからない場合でも、メーカーに相談すれば製作可能になる場合があるので、お気軽にご相談ください。

メリット5 厳しい環境でも大丈夫!

エコキュートのシステムは複雑ですから故障などを不安視されるお客様も多いでしょう。特に店舗などで利用される場合には、連続しての動作や風雨にさらされる設置場所など厳しい使用条件になることも十分に考えられます。ですから業務用エコキュートは家庭用よりも分厚い外装、丈夫な部品が使用され耐久性が向上しています。 故障などを気にせず安心してお使いいただけるのです。

このように、エコキュートには企業、事業主のみなさまにとって多くのメリットがあります。店舗や企業での使用のために設計されている業務用エコキュート。もっと快適なお湯の利用のために、ぜひ導入をご検討ください。

このページのTOPへ このページのTOPへ