カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

IHクッキングヒーターのメリット

最近「オール電化」という言葉をよく耳にする。そんな方も多いのではないでしょうか。オール電化の製品は様々な種類がありますが、その中でも、堂々の人気No.1を誇るのが、「IHクッキングヒーター」です。なぜIHクッキングヒーターは多くの人々を惹きつけるのでしょうか? ここでは、IHクッキングヒーターのメリットに迫ります。

IHクッキングヒーターには、大きく分けて3つのメリットがあります。

メリット1 見た目すっきり! 清潔感溢れるキッチン

多くの人がIHクッキングヒーターのメリットとして挙げている点に、「お掃除が簡単」という点があります。お料理をしていると、どれだけ気をつけていても吹きこぼれや煮こぼれをしてしまいますよね。ガスコンロでは、この吹きこぼれや煮こぼれの汚れを掃除するのが大変。特に、コンロトップや火元は油でべとべとになりやすく、掃除をするのは面倒です。見て見ぬフリしているうちに、どんどん汚れがたまっていく……。そんな経験がある方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

IHクッキングヒーターなら、面倒なコンロ周りのお掃除はさっと一拭きするだけでOK。天板に凹凸がなく、ガラス製なので、濡らしたタオルで拭くだけでぴかぴかになります!「拭くだけじゃ落ちない汚れもあるんじゃないの?」とお考えの方も、ご心配には及びません。もしも汚れが落ちにくければ、液体クレンザーをつけたラップで磨いてください。そうすれば、みるみる汚れが落ちて、面白いほどぴかぴかになるんです!キッチンがきれいで清潔だと、とても気持ちが良いですよね。IHクッキングヒーターは、手間要らずでキッチンをきれいに保ってくれるのです。

メリット2 夏も快適! 火を使わずに安全調理

皆さんは、夏に調理をするのがつらいと思ったことはありませんか? 真夏の暑い日に、火を使った調理をすると、暑くて仕方ありませんよね。暑いからといって火をつけたまま放っておくわけにもいかないし……。そんな悩みを解決してくれるのが、IHクッキングヒーターです。

IHクッキングヒーターの発熱メカニズム IHクッキングヒーターは、火を使わない「電磁調理器」です。IHクッキングヒーターの中に入っている渦巻状のコイルに高周波の電流を流すと、電磁誘導の法則にしたがって、コイル周辺に磁力線が発生します。磁力線が鍋底を通過すると「うず電流」が発生し、その「うず電流」が鍋底の電気抵抗によって熱になるのです。つまり、IHクッキングヒーターは、ガスレンジのように外部から鍋を温めるのではなく、鍋を自己発熱させる仕組みなのです。これなら、鍋が自己発熱するので、周囲の空気は温まらず、夏場でも快適にお料理をすることができます。周囲の空気が温まらないということは、空気の対流が起きないということでもあります。なので、油や煙を巻き上げず、換気扇や壁の汚れも軽減されます。さらに、火を使わないので立ち消えや不完全燃焼の心配もなし。火災のリスクは軽減し、調理器具が熱くなることもないため、火傷の心配もありません。二酸化炭素の削減にもつながります。切り忘れ防止機能、温度過昇防止機能、空焚き自働OFF機能など、安全機能も豊富なので、お子様やお年寄りにも安心です。

メリット3 熱効率90%!使いやすいキッチンで料理の時間がもっと楽しく

IHクッキングヒーターとガスコンロで火力帯を比較した図 IHクッキングヒーターは、料理をスムーズに行えるように様々な工夫が施されているため、大変使いやすいです。たとえば、トッププレートがフラットなので、ちょっとした食材を切ったりなど、IHクッキングヒーターを調理台として使うことが可能。ガスコンロよりも広い調理スペースを確保することができます。また、熱効率はなんと90%。火を使わず、鍋自体が自己発熱することによって、エネルギーロスを少なく抑えることができるため、高い熱効率を実現できるのです。水が沸騰するまでの時間は、ガスよりも圧倒的にスピーディ。これによって、調理時間の短縮を図ることができます。IHクッキングヒーターにかかる光熱費と、ガスコンロにかかる光熱費には大きく差がないため、調理時間を短縮できればそれだけお得です。それだけではありません。IHクッキングヒーターは、火力のコントロールが自由自在。ガスコンロよりも利用できる火力の幅が広く、とろ火から強火まで、ワンタッチできめ細かい火力コントロールができるので、ラクラク操作でよりおいしい料理を作ることができ、料理の幅も広がります。

今まではIHクッキングヒーターに使える鍋は限られていました。IHクッキングヒーターに変えたら、鍋やフライパンなどの調理器具も一新しなければいけない。そうしたら、かえって高くついてしまう……。それがネックで購入を断念した方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、もうそんな心配はありません。最近数を増やしつつある「オールメタル対応」のクッキングヒーターなら、すべての金属製の調理器具を使用することが可能。買い替えなくても、愛用の調理器具をそのまま継続してお使いいただけます

「食事」は、私たちにとって、欠かすことのできない生活の1ページです。IHクッキングヒーターを導入し、食事の時間をより豊かで楽しいものにしてはいかがでしょうか。この機会に、ぜひ購入をご検討ください。

このページのTOPへ このページのTOPへ