カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

ハンドドライヤーのメリット <企業向け>

デパート、病院、飲食店など、近ごろ多くの店舗に設置されているハンドドライヤー。しかし、どのようなメリットがあってハンドドライヤーが採用されているのかを知らない方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。工事費も考えると決して安い買い物ではありませんし、「わざわざハンドドライヤーにしなくてもいいかな。」「既存のペーパータオルで十分だろう。」なんてついつい感じてしまいますよね。しかし、そんなことはありません。ハンドドライヤーの導入は、初期費用を考えても余りあるほどお得なのです! ここでは、ハンドドライヤーの持つメリットをご紹介いたします。

メリット1 コスト削減!必要経費は電気代のみ

ハンドドライヤーの大きなメリットは、コストの削減につながるという点です。ペーパータオルやロールペーパーの場合、そのつど補充する必要がありますよね。お客様がたくさん来る時間帯にペーパーが切れてしまった、なんてことが起こらないよう、毎日ペーパーに余裕があるかを確認しこまめに補充しなければなりません。しかし、それはとても面倒ですよね。大量の補充用ペーパーを必要とするので、その費用もかかってしまいます。ゴミもたくさん出て、ゴミ箱がいっぱいになってしまったり、床に捨てられていたり……なんて心配も尽きません。その点、ハンドドライヤーなら安心! ペーパータオルのように補充する必要が無いので、かかる費用はハンドドライヤーを動かすのに必要な電気代のみ。ゴミが出ることもありませんし、ペーパーが切れていないかをチェックする必要もないので、手間と人件費も抑えられますよ。ハンドドライヤーは、大変経済的なのです。 ペーパータオルとハンドドライヤーのコストの比較

メリット2 使いやすい!管理も利用もラクラク便利

ハンドドライヤーは、誰もが使いやすいという点も大きなメリットのひとつです。多くのハンドドライヤーは、温風の吹き出し口に手をかざすだけで自動的に作動します。特別な操作がいらないので、機械にあまり強くないお年寄りの方や、複雑な操作を行うことが出来ない子供にとっても使いやすいのです。抗菌・殺菌機能や、いたずら防止機能、安全機能が付いている製品も数多くあり、衛生面や安全面も安心です。また、管理側から見てみると、メンテナンスが非常に簡単というメリットがあります。複雑なメンテナンスは必要なく、本体の清掃のほか、下図のように、タンクやエアフィルターをお手入れするだけでOK。本体の清掃に加え、こまめにペーパーを補充しなければならないペーパータオルと比べると、かかる手間を随分と省くことが出来るのです。このように、老若男女や管理者側・利用者側に関わらず、誰にとっても便利で使いやすい! これもまた、ハンドドライヤーの持つ大きな魅力です。

ハンドドライヤーのタンクのメンテナンス ハンドドライヤーのエアフィルターのメンテナンス

メリット3 環境にも◎!紙を大切にしてエコロジー

ハンドドライヤーは、利用者や管理者にメリットをもたらしてくれるほか、私達が暮らす地球にもメリットをもたらしてくれます。皆さんは、一本の木からどのくらいのペーパータオルが作られているのか、ご存知ですか? 高さ8m、直径14cmの立ち木の場合、一本の木からおよそ2万枚のペーパータオルが作られます。下図に示すA社の場合、1 ヶ月に32万枚のペーパーを消費するので、1 ヶ月で16本もの木を消費していることになるのです。1つの会社がたった1 ヶ月過ごすだけで、多くの資源を消費することにつながるペーパータオルは、決して環境にやさしいとはいえませんよね。また、ペーパータオルだと、毎日大量のゴミが出てしまうので、その処分にも困ってしまいます。ハンドドライヤーなら、このような心配は一切無用! 紙を全く利用しないので、A社の例で考えると、1 ヶ月で16本もの資源を温存することが出来ます。ゴミに関しても、ペーパータオルからハンドドライヤーに変えるだけでかなりの量を減らすことが可能。このように、ハンドドライヤーは私達の環境を守ってくれる、大変エコな製品なのです。 木1本から生成できるペーパータオルの量

ここまでハンドドライヤーのメリットについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?使えば使うほどとってもお得なハンドドライヤーを導入して、その効果を実感してはみませんか?これを機に、ぜひとも導入をご検討ください。

このページのTOPへ このページのTOPへ