カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

エコウィルのメリット

発電と給湯を同時に行うことによって、エネルギーのムダを防いでくれる、家庭用コージェネレーションシステムはエネファームだけではありません。燃料電池を用いるエネファームとは異なり、ガスの力でエンジンを回し、それによって発電・給湯を行う家庭用コージェネレーションシステムを「エコウィル」と呼びます。

ご家庭で発電するため送電ロスをなくしてくれたり、発電の際の排熱を給湯に利用することによってムダになるエネルギーを減らしてくれたり、光熱費の削減に貢献してくれたりなど、そのメリットはエネファームとそっくり。しかし、よく似ているがあまり「それならエネファームと何が違うの?」と思う方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

生活している上で製品の仕組みの違いが問題になることはあまりないので、エネファームとエコウィルは仕組み以外でどのような点が異なるのか、エコウィルはエネファームと比べてどのようにメリットがあるのかを知りたいところですよね。ここでは、そんな方のために、エコウィルならではのメリットを2点ご紹介いたします。

メリット1 低コストなのにハイリターン

エコウィルとエネファームの最大の違いは、導入時にかかるコストにあります。多くのメーカーがコストダウンに力を入れている昨今では、徐々に製品価格が安くなってきてはいるものの、エネファームの製品価格はおよそ200万円。補助金が出るとは言え、工事費等も考えると決して安いとは言えず、むしろお高い買い物となってしまいます。そんなエネファームには手を出しづらい、そんなに高いコストをかけることはできないという方にオススメなのがエコウィルです。

エネファームの製品価格が200万円前後と高価な一方で、エコウィルの製品価格は約80万円から90万円。これは、家庭用コージェネレーションシステムのお得さを考えると、驚異の安さ!なんと半分以下のお値段で、エネファームとよく似た恩恵を受けることができるのです。エネファームほど補助金は高くありませんが、エコウィルの導入にも自治体などから補助金が出ます。

コージェネレーションシステムの光熱費の比較 製品価格を考えると、どちらが安いかは一目瞭然。エコウィルの導入によって年間平均約54,000円の光熱費を削減することができ、ガス料金の割引もあることを考えると、ランニングコストの面でもエネファームに負けず劣らずお得なのは間違いありません。エネルギー効率をできるだけ高め、よりお得に発電・給湯を行いたいけれど、エネファームは高すぎてとても手が出ないという方には、エコウィルがオススメです!

メリット2 スピード給湯で湯切れゼロ

エコウィルのメリットとしてご紹介するポイントの2つ目は、その給湯のスピードです。エコウィルはエンジンの力を使って発電・給湯を行うので、燃料電池を用いるエネファームよりもパワフル。そのため、エネファームよりもたくさんのお湯をスピーディに沸かすことができ、湯切れの心配がありません。安心してたくさんのお湯を使うことができるので、たくさんのお湯が必要な温水式床暖房などとも相性がいいですよ。 エコウィルを使用する家庭の説明

しかしながら、エコウィルは給湯をメインにすえた製品であるために、貯湯量いっぱいまで給湯したら発電を行わなくなってしまうことに留意しなければなりません。これは、発電の際には必ずお湯を作るため、お湯を無駄にしてまで発電を行い続けるのはエコの精神に反するから。せっかく導入するのですから、できることなら、エコウィルのよさを最大限引き出したいですよね。そのため、温水式床暖房を併せて利用しているなど、たくさんお湯を使うご家庭に、よりエコウィルをオススメします。

さて、エコウィルならではのメリットを2点ご紹介してきましたが、いかがでしたか? エネファームとエコウィルは大変よく似ていて、「エネルギーの高効率」という点だけで見ればどちらの製品を選べばいいか迷ってしまうこともあると思います。しかし、エコウィルにはエネファームにはない魅力がたくさんあります。エネファームの導入に気後れしてしまう方は、より手軽に導入できるエコウィルを導入してみてはいかがでしょうか? これを機に、是非導入をご検討ください。

また、エコウィルをさらにお得で快適に使用したい方には、太陽光発電と併せて使用する「ダブル発電」がオススメです。ダブル発電についてもっとご覧になりたい方は、こちらのページからどうぞ!

このページのTOPへ このページのTOPへ