カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
> >
 

エコジョーズのメリット

現在最も注目されている給湯システム、エコジョーズ。しかしながら、評判や名前はよく耳にするけれど、正直なところ従来型の給湯器やエコキュートと比べてどのようなメリットがあるのかはよく分からないという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。エコジョーズは、従来型の給湯器を更に進化させ、エコキュートにはないメリットをたくさん持っている非常に優れた商品です!このページでは、従来型の給湯器やエコキュートとエコジョーズを比較して、エコジョーズがいったいどういった商品で、どのようなメリットがあるのかをご紹介いたします。

◎エコジョーズって??

エコジョーズとは、超高効率のガス給湯システムの総称です。潜熱回収システムを採用しており、従来の給湯器では排気されていた熱気(水蒸気)を用いて水温を高めることが可能。その結果、ランニングコストの削減や、燃焼に必要な炎の量をカットしたことによる二酸化炭素排出量の削減が実現しました。

◎VS.従来型の給湯器

まずは、「熱効率」「コスト」「環境への影響」という3つの視点からエコキュートと従来型の給湯器を比較してみましょう。

<熱効率>

従来型の給湯器:80%

エコジョーズ:95%

従来型の給湯器の熱効率は約80%。決して低くはありませんが、それでも20%の熱エネルギーをロスしていました。エコジョーズは、今まで無駄になっていた熱エネルギーを潜熱回収システムによって回収!回収したエネルギーを利用して更にお湯を温めなおすことによって、95%という従来型を大きく上回る効率の良さを実現しました。 エコジョーズでは熱効率が上がることを示した図

<コスト>

従来、給湯器はランニングコストが高いと言われてきました。そのイメージを払拭してくれるのが、このエコジョーズ。エコジョーズは、先に述べた通り、従来型の給湯器よりもエネルギーのロスが少ないため、同じ量のお湯を沸かすのに必要なガスの量も従来型の給湯器より少なくて済みます。したがって、ガス代を削減することが出来るのです。削減できるガス代は、従来型の約12%。24号の場合、値段にして年間約16,500円!給湯器とのイニシャルコストの差額(24号の場合、約45,000円)を考えても2年から3年で元が取れ、後はずっとお得にお使いいただけます。 従来タイプとエコジョーズで光熱費コストを比較した図

また、エコジョーズは環境にもやさしい製品なので、国や地方団体から補助金を受け取れたり、ガス会社の優待料金プランを利用可能だったりと、+αのお得もたくさん受けられますよ。

<環境への影響>

エコジョーズは、無駄なエネルギーを減らしたことにより、従来型よりも少ない炎でお湯を沸かすことが可能になりました。その結果、従来型と比較して13%の二酸化炭素排出量の削減に成功!1年間で削減できる二酸化炭素排出量は約230kgにものぼり、地球の未来を守ることにも貢献してくれます!

◎VS.エコキュート

続いて、エコキュートと比べると、エコジョーズにはどのようなメリットがあるのでしょうか。「利便性」「コスト」の2つの視点から比較してみましょう。

<利便性>

まずはじめに、以下の表をご覧ください。

商品名 エコキュート エコジョーズ
①給湯方式 貯湯式 瞬間式
②サイズ 大きい 小さい

エコキュートとエコジョーズの違い1つ目は、給湯方式。タンクにお湯を溜めておく貯湯式を採用しているエコキュートに対して、エコジョーズは必要になったときにその場でお湯を沸かす瞬間式を採用しています。ここから生まれる違いは2つ。まずは、お湯切れの可能性です。エコキュートの場合、たくさんのお湯を使ってタンク内のお湯が切れてしまったとき、次にお湯を使えるようになるまでに時間がかかります。一方、エコジョーズなら、その場で沸かして使う瞬間式なので、お湯切れの心配はありません。たとえば急な来客でいつもよりたくさんのお湯が必要になってしまった!という場合にも十分に対応可能です。続いて、飲用できるかどうか。エコキュートは貯湯式なので、タンクの中に長い間溜められていたお湯が蛇口から出てくることも少なくありません。そういった古いお湯をうっかり飲んでしまうと、おなかを壊してしまう可能性もあります。一方、エコジョーズならその心配は無用!その場で沸かすので古いお湯が出てくる心配もなく、飲んでも問題ありません。うっかり飲んでしまう可能性のある小さなお子様がいるご家庭でも安心です。

エコキュートとエコジョーズの違い2つ目は、サイズ。エコキュートは貯湯用のタンクも必要なので、比較的大きな商品が主流となっています。一方でエコジョーズは、貯湯用のタンクがないのでエコキュートと比べるとコンパクト。そのためあまりスペースに余裕のないお家にも簡単に設置することができます!

<コスト>

やはり気になるのは、エコキュートとエコジョーズのどちらが経済的にお得なのかですよね。2つのコストを比較してみましょう。まず、商品の購入や設置工事にかかるイニシャルコストは、間違いなくエコジョーズのほうが安く済みます。また、商品のメンテナンスや修理にかかる費用も、エコジョーズの方が安いです。

続いて、ランニングコストについて。一般にはランニングコストはエコキュートのほうがお得と言われていますが、一概にそうとも言えません。ランニングコストにかかわる大きな違いは、それぞれの給湯器を用いるときに利用する料金プラン。エコキュートは昼間に割高、夜間に割安の料金プランを用いるので、一見すると料金一律のエコジョーズよりも安く思えますが、逆に言えば、昼にお湯を沸かすとかえって光熱費が高くついてしまいます。そのため、お湯切れを恐れて十分なお湯をお昼に使えないことが多いようです。また、毎年積雪があるような地域では、寒い屋外にあるタンクで陽の当たらない夜間にお湯を沸かすのは非効率的。夜間と言えども、お湯を沸かし、保温するのにかなりの量の電気が必要となり、光熱費が高くつきます。その点、料金一律のエコジョーズなら、昼夜いつでも、何の心配もなくお湯を沸かすことが可能。お昼もご自宅にいらっしゃる方など、お湯を使う時間帯を縛られたくない方にオススメです。また、必要なときに必要なだけのお湯を効率よく作ってくれるので無駄がないというメリットもあります。

ここまで、従来型の給湯器やエコキュートと比較しながらエコジョーズがいったいどのような製品であるかについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?そのほか、停電時でも給湯器なら安心してお湯を使える点や、様々な便利機能が搭載されている点、パワフル&スピーディなので暖房との相性が抜群な点など、エコジョーズのメリットはまだまだたくさんございます。エコロジー・エコノミー・スマートの三拍子を兼ね備えたエコジョーズを導入して、お得で充実した毎日を送ってはみませんか?これを機に、是非導入をご検討ください。

このページのTOPへ このページのTOPへ