カテゴリ
からさがす ▼
  • 給湯・暖房
  • 浴室
  • キッチン
  • 水まわり
  • 空調・換気
  • トイレ
  • 発電
  • エクステリア
  • 内装・収納
  • 情報・セキュリティ
  • ポンプ
  • クリーニング・その他
>
 

オール電化について

住まいのエネルギーは暮らし方によって向き不向きがあり、それぞれで光熱費も変わってきます。ガス・電気を併用する場合とオール電化にする場合とではどのように異なるのでしょうか。このページでは、オール電化のメリットやデメリット、光熱費をご紹介します。

オール電化とは

オール電化とは、給湯や調理、空調などの設備のエネルギーをすべて電気でまかなうことです。給湯はエコキュートや電気温水器、調理はIHクッキングヒーターや電気オーブンレンジなどで行います。また、オール電化と太陽光発電は相性が良いと言われており、太陽光発電もあわせて導入するケースも多いです。そのメリットについては、下の「光熱費」の項目をご覧ください。

オール電化のメリット

1.光熱費が削減できる

オール電化にすれば、ガスを使わなくなるので、ガス代はもちろん、ガスの基本料金もかからなくなります。また、オール電化住宅向けの、深夜の電気代が割安な電気料金契約をすれば電気代も抑えられます。詳細については下の「光熱費」の項目をご覧ください。

2.安全性が高い

エコキュートや電気温水器は火やガスを使わないため、安心して使用できます。一酸化炭素や二酸化炭素を排出しないので、屋内に設置している場合でも換気は必要ありません。
また、IHクッキングヒーターも火を使わないのでお子様やお年寄りの方でも安心して使うことができます。実際、コンロ火災の熱源はガスコンロが大部分を占めています。IHクッキングヒーターの場合、炎が発生しないため、衣類などへの着火事故を減らすことができます。また、ガス漏れや一酸化炭素中毒の心配もありません。

コンロ火災の熱源

3.高機能のものが多い

給湯器とは異なり、エコキュートや電気温水器には学習機能がついているものもあります。学習機能は日々のお湯の使用量や生活パターンを記憶・分析してお湯の沸かしすぎを防いだり、たくさんお湯を使う時間帯に追加でお湯を沸かしたりしてくれる機能です。
また、IHクッキングヒーターは火力調整がしやすく、ガスコンロでは調整の難しいとろ火での調理も可能であるほか、お湯を沸かすのにかかる時間も短いです。20度の水1.5Lを90度にするまでににかかる時間を比較すると、ガスコンロの強火の場合は約5分15秒、IHクッキングヒーターは約3分6秒から約4分52秒です。

4.災害時に役立つ

電気、ガス、水道の中で、電気が最も早く回復するといわれています。東日本大震災では、ガスは20日間で約40%復旧したのに対し、電気は5日間で約90%回復しました。

東日本大震災における水道・都市ガス・電力の復旧率の推移

また、エコキュートや電気温水器は沸かしたお湯をタンクに貯めておくタイプの給湯器なので、災害時にはタンク内の水を生活用水として使用することができます。さらに、エコキュートは停電時でも断水しておらず、かつタンクにお湯が残っていれば蛇口から給湯できます。

オール電化のデメリット

1.初期費用が高額

エコキュートや電気温水器はいずれも給湯器より本体価格が高いです。給湯器は24号、エコキュート、電気温水器は370L、機能はいずれも給湯専用としてメーカー希望小売価格を比較すると、給湯器は125,000円程度、エコキュートは625,000円程度、電気温水器は屋外型の場合、224,000円程度、屋内型の場合、244,000円程度、屋外/屋内兼用型の場合、220,000円程度です。

給湯器 エコキュート 電気温水器
初期費用 (24号の場合)
125,000円程度
(370Lの場合)
625,000円程度
(370Lの場合)
屋外型:224,000円程度
屋内型:244,000円程度
屋外/屋内兼用型:220,000円程度

またIHクッキングヒーターもガスコンロより本体価格が高いです。ガスコンロはグリルありなら75,000円程度、グリルなしなら73,000円程度、IHクッキングヒーターはグリルありなら203,000円程度、グリルなしなら158,000円程度です。2口、据え置きタイプでメーカー希望小売価格を比較していくと、ガスコンロはグリルありなら35,000円程度、グリルなしなら33,000円程度、IHクッキングヒーターはグリルありなら168,000円程度です。

ガスコンロ(2口) IHクッキングヒーター(2口)
ビルトイン 据え置き ビルトイン 据え置き
グリルあり 75,000円程度 35,000円程度 203,000円程度 168,000円程度
グリルなし 73,000円程度 33,000円程度 158,000円程度

2.設置には注意が必要

エコキュートや電気給湯器はタンクがあるため、給湯器よりも大きなスペースが必要です。さらに、重量もあるため、基礎の強度も考慮しなければなりません。戸建ての場合は建物に隣接した地面にコンクリートを打設、マンションのバルコニーやメータースペースに設置する場合は強度を考慮したうえで補強した後、転倒することのないよう、しっかりと固定する必要があります。
また、エコキュートやIHクッキングヒーターを設置する際には電気工事が必要となる場合があります。単相2線式の回路の場合は単相3線式に切り替え、使用する電気機器の容量が多く、幹線の許容電流が足りない場合は幹線を張替え、分電盤に空きブレーカーがない場合はブレーカーの増設工事をしなければなりません。

3.電気の使用のしかたには注意が必要

オール電化住宅向けの、深夜の電気代が割安な電気料金契約をすれば電気代も抑えらるのが大きなメリットですが、電気の使用のしかたには注意が必要です。そのような料金契約では、深夜の電気代が割安なぶん、昼間の電気代が割高なので、昼間に電気を多く使う家庭の場合、かえって電気代が高くなってしまう可能性があります。

4.パワーが足りない可能性がある

給湯器は他の給湯システムと比べ、水の勢いが強く、水圧が安定しており、また瞬間式なので湯切れの心配もありません。一方、エコキュートや電気温水器はタンクにためたお湯を使うため、急にお湯の使用量が増えてしまうと湯切れする可能性があります。タンクのお湯を使い切ってしまうと、追加でお湯を沸かすのに時間がかかってしまいます。お湯が足りなくなりそうな時には事前に「沸増し」を設定してお湯を確保する必要があります。370Lの場合、1時間の「沸増し」で沸かせるのは40度のお湯約120L(冬)から240L(夏)です。
IHクッキングヒーターはお湯を沸かすのにかかる時間も短い一方、グリルでの調理はガスコンロの方が早くできます。ガスグリルは約1分で庫内中心温度が300度に達するのに対し、IHグリルは約6分経過しても150度ほどまでしか上がりません。また、鍋全体が温まるのはガスコンロの方が早いので、材料を入れた後でも温度が下がりにくく、チャーハンのような、余分な水分を蒸発させた方が美味しい料理は上手くできるといわれています。

オール電化の光熱費

オール電化の大きなメリットはやはり光熱費を削減できることです。ガス・電気併用住宅と比べると、オール電化住宅は目安として1ヶ月あたり約4,000円から6,300円削減できるといわれています。

オール電化住宅の1ヶ月あたりの光熱費

太陽光発電も導入した場合、さらに光熱費を抑えることができます。これは、太陽光発電できる時間帯がちょうど電気代が割高な時間帯と重なっており、デメリットでもあった割高な昼間の電気を買う量を減らせるためです。使用する電力が少なく、十分に発電して電気が余ればそれを売ることもできるため、大幅に光熱費を削減できる可能性があるのです。

1日の電力使用量・電気料金

エコキュートや電気温水器、IHクッキングヒーターはガスのものと比べて初期費用は高額ですが、光熱費は減るため長く使えば使うほどお得になっていきます。

このように、オール電化にはメリットもデメリットもあります。オール電化が向いているご家庭もあれば、電気・ガス併用が向いているご家庭もあります。一度エネルギーの種類を決めてしまうと後から変えるのは難しいので、ご自身にあったエネルギーを選ぶのが重要です。このページを参考にオール電化もご検討ください。

このページのTOPへ このページのTOPへ